審査日数が短い方が良い。オリックス銀行カードローンの審査時間

銀行カードローンナビ

2014.09.10

電卓・一万円札・ペン・家計簿

オリックス銀行カードローンは最短当日借入可能

初めてキャッシングする人は「できるだけ審査日数が短い消費者金融・銀行カードローンで借りたい」と思っているでしょう。しかし、これについてはまったく問題ありません。というのは現代のキャッシングでは、審査日数以前に「当日中に借りられる」というのが普通だからです。オリックス銀行カードローンでもそれは同じです。

もちろん、この「当日中にキャッシングできる」というのは、あくまで「最短当日借入」ということであって、誰が申し込んでも、いつ審査の申し込みをしてもその日中に借りられるということではありません。

  • 一定の信用度(クレジットスコア)を満たしている
  • 午前中など、早めの時間帯に審査申込みをしている

などの条件があって、初めて最短当日キャッシングができるようになります。こうした条件つきではありますが、オリックス銀行カードローンでも最短当日審査・最短当日キャッシングは問題なくできるようになっていますので、「審査日数が短い所でお金を借りたい」と思っている方は、安心して下さい。

午前中に申し込めば最短当日キャッシングできる

上の段落で「申込み時間」について触れましたが、基本的に一番最短当日借入ができる確率が高いのは「午前中」です。必ずしも午前中でないといけないと決まっているわけではありませんが、一番確率が高くなるのは午前中という風に理解して下さい。

オリックス銀行カードローンの審査の所要時間は、明確には決まっていません。「最短即日」ということが判明しているだけです。プロミス・アイフルなどの大手の消費者金融は「最短30分」ですし、ノーローンは「最短20分」という風に、特に大手の消費者金融だと審査の所要時間が正確にわかっています。

また、大手の銀行カードローンでも三井住友銀行カードローン・新生銀行カードローン レイクはやはり「最短30分」となっています。(これらの消費者金融も銀行カードローンも、純粋に審査にかかる時間だけが「最短30分」であって、すべての手続きを包含した時間だと「最短60分」というシステムになっています。)

このように、どれくらいの時間がキャッシングの審査に必要になるのか、わかっているキャッシングブランドもあるのですが、オリックス銀行カードローンのように「最短即日」ということしかわかっていない借入先・金融機関もあるのです。(楽天銀行スーパーローン、みずほ銀行カードローンなどもそうです)

なので、「オリックス銀行カードローンで最短当日借入をするためには、何時までに審査の申し込みをすればいいのか」ということは、この記事で断言することはできないわけですね。しかし、下のような理由から、「午前中から、最短即日借入がしやすくなる」ということは言えます。

  • クレジットスコア(信用度)に特に問題ない申込者なら、数時間で終わることが多い
  • 午前中に申し込むなら、14時か15時で審査完了している
  • この時間なら、銀行が営業している
  • 銀行振込によって、最短当日借入ができる

このような理由です。オリックス銀行の口座を持っている人なら、営業時間の15時を過ぎた後で、オリックス銀行の口座同士で振り込むことができるので、さらに長い時間まで最短当日借入が可能となります。上に書いたのは「オリックス銀行の口座を持っていない人の場合」です。

もちろん、上の箇条書きの冒頭に書いた通り、「あくまで、信用度(クレジットスコア)が高い人」のみであり、クレジットヒストリーなどに問題がある人の場合は、審査の所要時間がさらに長くなる可能性もあります。なので一概には言えませんが、とりあえず「午前中なら、大分最短当日審査ができる可能性が高まる」ということです。

土日・祝日でも最短当日借入可能

「最短当日キャッシングができるというけど、平日だけでしょ?」と思う人もいるかも知れません。確かに、横浜銀行・静岡銀行など、土日・祝日の最短即日借入に対応していないという大手の銀行カードローンは存在します。

しかし、オリックス銀行カードローンの場合は、オリックス銀行の口座という状況・条件で、土日・祝日でも最短当日キャッシングができるというシステムになっています。上でもチラリと書きましたが、「オリックス銀行の口座同士だったら、夜間だろうと土日・祝日だろうと、問題なく振り込みできる」という理由ですね。

つまり、オリックス銀行カードローン自体は、土日・祝日でも平日同様最短当日審査をしているのです。そして、振込手続きもしてくれるのです。しかし、「オリックス銀行の口座を持っていなければ、たとえばイオン銀行の口座に振り込むのであれば、当のイオン銀行が振り込みを反映してくれない」という理由から、最短当日借入ができなくなるわけですね。

オリックス銀行の口座に対して振り込むのであれば、そのような最短当日キャッシングの障害がないので、「オリックス銀行の口座を保有している人であれば、土日・祝日でも当日中にお金を借りることができる」というわけです。このルールは、オリックス銀行カードローン以外でも、楽天銀行スーパーローンやイオン銀行カードローンBIGなどでも見られるものとなっています。

(余談ですが、三井住友銀行カードローンや新生銀行カードローン レイクなどは、それぞれの銀行口座を持っていなくても、土日・祝日でも最短即日借入ができるようになっています。この点は、この3つの銀行カードローンが特に有利な点です)

オリックス銀行の口座があれば借りやすい

上の段落の続きになりますが、土日・祝日の最短即日キャッシング以外でも、オリックス銀行の口座があるとやはり最短当日借入がしやすくなります。箇条書きすると、下のような理由からです。

  • オリックス銀行のサービスの利用者ということで、信用度が高まる
  • 平日の夜間の最短当日キャッシングがしやすくなる

つまり「審査通過率が高まる」「当日審査の受付時間が長くなる」という2点ですね。「信用」「時間」というキーワードに置き換えてもいいでしょう。。

後者の「平日の夜間のキャッシング」については、先程も触れました。普通の銀行の営業時間の15時を過ぎても、オリックス銀行の口座同士だったら、すぐに振込融資をすることができるという意味ですね。ただ、オリックス銀行カードローンの審査部の勤務時間もあるので、これが大体17時までとすると、「審査が完了する時間が17時より後になると、オリックス銀行の口座を持っている人でも、当日中にお金を借りること判断が難しい」と言えるでしょう。

17時に審査が完了するということは、大体遅くとも13時か14時には審査の申し込みをしていないといけない…ということになります。「午前中」よりは多少長くなりましたが、やはり早めの審査申込みが必要ということに変わりはありません。

(この件に限らず、人間はどんな行動でも早め早めにした方がいいのは言うまでもありませんが)

オリックス銀行以外のキャッシングと比較

ここまではオリックス銀行カードローンの最短当日キャッシングについて語ってきましたが、ここからは他の銀行カードローンや消費者金融の最短即日借入と比較してみましょう。比較することによって、お金が必要な時にオリックス銀行カードローンを選ぶメリット・長所・理由などが見えて来るでしょう。

土日・祝日に口座が必要な銀行カードローン

まず、オリックス銀行カードローンと同じく「土日・祝日に最短当日借入をするには、その銀行口座が必要」という条件設定になっている銀行のキャッシングを抜粋すると、下のようになります。

  • イオン銀行
  • ソニー銀行
  • 楽天銀行

他にもまだ存在しますが、主だった銀行カードローンでは上記の一覧のようになっています。このうちイオン銀行カードローンBIGについては、平日の最短当日キャッシングであっても、イオン銀行の口座が必要という条件です。

ソニー銀行カードローン・楽天銀行スーパーローンについては「平日は、それぞれの口座を持っていなくても最短当日借入できるけど、土日・祝日や週末・休日だと必要になる」という条件になっています。

オリックス銀行カードローンも含めて、これらの銀行カードローンの土日・祝日の最短即日借入の条件は、一部の銀行カードローンと比較すると少々厳しい・きついと感じられるかも知れません。しかし、先にも書いた通り「しずぎんカードローン・セレカや横浜銀行カードローンなどは、土日・祝日の最短即日借入自体ができない」ということを考えると、むしろ借り入れができるだけでも有利なキャッシング先…ということができるでしょう。

