楽天銀行カードローンの土日審査はどうなってるの?

銀行カードローンナビ

2014.09.10

お札とペンと電卓と書類

土曜日・日曜日・祝日でも楽天銀行は借入可能

楽天銀行スーパーローン(カードローン)は土日審査にも対応しています。このポイントについては、僅少でもカードローン・消費者金融・キャッシングの知識がある人の場合は、何も驚くことはないかも知れません。楽天銀行スーパーローン(カードローン)も含めて、いわゆる大手・メジャーな銀行カードローンの過半数・大半が、土曜日・日曜日・祝日のスピード審査ができるようになっているからです。

特に大手の消費者金融(アイフル・アコム・プロミス・SMBCモビット・ノーローンなど)になると、すべて土曜日・日曜日・祝日のスピードキャッシングができるようになっているので、キャッシング・カードローンの世界では、「週末・休日だろうと、土曜日・日曜日・祝日だろうとその日中にお金を借りることができる」というのは、半ば常識になっているわけですね。

ただ、大手の銀行カードローンの中でもみずほ銀行カードローン、あるいは地方銀行のキャッシングの大手で横浜銀行カードローン・静岡銀行カードローン「セレカ」などは土日審査・スピード借入ができないようになっているので、この点では、これらの銀行カードローンよりは週末・休日のスピードキャッシングについては、楽天銀行スーパーローン(カードローン)が優れている…という指摘が可能です。

楽天銀行の口座を持っていればキャッシングできる

楽天銀行スーパーローン(カードローン)で土曜日・日曜日・祝日のスピード審査を受けるための条件ですが、見出しに書いている通り「楽天銀行の口座をすでに保有している」ということが必要になります。平日の楽天銀行スーパーローン(カードローン)であれば、楽天銀行の口座を持っていない人であってもスピード審査ができるし、その日中のキャッシングもできるのですが、週末・休日(土曜日・日曜日・祝日)になると、それができなくなるということですね。

楽天銀行の口座がない人は土日借入不可

この点についてさらに掘り下げて書くと、このように「平日はその銀行の口座なしでもスピードキャッシングできる」「しかし、週末・休日や土曜日・日曜日・祝日のスピード借入では、その銀行の口座が必須になる」という条件の銀行カードローンは、楽天銀行スーパーローン(カードローン)以外にも複数あります。

具体的に銀行カードローンの名前をあげるとオリックス銀行カードローン・ソニー銀行カードローンなどですね。これらの銀行のキャッシングも、楽天銀行スーパーローン(カードローン)に負けず劣らず高い人気を博していますし、インターネット上の口コミ・評判も非常にいいのですが、土曜日・日曜日・祝日のスピード借入についてはこのような条件(口座が必要)があります。

なお、「週末・休日だろうと、通常の平日だろうと、必ずスピードキャッシングには銀行口座が必要になる」という条件の銀行カードローンとしては、イオン銀行カードローンBIGなどがあります。また、地方銀行のカードローンの小規模な所では、特にこの傾向が見られます。

地方銀行は「通常の地方銀行、第二地方銀行」という風に、ランクが別れています。サッカーのJリーグでいう「J1・J2」のようなもので、第二地方銀行の方が小規模です。要は「マイナーな地方銀行は、大体第二地方銀行」と思っていただいてOKです。マイナーではありませんが、たとえば北海道でいうなら下のようになります。

  • 北海道銀行…第一地方銀行
  • 北洋銀行…第二地方銀行

北洋銀行は北海道民にとっては馴染みのあるものですが、道外の人にはわからないでしょう。このような「地元人でないとわからない」というような銀行は、第二地方銀行が多い…と思って下さい。

少々預貯金取扱金融機関の話題になりましたが、このような「第二地方銀行」が提供するキャッシング・カードローンだと、特に「平日・土曜日・日曜日・祝日に関係なく、スピード借入にはその銀行の口座が必要」という条件になります。(場合によっては、スピード審査がそもそもできないということもあります)

ということで、週末・休日や土曜日・日曜日・祝日のスピードキャッシングには楽天銀行の口座が必要になる…という条件は、別に楽天銀行のカードローンだけが厳しいということではなく、「地方銀行のキャッシングも含めたすべての銀行カードローンを見れば、むしろ申し込みやすい条件である」ということを理解して下さい。

その日中に口座開設をする方法は?

