専業主婦に比べて、パートをしている主婦はキャッシングしやすい?

専業主婦のためのキャッシングナビ

2017.07.04

家計のやりくりをする主婦

パートをしていれば、借入資格は問題なし

パートをしている方が、当然専業主婦よりもキャッシングはしやすくなります。基本的に消費者金融でも銀行カードローンでも「自分の収入があれば借入可能」という条件なので、「パートをしている」というだけでも、かなり有利になるのです。

以下、パート収入がある女性の女性の借り入れと、家庭に入っている女性の女性の借り入れについて、比較をしていきます。

消費者金融は、自分の収入がない女性融資しない

SMBCモビット・アイフル・ノーローンなどの大手の消費者金融は、自分の収入がない女性融資していません。一応貸金業法の配偶者貸付というルールによって、これらの大手の消費者金融でも家庭に入っている女性に対して融資していいのですが、現代の消費者金融はかなり審査を慎重にしているので、家庭に入っている女性は基本的に借入不可となっています。

一方、パート収入がある女性であれば、これらの大手の消費者金融でもお金を借りることが問題なくできます。つまり、パート収入があるかどうかで、消費者金融・銀行カードローンという2つの大きなキャッシング先の、両方から借りることができるというわけですね。逆に、家庭に入っている女性だとこの片方(消費者金融)が、まったく借入不可になってしまうというわけです。

(一応家庭に入っている女性でも銀行カードローンで借りることはできますが、やはりパート収入がある女性の方が圧倒的に有利というのは間違いありません。)

パート収入はいくらあればいい?

これは明確に決まっているわけではありません。ただ、大体の目安として「5万円~10万円の月収は必要」といえます。かなり幅がありますが、銀行カードローン・消費者金融でそれぞれ下のように考えて下さい。

  • 銀行カードローン…7万円~10万円
  • 消費者金融…5万円~10万円

消費者金融は、クレジットヒストリー・勤続年数などの月収以外の条件がよければ、最低限5万円の月収があれば借りられる…という口コミ・評判が多く見られます。ネット上の口コミ・評判なので、あくまで参考程度にしていただきたいですが、消費者金融の方がこのように少ない月収でも借りられる…ということは間違いありません。

逆に銀行カードローンになると、ギリギリのギリギリでも月収7万円は欲しい…という所です。10万円あれば、パート収入がある女性の女性でもかなりの確率で審査に通ると考えていいでしょう。(他の審査条件に問題がなければですが)

勤続年数が長ければ有利

特にパート主婦の女性の場合は、勤続年数が長いということが、消費者金融・銀行カードローンのキャッシング審査では有利に働きます。というのはパートという非正規雇用の場合、年収・月収以上に「仕事をクビになることが一番のリスク」だからです。

実は、我々一般人が思うよりも、年収・月収というのはキャッシングの審査で重要ではないんですね。もちろん、かなり重要ではあるのですが、パート・アルバイト・フリーターなどの雇用形態だと、それ以上に「勤続年数」や「勤務先の安定度」が必要なのです。

低収入な分には、借入枠を少額にすればいいだけです。それぞれの月収・年収に合わせて、小さい限度額にすればいいということですね。

しかし「クビになる」となると話は別です。いくら最高限度額を少額にしても「仕事がなくなって、完全に無収入」になってしまったら、わずか10万円や20万円の借り入れでも、途端に返済不能になってしまうでしょう。

このように、アルバイト・パート・フリーターなどの職業・属性の方々がキャッシングする場合、銀行カードローン・消費者金融が一番重視するのは「クビにならないかどうか」なのです。「安定性」ということですね。

そうした観点で見ると、年収・月収よりもむしろ勤続年数の方が重要…というのは理解していただけるでしょう。実際、一つの勤務先で真面目に長年働く人というのは、キャッシングの返済でも延滞・滞納しにくいというのは、日常生活の感覚でも納得できるかと思います。そうしたことも、勤続年数が長いとパート収入がある女性のキャッシング審査で通りやすくなる…という理由になります。

在籍確認ができるのも強み

もう一つ、自分の収入がない女性に対してパート収入がある女性が有利な点として、「勤務先への在籍確認の電話を受けることができる」ということが指摘できます。当たり前ですが、家庭に入っている女性の場合は仕事自体がないわけですから、在籍確認をしようにもできないわけですね。

在籍確認ができない専業主婦は不利

当然ですが、職場への在籍確認の電話というのは、キャッシングの審査の中で特に重要な作業の一つです。これがなければ絶対に借り入れができないというわけではありません。(現に家庭に入っている女性の場合は、電話連絡なしでいいのですから)

しかし、パート・アルバイト・フリーターの方々にしても、会社員・OL・公務員の方々にしても、仕事をしている人の場合は、みんな「在籍確認が必須」となっているんですね。銀行カードローンでも消費者金融でもそうです。これは、つまり、全員必須にするくらい、勤務先への在籍確認の電話という作業が重要であるということ。それができないという点で、仕事をしていない専業主婦がお金を借りるというのは、パート収入がある女性と比較するとかなり不利なことなのです。

もちろん、銀行カードローンであれば、夫・旦那の収入によって問題なく借りることができます。そう考えると、「専業主婦が借りにくいというより、パート収入がある女性が申し込みやすい」と言った方がいいのですが…。何はともあれ、在籍確認ができるかできないかというのも、キャッシングの審査では非常に重要なことと理解して下さい。

少額なら、パートをしていれば返済可能

「仕事をしている」というだけでなぜこれだけ審査に申し込みやすくなるのか―。これは上にも書いた通り、少額の貸し付けであれば、パートさえしていれば返済できるからです。多くの人が勘違いしていますが、消費者金融・銀行カードローンとしては「できるだけ融資したい」のです。貸して利息をもらってなんぼの仕事なので、できれば融資したいわけですね。

そして、パートでもアルバイトでも、何らかの仕事をしていれば、とりあえず10万円程度の少額であれば、問題なく誰でも返済できるのです。そのため、勤務先への在籍確認の電話によって「確実に、その職場でパート・アルバイトをしている」ということさえわかれば、それで10万円程度はキャッシングの貸し付けをしても問題ないわけです。

(もちろん、在籍確認だけではなく、クレジットヒストリーや他社借入状況などもすべて含めて問題なければですが)

パートの借入枠は、10万円~50万円

では、パート収入がある女性の場合は大体いくらくらい借りられるのかというと、10万円~50万円というのが相場になっています。10万円というのは、キャッシングの世界では最低限の借入枠なので、審査通過した時点で10万円は確実に借りられます。そして、月収がある程度多かったり、勤続年数がある程度長いというパート収入がある女性の場合は、30万円のキャッシング枠をもらえる…ということもあります。

逆に「50万円」という借入枠になると、これは少々厳しくなります。最初のキャッシングからいきなり50万円の与信枠をもらえるというパート収入がある女性の女性は、あまりいないと考えて下さい。その業者・ブランド・銀行のその時期のシチュエーションにもよりますし、貸し付けの少なかった月は50万円借りやすくなる…などのケースもありますが、基本的には「50万円はめったに借りられない」ということです。

(もちろん、返済実績を積んでいけば、50万円まで増額されることはよくありますが、最初からは難しいということです。)

パート収入がある女性が借入枠を増額するには?

上で増額・増枠について触れたので、ここではパート収入がある女性のキャッシングで、借入枠を増やすにはどうしたらいいか…ということを書いていきましょう。上に書いた通り、最高限度額は基本的に50万円ですが、専業主婦と違って収入やその他の状況・条件次第では、さらに上の与信枠になることもあります。(基本的にはめったにないことですが)

収入を増やし、収入証明書を提出する

言うまでもありませんが、これがキャッシングの最高限度額を増やすための王道とも言える方法です。そもそも実際に返済するためにも、高額借入をしたいのであれば、それなりに収入を増やす必要があるというのは自明の理ですからね。逆に言えば「高額借入しても問題ない態勢」ができたら、高額の与信枠は自然と与えられる…ということです。

(運命の神様は、準備ができた人の戸を叩く…という言葉もありますが、それと似たようなものですね)

収入確認資料の提出については、自主的に申し出てOKです。「審査の申し込みをした頃よりも収入が増えたので、年収確認資料を提出して限度額の増額をお願いしたい」ということを電話で伝えれば、大抵の銀行カードローン・消費者金融は対応してくれます。(それまでの自分の利用実績に延滞・滞納などの問題がなければですが)

最低でも6ヶ月は利用する

キャッシングの世界では、6ヶ月ごとに途上与信というものがあります。見直し審査と呼ばれることもありますが、要は利用期間の途中で審査しながら「この人は、この借入枠のままで大丈夫だろうか」「増額させようか、減額扠せようか」ということを審査するわけですね。

これが半年ごとにあるので、パート収入がある女性の借り入れでも、増額されるタイミングというのは、大体この「半年後」なのです。あるいは1年後ということもありますが、何にしても最低6ヶ月は、継続して利用する必要があるわけですね。それ以前に増額の打診の電話が来なかったからと言って、焦らないようにして下さい。

クレジットカードは減らした方がいい

限度額の増額の審査に申し込みやすくする方法として「クレジットカードの保有枚数を減らす」ということが指摘できます。少し考えればわかると思いますがクレジットカードの保有枚数が多いということは、破産のリスクが高いということで、信用度(クレジットスコア)が下がるからです。そのため、クレジットカードで使っていないものは処分して解約したり、あるいは借入限度額を減らすなどして「破産のリスクを下げる」必要があるわけですね。

そうしたら、そうやって減らしたクレジットカードの与信枠の分を、今借りている消費者金融・銀行カードローンが増額してくれる…ということもよくあります。特にクレジットカードのキャッシング枠は、総量規制(年収の3分の1までという規制)の計算にも入ってくるものなので、このキャッシング枠を減らすことは、銀行カードローン・消費者金融での借入枠を増やすことに直結します。

(もちろんクレジットカードですでにキャッシングができるなら、消費者金融・銀行カードローンで限度額を増やさなくても、クレジットカードで借りていればいい…という考え方もできますけどね)

パート収入がある女性のキャッシング・まとめ

以上、パート収入がある女性のキャッシングについて、専業主婦の借り入れと比較しながらまとめてきました。「家庭に入っている女性はかなり借りにくい」という印象を受けてしまったかも知れませんが、大手の銀行カードローンだったら、家庭に入っている女性でも問題なくキャッシングできるという点は、あらためて強調しておきます。

多くの銀行カードローンは「配偶者の同意書なし(夫・旦那の同意書なし)」で借りられるので、夫バレ・旦那バレすることもありませんし、楽天銀行スーパーローン(カードローン)・横浜銀行カードローンなど「自分の身分確認資料を提出するだけでキャッシングできる」と口コミ・評判で言われている銀行カードローンもあるくらいです。

そのように、大手の銀行カードローンであれば、家庭に入っている女性でもかなり申し込みやすいキャッシング先があるので、決してパート収入がある女性と比較して、それほど不利というわけではありません。ただ、総合的に見れば、やはりパート収入がある女性でも他の職業・属性でも、自分の安定収入がある人が、かしさでは圧倒的に有利ということです。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング