~【2016年版】キャッシング徹底比較!編集部イチオシのお金を借りるNO.1は!?~

2016年初時点の最強クレジットカードを決定!2人の専門家が全6部門で選出したおすすめクレジットカードとは?

キャッシングマガジンではユーザーからの申込数を指標に「最も選ばれているキャッシングサービス」を独自選定しています。選考にあたり"大手"のキャッシングサービスは借り入れ条件、融資スピード、利便性など、あらゆる面で優れていて、甲乙を付けるのが非常に難しいところでした。しかし、その中でも各サービスの特色と利用者の声をしっかりと拾い上げ、読者に役に立つ情報をお届けしていきます。今、選ばれているお勧めキャッシングサービスはどこなのか?これからお金を借りたいという人はぜひお役立てください。

おすすめキャッシングサービス一覧

総合ランキング

総合人気ランキング一覧

即日融資ランキング

即日融資ランキング一覧

専業主婦人気ランキング

専業主婦人気ランキング一覧

おまとめローン人気ランキング

おまとめローン人気ランキング一覧

キャッシング目的別おすすめ記事

【要確認】キャッシング審査通過|申し込み前のチェック

HOME

キャッシングマガジン編集部
キャッシングマガジン編集部では最新情報をいつもお届け!

【お金を借りたい】に答えるキャッシング総合情報サイト

キャッシングマガジンは、多様化する"お金を借りたい"ニーズに応えるために作られた『キャッシング総合情報サイト』です。お金を借りる系(キャッシング系)の媒体はネット上に星の数ほど存在しますが、ユーザーが本当に知りたがっている情報を「正確」に「解りやすく」掲載しているものは多くありません。

キャッシングマガジンの特徴 カードローンの選びの決定版

  1. 信頼できる大手サービスのみを紹介
  2. ニーズ毎にお勧めサービスを比較して紹介
  3. ユーザーにメリットになる情報を随時アップデート
  4. 不明点はサポートへの電話取材によって情報収集
  5. 即日融資や土日融資、専業主婦融資など個別テクニックを紹介

キャッシングマガジンでは、本当にお金を借りたい人が知りたい情報を業者や実際の利用者への取材を行うことで、収集して解りやすく整理して掲載しています。ネットで調べても解らないような「実際の運用に関すること」や「実体験に基づく体験談」などの生情報が知りたい方はぜひキャッシングマガジンをご利用ください。運営開始以降、日々複雑で贅沢になっていくキャッシングユーザーのニーズに答えらるように、日々情報収集と内容のブラッシュアップを続けています。

はじめてのキャッシング 審査通過のおすすめ情報

「キャッシング・カードローンの利用は初めて」という方は少なくありません。そんな方にとってまず気になるのが審査のことだと思います。果たして自分の信用力でキャッシング審査に通過することが出来るのか?そんなことが気になるのではないでしょうか。

というわけで、まずはキャッシング審査について詳しく見ていきましょう。銀行系のカードローンと消費者金融系キャッシングの違いや、申し込みに必要な書類、審査の裏側で行われている実際のところについて解説していきます。

キャッシング審査の実態 通らないんじゃ?と不安な方へ

審査に通るかどうか?という不安は多くの方が感じていることですが、キャッシングの利用が"初めて"の方であれば「安定した収入があって対象年齢内」であれば、通常は問題なく審査クリアできますので、安心してお申し込みください。

ちなみにこの「安定した収入」の基準ですが、多くのキャッシングサービスの利用条件に明記されていますが(総量規制の対象となる貸金業者は全て)、決してハードルの高いものではありません。

パート・アルバイトの月数万円の収入でも安定した収入になります。ですので、他に借り入れもなく、キャッシング自体が初めての利用で、何かしらの仕事をしていて安定した収入があるのであれば、まず申し込んでみるのをおすすめします。

また、未婚の方で完全に収入が無い場合、大手サービスでは審査通過はほぼ不可能になりますので、別の方法を考える必要があります。(※後半で説明しますが、配偶者がいて自分には収入のない、いわゆる「専業主婦」の方は一部の銀行系カードローンで借り入れ可能です)

【低金利・即日融資・審査基準】銀行系カードローンと消費者金融系の特徴

東京三菱UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、楽天銀行カードローンなどの『銀行系カードローン』と、アコム、アイフル、プロミス、モビットといった『消費者金融系キャッシング』では、それぞれに特徴が異なりますので、申込み前に違いを理解しておきましょう。

銀行系カードローンと消費者金融系のそれぞれの特徴を比較すると、一般的に銀行系は「1審査が厳しめ 2融資スピードはゆっくり 3金利が低い」、消費者金融系は「1迅速な審査体制 2最短即日融資 3金利が若干高め」となります。要するに、銀行系はじっくり審査をして、そこそこに審査のハードルも高いけど、低金利の融資が出来る。対して消費者金融系は、スピーディに審査をしてハードルも相対的に低いけど金利も若干高い。という違いがあります。

銀行系と消費者金融系の特徴の違い
銀行系 消費者金融系系
審査 厳しめ 普通
融資スピード 銀行口座があれば早い 最短即日融資
金利水準 上限が約14.0% 上限が約18.0%

どちらに申し込むかというところに関しては、一概に決められることではありませんが、特に借入までを急いでいないのであれば、消費者金融系に比べて相対的に金利水準が低く設定されている、銀行系カードローンを選ぶのをおすすめします。

もちろん、審査基準も気になるところですが「普通の中小企業以上にお勤めで他に借り入れもない」のであれば、まずは銀行系カードローンにお申込みしてみて、仮に審査に通過できなかった場合には、消費者金融系サービスに申し込んでみるのが良いかと思います。

4%の金利差は支払利息に直すといくら?

銀行系と消費者金融系の金利の差ですが少額借入の場合であれば、おおよそ4%です。この4%の金利差ですが、仮に10万円の借入をしたとすると、月あたりの利息差が約333円になる計算です。銀行系カードローンを利用するメリットは金利にありますが、思ったより差は小さいと感じる方が多いんじゃないでしょうか。

申し込み審査時に必要な書類

キャッシングの利用に必要な書類は大きく2種類です。1つ目は「本人確認書類」で、基本は免許証です。その他にもパスポートや保険証なども利用できます。2つ目は「収入を証明する書類」ですが、こちらは条件に当てはまれば提出不要です。

本人確認書類として利用できるもの

  • 運転免許証
  • 健康保険証(運転免許証が無い方)
  • パスポート(運転免許証が無い方)
  • 在留カードか特別永住証明書(外国籍の方)
  • 即日融資や土日融資、専業主婦融資など個別テクニックを紹介

現在は多くのサービスで条件付きで収入証明書の提出が不要になっています。収入証明書が不要な条件は、各業者によって設定金額は異なりますが、申込み金額(と他社での利用金額の合計)が100万円以下の場合は原則として収入証明書の提出が不要です。サービスによって50万円以下であったり、300万円以下であったり、様々ですので詳細は申込みページで確認してみましょう。本人確認に書類に関しても、スマホで撮影してアップするだけでもOKですので、事前に用意しておく書類は実はほとんどありません。

在籍確認!会社にバレてしまわないか不安

キャッシングの利用がばれるのを警戒される方は多いですね。サービス提供側もこういった「バレ」を警戒するユーザーが多いというのは理解していますので、十分な対策が取られています。まず会社に関しては審査の過程で「在籍確認」(会社に本当に在籍しているかの確認電話)が行われるのですが、オペレーターはキャッシングの利用だと解らないように電話をかけることが徹底されています。

具体的には、消費者金融系の場合は「個人名」、銀行系の場合は「銀行名」を名乗るケースが多いです。自分以外が電話に出たとしても、例えば「保険の営業だった」といえば不自然さもありません。後は、よほどのことがない限り会社に連絡がいくことは一切ありませんので、会社バレは心配しなくても大丈夫です。

WEBで完結する申し込み方法を利用する

ネット完結は、申し込みから利用開始までの一切のやり取りを、ネットで完結させることが出来る申込み方法のひとつです。消費者金融系サービスのいくつかで提供されていて、"電話連絡を一切なくしたい"という人はこの窓口を利用するのがおすすめです。個人や会社への電話連絡が一切なくなります。

審査基準 パート・アルバイト、専業主婦

パート・アルバイト、専業主婦、学生の方のキャッシング審査の基準について説明していきます。正社員で会社に担保された社会的身分があれば気にする人もいないと思いますが、アルバイトや派遣社員、特に、自分の収入が全くない専業主婦の方は「本当に借りられるのか?」と不安に思うかもしれませんね。最後に、そういった属性別の借入状況について説明していきます。

パート・アルバイトの審査基準

生活の基盤がパート・アルバイトの方であっても全く問題ありません。繰り返しになりますが、安定した収入がある方であれば申し込み可能です。例えば、主婦業の傍らで週に2日出勤で月の収入が5万円しかなくても十分に申し込み基準を満たしていますので、安心してご利用ください。

専業主婦の審査基準

キャッシング審査申し込みには「安定した収入があること」が必要ですが、専業主婦の方は例外的に自分に収入がなくても借り入れが可能です。総量規制の対象外である銀行系のカードローンに限られますが、30万円~50万円程度を限度に借入が可能です。ほとんどが配偶者の同意書も不要で、個人的な信用力で契約が可能です。

キャッシングマガジン編集部より

キャッシングマガジン編集部より最後にお伝えしたいのが、やはり「返済をきちんと考えて利用してほしい!」ということです。ローンカードを一枚持っておくと、少しだけお金が足りないという時にとても便利にやりくりすることが出来ます。今ではキャッシングの利用者数も1100万人弱に上り、多くの人がキャッシングを便利に使いこなしています。

ただやはり、「返さなければならないお金である」ということ忘れてはいけません。返済までしっかりとコントロール出来なければ、せっかくの便利な仕組みも上手に使え切れなくなってしまいます!借りすぎない、そして、無駄遣いをしない。そういった"当たり前"を忘れずに、賢くキャッシングを利用していきましょう!

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング