楽天銀行スーパーローンの審査基準、アルバイト・パートでもキャッシングできる!

銀行カードローンナビ

2017.07.04

電卓を持ちながら微笑む女性

楽天銀行スーパーローン(カードローン)での借り入れを検討している人は、審査基準が気になるでしょう。どのような職業・属性なら借入可能なのか、年齢条件はあるのか、収入はいくら必要なのかなどの点が気になるはずです。ここでは楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査基準について解説します。

アルバイト・パートでも借り入れできる

まず、楽天銀行スーパーローン(カードローン)はパート・アルバイト・フリーターなどの非正規雇用に該当する人でも借り入れができます。自分の安定収入があればキャッシングできるという条件です。そのため、正社員や契約社員として雇われていない人でも安心してください。審査に通るかどうかは別として、申し込みの資格はあります。

アルバイト収入がいくらあれば借りられる?

楽天銀行スーパーローン(カードローン)でアルバイト・パートの人が借り入れをするには、月収がいくらあればいいのか。これは明確な基準はありません。しかし、目安として月収10万円程度はあった方がいいでしょう。銀行カードローンである以上、消費者金融などと比較して審査は厳しくなります。ある程度審査に通る確率が高くなる収入というと、月収で10万円以上と考えてください。

その他の審査条件が良ければ低収入でもいい?

例外的に、クレジットヒストリーがあまりにもいいなどその他の好条件が揃っていれば、もっと少ない月収でも借り入れできることがあります。たとえば楽天クレジットカードを長期間利用していて、一度も延滞・滞納などがないということです。しかも毎月一定金額を使っているとなれば、その信用度によって審査通過率が上がる可能性があります。

ただ、そのような人は基本的に月収もある程度あるものです。フリーター・アルバイト・パートではないということも多いでしょう。基本的に月収とその他の審査条件のレベルは一致することが多いので、月収10万円程度は楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査で必要だと思ってください。

自営業・個人事業主・フリーランスも借入可能

楽天銀行スーパーローン(カードローン)では、フリーランスや個人事業主・自営業の人々でも借り入れができます。会社員・OL・公務員などの人々と比較すると少々審査が厳しくなりますが、それでも審査基準をクリアすれば問題なく借り入れが可能です。

事業年数が長いほど有利になる

これら独立系の職業の人々の場合、事業年数が長ければ長いほど楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査でも有利になります。これは他の銀行カードローン・消費者金融でも同じです。事業年数が長ければ社会的な信用も得やすいので、仕事ももらいやすいでしょう。個人事業主・自営業で仕事がもらいやすいということは、返済もしやすいということです。
銀行カードローン・消費者金融は最終的に、返済してくれる人に融資したいものです。事業年数が長く社会的な信用を得やすい人であれば、同じ年収でも大分有利になります。この点は楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査基準でも、社会の事業者を評価する目でも同じだと思ってください。

事業者の年商・売上は評価される?

個人事業主・フリーランスや自営業の人の場合、年収と年商に大きな違いがあるということも多いでしょう。節税のためにあえて年収を低く申告しているという人も少しはいるはずです。
結論を書くと、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査では年収しか評価されません。つまり、課税所得だけで審査されるということです。年商も事業規模や事業の安定性を見るために審査することはあります。しかし、いくらの限度額を設定するかなどの点では、その人の年収だけが判断されるということです。

年金生活者は楽天銀行スーパーローンで融資してもらえる?

楽天銀行スーパーローン(カードローン)では62才まで申し込み資格があります。60才から年金をもらえる人もいるので、60才から62才の間で、年金生活者・年金受給者の方が楽天銀行スーパーローン(カードローン)で借り入れすることは可能です。

年金以外の収入が必要

ただし、年金生活者(年金受給者)が借り入れをするには、年金以外の収入が必要になります。この条件は楽天銀行スーパーローン(カードローン)だけのものではありません。大手の銀行キャッシングや消費者金融などはすべてこのルールでやっています。クレジットカード会社も同じです。

収入より仕事をしている事実が大切

高齢者のキャッシングでこのように年金以外の収入が必要になるのは、収入が必要というよりも働いているということ自体が大事なのです。60才を超えると健康を害する人も多く、ある日突然多額の治療費が必要になることもあります。働いている人でもその可能性はあるでしょう。しかし、働いていない人よりは可能性が低いのです。
働いていれば、ある程度心身が健康だと想定できます。健康でなければ出勤自体ができないでしょう。採用してもらうことも難しいはずです。そのため、アルバイト・パートでもいいので何かしら仕事をしていることが大事なのです。この審査基準は楽天銀行スーパーローン(カードローン)だけでなく、他の銀行やキャッシング業者で借り入れをする時も同じだと思ってください。

楽天銀行スーパーローンの審査基準・まとめ

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査基準は、基本的には他の大手の銀行カードローン・消費者金融と変わりません。自分の安定収入があり、20歳~62歳であれば借入可能という条件です。
他のキャッシングの審査との違いは、楽天銀行の関連サービスの利用実績が評価される可能性があるという点でしょう。楽天カードなどのサービスで良好な利用実績を残している人は審査で有利になる可能性があります。そのような人で低金利な銀行カードローンで借り入れをしたい人は、ぜひ楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査にチャレンジしてみてください。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング

キャッシング・融資の最新情報や実際に借りた方のリアルな体験談などをほぼ毎日更新中。
不安の多いキャッシングの参考になれば幸いです。

Copyright © 2016 キャッシングマガジン All Rights Reserved.