このように「週末・休日や土曜日・日曜日・祝日のスピード借入には口座が必要」という記述を見ると、「では、最初にスピード開設をしてから、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査に申し込めばいいのでは?」という風に考える人も多いかも知れません。実際、これは悪くない発想です。

というのは、横浜銀行カードローンやみずほ銀行カードローンなどは、実際にこの方法で「現時点でそれぞれの口座を持っていない人でも、スピード借入ができるようになっている」からですね。なので、楽天銀行スーパーローン(カードローン)でも同様のことができる…という発想をしたとしても、それは極めて合理的であり、的を射ているものです。

しかし、残念ながら、楽天銀行スーパーローン(カードローン)のようなネット専業銀行で、実店舗・リアル店舗を持っていない銀行の場合は、スピード開設ができない…という条件になっているんですね。どの銀行でも、スピード開設をするには「本支店に行って、手続きをしなければならない」という条件・ルールになっているのです。

銀行全体がこのような体制になっているのは「反社会勢力・暴力団などによる、不正な口座開設を防止する」ためです。『闇金ウシジマくん』などを読むとわかりますが、彼らにとって「銀行口座を大量生産する」というのは、かなり重要なことなんですね。たくさん銀行口座を作っておけば、次々凍結されても、さらに新しい口座を使って、ヤミ金融などの違法ビジネスをすることができるのです。

なので、口座開設はある程度条件を厳しくする必要があるわけですね。本支店・実店舗での開設であれば、対面して顔を見せているし、声もわかるわけです。また、身分証明書・本人確認書類についてもスキャンした画像などではなく、コピーでもなく、実物を手にとって確かめられるということで、身分確認資料の偽造がしにくくなるということですね。

というように、口座開設をスピーディーにするためには、より条件の厳しい実店舗・店舗窓口でする必要があるわけです。そして、「ネット専業銀行である楽天銀行には、そのような実店舗がない」ということで、どうしてもスピード開設をすることは不可能となるわけですね。

なので「スピード開設をしてから楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査に申し込む」という、横浜銀行カードローンやみずほ銀行カードローンでできるような手段は、楽天銀行スーパーローン(カードローン)では使用不可能となっているわけです。

土曜日・日曜日・祝日のスピード借入の注意点

ここまでは「楽天銀行スーパーローン(カードローン)の土日審査」について書いてきましたが、ここからは「楽天銀行スーパーローン(カードローン)以外のすべての銀行カードローンも含めた、土曜日・日曜日・祝日のスピード借入全体の注意点」を書いていきましょう。(銀行カードローンだけではなく、消費者金融などのキャッシングブランドについても記載していきます。

特に週末・休日(土曜日・日曜日・祝日)にお金を借りたい、キャッシングをしたいと考えている方にとっては、これらのポイントがかなり重要になる局面・シチュエーションも多いはずなので、参考になる部分を参考にしてみて下さい。

銀行カードローンは口座が必要になることがある

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の場合もそうですが、序盤でも書いてきた通り、土曜日・日曜日・祝日のスピード借入になると指定の銀行口座が必要…という条件の銀行カードローンがかなりあります。大手の銀行カードローンでは「オリックス銀行・ソニー銀行・楽天銀行」くらいですが、地方銀行のキャッシングも含めるとかなりの数になります。(というより、地方銀行のカードローンでは土曜日・日曜日・祝日のスピードキャッシング自体があまりできないのですが)

何はともあれ、平日のスピードキャッシングだったらそれほど重要ではない「その銀行口座があるかどうか」という条件が、土曜日・日曜日・祝日のスピードキャッシングになると、FIELD OF VIEWではありませんが「突然」必要になるわけですね。

そして、上に書いたオリックス銀行カードローンにしても、あるいはソニー銀行カードローンにしても、楽天銀行スーパーローン(カードローン)と同様の理由から、スピード開設はできないという条件になっているんですね。同様の理由というのはもちろん「実店舗がないか、あるいは僅少なので、郵送によって本人確認をして、信用度を高めるしかない」というものです。有人店舗を持たないというのは、コスト面で有利ですし、その分低金利・低利息にしたりして利用者・消費者に還元できるというメリットもあるのですが、このように「スピード開設ができない」というデメリット・短所・欠点もあるわけですね。

ということで、楽天銀行スーパーローン(カードローン)、そしてソニー銀行カードローン、またはオリックス銀行カードローンなどの銀行のキャッシングで資金調達をしよう、お金を借りようと考えている方は「事前にこれらの銀行口座を持っていないと、土曜日・日曜日・祝日のスピード借入はできない」ということを理解して下さい。

消費者金融はローンカードの発行が必要になる

また、銀行カードローンでなく消費者金融だったら、もっと土曜日・日曜日・祝日のスピード借入が楽になるかというと、そうでもありません。というのは確かに銀行口座の縛り・制限はないが、スピード振込で借りることはできないので、ローンカードの発行をする必要があるという条件になるからです。

もちろん、これは消費者金融のサービスが悪いということではありません。土曜日・日曜日・祝日・夜間だと銀行振り込みによって借りることができないというのは、「消費者金融のサービスが対応できていないのではなく、銀行が閉まっているという単純な理由」なんですね。つまり、簡結に書くと下のようになります。

  • 消費者金融は、土曜日・日曜日・祝日・夜間でも働いている
  • 銀行が働いていない

「働いていない」というと少々語弊がありますが、思い切りわかりやすく書くとこのようになります。銀行が営業していない以上、消費者金融がスピード振込のシステムを稼働させても、それが銀行側で反映されないということですね。なので、土曜日・日曜日・祝日・夜間のように銀行が閉まっている日時にスピード融資をしようと思ったら「銀行振込に頼らず、ローンカードを利用して、ATMから直接融資する」という方法以外に選択肢はないのです。

ATMを動かすには、知っての通り「カード」が必要になります。銀行預金を引き出すならキャッシュカードで、カードローンの借り入れをするのであれば、ローンカードが必要になるということすね。(返済でも必要になりますが)

ということで、そのローンカードの発行をする手間・時間が、消費者金融の土曜日・日曜日・祝日のスピード借入の場合は必要になります。スピード振込で借り入れ(借金)をするより少々手間がかかりますが、土曜日・日曜日・祝日のスピードキャッシング自体は問題なくできるということですね。

特に土曜日・日曜日・祝日(週末・休日)でも、21時~22時程度までという長時間でスピード審査を受け付けてくれるというのは、銀行カードローンと比較すると、驚異的なサービスです。銀行カードローンだと、三井住友銀行カードローンか新生銀行カードローン レイクしか、これができませんからね。(この2つの銀行カードローンは、土曜日・日曜日・祝日でも基本的に21時までのスピード審査となっています)

というように、消費者金融で土曜日・日曜日・祝日のスピード借入をする時には「ローンカードの発行をするために、自動契約機・無人契約機に行く時間」も考慮する必要がありますが、「今日中にお金を借りないといけない」とか「今すぐ現金が必要」というような急ぎのシチュエーションの方は、特に注意して下さい。

勤務先への在籍確認がしにくい

土日審査は、楽天銀行スーパーローン(カードローン)でもどこでも「勤務先への在籍確認の電話をかけにくい」というデメリット(短所・注意点)があります。これは説明するまでもなくわかるでしょう。土曜日・日曜日・祝日(週末・休日)は勤務先が閉まっていることが多いので、キャッシングブランドや銀行カードローンが在籍確認の電話をかけても、誰も電話に出ることができない…というわけですね。

このようなシチュエーションでは、消費者金融・銀行カードローンやクレジットカード会社の判断によって「電話連絡の代わりになる手段」が適用されることもごくごく稀にありますし、その人のクレジットスコア(信用度)が高ければ、職場への在籍確認の電話が省略されることもあります。

ということで、土曜日・日曜日・祝日・週末・休日で勤務先への在籍確認が取れないからといって、必ずしもそこでスピード借入ができなくなるというわけではありませんが、消費者金融・銀行カードローンによっては、そこで借入不可となる可能性もゼロではありません。

(少なくとも、勤務先への在籍確認の電話をかけられる平日と比較したら、スピード審査が少々やりにくくなる…というのは確かでしょう。)

こうした背景が土曜日・日曜日・祝日のスピード審査には存在するので、特に自分の職場・勤務先が土曜日・日曜日・祝日に閉まっているという場合には、楽天銀行スーパーローン(カードローン)でもどこでも、銀行のキャッシングの審査に申し込む時には、特に注意して下さい。

土曜日・日曜日・祝日のスピード借入なら、消費者金融がおすすめ

総合的に見て、やはり楽天銀行スーパーローン(カードローン)などの銀行のキャッシングは、消費者金融に比較すると、どうしても土曜日・日曜日・祝日のスピード借入では不利になります。これはそもそも「消費者金融というのは、借りやすさを最優先したサービスである。その分、銀行カードローンより高金利になっている」ということを考えれば、致し方ないことと言えるでしょう。

逆に言えば、楽天銀行スーパーローン(カードローン)などの銀行のキャッシングは、多少土曜日・日曜日・祝日のスピードキャッシングでは不利なものの、その分低金利で借りられますし、借入種別の評価も高い(個人信用情報で借入履歴が残っていた時、クレジットヒストリーとしてプラスになりやすい)というメリット・長所・利点もあるわけですから、総合的に見れば、クレジットスコア(信用度)が高い人であれば、基本的に楽天銀行スーパーローン(カードローン)などの銀行カードローンで借りた方がいい、という結論になるでしょう。

という風に、決して楽天銀行スーパーローン(カードローン)や銀行・金融機関のキャッシングが不利というわけじゃないのですが、ここでは具体的に「消費者金融での土日借入が、どのように週末・休日のスピードキャッシングで有利になるのか」という点を解説していきます。

土曜日・日曜日・祝日でも21時~22時までスピード審査

まず、大手の消費者金融が土曜日・日曜日・祝日・週末・休日のスピード借入で有利な点は、見出しに書いている通り、「土曜日・日曜日・祝日であろうと、週末・休日であろうと、あるいは平日でも毎日21時~22時までスピード審査に対応している」という点にあります。

  • アコム・プロミス…大体22時まで(店舗や状況・条件によって変動あり)
  • ノーローン・アイフル・SMBCモビット…大体21時まで(こちらも変動あり)

このように、それのキャッシングブランドで「21時か22時か」という違いはありますが、大手の消費者金融全体では「夜9時~夜10時まで」という受付時間で、スピード審査をしているということですね。

これは、楽天銀行スーパーローン(カードローン)も含めた大手の銀行のキャッシングと比較すると、かなり有利な条件となっています。大手の銀行カードローンは「午前中の審査申込み」か、「遅くとも14時程度まで」という条件が必要になりますからね。

例外的に、三井住友銀行カードローンと新生銀行カードローン レイクだけは、土曜日・日曜日・祝日のスピード審査でも21時(夜9時)まで受け付けているというシステムになっています。このように、かなり消費者金融に近い条件の銀行カードローンもありますが、基本的にはやはり、銀行カードローンの土曜日・日曜日・祝日のスピード借入というのは、アコム・SMBCモビット・プロミス・ノーローン・アイフルなどの大手のキャッシングブランドと比較すると、どうしても不利になるのです。

指定の口座を持っている必要がない

これも前述した通りですが、大手の消費者金融でキャッシングするための必要条件として「特定の銀行口座を持っている」ということは制定されていません。楽天銀行スーパーローン(カードローン)の場合、土曜日・日曜日・祝日のスピード借入では楽天銀行の口座が必要となる…というような条件が大手の消費者金融の場合はないということですね。

これが土曜日・日曜日・祝日・週末・休日のスピードキャッシングで大きく有利になる…ということは言うまでもないでしょう。銀行口座にしても何にしても、「スピード借入にあたって必要な条件は、少ない方がいい」わけですからね。別にキャッシング・カードローンの話題に限った話ではありませんが、人間が何をする場合でも、その達成のために必要なハードルは、少なければ少ないほどいいわけです。なので、土曜日・日曜日・祝日のキャッシングの審査においても、「指定の銀行口座が必要」などの条件は、なければないほどいいわけですね。その点で、ただ借りやすさだけにフォーカスするのであれば、楽天銀行スーパーローン(カードローン)を始めとした銀行のキャッシングよりも、アコム・アイフルなどの消費者金融の方が有利…ということが出来るでしょう。

審査通過率自体も高い

さらに、大手の消費者金融はそもそも、「審査に申し込みやすい」という点でも土曜日・日曜日・祝日・週末・休日のスピード借入で有利な立ち位置にある…ということとも指摘できます。もちろん、これは土曜日・日曜日・祝日・週末・休日に限定された話ではなく、通常の曜日・平日のスピードキャッシングでも同等のことが言えるわけですね。

スピード借入というと、「スピード審査の受付時間が長い」とか「審査スピードが早い」とか、時間面にばかり注目が集まりますが、「実際に審査通過できるかどうか」「ただ審査完了するだけではなく、お金を借りることができるかどうか」ということが最重要なのです。どんな壮大なプランでも実現しなければ「ただ良き意図が存在するに過ぎない」ということをドラッカーは言っていますが、一番大事なのは「借りられること」なんですね。

特に「その日中にお金が必要」「何が何でもすぐにキャッシングをしないといけない」「大至急お金を借りたい」「急ぎで現金が必要」というような切羽詰まった状況・条件になったら、とにかく「審査落ちしないで、確実に借入審査に通る」という確実性が最重要になります。

こうした安全性・安定性を確保するには、やはり「審査通過率が高い」キャッシング先で申し込むのがベストなのですが、そうした視点から見ると、やはり楽天銀行スーパーローン(カードローン)などの一連の銀行のキャッシングよりも、ノーローン・SMBCモビット・アイフル・アコムなどのキャッシングブランドの方がいい…ということですね。

(もちろん、大事なことなので繰り返し書きますが、銀行カードローンは銀行カードローンで、消費者金融よりも低金利である、借入種別の評価が高い…というようなメリットがあるわけです。)

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の土日借入・まとめ

この記事では、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の土日審査をはじめとして、その他の銀行カードローンでの土曜日・日曜日・祝日のスピード借入や、消費者金融の土曜日・日曜日・祝日のスピードキャッシングなどについて総合的・包括的にまとめてきました。最後に要点を一覧にすると、下のようになります。

  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)は土曜日・日曜日・祝日のスピード借入もできる
  • ただし、週末・休日のスピード借入では、楽天銀行の口座が必要という条件
  • 楽天銀行の口座は、スピード開設はできない
  • 事前に口座を持っている必要がある
  • 申込み時間は、できれば午前中、遅くとも14時程度
  • 平日なら楽天銀行の口座なしでスピード借入できる
  • 土曜日・日曜日・祝日のスピードキャッシングなら、消費者金融の方が有利
  • 金利面や利息面、借入種別の評価なら楽天銀行スーパーローン(カードローン)の方が有利

以上が、この記事で書いてきたポイントになります。低金利という点に着目して銀行カードローンでお金を借りようとしている方も、楽天銀行スーパーローン(カードローン)を具体的に検討している方も、あるいは土曜日・日曜日・祝日のスピード借入がしやすいキャッシング先であればどこでもいいという方も(こうした方には消費者金融がおすすめですが)、この記事で記載してきた内容を、何らかの参考にしていただけたら幸いです。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

土日でもすぐに楽天銀行に申し込む