オリックス銀行カードローンの審査の流れを知りたい!

銀行カードローンナビ

2014.09.10

白いパソコンに向かうOLの女性

「インターネット申込→最短即日振込」が基本

オリックス銀行カードローンの審査の流れを一言で書くと、見出しの通り「インターネット申込をして、それから最短即日振込を受ける」という風になります。いわゆるネット完結・WEB完結の審査であり、来店や必要書類の郵送などの作業は一切なしで借入可能という風になっています。。

ここではこのようなオリックス銀行カードローンの審査の手順や流れ、スタイルを詳しく解説していきます。

郵送・来店無しで最短当日借入できる

上述の通り、オリックス銀行カードローンも他の消費者金融や銀行のキャッシングの審査と同様に、来店審査をする必要もなく、身分証明書などの提出書類を郵送する必要もなく、主にインターネット申込のみで借り入れが出来るようになっています。それもただの借り入れではなく、最短当日キャッシングができます。

これは、現代のキャッシングの世界では、どのカードローンブランドでも共通する状態になっているので、少しでもこの分野の知識がある人だったら、まったく驚かないでしょう。何はともあれ、このように便利な最短当日審査のシステムがオリックス銀行カードローンにもあるので、急ぎでお金を借りたいという時も、今すぐお金が必要というシチュエーションでも、問題なく難題をクリアすることが可能である…という風に理解して下さい。

勤務先への在籍確認の電話などは必須

郵送・来店については、上の段落の通りなしで借金(借り入れ)できるのですが、勤務先への在籍確認の電話、あるいは本人の携帯への確認電話については、オリックス銀行カードローンの審査でも必須となっています。これもやはり、どのクレジットカードの審査や銀行カードローン・消費者金融の審査であろうと、共通して必要になるものなので、当たり前のことと考えて受け取って下さい。

職場への在籍確認の電話は、法的な義務ではありません。つまり、「銀行カードローン・消費者金融としては、これを省略しても問題ない、なしにしてもOK」ということに、法律的にはなっています。なので、下のような状況・条件であれば、在籍確認の電話が省略されるということは、一応あり得ます。

  • 明らかに在籍確認の電話をかけるまでもないくらい、信用度(クレジットスコア)が高い人である
  • 土日・祝日・夜間で職場が閉まっているなど、在籍確認ができない事情がある

このような2つの条件ですね。こうしたシチュエーションであれば、上に書いた通り「法的な義務ではない」以上、省略しても問題ないということです。オリックス銀行カードローンがそのような「省略」をするかどうかは不明ですが、インターネット上の口コミ・評判によれば「ごく稀にある」という内容がたまに書かれており、可能性はゼロではないといえます。

何はともあれ、上記のような例外的なケースを除外すれば、基本的にはほとんどの申込者(利用者)の審査で「会社への在籍確認の電話は必須になる」という風に理解しておくのがいいでしょう。(まして本人の携帯への確認電話であれば、ほぼ100%必須である…という風に考えて下さい。)

オリックス銀行の口座がなくてもいい

オリックス銀行カードローンの借入審査の中で特筆すべきことは、「オリックス銀行の口座がなくても最短即日借入ができる」ということでしょう。イオン銀行カードローンBIGなどのように、最短即日キャッシングのためにはその銀行口座が必要という銀行のキャッシングは多いので、それと比較すると、オリックス銀行カードローンが「口座なしでも最短当日審査できる、最短即日借入できる」というスタイルになっていることは、利用者としては非常にありがたい、有益なことだと言えます。

もちろん「オリックス銀行の口座を持っていない人は、わざわざオリックス銀行カードローンで借りようと思わないのでは?」という指摘もあるかも知れません。確かに、多くの人は銀行カードローンで借り入れをしようとした時は「まず、普段使っているメインバンクからお金を借りようとする」というのが普通です。本気でキャッシングをしようとするかは置いておき、最初にチェックするのは、大抵自分のメインバンクでしょう。

ということを考えると、上記のような指摘も一理あります。しかし、オリックス銀行カードローンは、借り換え・おまとめ・多重債務の一本化などがしやすいということで口コミ・評判で高く評価されているということもあり、そうしたメリット・長所を目当てに、オリックス銀行カードローンでの審査の申し込みをする…という消費者の方々もいるでしょう。

そのようなパターンを考慮すると、やはりオリックス銀行の口座を所持していない人でも、オリックス銀行カードローンでキャッシングをしようと検討する可能性はあります。なので、そのような利用者の方々にとっては「オリックス銀行の口座なしでも最短当日借入ができる」というのは、大きなメリットということができるわけですね。

土日・祝日でも借りられる?

キャッシングの審査の流れを気にする方は、特に土日・祝日などの週末・休日の借り入れの時に、気になるでしょう。「平日はともかく、土日・祝日の借り入れはかなり条件が厳しくなるのでは?」という不安ですね。実際、普通の買い物だと「土日・祝日だと営業時間が短くなる」「料金が高くなる」というようなことがよくあるので、キャッシング・カードローンの分野でもそれが同様に生じる…という心配はもっともなものです。

しかし、この点については、オリックス銀行カードローンの借り入れではまったく問題ありません。土日・祝日でも、平日の最短当日キャッシングとほぼ同様の条件において、最短当日借入が出来るようになっています。ただ、多少違う部分もあるので、その相違点から説明していきます。

オリックス銀行の口座があれば、土日・祝日もOK

オリックス銀行カードローンで土日・祝日の最短即日借入をするための必要条件は「オリックス銀行の口座を保有している」ということ。平日だとオリックス銀行の口座なしでも最短当日キャッシングができる設定になっているのですが、土日・祝日ではそれは通用しないということですね。

オリックス銀行の口座は当日開設ができないですし、まして土日・祝日なので、「その日中に口座開設をしてからキャッシング審査に申し込む」というような離れ業・大車輪はできません。ということで「事前にオリックス銀行の口座を持っている人でないと、土日・祝日の最短即日キャッシングはできない」ということになります。

ただ、その場合は別の銀行カードローン・消費者金融を利用すればいいだけの話ですし、こうした条件はオリックス銀行カードローン以外の金融機関のキャッシングでもよく見られる(というより大部分が同じ)パターンですから、オリックス銀行カードローンだけが特別審査が厳しいということではありません。

(むしろ土日・祝日の最短当日借入ができない横浜銀行カードローンや、みずほ銀行カードローンなどのキャッシングがあることを考えると、土日・祝日の最短即日借入ができる・可能であるというだけでも、かなり良質なサービスということが可能でしょう。)

なぜ土日・祝日だけ条件が厳しくなるのか

上記の内容を読んで「どうして土日・祝日(週末・休日)だけ、審査条件が厳しくなるのか?」という点を疑問に感じた方もいるかも知れません。このクエスチョンはもっともですが、実は「厳しくしている」わけではないのです。「銀行のシステム上、そうせざるを得ない」ということですね。

オリックス銀行カードローンの最短当日キャッシングは、銀行振込によって行われるので、相手先の銀行が営業していなければ、最短当日融資はできません。そして、土日・祝日は普通の銀行は営業していないので、最短即日振込のしようがないということですね。

オリックス銀行カードローン自体は、土日・祝日でも通常通り審査しているし、最短即日キャッシングにも対応しているのです。しかし、「オリックス銀行カードローンが振込手続きをしようと、振込先の銀行が反応・反映しなければ、お金は利用者の手元・口座に届かない」ということです。だから「他の銀行の口座では、オリックス銀行カードローンからの土日・祝日の最短即日融資はできない」ということですね。

これが「オリックス銀行の口座同士」だったら、話は別です。オリックス銀行は、かなりネット専業銀行に近い形態なので、オリックス銀行同士の口座間の振り込みなら、お金のデータ・数字を移動させるだけに近いからです。もちろん、実際には同じ銀行同士であろうと、振り込みはそれなりに大変なシステムが背後にあるものであり、決して「ただの数字の移動」ではありません。しかし、感覚的にはそのようなものである…ということで、ここでは例え話として書いています。

そのような「数字の移動」であれば、土日・祝日・夜間だろうと週末・休日だろうと、いつでもOKということですね。なので「オリックス銀行の口座がある人なら、土日・祝日でも最短当日借入できる」というルールになっているのです。決して「土日・祝日に審査を厳しくする」ためにしていることではないのです。

オリックス銀行カードローンと同じ条件の銀行カードローン

どのキャッシングブランドでも消費者金融でも、このように「土日・祝日(週末・休日)などに、指定の口座が必要になるかどうか」というのは、審査の流れに関する情報として、かなり重要になります。そのため、オリックス銀行カードローン以外の金融機関の融資でも、同様の条件のキャッシング先があるかどうか…ということを説明していきましょう。

結論を書くと、下の銀行カードローンはオリックス銀行カードローンと同じ条件(平日は口座なしで最短当日借入できるが、週末・休日や土日・祝日は必要になる)という風になっています。

  • ソニー銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン

この2つですね。ソニー銀行カードローンについては平日は、初回のキャッシングのみ、ソニー銀行の口座がなくても最短即日借入が可能で、2回目以降の借り入れでは、ソニー銀行の口座がないとだめというシステム・ルールになっています。つまり「急ぎでお金が必要な最初のキャッシングでは、口座なしでもいいけど、ピンチを切り抜けた後、ソニー銀行の口座を開設してくださいね」ということです。もちろん、その方が利用者としても借入・返済の手数料などもかからないですし、振込キャッシングも臨時返済・任意返済もすぐに反映されるので、ありがたいことでしょう。

楽天銀行スーパーローンについては、「初回のみ」ではなく「二度目以降」でも、他の銀行の口座に対して振り込みによるキャッシング・融資をすることができます。この点では、ソニー銀行カードローンの体制よりも、楽天銀行スーパーローンのシステムの方が利用者にとっての利便性は高い…ということができます。*代わりに実質年率(金利)はソニー銀行カードローンの方が低金利ですが。それぞれの一長一短があるということですね。

というように、ソニー銀行・楽天銀行の2つの銀行カードローンについては、オリックス銀行カードローンと類似の融資条件になっています。

その他、平日だろうと土日・祝日だろうと、その銀行の口座が必要という条件の銀行カードローンとしては、イオン銀行カードローンBIGなどがあります。この場合は、平日のキャッシングでも「最初からイオン銀行の口座を持っていないと、最短即日借入ができない」というシステムなわけですね。もちろん、イオン銀行の口座を普段から利用している人でなければ、イオン銀行カードローンBIGであえてお金を借りようとすることは少ないはずなので、この点は特に問題ないでしょうが。

他の銀行カードローンの審査の流れ

この部分までは主に、オリックス銀行カードローンの審査の流れや、それにまつわるトピックスについて書いてきました。ここからは、他の銀行カードローンの借入審査の流れはどのようになっているのか…ということを、オリックス銀行カードローンとの比較を交えつつ説明していきます。

ローン契約機がある銀行カードローンの場合

ローン契約機というのは、消費者金融でいう「自動契約機・無人契約機・契約ルーム」というものです。モビットではローン申込機という名前で呼ばれていたり、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」では「テレビ窓口」という独自の名前・ネーミングがついていたりします。

それはともかく、そのようなローン契約機を所持している銀行カードローンの場合は、審査の流れも多少選択肢が増えます。というのは、オリックス銀行カードローンと違い、最短当日借入のやり方が「銀行振込」でなくてもいいということです。つまり、箇条書きすると下のようなやり方で最短即日融資をすることができるわけですね。

  • 審査に通る
  • 自動契約機に行く
  • ローンカードの発行をする
  • そのローンカードを使って、ATMから現金で直接借りる

このように「銀行振込のシステムを一切使用しない」という最短即日キャッシングの方法・やり方もあるのです。鍵は「ローンカードの発行」なんですね。

「では、有人店舗でローンカードの発行をしたり、郵送でもらったりすれば?」ということも、瞬時に思いつくでしょう。これはもっともですが、下のような理由で無理となります。

  • そもそも、土日・祝日なので、有人店舗は閉まっている
  • また、オリックス銀行カードローンは有人店舗をほぼ持っていない
  • 郵送は、数日かかるので最短当日借入は無理

こうして個々の可能性を検証していくと「自動契約機・無人契約機やローン申込機で、ローンカードの発行をするしかない」ということが、明らかになるわけです。なので、このようなローン契約機を設置している銀行カードローンや消費者金融でなければ、「銀行振込を経由しない最短当日キャッシング」をすることができないわけすね。逆に言えば、そのような銀行のキャッシングやカードローンブランドであれば、それが可能となるわけです。

この点は、オリックス銀行カードローンの審査の流れとの、最大の違いということができるでしょう。

キャッシュカード一体型の銀行カードローン

銀行カードローンの本業は、当然銀行業務です。ということは「キャッシュカード」を発行しているわけですね。私達が普段銀行預金などで使っている、あの普通のキャッシュカードです。

大手の銀行カードローンでは、このキャッシュカードでカードローンの借入・返済もできる「キャッシュカード一体型・兼用型」を採用している所があります。つまり「キャッシュカード一枚で、普通の銀行預金の引き出しもできるし、キャッシングの借入・返済もできる」ということですね。これは非常に便利です。

結論を書くと、オリックス銀行カードローンではこれはありません。公式サイトを見ればわかりますが「審査通過後、ローンカードを郵送する」と明記されているので「キャッシュカード一体型」などの選択肢はないということがわかります。

あるなら「ローンカードを郵送します」という文言の横に、必ず補足されますからね。ローンカードの郵送というのは、家族バレのリスクがあるので、多くの人が心配することの一つです。キャッシュカード兼用型のローンカードを発行できるなら、それが防げるということで、利用者にとってメリットがあるので、そうした説明があるわけです。

もちろん、オリックス銀行カードローンは最近の金利引き下げも含め、日進月歩でサービスを改善・改良しています。そのため、今後キャッシュカード兼用型・一体型のローンカードが導入される…というケースはあり得るでしょう。この記事を読者の方々に読んでいただく時には、すでにそうなっているかも知れません。

とりあえず、この記事の執筆時点では、まだオリックス銀行カードローンにはキャッシュカード兼用型のサービスがないので、この点は他の銀行カードローンの審査の流れと異なるポイントになる…と思って下さい。

(ちなみに、みずほ銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」などが、キャッシュカード一体型を採用しています。)

消費者金融の場合

消費者金融というのはモビット・アイフル・アコムや、プロミス・ノーローンなどのキャッシングブランドのことですが、これらのカードローンブランドの審査の流れと、オリックス銀行カードローンの流れを比較するとどうなるでしょうか。結論を書くと「大分違う」といえます。

これは「オリックス銀行カードローンだから異なる」のではなく「消費者金融・銀行カードローンで、そもそも相違点が多い」ということです。具体的には下のような点が違います。

  • 消費者金融の方が当日審査の受付時間が長い
  • 消費者金融の方が審査の所要時間が短い(スピードが速い)
  • 指定の銀行口座は全くない
  • 特にモビットのWEB完結申込はかなり流れが異なる

1つ目の「当日審査の受付時間」については、モビット・ノーローン・アイフルは毎日21時(夜9時)まで、アコム・プロミスは22時(夜10時)銀行カードローンまでという長時間の体制で、最短当日審査を受け付けています。オリックス銀行カードローンの場合は「どんなに遅くとも、14時程度には審査申込みが必要」というインターネット上の口コミ・評判が多いので、それと比較するとこれらのキャッシングブランドは、相当な長時間最短即日審査をしている…ということがわかるでしょう。

(これは別にお銀行カードローンのサービスが不足ということではありません。消費者金融はオリックス銀行カードローンよりやや高めの金利を取っている分、最短当日審査の体制が充実しているのです)

2つ目の「審査の所要時間」については、大手の消費者金融はノーローン以外すべて「最短30分」となっています。ノーローンのみ「最短20分」ということで、大手の消費者金融の中では一番審査スピードが早いキャッシングブランドとなっています。(ただし、その分ノーローンは審査通過率が低いということがよく指摘されているので、何が何でも急ぎでお金を借りたいという方は、避けた方がいいかも知れません。もちろん、自分のクレジットスコア(信用度)に自信がある人は別です)

こうした審査の所要時間で見ると、オリックス銀行カードローンは「最短即日」ということが判明しているのみで、どれくらいの審査時間がかかるのかは不明です。一応、インターネット上の評判・体験談を検証する限りは「数時間」というパターンが一番多いようですが、それもその人のクレジットヒストリーや諸条件次第なので、なんとも言えません。(当日の審査の混み具合にもよるでしょう。)

また、ここまで多く書いてきた「特定の銀行口座が必要かどうか」という点も、大手の消費者金融は一切関係ありません。自分たちが銀行ではないし、金融機関でもないので当然ですね。(辞書的な厳密な分類では、実は消費者金融も金融機関なのですが、ここでは「預貯金取扱金融機関」という意味で記載しています)

最後のモビットのWEB完結申込については「所定の厳しい条件を満たすことで、職場への電話連絡が省略される、なしになるという可能性もゼロではない」ということが、公式サイトの解説からわかります。しかし、総合的に審査した上で、勤務先への在籍確認の電話をかけるかどうか決める、という内容なので、基本的には「会社への在籍確認の電話は必須」と思っておいた方がいいでしょう。

オリックス銀行カードローンの審査の流れ・まとめ

ここまで書いた通り、特に消費者金融とは多少審査の流れが違うものの、総合的に見て、オリックス銀行カードローンの審査の流れというのは、他のキャッシングブランドや銀行カードローンの審査の手順・システム・体制・やり方と同様のスタイルになっています。冒頭に書いた通り、一言で書くと「インターネット申込をして、最短即日振込」という一連の流れですね。

最後に要点のみ抜粋すると、下のように振り返ることができます。

  • どの銀行カードローン・消費者金融でも、インターネット申込が基本
  • パソコンでもスマートフォンでも、タブレットでもOK
  • その他の申込方法もあるが、最短当日借入がしやすいのは、インターネット申込
  • 申し込みをした後は、書類の提出や勤務先への在籍確認の電話など
  • 本人の携帯への確認電話もある
  • オリックス銀行カードローンの審査では、在籍確認の回避は基本的にできない
  • 収入確認資料は、原則借入総額300万円までは提出しなくていい
  • 運転免許証・パスポート・保険証などの身分確認資料は提出する

以上、記事では書いてこなかった内容も含めて、オリックス銀行カードローンの審査の流れを補足しました。今すぐお金を借りたいという人、今日中にキャッシングをしたいという人、あるいは「当日中に現金が必要」という方などは、これらの情報を参考にして、最もふさわしいキャッシング先を選択してみて下さい。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

オリックス銀行カードローンの審査に申し込む