新生銀行カードローン レイクの在籍確認

銀行カードローンナビ

2017.07.04

女性のオペレーター

レイクの審査は在籍確認の電話が必須

これは新生銀行カードローン レイクに限った話ではありませんが、どの銀行カードローン・消費者金融のキャッシング審査でも、勤務先への在籍確認の電話は必須となっています。ただ、誰がどう見ても在籍確認ができないやむを得ない事情があり、しかもクレジットスコア(信用度)が高い人であれば、状況・条件によっては在籍確認が省略されることもある…という口コミ・評判があります。(これも新生銀行カードローン レイク以外にも言えることです)

ここではそれらの評判・体験談の検証も踏まえて、新生銀行カードローン レイクの在籍確認について詳しくまとめていきます。

回避する方法はない?

キャッシングの審査で在籍確認による勤務先バレを恐れる方は、「在籍確認を回避する方法」を探しているようです。しかし、残念ながら新生銀行カードローン レイクも含めて、キャッシング審査の在籍確認を回避する方法というのは、少なくとも大手の銀行カードローン・消費者金融の場合はほぼありません。

一応モビットのWEB完結申込などの例外はあるものの、あくまで例外的な措置なので、勤務先への在籍確認の電話については、どの銀行カードローン・消費者金融でも必須…と思っておいて下さい。

状況・条件によっては電話連絡なしになる?

これはあくまでネット上の口コミ・評判による情報ですが、状況・条件によっては電話連絡なしになるという説もあります。冒頭に書いた通り、下の2通りの条件を満たしている場合です。

  • 明らかにやむを得ない事情があって、在籍確認の回避をせざるを得ない
  • 電話連絡なしで融資していいくらい信用度(クレジットスコア)が高い

このような条件ですね。そもそも在籍確認というのは銀行法・貸金業法などの法律で決められているルールではないので、このように業者・銀行の判断で省略してもいいと思ったらしていいということになっています。このあたりは、がんじがらめにするよりも「それぞれの申込者に合わせて、柔軟な審査をする」方が、すべての人のためになるので、法律の内容も正しいものだと言えるでしょう。

在籍確認を怖がる必要はない

そもそも、職場への在籍確認というのはまったく怖がるようなものではありません、在籍確認を警戒する方というのは、「在籍確認の電話を受けることによって、勤務先にキャッシングがバレる」と思っているからでしょう。

しかし、少し考えて見ればそのようなことをしたら、新生銀行カードローン レイクにとってもマイナスであるとわかるはずです。そうして職場バレしてしまった利用者は、確実に新生銀行カードローン レイクに対して悪印象を持ちますからね。そうして悪い口コミ・評判を流されたりしたら、新生銀行レイクのレベルだと「億単位の損失」になってしまうのです(下手すると、10億、100億単位の損失になるかも知れません)

また、新生銀行カードローン レイクは貸金業法の対象ではありませんが、貸金業法第21条5項では「第三者に借り入れの事実を知らせてはいけない」というルールが決められていて「職場バレするような在籍確認をするのは、この貸金業法第21条5項に違反する恐れがある」わけですね。

もちろん、わざとやったのでなければ処罰の対象にはなりませんが、それでも「国がこのような法律を制定するくらい、銀行カードローンやキャッシング業者が、利用者の借金がばれるようなことをするのが良くない、ということはわかるでしょう。なので、利益を考えてもコンプライアンスを考えても、一番会社バレが怖いのは、申込者よりも実は新生銀行カードローン レイクの方…ということもできるのです(もちろん、これは他の銀行カードローン・消費者金融でも同じです)。

ということで、レイクの在籍確認の電話も、即キャッシングがバレない職場にキャッシングがバレないように最大限の配慮・対策をとってくれます。なので、勤務先にバレるのが怖いから在籍確認は嫌だと思っている方は、安心して電話連絡を受けて下さい。

レイクの在籍確認は職場バレしない

上で書いたのは「職場バレするのは、新生銀行カードローン レイクにとっても大きな損失である…ということでした。ここからはもっと具体的に、どうして新生銀行カードローン レイクの在籍確認の電話で会社バレ・職場バレすることがないのか、という内容を説明していきます。

電話連絡はどのようにかかるのか

まず、新生銀行カードローン レイクからの職場への在籍確認の電話というのは、どのようにかかって来るのか。これは「個人名」で「普通の用事」のようにかかって来ます。個人名というのは、担当のオペレーターさんの名前です。

「新生銀行」という銀行名の方が都合がいいという場合は、それもリクエスト可能です。ただ、その理由によってはダメになるかも知れませんが、新生銀行であることは嘘ではないので、まったく問題ないでしょう。

逆に「他の銀行の名前、カードローン会社の名前、担当者に別の名前を名乗ってmろあう」というのは無理なので、これは理解しておいて下さい。いずれも「虚偽申告」ということで、超軽度とはいえ「詐欺」になりますからね。

(個人レベルでやる分にはそれほど重い罪ではありませんが、新生銀行カードローン レイクのような大企業・ブランドがやるのは、問題があるということです。たとえ一度リクエストを受けただけでも「組織的に継続してやっていた」という疑いをかけられてしまいますからね。大企業のルールは厳粛なのです)

本人がその場にいなくても大丈夫

新生銀行カードローン レイクに限らず、キャッシングの申込者が在籍確認を恐れる理由として「自分がその場にいなければいけないのでは?」というものがあるでしょう。これだと、たとえば会社が休みの日に、自宅から審査の申し込みをする…ということができなくなるからです。

しかし、これについてもまったく問題ありません。在籍確認の電話をかけた時、本人が勤務先にいなくても「在籍していることさえわかれば」それでOKとなっています。

本人がいないのにどうして在籍確認が取れるのかというと、たとえば下のようなやり取りです。

  • レイクのスタッフさん「山田と申しますが、田山さんお見えでしょうか」
  • 勤務先の同僚「すみません。田山は今日休んでおります」

この内容だったら「確かに田山さんは在籍している」ということがわかりますね。逆に「田山は休みを取っております」だと、「休職」の可能性があります。その場合は「では、明日はご出勤でしょうか」というように「ただの休日である」ということとの確認をするわけですね。これで「はい、明日は来ます」というように言われたら、それで在籍確認が取れるわけです。

こうしたやり取りを、その場の空気を読みながら、ごくごく自然にしてくれるので、勤務先の同僚に怪しまれることもほぼないと言っていいのです。

効果的な在籍確認の言い訳は?

上のように書いたものの、たとえば普段その人宛ての電話がかかって来ない職場やポジションの場合は、やはり多少怪しまれるでしょう。それですぐに勤務先に借り入れがバレるということはなくても、何となく変な印象を、職場の同僚に持たれてしまう…ということはあるかも知れません。

もしそのような心配がある場合は、事前に「クレジットカードの審査で在籍確認の電話が来る」などの効果的な言い訳をして、自然に装うという方法もあります。クレジットカードの審査でも確かに在籍確認の電話をかけますし、これだけクレジットカードを持っている人が多い時代なら、職場の同僚もクレジットカードの審査の在籍確認を受けたことがあるでしょう。(絶対ではありませんが、そうした同僚は多いでしょう)

なので、もし事前に言うことができたら、勤務先の同僚や上司に対して、「今日、クレジットカード会社からいわゆる在籍確認の電話が来るので、よろしくお願いします」ということを言っておけばいいでしょう。事前に言えたらベストですが、その日休日などで言えない場合は、後日出勤した時に言言えば十分です。

何はともあれ、人間が思っているほど、周りは自分に関心を持っていないものです。なので、新生銀行カードローン レイクの在籍確認の電話についても、それで職場の同僚の人々にキャッシングがバレるということはないので、安心して下さい。

職業・属性別に在籍確認について

ここまでは、すべての職業・属性の人に共通する、新生銀行カードローン レイクの在籍確認について書いてきました。ここからは「職業・属性ごとに」、新生銀行レイクからの勤務先への在籍確認の電話がどのようになるかということを書いていきましょう。

(ほとんどは、新生銀行カードローン レイクだけではなく、どのキャッシング業者や銀行カードローンで申し込んだとしても、共通することが多いですが…)

自宅が事務所だとどうなる?

これは個人事業主・自営業・フリーランスの方々に多いパターンでしょうが、自宅の住所が事務所を兼ねている…という場合には、勤務先への在籍確認の電話はどうなるのか。これはシンプルでそのまま、その自宅&事務所の電話番号にかかって来るだけということです。フリーランスや個人事業主・自営業の人々が自宅を事務所にするというのはごくごく普通のことなので、新生銀行カードローン レイクにしても他の業者・銀行にしても、怪しむことはありません。

ただ、もしその電話に家族も出られるようになっていたら、当然ですが家族に在籍確認の電話を取られないように、注意しましょう。かける時間帯についても、場合によってはリクエストできることがありますので、どうしても自分が出られる時間帯が限られるようだったら、新生銀行カードローン レイクのスタッフさんに、そのことを伝えて時間帯を調節していただく…ということもできるかも知れません。

(これもやはり、ある程度信用度(クレジットスコア)のある人でないと難しいかも知れませんが)

学生のアルバイトは?

学生のアルバイトでも新生銀行カードローン レイクで借り入れができますが、その場合は在籍確認の電話はどうなるのか―。これは会社員・OL・公務員やパート・アルバイト・フリーターの方々など、社会人の場合と変わりません。その学生のアルバイト先に、在籍確認の電話がかかって来るというだけです。

もちろん、アルバイトだと普通外部からの電話などかかって来ないので、職場の人に怪しまれるということはあるでしょう。この点については、先に書いた「クレジットカードの審査」という言い訳で乗り切る…という方法があります。学生でも今はクレジットカードを持っているのが当たり前ですし、複数枚発行することもできますから、今クレジットカードを盛っていたとしても、この言い訳で在籍確認の不審さをごまかすことは可能です。

専業主婦の借入審査の場合は?

自分の職場を持っていない、自分の収入がない専業主婦の場合はどうなるのか。これは簡単で「在籍確認はまったくなし」です。仕事をしていない以上、在籍確認のしようがないので、それは当然ですね。

「しかし、夫・旦那の職場に在籍確認されるんじゃないか」という疑問もあるでしょう。しかし、これも大丈夫です。新生銀行カードローン レイクでもその他の借入先でも、専業主婦の借入審査で、夫・旦那の職場に在籍確認をするということはありません。理由は下の通りです。

  • 先に書いた通り「第三者に借金の事実を知らせてはいけない」というルールがある(夫・旦那も第三者である)
  • 勤務先への在籍確認をしなくても、夫・旦那が仕事をしていることはわかる

前者はもう説明不要でしょう。後者についてはその女性が専業主婦として生活しているということ自体が、夫・旦那が真面目に働いているという証拠になるわけですね。夫・旦那が真面目に仕事していなければ、女性が専業主婦として生活できるわけはありませんからね。

つまり、申込者の女性が無収入の専業主婦であるということが、「夫・旦那がしっかり仕事をしている証拠」になるわけですね。就職活動をしている女子大生の間で「専業主婦」の人気が高いように、専業主婦であるということ自体が「しっかりした夫・旦那がいる」という証明になるのです。

なので、夫・旦那の職場に在籍確認をする必要は、新生銀行カードローン レイクでもその他の銀行カードローン・消費者金融でも必要ない…ということになるわけですね。

新生銀行カードローン レイクの在籍確認・まとめ

以上、新生銀行カードローン レイクのキャッシング審査での在籍確認についてまとめてきました。最後に要点を整理すると下のようになります。

  • 会社への在籍確認の電話は、新生銀行カードローン レイクの審査でも必須である
  • 状況・条件によっては省略されることもある
  • 担当者の個人名電話がかかって来るが、「新生銀行」と名乗ってもらうことも可能
  • 本人が勤務先にいてもいなくてもいい
  • 「クレジットカードの審査の在籍確認」と言えば、電話連絡の言い訳としては問題なし
  • 自宅が事務所だと、自宅に在籍確認の電話がかかって来る

特に重要なポイントとしては、このようになります。繰り返し書いてきた通り、「新生銀行カードローン レイクの在籍確認によって、勤務先に借り入れがバレるということはないので、この点は安心して下さい。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング