女性のキャッシング・融資に向いている楽天銀行スーパーローン(カードローン)

銀行カードローンナビ

2014.09.10

ノートパソコンに向かうOLの若い女性たち

主婦のキャッシングには楽天銀行スーパーローン(カードローン)がおすすめ

専業主婦、あるいはパート収入がある女性がお金を借りたいのであれば、借入先としては楽天銀行スーパーローン(カードローン)が特におすすめです。ここではどのような理由によって、主婦のキャッシングで一番おすすめの選択肢の一つが楽天銀行スーパーローン(カードローン)になるのか…ということをまとめていきます。

配偶者の同意書の提出無しで借りられる

まず第一に、楽天銀行スーパーローン(カードローン)は家庭に入っている女性でも、夫・旦那の同意書(配偶者の同意書)を提出しないでキャッシング(借り入れ)ができる…という風になっています。少しでもキャッシングの知識がある人ならこのあたりの事情はよく把握していると想定できますが、家庭に入っている女性(自分の収入があることが条件)が銀行カードローンでキャッシングする時には、基本的には配偶者の同意書(夫・旦那の同意書)を提出しなければいけないというルールになっています。

これは「自分の収入でなく夫・旦那の収入で借りる」という方法を取る以上、当然のことでしょう。夫・旦那に内緒でキャッシングをしたいというのは、どの専業主婦々でも同じですし、学生にしてもサラリーマンにしても、誰でもキャッシングする時には家族に内緒でしたいものです。

なので、その心理自体はごく自然なものであり、何ら悪いものではありません。しかし、「夫・旦那の収入で借りる」ということは、やはりその本人の許諾がいるわけですから、本来は、専業主婦が銀行のキャッシングでお金を借りるためには、夫・旦那の同意書を確保して提出する必要があるということですね。

という説明が長くなりましたが、このように本当であれば提出が義務付けられている配偶者の同意書を、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査の場合は、提出しなくていいというルール・システムになっているのです。

当然ですが、夫・旦那の男性から配偶者の同意書をもらって来るということは、その時点で、必ず夫・旦那にキャッシング(借り入れ)がバレるということであり、内緒での借り入れは不可能となります。そして、夫・旦那に借り入れがバレても問題ない専業主婦々というのは、基本的にこの世に存在しないと言ってもいいくらいレアなので、このような銀行カードローン(あるいは消費者金融)では、事実上、お仕事をしていない家庭に入っている女性では借り入れができない、ということなんですね。

そして、楽天銀行スーパーローン(カードローン)であれば、そのような家庭に入っている女性のキャッシングの障害・ハードルはないので、この点でまず、専業主婦が借り入れ(借金)をするキャッシング先の候補の一つ…というより筆頭としておすすめである、ということです。

婚姻関係の証明書もなしで借入可能?

上のような「配偶者の同意書(夫・旦那の同意書)を提出しなくていい」という条件だけなら、実はそのような銀行カードローンは、楽天銀行スーパーローン(カードローン)以外でもたくさんあります。大手の銀行カードローンで「家庭に入っている女性でも借入可能」となっているキャッシング先であれば、かなりの割合で、配偶者の同意書の提出義務はないというルール・体制・システムになっている…という風に考えて下さい。

つまり、これだけではまだ「家庭に入っている女性のキャッシングには楽天銀行スーパーローン(カードローン)がおすすめ」という根拠としては、少々乏しいというわけですね。

では、追加でどのような理由があって、楽天銀行スーパーローン(カードローン)が主婦の借り入れにおすすめなのかというと、これが見出しの「婚姻関係の証明書の提出なしで、キャッシングができる」という点にあります。まず「なぜ、専業主婦の借入審査で婚姻関係の証明書の提出が必要になるのか」という命題・テーマから解説を展開しましょう。

その申込者の女性が無収入でも生活できているということは、「誰か、おそらく夫・旦那が、その女性の生活を支えられる・保持できるだけの安定収入を得ている」ということの証明になるからですね。なので「その女性は確かに結婚している」ということさえわかれば、家庭に入っている女性のキャッシングの審査としてはとりあえず十分な返済能力の調査になるのです。

そのような返済能力の調査のために、家庭に入っている女性がお金を借りる時には「結婚証明書・婚姻関係の証明書の提出」が必要になります。具体的には「住民票・戸籍抄本・戸籍謄本」などですが、家庭に入っている女性でも借入資格・申込資格がある銀行カードローンというのは、大部分がこの婚姻関係の証明書を提出しなければいけない、という審査基準・ルールになっているわけですね。

言うまでもありませんが、住民票にしても戸籍抄本・戸籍謄本にしても、これらは自分が役所に行くだけで発行できるものですから、別に夫バレ・旦那バレには一切関与しません。なので「婚姻関係の証明書の提出が必須」という条件の銀行カードローンであっても、別に夫・旦那に内緒で借り入れ(借金)をする…という行動・アクションの障害にはならないわけですね。

では、なぜ婚姻関係の証明書の提出が不要の銀行カードローンが有利なのかというと、急ぎでお金を借りたい時に、提出書類・必要書類は少しでも少ない方が、最短当日キャッシングが間に合いやすくなるということです。当然ですが、役所に行って戸籍抄本・戸籍謄本や住民票などを発行してもらうには、あるいは婚姻届受理証明書を作成してもらうには、それなりの時間がかかります。

  • 役所まで行く時間
  • 発行してもらう待ち時間

という風にダブルで所要時間が増えるわけです。これだけで少なくとも1時間か2時間はかかるでしょう。(その専業主婦が、どのくらい役場に近い場所に住んでいるかにもよりますが)

何はともあれ、このように婚姻関係の証明書・結婚証明書を用意する時間によって、最短当日借入のチャンスを逃す、締切時間に間に合わなかった…となる可能性もあるのです。そうしたことを考えると、たとえ夫バレ・旦那バレに関係することがなくても、婚姻関係の証明書の提出義務は、ないキャッシング先の方がありがたいということは間違いなく言えるでしょう。

このような理由から、「婚姻関係の証明書の提出も不要なシチュエーションがあり得る」(とインターネット上の口コミ・評判で言われている)楽天銀行スーパーローン(カードローン)は、専業主婦、そしてパート収入がある女性の方々がお金を借りるためにおすすめの選択肢ということですね。

自分の本人確認書類だけでOK

最終的に、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査で専業主婦が提出する必要書類というのは何なのか。これは(あくまで一定の信用度・クレジットスコアを満たしたらという条件ですが)自分の本人確認書類だけとなります。

つまり、下のような一般的な身分確認資料を提出するだけで、家庭に入っている女性でも借入審査に通ることができる、というわけですね。(以下、身分証明書の例を一覧にします)

  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住証明書

在留カード・特別永住証明書などについては、いわゆる在日韓国人・在日中国人の方、あるいは普通の外国人の方など、少々特殊なケースです。そのようなシチュエーションではこうしたものも身分確認資料になりますが、基本的にはパスポート・運転免許証や各種健康保険証など、ごくごく基本的な本人確認資料を提出しておけばOKです。

つまり、ある程度クレジットスコア(信用度)が高い人という条件ですが、そうした専業主婦であれば、会社員・OL・公務員などがキャッシング・借り入れをする時と、同じ提出書類・必要書類で借りることができるというわけですね。それどころか、「勤務先への在籍確認の電話がない分、会社員・OL・公務員やパート・アルバイト・フリーターの方々よりも、楽にキャッシングができてしまう」ということになります。

ある意味、専業主婦というのはそのくらい経済的に信用されている職業・属性なんですね。「昭和妻」という言葉もありますが、今の日本では、もう女性が家庭に入る女性として自宅にいられるという家庭は少なくなって来ましたから。「専業主婦である」というのが、一つの特権階級のようになりつつあるわけですね。

ということで、「自分の本人確認書類を提出するだけで借入可能」という、キャッシングの審査の手間としては「破格」と言ってもいいくらいの条件になるわけです。これが別に「審査が甘い・ゆるい」というわけではないことは、ここまで説明してきた通りです。

最高限度額が最大で50万円

さらに楽天銀行スーパーローン(カードローン)が、専業主婦に推薦すべきキャッシング先であるという理由として、「最大限度額が、他の銀行カードローンより大きい」という点があります。普通の大手の銀行カードローンは、どれだけ増額されていっても、家庭に入っている女性が借りられる最大融資枠は30万円程度なのですが、楽天銀行スーパーローン(カードローン)ではこれが「最大で50万円」という高額に設定されているわけです。

もちろんこれはあくまで「最大で50万円まで増額・増枠されることがある」というだけであり、「どの専業主婦でも、最初から50万円のキャッシング枠をもらえる」というわけではありません。この点はよく誤解されている・間違われている部分なので、重々理解して下さい。

何にせよ、あくまで「その女性の信用度・クレジットスコアによる」という条件とはいえ、最高で50万円という高額まで最高与信枠が広がる可能性がある…というのは、高額借入をしたい専業主婦々にとっては、非常に大きなメリットということが出来るでしょう。

「いや、そこまでたくさんお金を借りる気はないから」という専業主婦もいるかも知れません。もちろん、そのような申込者(利用者)の場合は、このメリットについてはスルーしていただいてもいいでしょう。

ちなみに、楽天銀行スーパーローン(カードローン)以外でも、専業主婦が最大で50万円までキャッシング枠を広げることが可能となっているのは、しずぎんカードローン・セレカやイオン銀行カードローンBIGなど、いくつかあります。総合的には、最短当日借入のしやすさなどで楽天銀行スーパーローン(カードローン)が一番おすすめですが、これらの銀行カードローンにも興味があるようであれば、合わせて比較検討してみるのもいいでしょう。

専業主婦が増額・増枠をする方法は?

ここでキャッシング全般の参考として、専業主婦が最高限度額を増額・増枠する方法についても、簡単に解説しておきましょう。結論を書くとコツコツ返済していて、30万円・50万円などの最大限度額までまだ余裕があるようであれば、半年か1年程度のタイミングで増額されるという風になります。

パート・アルバイト・フリーターの方々や会社員・OL・公務員など「自分の収入がある」人たちとの違いは「自分の収入がある利用者は、その収入が増えれば最大融資枠・最高与信枠を増やすこともできるが、専業主婦の場合は、それがない」ということです。当然ですね。自分で稼いでいないということは、銀行のキャッシングの方ですでに決まっている、30万円や50万円(楽天銀行スーパーローン(カードローン)ならば50万円)というような最高借入枠のボーダーラインの範囲内でしか、増額・増枠はできないわけです。

「夫・旦那の収入が増えたら、その年収確認資料を提出すればいいのか?」と思われるかも知れませんが、そのような方法で専業主婦が増額・増枠をするということはできません。たとえば街金業者など地元の中小の消費者金融で、そうした細かい配慮ができる小規模な貸金業者であればいいのですが、大手の消費者金融・銀行カードローンがそのような細かい事情にまで対応していたら、早々にパンクしてしまい、かえって全体の利用者の利益を損ねることになるからです。(全体最適ではなく、部分最適になってしまう…ということですね。)

そのため、家庭に入っている女性の借入枠については、「最高限度額30万円」「最大極度額50万円」というように、もうボーダーラインが完全に決まっているのです。この点が、サラリーマン・OL・学生などとの、借入限度額の増額・増枠のシステムの違い…ということができます。(楽天銀行スーパーローン(カードローン)以外の借入先で資金調達する時でも、これは共通していることです。)

なお「半年から1年間」というタイミングについては、多くの銀行カードローン・消費者金融が、半年に1回程度、見直し審査(途上与信)をしているということが理由です。つまり、最初のキャッシングの審査の時と同様に、その利用者の個人信用情報を照会して、下のようなことを調べるわけですね。

  • 他社借入件数が増えていないか
  • 他社でのキャッシング総額が増加していないか
  • 他の消費者金融・銀行カードローンなどで、返済事故を起こしていないか

簡単にキーワードだけ抜粋すると、下のようになります。

  • 件数
  • 総額
  • 事故

この三点について、キャッシング審査に通過した時と比較して、変化がないかどうかを調べるわけですね。特に債務整理・重度の遅延・延滞、代位弁済、強制解約・退会というようないわゆるブラックリストの情報がないかどうかを、徹底的に調べられます。

こうして全体的に個人信用情報をチェックした後「特に問題ない、あるいは改善されている」ということであれば、その他の状況・条件と合わせて総合的に判断し、増額・増枠をするかどうか決定する…ということです。

基本的に、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の何度の銀行キャッシングの場合は、勝手に増額することはありません。「この消費者・利用者には、ぜひ増額・増枠してほしい」と思っている場合でも、必ず電話でオファーをしてきます。また、モビット・アコム・アイフルなどの大手の消費者金融も同じです。

これに対してクレジットカードの場合は、自動的に増額・増枠されていることがあります。特に大きい金額のショッピングをした直後、あるいは高額の返済をした直後などになることが多いです。何か一定のラインが決まっていて、高額のショッピングをすると、そのボーダーラインを一足飛びで超えることが多い…という理由でしょう。

最高借入枠は30万円の銀行カードローンが多い

再び銀行カードローンでの家庭に入っている女性の最高限度額の話題にバックすると、先にも書いた通り「専業主婦の最大極度額は、30万円」というシステム・ルールになっている銀行カードローンが主流です。なぜ30万円なのかというと難しいですが、大体下のような理由でしょう。(あくまで私の推測です。)

  • 日本人のサラリーマンの平均月収に近い
  • 50万円だと、貸金業法の「収入確認資料の提出が義務になる金額」になる
  • 中間の「40万円」は、何となく縁起が悪い
  • かといって「20万円」では少なすぎる
  • 総合的に見て、30万円がちょうどいい

この理由の中で、キーポイントになるのは「50万円からは、貸金業法で年収確認資料の提出が義務付けられる」という点でしょう。これは、貸金業法第13条1の3項1に書かれていることで、「一つのキャッシング先からの借入総額が50万円を超える時には、その利用者に所得証明書を提出させなければいけない」という内容が制定されているんですね。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)などの銀行のキャッシングは、貸金業法ではなく「銀行法」によって管理されています。そのため、この貸金業法第13条1の3項1のルールも影響はないのですが、一応キャッシング業界全体で「50万円」というのが一つのボーダーラインになっているわけです。(実際、これは一般的なかキャッシングとしても納得が行くでしょう。50万円以上借りたら「いよいよ、自分の借金は本格化した」と思う人が多いはずです。)

というように、金融庁によって制定された法的な裏付け・背景があって、まず「50万円」という一つのファールラインが引かれているわけです。そして、そこからは「40万円は中途半端だし、縁起が悪い」などの理由で「30万円がベスト」となるわけですね。

なお、銀行カードローンによっては「専業主婦の最大限度額は、10万円」という、かなり絞られた最高借入枠を設定している所もあります。こうした金融機関・キャッシング先だと高額借入は絶望的ですが、代わりに、最高与信枠が最初から小さい分、銀行カードローンにとってはリスクが小さいので、審査に申し込みやすい可能性もあるというプラス面・メリット・長所もあります。この点は「人間万事、塞翁が馬」ではありませんが、ありとあらゆる借入先のルール・システムについて、「そこならではのメリット・利点と、デメリット・短所・注意点がある」という風に理解して下さい。

人によって、最大融資枠は違う

これは当たり前のことかも知れませんが、楽天銀行スーパーローン(カードローン)で家庭に入っている女性(自分の収入があることが条件)がお金を借りる場合も、最高借入枠はその専業主婦によって異なります。言うまでもありませんが、専業主婦ということなので、自分の収入がある会社員・OL・公務員などとは、最大限度額の決定の仕方が、少々違っています。この点を説明していきましょう。

具体的には、例えば下のような項目によって、最高与信枠が決定されます。(あくまで一例です)

  • クレジットヒストリー(個人信用情報)
  • 他社借入件数・総額
  • 自宅情報(持ち家・賃貸など)
  • 自宅の居住年数
  • 固定電話の有無
  • 運転免許証の有無・番号
  • その銀行口座を持っているか
  • 関連サービスを利用しているか

などなどです。他にもまだ多数の審査項目がありますが、これらを総合的に見て、その専業主婦に対する最高借入枠を決定する…というのが、消費者金融・銀行カードローンの基本的なパターンです。

「他社借入件数・総額」については、特に説明するまでもないでしょう。運転免許証の番号は、「末尾の数字が、紛失再発行をした回数」となっています。この回収が2回以上だと、いろいろリスクが高い人と見なされ、最高限度額も小さくなるという傾向があります。私も2回紛失しているので耳が痛いですが、「運転免許証をよく紛失するような人は、ローンカードもよくなくす」「その保証などのコストがかかるので、あまりそういう利用者には高額のキャッシング枠を与えたくない」ということですね。

実際、そのように「おっちょこちょい」な方は、自分でも「落としたローンカードで、数十万円もキャッシングをされたら困る」というリスクもあるわけです。そのような不正利用の被害に遭ったとしても、その被害総額が少額で済むということを考える人、むしろ与信枠が小さい方がいいでしょう。

「関連サービス」というのは、たとえば楽天銀行スーパーローン(カードローン)の場合は、楽天銀行の口座を普段から利用しているか、楽天市場・楽天トラベル・楽天ビューティーなどの利用履歴があるかというようなことが、判断基準の一つになると思われます。これらの利用履歴があればあるほど、その人の経済状態がよくわかるからですね。

また、特に楽天市場・楽天ビューティーなどのショッピング系のサービスをよく利用しているなら「楽天銀行スーパーローン(カードローン)から融資したお金を、楽天関連のサービスで利用してくれる」という期待が持てます。これは楽天銀行スーパーローン(カードローン)にとっては「金利・利息・手数料だけではなく、買い物の方からも利益をもたらしてくれる」ということで、非常にありがたい利用者・消費者なのです。なので、このような方は、専業主婦であっても、普通のパート・アルバイト・フリーターの方々などであっても、特に審査で優遇される可能性がある…ということですね。

(あくまで可能性ですし、度合いはわずかですから、審査が甘くなる・ゆるくなるというわけではありません。)

パート収入がある女性は問題なく借入可能

ここまでは主に「専業主婦」をメイン・中心として語ってきました。この段落では「パート収入がある女性」と楽天銀行スーパーローン(カードローン)の関わりについて書いていきましょう。見出しの通り、パート・アルバイトなどで自分の収入がある女性の女性の場合は、専業主婦と違ってかなり借りやすくなっています。

自分の収入がある人は、どこでもOK

そもそも、キャッシング・カードローン・消費者金融の世界では、自分の収入がある人は、銀行カードローンでも消費者金融でも、あるいはクレジットカードでも、どこでも自由に借入先を選べるという態勢・システムになっているんですね。これはあくまで「申し込み先を選べる」というだけであって、そこで審査を通過して無事にキャッシングをできるかどうか、というのはまた別の話です。

何はともあれ、たとえば「アコム・アイフル・プロミス・モビット・ノーローンなどの大手の消費者金融は、最初から無理」という条件になっている専業主婦と比較すると、この点でパート収入がある女性は有利ということですね。これらのキャッシングブランドからも、借り入れをできる可能性があるわけですから。

問題は「月収がいくら以上あれば、自分の収入があると言えるのか」という収入の基準ですが、これはできれば月収8万円程度で、その他の審査情報がすべて理想的に良ければ、月収5万円でも借入可能という風になるしょう。つまり、下のような条件ですね。

  • 他社借入件数がゼロ
  • 他社借入総額もない、あるいは少ない
  • 個人信用情報も良好(クレジットカードの支払いが毎月「$マーク」など)
  • 当然、ブラックリスト入りしていない
  • 居住年数が長い
  • 運転免許証の紛失回数がない(末尾の番号がゼロである)
  • 自宅の固定電話がある
  • クレジットカードの保有枚数が少ない

他にもまだいくらでもありますが、要はこうした総合的な審査情報が、全て良好という人に限って、月収5万円程度のパート収入がある女性でも、ギリギリでキャッシングをできる可能性がある…ということです。あくまで私の推測ですし、あくまで可能性なので、保証はできませんが、インターネット上の口コミ・評判でもこのように書かれていることが多いです。

消費者金融でもパート収入がある女性ならキャッシング可能

これは上の段落でも記載した通りですが、大手の消費者金融(モビット・アイフル・ノーローンなど)は、お仕事をしていない家庭に入っている女性ではキャッシング・借り入れができないシステム・体制になっています。このことは、多くのキャッシング・カードローンの情報サイトに書かれているので、お金を借りることに興味がある人であれば熟知しているでしょう。

しかし、基本的に消費者金融にしても銀行カードローンにしても、「お金を貸して利息をいただくのが仕事」ですから、「しっかり返済できる人については、主婦だろうと学生だろうと、できるだけ融資をしたい」わけですね。

その点、一定の安定収入がある人は、あくまでその返済能力の範囲内の借入限度額であれば、問題なく融資ができるわけです。また、その利用者もそれを求めて来ているわけですから、それに応えることこそが、社会貢献であり顧客サービスなんですね。

ということで、楽天銀行スーパーローン(カードローン)にしてもその他の銀行カードローン・消費者金融にしても、これらの業者・ブランド・銀行は「利用者の敵ではなく、むしろ当然ながら味方」なのです。

これは小説や漫画の新人賞でもそうですが、人間は自分が「審査」される側になると、どうしてもその「審査する人たち」を、どこか敵視してしまう傾向があります。頭では敵視していないつもりでも、本能的な部分で敵視している、警戒している…ということですね。

このような心理のせいで、キャッシングの審査に申し込みしようとすると「銀行カードローン・消費者金融やクレジットカード会社は、自分の粗探しをして、落とそうとしているのでは?」という疑念が生じてしまいます。しかし、実際には上に書いた通り「貸せるものなら、できるだけ貸し付けしたい」というのが、消費者金融・銀行カードローンの本音なのです。(繰り返しますが、あくまで一定以上の返済能力がある方のみです)

こうした状況を考える人「自分の収入がある人」というのは、要するに「最低限の返済能力がある」わけですから、パート・アルバイトであろうと、学生や年金生活者(年金受給者)であろうと、歓迎されるのは当たり前なんですね。だから、パート収入がある女性も大手の消費者金融でキャッシングの審査に申し込むことができる…というわけです。

パート収入が月いくらあれば借入可能?

先にも触れた通りですが、あらためて一覧にすると下のようになります。(あくまで目安に過ぎないということは、重々承知して下さい。)

  • 5万円…超ギリギリ。その他の審査情報がすべて良くないといけない
  • 8万円…割と審査に申し込みやすくなる
  • 10万円…その他の審査情報に何か問題がなければ、大体審査に通る

このような月収が、キャッシングで借入可能かどうかの目安になります。やはり安全圏としては「月収8万円から」でしょう。これだと年収は96万円になり、ほぼ年収100万円に近づきますから、月収だけでなく年収で見た場合に特に、キリがいい数値ということができます。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)だけとこれがいくらになるかわかりませんが、基本的に銀行カードローンだと「月収5万円で借入審査に通ることは、まずない」と思って下さい。このパターンは、消費者金融でもかろうじて見られる程度です。

(月収5万円程度の経済力でキャッシングをしたら、その後の返済でかなり苦労するのは目に見えていますからね)

楽天銀行スーパーローン(カードローン)での主婦のキャッシング・まとめ

このように、楽天銀行スーパーローン(カードローン)は家庭に入っている女性でもキャッシングをすることが可能ですし、特に他の銀行カードローンと比較して、家庭に入っている女性(自分の収入があることが条件)がお金を借りることをしやすいキャッシング先の一つである…ということが、ありとあらゆる根拠から言えます。

最後にダイジェスト的にポイントを整理していくと、下のようになります。

  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)は、家庭に入っている女性でも融資可能
  • 自分の収入があるパート収入がある女性なら、まったく問題なくキャッシング可能
  • 月収は5万円から10万円は欲しい
  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査では、配偶者の同意書の提出は必要ない
  • 婚姻関係の証明書の提出も必要ないという口コミがある
  • 自分の本人確認書類の提出だけは、当然必要

以上、楽天銀行スーパーローン(カードローン)での主婦、そして家庭に入っている女性のキャッシングについて整理してきました。家庭に入っている女性でも比較的スムーズにお金を借りられるのが現代のキャッシングの世界なので、専業主婦の方々が急ぎでお金が必要というシチュエーションに遭遇した時でも、慌てず、これらの銀行のキャッシングなどのサービスを利用して、うまく切り抜けて下さい。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング