楽天銀行カードローンはどんな流れで審査するの?

銀行カードローンナビ

2014.09.10

眼鏡と電卓とペンと書類

インターネット申込をして、最短即日振込が基本

楽天銀行スーパーローンの審査の流れは、基本的に他の銀行カードローン・消費者金融の流れ・やり方・手順と共通しています。見出しの通り、まずはインターネット申込をして、それから身分証明書などの提出をして、勤務先への在籍確認の電話などをかけた後、最短即日振込してもらえるというものですね。

確認電話については、職場・勤務先だけではなく、自分の携帯にもかかって来ます。逆に「自宅の電話」については、確認電話がかかって来ることはありません。なので「電話連絡によって、家族にキャッシングがバレる」という心配は、楽天銀行スーパーローンではないと考えて下さい。(楽天銀行スーパーローンに限定された話ではなく、どのキャッシングブランドでお金を借りる時もそうですが)

身分確認資料の提出については、郵送でする必要はありません。運転免許証・パスポート・保険証などをパソコンでスキャンしたり、あるいはスマホ・携帯電話で撮影して写メとして送信する…という方法で、必要書類・提出書類を送ることができます。

(そうでなければ、郵送では最短当日借入はできないですからね。)

以下、楽天銀行スーパーローンの審査の流れや手順について、さらに詳しく解説していきます。

楽天銀行スーパーローンでのローンカードの発行

この見出しを読んで「ローンカードとは?」と思った人もいるでしょう。ローンカードというのは、キャッシングの借入・返済を、ATMでするためのカードで、銀行預金でいうキャッシュカードと同じものです。これがあれば、コンビニATM・銀行ATMでいつでもカードローンの借入・返済ができる…ということですね。

楽天銀行スーパーローンのような銀行カードローンの場合、このローンカードについては「キャッシュカード一体型・兼用型」として発行する場合があり、中には「ローンカードがない」(キャッシュカードのみ)という銀行カードローンもあります。しかし、楽天銀行スーパーローンの場合はそのようなスタイル・方式ではなく、「楽天銀行スーパーローン専用のローンカード」が発行されるようになっています。

これは、楽天銀行スーパーローンの公式サイトの「紛失・盗難専用ダイヤル」というページを見ていただくと、ローンカードの画像がアップされているのでわかります。楽天クレジットカードによく似たデザインですが、「白地で、黄色い文字がたくさん並んでいる」というおしゃれなデザインになっています。

パット見、これで「キャッシングのローンカードだ」とわかる人など一人もいないでしょう。「楽天カフェのポイントカード」と言っても通じると思います。そのくらいスタイリッシュなデザインなので、万が一コンビニATMなどで、誰かに利用している所を見られても、恥ずかしい思いをすることはありません。

そして、そんな楽天銀行スーパーローンのローンカードの発行ですが、楽天銀行スーパーローンには、自動契約機・無人契約機やローン契約機などがないので、郵送で受け取る方法のみとなります。つまり、審査が完了した後、楽天銀行スーパーローンの方で発送の手続きをして、それから自宅に届くということです。大体1週間程度か数日はかかるでしょう。

「じゃあ、それまでキャッシング・借り入れができないということか?」と思うかも知れませんが、これは問題なくできます。先にも書いた通り「銀行振込によるキャッシング」で借りればいいからです。ローンカードがないとできないのは、あくまで「ATMでの借入・返済」だけであって、銀行振込を利用した借り入れ・借金であれば、問題なくできる…ということですね。

なので、楽天銀行スーパーローンで最初にお金を借りる時には、少なくとも最短当日融資を希望する場合は、振込キャッシングによって借りる…ということになります。その日中にキャッシングする必要がなければ、ローンカードの到着を待ってからでもいいですけどね。(そのような人はいないはずなので)

必要書類の郵送は必要ない

これも序盤で少し書きましたが、楽天銀行スーパーローンの審査では必要書類を郵送する必要はありません。つまり、各種健康保険証や在留カード、外国人登録証明書、あるいは運転免許証・パスポートのような身分確認資料でも、郵送の必要はなく、パソコン・スマホなどを利用したメールの送信でOK…ということですね。

誰でも携帯電話・スマホは持っているはずなので、それで撮影して送信すればOKです。もし携帯電話の写メ機能などが使えない、しかもパソコンはスキャナに接続できない…という場合にはコンビニエンスストアのプリンタ・スキャナのサービスを使って、USBメモリなどに取り込んで自分のパソコンに移動させるという方法によって、本人確認書類のデータをスキャンすることができます。コンビニにスキャナがあるのですから、便利な時代になったものですね。

何はともあれ、このような方法によって、郵送やファックスに頼らずとも、提出書類を楽天銀行スーパーローンに送ることができるということです。このような技術面の進化が、最近の貸金業界のスピードキャッシングのサービスを、さらに進化させてきた…と言っていいでしょう。

ということで、楽天銀行スーパーローンの審査では、誰もが提出する本人確認書類でも、あるいは300万円以上などの借入総額の時に提出する身分確認資料でも、提出するために郵送の手続きをしたり、あるいはファックスを使ったりする必要はないので、こうした作業に抵抗を感じるという方でも安心して下さい。

ネット専業銀行なので、来店審査もない

また、実店舗・リアル店舗を持っている銀行カードローンと違い、楽天銀行スーパーローンはいわゆるネット専業銀行です。つまり、三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行などのメインバンク、りそな銀行・埼玉りそな銀行のような都市銀行、あるいは横浜銀行・静岡銀行・千葉銀行などの地方銀行のように「実店舗でのカードローン審査はできない」ということですね。

と言っても、これは多くの人にとって別にデメリット・短所でも何でもないでしょう。というのは、実店舗・本支店を持っている都市銀行・地方銀行でも、もはや来店審査を希望する利用者も、実際に受ける申込者もほぼいないからです。これは、1993年にアコムがむじんくんを投入して、またたく間に自動契約機・無人契約機のブームが起きて、これがキャッシングの審査の基本的なスタンダードになった…という歴史を振り返ってもわかります。来店して有人店舗の窓口で審査をしたい…というような奇特かつユニークな申込者は、普通はいないわけですね。

というわけで、楽天銀行スーパーローンの「有人店舗がないため、来店審査ができない」というのは、別にデメリット・短所・欠点と思う方はいないでしょう。むしろ「来店なしでキャッシングができる」という点で、メリット・長所・利点と感じる方の方が多いはずです。

ちなみに、この「来店不要で最短当日借入ができる」というのは、今の消費者金融・銀行カードローンではもう完全に普通のことになっているので、「お金を借りたいけど、キャッシング業者の店舗とかに行くのはいやだし、銀行員のお姉さんに審査されるのも、何か恥ずかしいなあ…」と思っている方は安心してください。世の中に絶対はないと言われますが、「来店審査なしで最短当日キャッシングができる」というのは、絶対と言ってもいいくらいになっています。(もちろん、申込み時間の問題や、実際に審査に通るかどうかはまた別…という問題がありますが)

パソコンでもスマートフォンでも借入可能

楽天銀行スーパーローンの審査の流れは、大体ここまで書いてきた通りですが、今度は「申込方法」が気になるでしょう。インターネット申込が基本というと、ほとんどの人が思い浮かべるのは「パソコンから、楽天銀行スーパーローンの公式サイトを開いて申し込む」というやり方になるかと思います。

もちろん、この方法は当然できます。パソコンだと勤務先住所などの長いデータ・審査項目でも会社・職場のホームページなどからコピペできるので、パソコンでの申し込みができるなら、それが一番便利です。

しかし、別にパソコンでなくてもスマートフォン・タブレットなどのモバイル端末でも、インターネット申込は可能となっています。これは楽天銀行スーパーローンに限定された話ではなく、どの銀行カードローン・消費者金融でも同様に「インターネット申込は携帯電話・スマホでもできる」というルール・システムになっています。なので、出先でも最短当日審査に申し込めるし、申込み時間が午前中など十分に早ければ、そのまま最短当日借入ができて、自分の口座に最短即日振込がされたことも、そのままオンラインバンキング・ネットバンキングなどで確認ができる…ということですね。

