キャッシングマガジンで借入情報をゲット!

キャッシングマガジンは個人向けの借入キャッシングを応援する総合情報サイトです。2014年の立ち上げ以降、たくさんの読者様のニーズに答えらるような媒体を目指して日々更新を続けています。ユーザー様のニーズは深く「低金利で・たくさん・すぐに・収入が無くても・秘密で」といった比較的大きなものから始まり、「少額をすぐに」「専業主婦でもばれずに」「夕方からでも即日で」「キャンペーンを利用して」・・・といったように非常に細かく派生したものまで様々です。キャッシングマガジンでは“マガジン”の名に恥じないように、読者のニーズに確実に答えていけるような媒体を目指します。キャッシング・カードローンのことで困ったことがあったらキャッシングマガジンで調べてみよう!そう言われるように、今日も精進してまいります!

今から始めるカードローンキャッシング

「キャッシング・カードローンの利用は初めて」という方は少なくありません。キャッシングマガジンの読者でも6~7割程は初めての利用という方が占めています。さて、ここではこれから初めてキャッシングを利用しようというときに気になることについて詳しく説明をしていきたいと思います。実際のデータから“キャッシング業界の今”について詳しく見ていきたいと思います。

審査の実態!審査に通過できるか不安

審査に通るかどうか?という不安は多くの方が抱えていますが、基本的に初めての利用の方であれば「安定した収入があって対象年齢内」であれば大丈夫と考えて申し込んでください。

ちなみにこの「安定した収入」の部分ですが、すべてのキャッシングサービスの利用条件に明記されていますが、決してハードルの高いものではありません。パート・アルバイトの月数万円の収入でも安定した収入になります。完全に収入がないとなるとかなり厳しくなってきてしまいますが(※専業主婦の方は別)、初めての利用で他に借り入れもしていなく、何かしらの仕事をしていて収入があるのであれば、まず申し込んでみるのをおすすめします。

どっちがお得?銀行系カードローンと消費者金融系の特徴

東京三菱UFJ銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、楽天銀行カードローンといった銀行系カードローンとアコム、アイフル、プロミス、モビットといった消費者金融系キャッシングサービスではそれぞれに特徴がありますので、ここは申込み前にしっかりと押さえておきましょう。

銀行系カードローンと消費者金融系を比べると、一般的に銀行系は「審査が厳しめ・融資スピードはゆっくり・金利が低い」、消費者金融系は「迅速な審査体制・最短即日融資・金利が若干高め」となります。要するに、銀行系はじっくり審査をしてそこそこに審査のハードルも高いけど低金利の融資が出来て、消費者金融系はスピーディに審査をしてハードルも低いけど金利も若干高いという違いがあります。

どちらに申し込むかというところに関しては、一概に決められることではありませんが、「普通の中小企業以上にお勤めで他に借り入れもない」(かつ、融資まで急いでいない)のであれば、まずは銀行系カードローンにお申込みしてみて、仮に駄目だったとしたら消費者金融系サービス申し込んでみるのが良いかと思います。ちなみに、銀行系と消費者金融系の金利の差ですが少額借入の場合であればおおよそ4%です。この4%の金利差ですが、仮に10万円の借入をしたとすると、月あたりの利息差が約333円になる計算です。思ったより差は小さいと感じる方が多いんじゃないでしょうか。

必要書類!申し込み時に必要な書類

キャッシングの利用に必要な書類は大きく2種類です。1つ目は「本人確認書類」で、基本は免許証です。その他にもパスポートや保険証なども利用できます。2つ目は「収入を証明する書類」ですが、こちらは条件に当てはまれば提出不要です。収入証明書が不要なケースは、各業者によって設定金額は異なりますが、申込み金額(と他者での利用金額の合計)が100万円以下の場合は原則として収入証明書の提出が不要です。サービスによって50万円以下であったり、300万円以下であったり、様々ですので詳細は申込みページで確認してみましょう。本人確認に書類に関しても、スマホで撮影してアップするだけでもOKですので、事前に用意しておく書類は実はほとんどありません。

在籍確認!会社にバレてしまわないか不安

キャッシングの利用がばれるのを警戒される方は多いですね。サービス提供側もこういった「バレ」を警戒するユーザーが多いというのは理解していますので、十分な対策が取られています。まず会社に関しては審査の過程で「在籍確認」(会社に本当に在籍しているかの確認電話)が行われるのですが、オペレーターは個人名で社名を名乗らず電話をかけることが徹底されています。自分以外が電話に出たとしても、例えば「保険の営業だった」といえば不自然さもありません。後はよほどのことがない限り会社に連絡がいくことは一切ありませんので、会社バレは心配しなくても大丈夫です。

  • 返済金利

    アイフルの金利は低い?借入金利と返済手数料を徹底調査

    アイフルの金利は消費者金融としては完全に普通レベル。高金利でも低金利でもありません。中小の消費者金融よりは、かなり割安です(特に借入金額が大きい時)。 返済方法については、手数料なしで利用できる方法は「アイフルATM」「有人店舗」での返済が...

    銀行カードローンナビ
  • 横浜銀行カードローンの在籍確認はある?なし?会社への電話の対応の仕方は?

    横浜銀行の在籍確認で職場バレすることはない 会社・職場への電話連絡は、横浜銀行カードローンでも必須となっています。 銀行カードローンはどこも必須ですが、これは横浜銀行でも変わりません。 三菱東京UFJ銀行・楽天銀行・イオン銀行などは「状況...

    銀行カードローンナビ
  • 横浜銀行カードローンの土曜・日曜・祝日の使い方。週末審査と融資スピードに関して

    土日のキャッシングなら、他の銀行で 土日・祝日の即日審査・当日融資は、横浜銀行カードローンでは対応していません。 みずほ銀行なども対応していませんが、横浜銀行もそのグループです。 横浜銀行カードローンで即日キャッシングをするためには、平日...

    銀行カードローンナビ
  • PCで申し込み

    横浜銀行カードローンで即日融資は可能か?浜銀で今日中に借りるために・・・・

    即日審査を通過した後の手続きが、やや面倒 横浜銀行カードローンで即日借り入れするデメリット。 それは、即日審査が終わった後の、契約手続きです。 このデメリットさえなければ、横浜銀行カードローンは銀行カードローンを代表する低金利であり、何か...

    銀行カードローンナビ
  • img252

    低金利で高限度額!横浜銀行カードローンでおまとめ!

    横浜銀行のおまとめローンの金利 始めにも書いた通り、横浜銀行におまとめローンはありません。 なので、通常のカードローンの金利を、借入金額ごとに一覧にします。 (キャッシングは、借りれば借りるほど金利が安くなるものです) 横浜銀行カードロー...

    銀行カードローンナビ
  • 専業主婦

    横浜銀行カードローンは専業主婦や主婦、フリーターも利用可?調べてみた!

    学生が借りられないのが唯一のデメリット 横浜銀行カードローンの審査基準について、借りる側のデメリットはほとんどありません。 数少ないデメリットが「学生がキャッシング不可」ということ。 楽天銀行やみずほ銀行などのカードローンは、学生でも「安...

    銀行カードローンナビ
  • 横浜銀行カードローンの金利は低い高い?返済手数料も含めて大調査!

    下限金利1.9%は、銀行カードローンの最安 横浜銀行カードローンの最低金利(下限金利)は、1.9%。 これは金利が安い銀行カードローンの中でも、ほぼ確実に最安です。 これは銀行カードローンの金利の平均を見ればわかります。 銀行カードローン...

    銀行カードローンナビ
  • 横浜銀行カードローン

    首都圏で、特に専業主婦が借りやすいカードローン 横浜銀行の特徴の一つは「専業主婦が夫に内緒で借りやすい」ということ。 その「首都圏限定バージョン」です。 首都圏といっても「千葉県・埼玉県」の方は借りられません。 「神奈川県・東京都・群馬県」...

    キャッシング会社別検証
  • みずほ銀行カードローン

    みずほ銀行は、専業主婦が夫に内緒で借りやすい みずほ銀行カードローンの特徴はまず、「専業主婦が夫にバレずに借りやすい」ということ。 その理由は「配偶者の同意書不要」で借りられることにあります。 キャッシングのルールでは、無収入の専業主婦の方...

    キャッシング会社別検証
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)

    バンクイックは、銀行カードローンの中で最も審査が速い バンクイックは、全ての銀行カードローンの中で、ダントツで審査のスピードが速いカードローンです。「審査にかかる時間」自体も短いですし、「審査の受付時間」も長いです。 審査は最短30分、消費...

    キャッシング会社別検証

キャッシング人気記事

カードローン人気ランキング