即日融資はモビット。即日振込で借りられる

消費者金融ナビ

2014.09.11

メモ帳と観葉植物とノートパソコン

モビットは最短当日キャッシングがしやすい

最短即日融資の消費者金融・銀行カードローンでキャッシングをしたい…という人は多いでしょう。人間誰でも、一度は「今すぐお金が必要」という場面があるものです(一度どころではなく、無数にある人の方が多いかも知れませんが…)。

そのように最短当日借入をしたい時、特に最短即日振込を希望する時には、モビットが一番希望を叶えやすい、お金を借りやすい借入先となっています(これは審査が甘い・ゆるいというような意味ではなく、システムが整備されているというニュアンスです)。

ここでは、そのようにサービスが充実しているモビットの最短即日キャッシングについて説明していきます。

10秒簡易審査ですぐに大体の結果がわかる

モビットが最短即日融資のサービスで他の銀行カードローン・消費者金融に対して大きくリードしているのは「10秒簡易審査」というシステムです。あくまで仮審査ではありますが、その結果が10秒でわかる…ということですね。

借入診断・お試し診断がさらに、かなり発展したようなものです。逆に言えば「あくまで精度の高いお試し診断・借入診断ということで、本審査の結果とは違う可能性もあります。しかし「かなり近い」ということで、借り入れができるかどうか大体の判断ができる…という点が優れています。

10秒簡易審査が本審査の結果に近い理由

では、なぜモビットの10秒簡易審査は、本審査の結果に「限りなく近い」ということが可能なのか。これは本審査で送信する審査情報を送った上で、それをスーパーコンピューターによって短時間で機械的に審査するというシステムになっているからです。

本審査では提出書類なども見ますし、10秒簡易審査よりもしっかりと審査項目をチェックするので、当然「本審査と同じように審査項目をチェックしている」ということではありません。しかし、「普通の消費者金融・銀行カードローンの借入診断・お試し診断よりも、相当詳しい審査項目を送信する」ということは確かです。

となれば、一般的な借り入れのシミュレーションよりも相当「借入可能かどうか、あるいは不可か」ということの判断がつきやすくなるということですね。そして、そのように「キャッシング可能かどうか大体わかる」というだけでも、急ぎでお金を借りたい人が、モビット以外の借入先でも申し込みの準備をするかどうかの検討ができるのです。もし「モビットではキャッシング不可になるかもしれない」という10秒簡易審査の結果が出たら、次のキャッシングブランドで申し込みするための準備が、すぐにできますからね。

(あるいは人によってはそもそも「モビットではなく、より審査に通りやすい他の消費者金融にする」という選択肢になるかも知れませんが)

何はともあれ、「今すぐお金を借りたい」「今日中にキャッシングが必要」「何が何でも最短即日融資を受けたい」というような時には、「それができるかどうか」の大体の目安がすぐにつくことが肝心ということです。

その日中に借りたいならモビット

ということで、「絶対に今すぐカードローンでお金を借りたい」という切羽詰まった状況の時には、他の消費者金融よりもモビットを選択することをおすすめします。やはり「まずは情報が一番重要」ですからね。いくら借りられるかとか、初回30日間無利息のサービスがあるか…というようなことも重要ですが、とりあえず、今すぐ必要な金額を借り入れできるだけでも十分というのが、ほとんどの人の場合でしょう。こういうピンチの時にはあまり完璧を求めないで「60点主義」で行くことです。つまり「最低限必要な条件さえクリアしていればいい」ということですね。

「今すぐキャッシングをしたい」という場面で必要な金額というのは、大体それほど多くありません。統計的に見て、3万円・5万円・10万円がキャッシングで申込者が記入する借入希望金額の平均となっています。実際、お金がなくて困るというのは、大体このくらいの金額が不足する…という局面が多いでしょう。

そして、これはモビットに限定された話ではなく、大手の銀行カードローン・消費者金融だったらどこでもそうなのですが、「キャッシングの最低借入金額は10万円から」という設定になっています。ルールがあるわけではありませんが、これがキャッシング・カードローン・消費者金融の世界の常識となっています。

つまり、簡単に言えばどれだけクレジットスコア(信用度)が低い人であっても、審査に通るだけで10万円のキャッシングはできることが多いということですね。絶対ではあrませんが、その割合が高いのです。あくまで「審査に通れば」という話ですが。

なので、モビットでもその他のキャッシングブランドでも、「今すぐ借り入れをしたい」という人は、別に最大融資枠にこだわる必要はないのです。20万円や30万円をキャッシングしたいというのであれば話は別ですが、10万円までの金額であれば、審査に通るだけでとりあえず、誰でも必要な金額は借りられるということですからね。なので、それぞれの最高限度額などを比較する必要は全くないのです。

モビットの最短当日融資の他のメリット

上の段落では、「モビットは10秒簡易審査のサービスがある」「だから、急ぎでお金が必要な時に一番便利な借入先」ということを書いてきました。ここから先は、「モビットの最短当日キャッシングに関して、10秒簡易審査以外のメリットはあるか」という点を解説していきます。

最短30分で審査できる

まず第一に、この点がモビットのキャッシングの審査のメリット(長所)として、指摘できるでしょう。あくまで「最短の場合」ですが、モビットの審査の所要時間は「最短30分」という短時間になっています。これは「単純に審査にかかる時間」だけであって、融資まで含めたすべての時間だと「最短60分」になるという点は重々理解して下さい。

これは実は、モビットだけではありません。同じSMBCコンシューマーファイナンスが提供しているキャッシングブランドのプロミスもそうですし、同じく消費者金融の世界の大手であるアコム・アイフルもそうです。また、大手とも中堅とも分類できるノーローンについては「最短20分」という審査の所要時間になっています。

というように、「最短30分」という審査スピードの設定については、モビットだけが早いわけではありません。しかし、実際に30分で終わる確率というのを考えると、WEB完結申込などのシステムが充実しているモビットが、特に確率が高いということはできます。

(WEB完結申込は、他の消費者金融のネット完結の審査よりも、さらに電話連絡などが省略されることがあり、大手の消費者金融の中でもっともスピードキャッシングをしやすいシステムになっています)

ということで、「最短30分」の審査の所要時間を標榜している大手のキャッシングブランドの中では、僅差ではありますが「おそらくモビットの審査の所要時間が一番はやくなる可能性がある」ということが言えるわけです。これが最短即日融資を希望する時にモビットを選ぶメリットということができるでしょう。

土日・祝日でも毎日21時まで最短当日審査

また、モビットは平日だけではなく、土日・祝日でも最短即日融資に対応しています。それもただ土日・祝日でも最短当日借入ができるというだけではなく、21時(夜9時)というかなり遅い時間まで最短即日審査をできるというサービスになっています。

消費者金融の知識がある人だったらすでにご存知かも知れませんが、これはモビットだけではありません。簡単にポイントを書くと下のようになります。

  • アイフルも同様である(土日・祝日でも21時まで)
  • アコム・プロミスは「22時まで」で、さらに1時間長い

ということです。これらはプロミスでもモビットでも「店舗によって違う」「日時によって違う」「メンテナンスなどの臨時の条件によっても違う」などの可能性があり、常にどこでもいつでも21時までというわけではありません。ただ、一つの目安として「ほとんどの場合は、21時まで最短当日審査」というふうに考えて下さい。

審査通過率も銀行カードローンより高い

これはモビット以外の消費者金融でも同じですが、「審査通過率が銀行のキャッシングの審査よりも高くなっている」という点も、最短即日融資に関して有利な点…ということができます。当然ですが、急ぎでお金を借りたいという時には、スピードキャッシングができることも重要ですが、そもそも審査の通過をして借り入れができるということが、何よりも重要となりますからね。

そういう点からも最短当日キャッシングを希望する人にとって「審査通過率」は非常に重要な要素であり項目なのですが、その点でモビットを含めたアイフル・アコム・ノーローン・プロミスなどの消費者金融は、銀行のキャッシングよりも有利な位置にいる…ということです。特に自分の信用度(クレジットスコア)に自信がない人の場合は、銀行カードローンよりも消費者金融で審査の申し込みをした方がいい…ということですね。

(これは金融の世界では常識なので、知っている人も多いでしょうが)

なお「銀行カードローンよりも審査通過率が高い」ということはわかっているのですが(金利を見ればわかることです)、具体的にモビットの審査通過率がどのくらいか…ということはわかりません。アイフル・アコムについてはそれぞれの公式サイトで「月次データ・マンスリーレポート」などの資料が公開されていて、これによって審査通過率を確認すること、チェックすることができるのですが、モビットの場合はこのようなデータがないということですね。

なので、正確に「45%」とか「40%」というような審査通過率の数値をここで記載することはできません。しかし、とりあえずアコム・アイフルよりはやや低いかも知れないが、銀行カードローンよりは大分高いという風に認識して下さい。

モビットは最短即日振込もできる?

モビットの最短即日融資は、銀行振り込みによってすることも可能となっています。つまり、最短即日振込も可能です。

基本的には、平日の日中(銀行が営業している日時)のみとなります。多くの人が経験上しっているでしょうが、キャッシング・カードローンに関係なく、銀行振込のシステム自体が、平日の15時までしか動いていないということですね。振り込みがその日中には反映されなかったという経験をした方は多いでしょう。

ということで、モビットで最短即日振込を希望する場合にも、平日の14時50分までに振込手続きが完了する必要があります。次の段落では、この点について詳しく説明していきましょう。

平日の14時50分までに振込手続きをすればOK

これも言うまでもないことですが「15時で当日中の銀行振込ができなくなる」ということは、振込手続きはその10分前にはしている必要がある…ということです。五分前では、システムの都合で反映されない…ということも十分に想定できますからね。

(特にそういうギリギリの時間帯というのは、駆け込みの利用者が大量に出現するので、それによってシステムの反映が遅れるということは十分あり得ます)

なので、14時50分には最低でも「振込手続き」が終わっていないといけないのです。そして、14時50分に最短即日振込の手続きをするということは、審査自体はさらにその前に完了している必要があるということになります。審査を通過した後で、モビットが振込手続きをしてくれるわけですからね。なので、大体14時40分あたりには審査が完了している…というスケジュールを想定して動くべきでしょう。

モビットの審査の所要時間は「最短30分」なので、ギリギリのギリギリだと「14時10分」に審査申込みをすれば間に合う…という計算になります。しかし、言うまでもないことですが、「このようなギリギリの審査の申し込みだと、最短当日借入ができなくなる可能性が高い」ということで、あまりおすすめできません。やはり、確実にその日中にキャッシングをしたいということであれば、さらに1~2時間程度余裕を持って申し込みをするべきでしょう。

という風に考えると、やはり「正午に審査の申し込みをする」というのが、モビットの最短即日振込を希望するケースでは、ベストということになります。これだと多少のトラブル(身分確認資料が不鮮明で読み取れなかったなど)があっても、十分対応できるでしょう。

プロミスは、三井住友銀行・ジャパンネット銀行なら、いつでも可能

上に書いた「14時50分までに振込手続きをすれば、銀行振り込みによって最短当日キャッシングができる」というのは、モビットだけではなく、同じSMBCコンシューマーファイナンスが運営するキャッシングブランドである「プロミス」も同様のルールになっています。

しかし、それはあくまで「普通の銀行口座に対して振り込む」という時です。プロミスはジャパンネット銀行・三井住友銀行と提携しているので、この2つの銀行の口座だったら、365日・24時間いつでも最短即日振込ができるというサービスになっているんですね。なので、これらの銀行の場合は、ATMで借りる時と同様に「平日でも土日・祝日でも毎日21時まで最短即日審査」ができるようになっているのです。つまり、かなり振込キャッシングを当日中にできる可能性が高くなるわけです。

なので「モビットで最短即日振込をできる時間を過ぎてしまった」「しかし、どうしてもATMで借り入れするのではなく、銀行振込によってキャッシングをしたい」ということであれば、同じSMBCコンシューマーファイナンスのブランドということで、初回30日間無利息などのサービスも充実しているプロミスをおすすめします。

時間を過ぎたらローン申込機でカード発行

上のように「プロミスを利用する」という選択肢も通じない場合があります。「三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っていない」時などですね。その時はモビットでもプロミスでも同じなので、どちらでも好きな方でキャッシングをするのがいいでしょう。

その場合、モビットでお金を借りるのであればATMから借りる事になるので、ATMを動かすためのローンカードを発行する必要があるという点に注意が必要です。通常、ローンカードを発行する方法は、消費者金融の場合は下のようなものになります。

  • 郵送
  • 自動契約機・無人契約機
  • 有人店舗

という3通りですね。そして「郵送では、最短当日借入は当然できない」というのはわかるでしょう。また「銀行が閉まってる土日・祝日・夜間などは、当然有人店舗も閉まっている」ということもわかるはずです。

ということは、必然的に土日・祝日・夜間などの日時で、その日中に今すぐローンカードの発行をする方法は、ローン申込機・自動契約機しかないという結論になるわけですね。なので、モビットでそのようにATMからキャッシングをするという時にも、銀行振込ができない日時であれば、ローン契約機を使ってモビットカードの発行をする…という手続きが必要になるのです。

カード発行の操作自体は非常に簡単で、5分程度でローンカードも作成されます。ただ「モビットのローン申込機がある場所まで行く時間を計算する」ということは必要になります。モビットのローン契約機は大体「21時まで」しか運営していないので、その時間にローンカードの発行が間に合うように、ますます早めに審査の申し込みをする必要があります。(審査結果が出る前からモビットの自動契約機・無人契約機に向かって、審査の通過をした瞬間に、その場合でカード発行ができるようにするのがベストでしょう)

(なお、モビットのローン申込機・無人契約機・自動契約機の営業時間については、曜日や店舗などによって多少違うこともあるので、必ず公式サイトで最寄りの自動契約機の運営時間をしらべた上で、行くようにして下さい。

モビットの最短当日キャッシング・まとめ

以上、モビットの最短当日借入…とりわけ「最短即日振込」を希望する人のための知識をまとめてきました。ここまで記述してきた内容を整理して箇条書きすると下のようになります。

  • モビットは、最短即日キャッシングも問題なくできるシステムになっている
  • 銀行振り込みによって最短当日借入をすることも可能
  • 10秒簡易審査がある点で、急ぎでお金を借りたい人に特に便利
  • 銀行振込は平日の14時50分までに振込手続きが必要
  • それ以外の日時になると、ATMから借りる必要がある
  • ATMからの最短即日借入の場合には、ローンカードの発行が必要
  • ローンカードの発行はローン申込機でできる
  • モビットの最短即日審査は毎日夜9時までしている
  • ↑(店舗や日時等によって変動あり)
  • 審査の所要時間は「最短30分」で、借り入れまでは「最短60分」が基本

以上が、この記事で書いてきた内容です。モビットでの借り入れに興味がある人も、あるいは他の消費者金融・銀行カードローンを検討しているという方でも、最短即日キャッシングを成功させるための参考になれば幸いです。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

モビットに今すぐ申込!今日中に借りたいなら