(たとえば、三菱東京UFJ銀行のユーザーの方の場合は、UFJダイレクト。みずほ銀行を使っている方の場合は、みずほダイレクトなどのサービスを利用して、すぐにスマートフォンで確認ができる…ということです。)

スマートフォン・タブレットでも、申し込みは簡単

上の段落の内容をさらに補足していくと、たとば必要書類の提出も、スマートフォン・タブレットの場合は「写メ」の機能によってできます。カメラ機能・撮影機能を普段の写真の時と同様に利用できる…ということですね。(これは先にも書いた通りです。)

このやり方だと、スキャナでスキャンして送信…というパソコンのやり方よりも、遥かに楽になります。というのは、パソコンの場合はスキャナに接続している必要があるし、スキャンするにも最低30秒はかかるからです。特に一人暮らしの方などは、「スキャナは持っていても、パソコンに常時接続はしていない」という方が多いかと思います。スマートフォンが登場してから、もう地図を印刷したりする必要がなくなったので、家庭でプリンタを使う機会が減っているわけですね。(もちろん、ライフスタイル次第なので、逆に増えている…という方も多いでしょうが)

何はともあれ、このように楽天銀行スーパーローンの審査の申込方法については、「むしろスマートフォン・タブレットの方が、パソコンより便利なこともある」というくらいです。どのような端末・マシンを使う場合でも、楽天銀行スーパーローンのインターネット申込は問題なく出来るようになっていますので、この点は安心して下さい。

他の消費者金融・銀行カードローンのスマホ審査

楽天銀行スーパーローン以外の借入審査では、スマホ・携帯電話を利用した審査の申し込みの流れはどうなっているのか―。これは、三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローンのような銀行のキャッシングの場合は、楽天銀行スーパーローンとほぼ同じです。

異なっているのは「プロミス・モビット・ノーローン・アコム・アイフル」などの大手の消費者金融で、これらは専用アプリをダウンロードして、そのアプリから審査の申し込みをしたり、書類の提出をしたりするというやり方になっています。

もちろん、アプリを使わなくてもiPhoneやアンドロイドなどのスマートフォンから、それぞれの公式サイトの申込みフォームにジャンプして、パソコンと同じように入力する…というやり方もあることはあります。(アプリの類をダウンロードしたくないという利用者もいますからね)

ただ、このような申込方法も一応あるものの、やはりスマートフォンでの操作に最適化されたアプリとは違い、公式ページの申込みフォームは、どうしても操作がしづらくなります。iPadなどのタブレットならまだいいかも知れませんが、画面が小さいスマートフォンだと少々厳しくなるでしょう。

特に「今すぐお金を借りたい」「大至急キャッシングが必要」というような緊急のシチュエーションでは、このように審査の申し込みの操作に手間取るというのは、最短当日借入をする上で、少々マイナスになります。なので、特に急ぎでお金が必要な場面では、スマートフォン・タブレットを利用して審査の申し込みをする方は、(これらの大手の消費者金融ならですが)アプリをまずダウンロードするようにして下さい。(その方が返済シミュレーションなどもアプリ経由で楽にできるようになりますので)

スマートフォンから申し込む時の注意点

このように便利なスマートフォンからの審査の申し込みですが、この流れ・やり方で審査の申し込みをする場合には、くれぐれも「セキュリティ」に注意してください。

スマートフォンでキャッシングの審査に申し込むというのは、当然出先が多いでしょう。自宅でも特に若い女性の場合は、パソコンではなくスマートフォンを使うことが多いとは言われていますが、それでもやはりパソコンと比較すると出先からカードローンの審査に申し込む…という場面が増えるはずです。

この時、携帯電話のキャリアと契約している回線など、自前のWi-Fiを使っているならいいのですが、そうでなく、いわゆる公衆無線LANや、スターバックスのWi-Fi、ローソンのWi-Fiなどを利用している場合は、セキュリティにかなり不安があるので、これは基本的に控えるようにしてください。

特に危険なのは空港のWi-Fiです。ある大学の教授が、空港の公衆無線LANを利用すると、自分の通信状況がダダ漏れになる…というのを、自らハッキングではありませんが、それに類似した行動をとって確認したことがありました。(その大学教授のブログは、かなり物議を醸しました)

空港は、言うまでもなく富裕層もよく利用する場合です。大企業に勤務するビジネスマンも利用しています。中にはビル・ゲイツのような大物もいるわけです。

これだけ「お金持ち」が多くいたら、その中で「うっかり無線LANで、重要な情報をやり取りしてしまう」というお金持ち(特に高齢者の方)がいる可能性は十分にあります。それを狙って、一日中空港でチャンスを狙っているハッカーというのも、いたとしても不思議ではありません。(特に海外の空港は、かなりの確率でいると考えてもいいでしょう。怪しいポン引きが常にうろうろしているくらいですから)

さすがに空港からキャッシングの審査に申し込むことは、借入先が楽天銀行スーパーローンであろうと、他の業者・銀行であろうと、めったにないケースだとは思います。ただ、何にしてもこのように外部のWi-Fi、自前でないWi-Fiというのは極めて危険なのです。楽天銀行スーパーローンの審査に申し込む時にも、スマートフォンから手続きをする方は、くれぐれも自前のネット環境を利用するようにして下さい。

楽天銀行の口座の当日開設

楽天銀行スーパーローンは、平日の最短当日審査であれば、楽天銀行の口座を保持していない人でも出来るようになっています。メインバンクの口座がどこであろうと問題ないということですね。

しかし、土日・祝日の最短即日キャッシングの場合は、楽天銀行の口座がなければできない、という条件になっています。ここでどうしても楽天銀行スーパーローンでお金を借りたいという申込者の方々は、「じゃあ、楽天銀行で当日口座開設をしてから申し込みしよう」というアイディアを思い浮かべるでしょう。ここでは、このような「当日口座開設をしてから、キャッシングの審査に申し込む」という流れ・手順について解説していきます。

楽天銀行は当日口座開設はできない

真っ先に結論を書くと、楽天銀行は他の銀行と違い当日口座開設はできない…というルールになっています。これは先にも序盤で少し書いた「実店舗を持っていない」という点に理由があります。

みずほ銀行・三井住友銀行などの都市銀行で口座開設をしたことがある人はわかるでしょうが、当日口座開設というのは、その銀行の本支店に行って、窓口で直接手続きをして初めて、できるものなのです。郵送などでも口座開設自体はできますが、即日はできないんですね。

なぜ店舗窓口に行く必要があるかというと、「銀行口座は、暴力団・反社会勢力・ヤミ金融などが犯罪のために利用することが多い」ので、口座開設のためのハードルは、できるだけ高くしなければいけない…という風になっているのです。

店舗窓口で申し込むというのは、キャッシング・カードローンの利用者でもあまり気が進まないものですが、反社会勢力の人々も当然嫌がります。自分の人相も声もすべてバレてしまうわけですからね。防犯カメラにも記録が残るでしょう。

ということで「店舗窓口でなければ、当日口座開設はできない」というルールにしておいた方が、暴力団などの反社会勢力の行動を抑止しやすくなるのです。このような社会的な理由もあって、「実店舗でないと、当日口座開設はできない」という仕組みに、銀行全体がなっているんですね。

そして、楽天銀行スーパーローンは(と言うより楽天銀行は)ネット専業銀行ですから、有人店舗がほぼゼロなのです。少なくとも一般人の利用客が使うような店舗はほぼありません。ということで、当日口座開設はできず、大体1週間程度での口座開設になるわけですね。(手続きは郵送です)

なので、土日・祝日の最短即日借入、あるいは夜間の最短当日キャッシングについては、楽天銀行の口座をすでに持っている人でないとできない…という風に理解して下さい。

1週間後に郵送を待って、口座開設

上の段落に書いた内容は、言い換えれば「1週間後であれば、楽天銀行スーパーローンで土日・祝日・週末・休日にキャッシングをすることもできる」という意味になります。キャッシングで「1週間のタイムラグがあっても平気の平左」という人は、あまり聞いたことがありませんが、そのようなレアケースであれば、確かに「現時点で楽天銀行の口座を持っていない人でも、借り入れできる」という結論になります。

どのようなケースでそれが考えられるかというと、たとえば1週間後にお金が必要になるかもしれないけど、その時自己資本で用意するのは難しいから、念のために必要になったらキャッシングができるように準備しておくというようなものでしょう。このような状況・シチュエーションであれば、確かに「口座開設に1週間かかっても問題ない」かも知れません。

ただ、楽天銀行スーパーローンにしてもその他のキャッシングにしても、お金を借りる人でこれだけ計画的に行動する人は少ないので、あまりないパターンだとは思いますが…。

(借り入れ・借金をする時にこれだけ綿密に計画して行動できる人は、そもそもキャッシングが必要になることがほとんどないですからね)

楽天銀行の口座があれば、土日・祝日でも最短当日融資

ここまで書いてきた通り、「もうすでに楽天銀行の口座を持っている」という利用者・申込者の方々の場合は、問題なく土日・祝日の最短即日借入ができるようになっています。また、平日だったら「楽天銀行の口座不要」で、同様に最短当日キャッシングができるようになっています。

「なぜ、平日は楽天銀行の口座なしでもいいのに、土日・祝日(週末・休日)だけ必要という条件なのか?」という疑問を持つ方もいるでしょう。この疑問は極めて自然なものです。この点を説明していきましょう。

まず、この記事で記載してきた通り「楽天銀行スーパーローンは、ローンカードの即日発行はできない」というシステムになっています。新生銀行カードローン レイクや三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のような「ローン契約機・自動契約機・テレビ窓口」を持っていないからですね。

ということは最短当日キャッシングをするには銀行振込を利用するしかないのですが、土日・祝日(週末・休日)は、すべての銀行が営業していないのです。つまり「楽天銀行スーパーローンが最短即日振込をしたとしても、振込先の銀行の方で、それを反映してくれない」ということですね。楽天銀行スーパーローンの方が一生懸命仕事をしても、月曜日までそれが無意味になってしまう…ということです。

一方、楽天銀行の口座に対して振り込みをするならどうなるか。これは「楽天銀行がネット専業銀行である以上、銀行振込の手続きは数字の移動のようなもの」なので、土日・祝日(週末・休日)であろうと、あるいは夜間であろうと、いつでも自由に、24時間・365日できるのです。

(もちろん、数字の移動というとマネーゲームのような印象があるかも知れませんが、あくまでわかりやすく例えたものです。実際には、楽天銀行が持つ資本力への信頼など、ありとあらゆるものがベースとなっています)

何にせよ、楽天銀行の口座さえあれば、このように「土日・祝日・週末・休日だから振り込めない」という致命的なデメリット・短所に左右されることなく、楽天銀行スーパーローンの側が最短当日融資を実行できるわけですね。なので「土日・祝日は口座が必要」という条件になるのです。

(なお、オリックス銀行カードローンやソニー銀行カードローンなども、やはり全く同等の理由で、同様の条件になっています)

楽天銀行スーパーローンの審査の流れ・まとめ

上記のように、楽天銀行スーパーローンの審査の手順や流れ、申込方法・借入方法などについて、包括的・総合的・横断的にまとめてきました。今回記載した内容を、ダイジェストで抜粋すると、下のようになります。

  • 楽天銀行スーパーローンの審査は、インターネット申込が基本
  • スマートフォンでもパソコンでも申し込める
  • 申し込み後、身分確認資料の提出や確認電話がある
  • 審査を通過したら、銀行振込によってキャッシングをする
  • ローンカードはあるが、即日発行はできないので「ATMから最短当日借入」というのはない
  • ローンカードは数日か1週間で到着
  • 自宅にローンカードが郵送された後なら、コンビニATM・銀行ATMからも返済・借入できる
  • 必要書類は身分証明書が基本で、借入金額によっては所得確認資料も必要になる
  • 借入希望金額が300万円までは、原則として収入確認資料は不要

以上が、この記事で皆さんに説明してきた項目です。(一部補足していますが)

これから楽天銀行スーパーローンで借り入れ・借金をしようとしている方も、他の銀行カードローンも合わせて検討しているという方も、あるいはそもそも消費者金融でキャッシングしようと考えている方も、ここで記述した情報も参考にしつつ、ベストの借入先・ベストのキャッシング方法を選択していただけたらと思います。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

楽天銀行カードローンの審査を今すぐ受ける