土日借入ができない銀行カードローン

上で横浜銀行・静岡銀行との比較をしたので、「土日・祝日の最短即日借入が不可能な銀行カードローン」についても書いていきましょう。これらの銀行カードローンよりは、オリックス銀行カードローンの方が週末・休日にお金を借りたい利用者にとって有利…ということです。

まず、あらためて土日・祝日の最短即日借入ができない銀行カードローンを一覧にすると下のようになります。

  • みずほ銀行
  • 横浜銀行
  • 静岡銀行
  • その他の地方銀行

メインバンクである「みずほ銀行カードローン」が入っているのは、少々驚くかも知れません。みずほ銀行カードローンは低金利な分、こうした土日・祝日や週末・休日などのサービスについては、削減しているということかも知れません。同じ三大メガバンクである三井住友銀行よりも、上限金利が0.5%以上低金利になっていますからね。

(100万円以下のキャッシングでは上限金利が適用されるので、ほとんどの人の場合はこの上限金利が自分の金利になると思って下さい。)

また、静岡銀行・横浜銀行だけではなく、ほとんどの地方銀行のカードローンは土日・祝日の最短即日融資に対応していないという体制になっています。地方銀行の中で最大規模である横浜銀行・静岡銀行すら土日・祝日の最短即日審査をしていないのだから、普通の小規模な地方銀行のカードローンが対応していないのは、当然のことと言えるでしょう。

(ごく稀に一部、対応している地方銀行のキャッシングもありますが)

土日・祝日でも口座不要な銀行カードローン

最後に、大手の銀行カードローンよりも土日・祝日の最短即日借入がしやすい条件である、「週末・休日(土日・祝日)でも銀行口座が不要」という銀行カードローンについて書いていきましょう。これは一覧にすると下のようになります。

  • 新生銀行レイク
  • 三井住友銀行
  • じぶん銀行

新生銀行・三井住友銀行については、前述の通りです。ここでは「じぶん銀行カードローン」について重点的に書きましょう。

じぶん銀行カードローンは「au限定割」というサービスがありますが、当然「auユーザー以外でも借り入れできる」サービスになっています。そして、じぶん銀行の口座の有無については、じぶん銀行の口座がない人の場合は、本人確認書類の提出が必要になる、という制限が加わるだけであって、土日・祝日の最短即日借入自体はまったく問題なくできるようになっているわけですね。(審査に通るかどうかは別ですが、最短当日審査自体は問題なく可能となっています。)

逆に言えば「じぶん銀行の口座さえあれば、みずほ銀行カードローンすら提出しなくてもいい」というくらいで、スピードキャッシングが特にしやすい銀行カードローンということができるでしょう。(ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>のWEB完結なども同様の条件になっていますが)

消費者金融とオリックス銀行の比較

ここまでの記述では、他の銀行カードローンとオリックス銀行のキャッシングを比較してきました。ここから先は「アイフル・プロミスなどの大手の消費者金融との比較」をしていきましょう。

最短当日借入のしやすさは、断然消費者金融

  • 当日中にお金を借りたい
  • 今日中にキャッシングをしたい
  • 今すぐ現金が必要

上記のような切羽詰まった場面では、大手の銀行カードローンよりも圧倒的に消費者金融の方が有利となっています。これは当たり前のことで、電車でいうなら、急ぎの時は特急電車や新幹線に乗るのが当たり前で、そのために交通費が多少高くなるのは当然ということですね。

「新幹線は何で、各駅停車よりも運賃が高いんだ。けしからん」などという人はいないでしょう。それと同じで「消費者金融がオリックス銀行カードローンなどよりもやや高金利なのは、スピードキャッシングをしてくれるという特急料金が追加されているから」ということです。

特急料金がいやだったら、消費者金融ではなく銀行のキャッシングでゆっくり審査してもらって、それで低金利で借り入れをすればいい…ということですね。飲食店でいうなら、高いお金を払うのがいやなら、高級レストランではなくファーストフードやファミレスのお店に行けばいいというだけのことです。至極当然のことですね。(キャッシング・消費者金融の話題の時のみ、なぜか日本人はこうした冷静な思考ができなくなるのですが)

ということで、「今日中にキャッシングをしたい」「何が何でも今すぐお金を借りたい」というような場面では、オリックス銀行カードローンも含めて銀行のキャッシングにこだわるのではなく、プロミス・アイフルなどの大手の消費者金融を利用した方がいい…ということです。

審査時間が圧倒的に早い

具体的に、消費者金融はどのように銀行のキャッシングよりも最短当日借入で有利な態勢になっているのか。この理由はまず「審査の所要時間が短い」という点にあります。

  • オリックス銀行…最短数時間程度(不明)
  • 消費者金融…最短30分

このようになるからです。そもそも、どのくらいの審査時間がかかるかわかっていないオリックス銀行カードローンに対して、消費者金融はわかっているだけでも有利ですし、しかも「最短30分」というスピードになっているわけですね。スピード借入をしたい時にどちらが有利かは、火を見るより明らかでしょう。

オリックス銀行カードローン以外では、たとえば新生銀行カードローン レイクなどは「最短30分」という、消費者金融に近いスピードで最短即日審査が出来るようになっています。しかし「最短」ではなく「実際に30分で終わる割合」を考えると、やはりアコム・アイフルなどの大手の消費者金融の方に軍配が上がる…というのは間違いありません。(最短だったら、極端な話誰か一人が30分で審査が完了するというだけでも、そう唱えることができますからね)

審査通過率も消費者金融が高い

また、「ただ審査が早い」というだけではなく「そもそも審査に通る」という点でも、やはり消費者金融の方が銀行カードローンよりも有利になっています。どれだけスピード審査をしてくれても、それで落とされてしまって借り入れができなくては、何の意味もありませんからね。

オリックス銀行カードローンの審査通過率については、公開・公表されていないのでわかりません。しかし、大体30%程度と推測されます。(大手の銀行カードローンは大体そのくらいの審査通過率なので)

一方、大手の消費者金融については、アコム・アイフルが公式サイトの「マンスリーレポート・月次データ」などのIR資料(投資家向け資料)で審査通過率(新規契約率)を公表・公開しています。アコム・アイフルの数字の場合は大体「45%程度の審査通過率」なのですが、ここから「大手の消費者金融は、大体40%~45%くらいの審査通過率である」と推測できるわけですね。(あくまで私の推測です)

こうした推定値を比較してみると、オリックス銀行カードローンよりもアイフルやプロミスなどの大手の消費者金融の方が、ある程度柔軟な審査態勢であるという意味でも、最短当日借入に向いているというわけです。(もちろん、総合的な実質年率では、オリックス銀行カードローンの方が低金利になっているわけですが)

オリックス銀行カードローンの審査の所要時間・まとめ

以上、オリックス銀行カードローンのキャッシング審査にかかる日数・時間について言及してきました。最後に要点だけ箇条書きすると、下のようになります。

  • オリックス銀行カードローンは最短当日キャッシングができる
  • オリックス銀行の口座があれば、土日・祝日でも最短当日審査が可能
  • オリックス銀行の口座がない場合でも、平日なら最短当日借入できる
  • 平日も、15時以降の最短当日融資は、オリックス銀行の口座が必要
  • 大手の銀行カードローンの中での最短当日借入のしやすさは、オリックス銀行は中間程度
  • 新生銀行カードローン レイクなどは、さらに最短当日キャッシングがしやすい
  • みずほ銀行・横浜銀行・静岡銀行などよりは、オリックス銀行の方が有利
  • やや高金利でもいいなら、消費者金融の方が断然借りやすい

この記事の要点は、上記の通りになります。今すぐ銀行カードローンでお金を借りたいと思っている方は、今日中にお金が必要だけど、消費者金融よりも銀行のキャッシングを利用したい…と思っている方など、ぜひ参考にしてみてください。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング