オリックス銀行カードローンの在籍確認電話について

銀行カードローンナビ

2014.09.10

家計簿と電卓と家の模型

オリックス銀行カードローンも在籍確認は必須

これはどのキャッシングブランドでも消費者金融・銀行カードローンでも、共通していることですが、オリックス銀行カードローンのの借入審査でも勤務先への在籍確認の電話は必須となっています。インターネットの情報でキャッシング・カードローンの情報を収集していると、「在籍確認の代替措置の方法」「在籍確認の回避のやり方・手段」というようなものが探されているようですが、基本的にオリックス銀行カードローンでもその他のキャッシング先でも、そのような抜け道・ルートのようなものはありません。

圧倒的にクレジットスコア(信用度)が高い人のような例外であれば、ごくまれに省略されることもあるようですが、基本的にオリックス銀行カードローンでお金を借りようとしている方は、職場への在籍確認の電話を必ず受ける必要がある…という風に考えて下さい。以下、オリックス銀行のキャッシングの審査での職場への電話連絡について、さらに詳しく解説していきます。

在籍確認の代替手段はなし

上に書いた通り、オリックス銀行カードローンでキャッシングをしたいということであれば、会社への在籍確認の電話を避けて通ることはできません。ドラッカーは「労働者を雇う時、彼の手だけを雇うことはできない。必ず人間がついてくる」という言葉を著書で紹介していますが、キャッシングの世界でも似たようなことが言えます。「お金を借りる時、お金だけをもらうことはできない。必ず勤務先への在籍確認の電話や審査がついてくる」ということです。世の中、都合のいいことはないのです。

もし勤務先への在籍確認の電話や個人信用情報・クレジットヒストリーの審査など、厳しい厄介な作業が一切無しでお金を借りられるのであれば、それほど便利なものはないでしょう。しかし、そうなれば多くの人がお金を借りに殺到し、審査の所要時間が長くなります(現時点で多くの銀行カードローン・消費者金融が最短当日借入をできるようになっているのは、ある程度厳しい審査をしているからです)。

また、甘い・ゆるい審査をしていると、借入超過者・多重債務者が増え、貸し倒れも増えます。そうなればキャッシング業者も銀行カードローンもクレジットカード会社も経営が立ち行かなくなり、結果的にキャッシングというサービス自体が消滅してしまうわけです。

そのようになれば、そもそもお金を借りること自体がもっとも難しくなり、実際、日本の貸金業の歴史を見ても、南北朝時代・戦国時代・明治維新の頃など、日本中が荒れていた頃は、貸金業が成立していませんでした。(返済しなくても「金貸し、切り捨て御免」という時代でしたから)

というように「キャッシング・カードローン」というサービス自体を存続させるためには、どれだけ借り手・利用者・消費者にとって面倒であろうと、勤務先への在籍確認の電話のような作業が必ず必要になるのです。そのため、オリックス銀行カードローンの借入審査にしても、その他のキャッシング先での審査にしても、会社への電話連絡があるというのは、必要なことなのだと受け入れてください。

状況・条件によっては省略されることも?

上の段落のように書いたものの、「土日・祝日・夜間は勤務先が閉まっているので、うちでは勤務先への在籍確認の電話の受けようがない」という方もいるでしょう。特に公務員の方などは土日・祝日・夜間に職場が閉まっているのが普通なので、これはもっともなことです。

そして、オリックス銀行カードローンは土日・祝日の最短即日キャッシングにも対応していますし、当然申込者から「土日・祝日なので、うちの会社は閉まっています」という相談も寄せられているでしょう。この点は、顧客満足に気を配る企業であれば、必ず配慮すべきです。

オリックス銀行カードローンのようなしっかりしたキャッシングブランド、組織であれば、当然こうした配慮もできています。このように「どうしてもやむを得ない事情で勤務先への在籍確認の電話をかけられない人に対しては、何らかの対応がある」ということが、インターネット上の口コミ・評判で書かれています。

あくまで口コミ・評判であり、オリックス銀行カードローンが公式のアナウンスをしているわけではありません。なので、事実かどうかはここでは断言しかねます。あくまで「そのようなインターネット上の評判・体験談も寄せられている」という「現象」のみを紹介しています。

そうしたキャッシングの情報サイトの情報を見ている限り、「ただやむを得ない事情がある」というだけではダメで、職場への在籍確認の電話をかけるまでもないくらい、圧倒的にクレジットスコア(信用度)が高い人という条件も必要なようです。つまり「信用できて、しかも在籍確認の電話をかけようがない状態の人」ということですね。このような人に限り、在籍確認を省略して最短当日融資をする…ということも、ごくごく稀ではありますが、あり得るという口コミ・評判が見られます。

オリックス銀行カードローン以外でも同じ

先述の内容は、オリックス銀行カードローンだけに限定された事象ではありません。他の銀行キャッシングでも、あるいはアコム・アイフル・ノーローンなどの大手の消費者金融でも観察される現象です。

というのは、そもそも勤務先への在籍確認の電話というのは、貸金業法・銀行法や割賦販売法によって制定されている法的な義務ではないわけですね。キャッシング・カードローンの情報サイトでもよく勘違いして「法的な義務」と書いていることがありますが、これは間違いです。

貸金業法でも銀行法でも、「返済能力の調査義務」という内容は、明確に記載されています。つまり「その申込者に、確かな返済能力や資金力があるかどうか、しっかり審査しろ」ということですね。これはかつて武富士などが、ろくに申込者の信用度(クレジットスコア)を審査せずに、バンバン過剰融資をして、多重債務者を膨大に輩出した…という問題を引き起こしたためです。(武富士以外でも、主に中小の消費者金融、サラ金、街金業者が多くやっていたことですが)

そのような過剰貸付を防止するために、確かに返済能力の調査義務は明記されています。しかし、その内容の中に「勤務先への在籍確認の電話をかけろ」ということは書かれていないのです。「どのような方法でも、何かしらの方法でその消費者・利用者の返済能力を確かめること」という内容のみなんですね。

なので、会社への在籍確認の電話は、業者・銀行が必要と判断したらかける…というだけでいいのです。「明らかに必要ないし、そもそもできない」という状況・条件の場合は、省略してしまっても何ら問題ないわけですね。

ということで、オリックス銀行カードローン以外でも、「シチュエーションによっては在籍確認の代替手段を適用するまでもなく、省略される」ということはあります。ただ「基本的にはめったにない」(それだけ信用度が高い人は、そもそもキャッシングをあまり利用しない)ということは、理解しておいて下さい。

職場への電話連絡なしで借りたい場合

ここまで書いてきた内容を読んでも「どうしても、職場の同僚に気まずくなるから、できれば勤務先への在籍確認の電話なしでお金を借りたい」という方もいるでしょう。結論を書くと「オリックス銀行カードローンだろうと、他のキャッシング先だろうと、会社への在籍確認の電話はほぼ必須なので、無理な相談」ということになりますが、一応役立つかも知れない情報を書きます。

(ただ、これらの情報は基本的にインターネット上の評判・体験談をもとにしたものであり、そもそもキャッシングの審査の世界は「信用できる論文・書籍・メディアの報道」などが存在しませんから、あくまで評判・口コミにすぎない、ということを理解して下さい)

アコムは在籍確認の代替手段がある?

まず、たまに見られる書き込みが「アコムでは、在籍確認の代替措置が適用されることがある」というもの。その内容を簡単に箇条書きすると、下のようになります。

  • まず、普通に勤務先への在籍確認の電話をかける
  • そこで、誰も電話に出ないなど「確認が取れなかった」とする
  • その場合、申込者の信用度(クレジットスコア)を吟味する
  • 審査した上で「一定の信用度」があれば「10万円」のみ最短即日融資する
  • そして、翌営業日など、後日あらためて職場への在籍確認の電話をかける
  • そこで確認が取れたら、その申込者の収入にふさわしい最高限度額を、再度設定する

つまりシンプルに記載するとまず10万円融資して、後日もう一度会社への在籍確認の電話をかけるということです。「何だ、結局あるんじゃん」と思うかも知れませんが、東証1部の上場企業である以上、そのように厳密な審査をするのは当然のことです。

この在籍確認の代替措置が事実かどうかはわかりませんが、これは理にかなっています。「お客さんが困っている以上、とりあえず10万円程度でも助ける」というのは、義理人情としても、企業の顧客サービスの姿勢としても、正しいものでしょう。そして、その時は土日・祝日・夜間などで在籍確認が取れなかったというのであれば、後日再度かけ直す…というやり方も合理的です。

これだったら、先に書いた貸金業法の「返済能力の調査義務」は問題なく果たすことができますからね。さすがに10万円程度で破産する人はいないですし、このくらいは「人助けのための緊急融資」として、在籍確認の代替手段を適用することも、心情的に当然許されるでしょう。

…という非常に合理的な方法についてのネット上の体験談・評判が見られますが、繰り返し書いている通り、「これが本当の情報かは不明である」という点に留意して下さい。ネットでよくある「ガセネタ」かも知れません。(何らかの参考になるかも知れないので、お金を借りようとする方々のために、ここで紹介しておきます)

アイフルも省略されることがある?

アコムについては、上に書いた通り「後日かけ直す」というインターネット上の評判・体験談が散見されます。一方「かけ直しについて、特に記述されていない」という口コミ・評判が(アコムに比較すれば)多いのは、アイフルです。

オリックス銀行カードローンの勤務先への在籍確認の電話についても書いた通りですが、「クレジットスコア(信用度)が極めて良好な人であれば、省略して融資する」というスタイルですね。くどいようですが、これも真実かどうかは判断しかねます。

ただ、ここまでにも再三叙述してきた通り、「そもそも、そうしたやり方が顧客サービスとしても人情としても正しいし、貸金業法的にも、何ら問題ない」というのは間違いありません。となれば、アイフルもその他の大手の消費者金融・銀行カードローンと同様に、このような職場への在籍確認の電話のスタイルを部分的にでも採用している可能性がある…ということは言えるでしょう。

モビットのWEB完結申込は一番可能性がある

職場への電話連絡なしにして借りられる可能性が一番高いのはモビットです。詳しく書くと、モビットの通常の審査ではなく、WEB完結申込を適用した場合です。三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行の口座を持っていて、職場の保険証・給与明細書などを提出できて、しかも総合的に信用できる人というかなり厳しい条件にはなりますが、そのような条件を満たした申込者に限り、会社への電話連絡なしにして最短当日審査・最短即日借入ができる…という可能性があります。(これもあくまで「可能性」にすぎないので、過剰な期待はしないで下さい。)

これはモビットの公式ページのWEB完結申込の解説に書かれていることなので、ここまで書いてきたアコム・アイフルについてのインターネットの情報よりは、かなり信ぴょう性が高いと判断していいでしょう。あらためて、WEB完結申込でお金を借りるための条件や必要書類・提出書類を一覧にすると下のようになります。

  • 身分証明書…パスポート・運転免許証のどちらか
  • 収入確認資料…源泉徴収票・確定申告書・税額通知書など
  • WEB完結申込のための書類…会社の保険証・給与明細
  • 保有口座…三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行のどちらか

このように、大別して4つの条件があります。(銀行口座については、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行で口座開設をしているというだけではなく、キャッシュカードも必要になるようです)

身分確認資料が運転免許証・パスポートのみに限定されていたり、保険証についても「社会保険証・組合保険証」のみで、「国民健康保険証ではWEB完結申込ができない」など、かなり条件が厳しくなっています。職場への電話連絡を省略してキャッシングができるという破格の条件なので、当然と言えば当然でしょう。

何はともあれ、このようにモビットが制定した厳しい審査基準をクリアできるのであれば、WEB完結申込によって勤務先への電話連絡なしに出来る可能性もゼロではない…ということです。

本人の携帯への確認電話について

ここまでは「職場への在籍確認の電話」について語ってきましたが、カードローンの審査での電話連絡といったら、当然もう1種類あります。「本人の携帯への確認電話」ですね。「自分の携帯に、電話連絡が来る」というものです。

さすがに、これだったら家族バレや夫バレ・旦那バレ、あるいは嫁・妻・奥さんなどにバレるという心配もありませんし、このくらいは「受けて立つ」という毅然とした態度を取れる申込者も多いでしょう。しかし、本人の携帯への確認電話であろうと、仕事が忙しくて受ける時間がないので、できればなしでキャッシングしたいという方も一定数いるはずです。そのようなカードローンの利用者の方々のために、「本人の携帯への確認電話すらなしで借りられる方法やキャッシング先があるのか」ということを検討していきます。

携帯電話の確認は、省略できない

結論を書くと、勤務先への在籍確認の電話はともかく、本人の携帯への確認電話を省略するということは、ミッション・インポッシブルなみに不可能な任務・仕事だと思って下さい。というのは、職場・会社だったら、土日・祝日・夜間などで確認が取れない「やむを得ない事情」があるが、本人の携帯への確認電話だったら、それはないからです。朝から夜までのどこかで、少しは確認電話を受ける時間があるはずですからね。

会社だって昼休みはあるので、その時間でないと受けられないというなら、トイレかどこかに籠って、「便所飯」ならぬ「便所確認電話」をを受ければいいのです。それすらできないということは、少なくとも日本の常識的な会社員・OL・公務員、あるいはパート・アルバイト・フリーターの方々などの生活であれば、あり得ないわけですね。

「常識的な」というと反発する方もいるかも知れませんが「キャッシング審査で求められるのは、個性や生き様ではなく、当たり前のことを当たり前にできる、常識人であるかどうか」ということです。なので、そのような「普通の生活ができている人」であれば、本人の携帯への確認電話を受けること自体は、まったく問題ないはずなのです。逆に言えば「それすらできないのは、基本的にキャッシングの利用者としてアウト」という結論になるわけですね。

言及するまでもありませんが、携帯電話を所持していないというのは、当然アウトです。携帯電話を持たないというのは、明らかに日本人の一般的な生活からかけ離れているからです。そのような生活が良い悪いということではなく「携帯電話なしでも生きていけるという主張をするくらいから、キャッシング・カードローンなどの借金に頼ってはいけない」ということですね。当たり前過ぎて書くまでもないことですが、何はともあれ、これらの理由を踏まえると「本人の携帯への確認電話をなしにする」というのは、勤務先への在籍確認の時とは違い、あり得ないことなのです。

モビットのWEB完結申込ならできる場合もある?

モビットの公式サイトで、WEB完結申込についての説明を読んでいると「もしかしたら、本人の携帯への確認電話すら省略される場合もあるのかも知れない」ということは感じます。しかし「勤務先などへの確認電話はありません(ただし、審査結果によってはあります)」という内容が書かれているだけなので、やはり「職場・会社はともかく、本人の携帯電話については明記されていない」という結論になります。しかも、会社への在籍確認の電話についても「審査結果によっては、WEB完結申込の申込条件を満たしたとしても、やはり必要になる」ということで、そんなに甘くないというのは間違いありません。

(当たり前のことですが、審査が甘い・ゆるいというのは究極はヤミ金融や悪徳業者のスタイルであり、自分が借りようとしているキャッシング先が審査が厳しいことは、むしろ喜ぶべきことなのです。そうでなかったら、自分の生活や人生が落ちているということですからね。下落の兆候なのです)

ということで、モビットのWEB完結申込だったら「自分の携帯への電話連絡も、万が一とは言うものの、なしになる可能性がゼロではない」という曖昧な答えは書けます。しかし、この曖昧な記述でもわかっていただけるように「何とも言えない」というのが実情なので、基本的に「本人の携帯への確認電話は絶対にある」と思って下さい。

モビット以外の銀行カードローン・消費者金融は無理

上の段落の通り、モビットのWEB完結申込であれば「一縷の望み」「一抹の可能性」はあります。しかし、その他のキャッシング業者・ブランド・銀行でお金を借りるのであれば、まずそのような可能性はありません。つまりどのような条件を満たそうが、指定の銀行口座を持っていようが、本人の携帯への確認電話は必要になるということです。

これが必要な理由も先に書いた通りなので、納得していただけるでしょう。「携帯電話への連絡すらなしにしたい」というのは、これからお金を貸してもらおうとする人の態度として、やはり少々不誠実なのです。

たとえば自分がお金を貸す側、融資する側だったと想像すればよくわかるでしょう。友達からメールで「お金貸して」と来て、「お金が必要な理由を聞きたいから、電話していい?」とあなたが返事したとします。しかし、友達が「いや、電話では話せない」などと言ったら、融資する気などなくすと思います。「携帯電話の料金を払っていないから、話せない」ということだったとしても、「だったらなおさら不安だから、融資したくない」という結論になるはずです。借りてそのまま返済せずに逃げる…ということも想定できますからね。

要するに、クレジットカード会社や消費者金融・銀行カードローンから「電話連絡なしで借りたい」というのは、そういう態度を取ろうとしている…ということなのです。職場への在籍確認の電話については、ここまでも繰り返し書いてきた通り、「勤務先が閉まっているのでどうしようもない」という場面やシチュエーションは確かに存在します。なので、それはいいのです。

しかし、本人の携帯への確認電話だったらできないことはない、という当たり前のことは、しっかり受け入れて下さい。

オリックス銀行カードローンの在籍確認・まとめ

この記事では、借入審査での職場への在籍確認が、オリックス銀行カードローンの場合は、どのようになっているかという内容をまとめてきました。あるいは、それに関連して、他のキャッシングブランドや銀行カードローンではどのようなスタイルになっているか、在籍確認の代替措置などはあるのか…というトピックスを扱ってきました。

最後にこれらの内容を総括すると、下のようになります。

  • オリックス銀行カードローンの審査も勤務先への在籍確認の電話は必須である
  • 在籍確認の代替措置(在籍確認の代替手段)はない
  • ただし、勤務先が閉まっているなどの事情がある時は、対応策もある
  • かなりクレジットスコア(信用度)が高い人であれば、省略されることもある
  • 基本的には、省略されることはめったにない
  • オリックス銀行カードローン以外では、モビットが一番優遇されやすい
  • ただし、WEB完結申込の厳しい審査情報をクリアしなければいけない

上記のような内容を、この記事では叙述してきました。多くの人が心配しているだろう「職場バレ」や「勤務先の同僚にキャッシングがバレて、仕事できまずい思いをする」というようなことは、オリックス銀行カードローンの在籍確認でも、あるいは他のキャッシング先の職場への在籍確認の電話でもありません。なので、会社バレ・職場バレが心配なので、在籍確認の回避をしたいと思っている方は、そこまで過剰に心配する必要はない…ということを理解して下さい。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

オリックス銀行カードローンに今すぐ申し込む