主婦キャッシングの条件【旦那に内緒・急ぎでお金を借りる】

専業主婦のためのキャッシングナビ

2017.07.04

家計を考える主婦の後ろ姿

夫・旦那に内緒で借りるのは簡単

主婦キャッシングの条件として多くの女性が求めるものとして、「夫・旦那に内緒で、急ぎで借りられる」という2点があるでしょう。ここではこの2つの条件について説明していきます。まずは「夫・旦那に内緒での借り入れ」について書いていきましょう。

ネット完結でバレずに借りられる

今のキャッシングは、借りる人が主婦だろうとその他の職業・属性だろうと、ネット完結で電話・郵送などもなく借りられる…というのが基本になっています。ほとんどの人がWEB完結のシステムを使って審査の申し込みをしている…という状態です。

主婦のキャッシングでのネット完結の審査の流れを簡単に書くと下のようになります。

  • ネットの申込みフォームから、審査情報を送信
  • 自分の携帯に消費者金融・銀行カードローンから確認電話が来る
  • その後、身分確認資料や個人信用情報などの審査に入る
  • パート収入がある女性だったら、在籍確認の電話をかけられる
  • 審査完了。通過できれば融資

このような流れです。簡単にキーワードだけ書くと、下のようになります。

  • 申込みフォーム
  • 携帯に確認電話
  • 審査&在籍確認
  • 融資

特に難しいことはありません。電話連絡も本人の携帯だけで自宅への電話はないので、夫バレ・旦那バレすることなくキャッシングができます。

夫・旦那の同意書の提出も不要

専業主婦がキャッシングをする時には、夫・旦那の同意書を提出しなければいけない…と思っている方もいるかも知れません。しかし、これはまったく不要です。要点を箇条書きすると、下のようになります。

  • 銀行カードローンだったら、大部分が不要
  • 消費者金融の中小業者で借りる時は必要
  • 消費者金融の場合は「配偶者貸付」というシステムを利用するため

アコム・プロミス・アイフルなどの「大手」の消費者金融は、自分の収入がない女性に対しては融資をしていません。しかし、中小業者はごく一部ですが、しているんですね。特にレディースキャッシング・女性向けローンなどの看板を掲げている業者さんは、配偶者貸付によって専業主婦にも融資しています。

そして、この「配偶者貸付」という制度は申込者が配偶者の同意書を提出し、それを貸金業者が確認するというルールになっているので、夫・旦那の同意書が必要になるわけです。

ということで、そのような「中小の消費者金融」で借りるのであれば、確かに必要になることもあります。しかし、そもそも家庭に入っている女性に対して貸し付けているキャッシング業者自体が少ないですし、ほとんどの人はそのような中小業者で借りるよりは、銀行カードローンで借りるはずです。なので実質、家庭に入っている女性のキャッシングで夫・旦那の同意書の提出は不要と考えていいでしょう。

自宅への電話・郵送もなし

また、主婦のキャッシングで夫バレ・旦那バレしない理由として、「自宅への電話や郵送物もない」という点が指摘できます。特に電話については、少なくとも審査の時点ではまったくありません。利用が始まって、かなり悪質な遅延・延滞をした場合は、まれに電話連絡が行く場合があります。

郵送物については、これも基本的にはありません。ただ、ローンカードを自動契約機で発行できない、あるいはキャッシュカード一体型のカードを発行できないという銀行カードローンであれば、ローンカードの郵送が必要になることがあります。

ただ、これも特に問題ありません。というのは「そのような銀行カードローンで借りなければいい」だけの話だからです。そして、このローンカードの郵送以外では、自宅に郵送物が送られて来るということは、主婦のキャッシングでも、その他の職業・属性の人々のキャッシングでもありません。

電話連絡の時と同様に「明らかに問題がある、悪質な延滞・滞納をした」という場合には督促のハガキが届くこともありますが、それは明らかに本人の問題ですし、そのような問題行動を取らない限りは、郵送物は一切なしということです。

急ぎのキャッシングも問題なく可能

続いて2つ目の主婦のキャッシングの条件である「急ぎで借り入れができる」ということ。これも全く問題なく可能となっています。専業主婦の場合はほとんど銀行カードローンで借りるわけですが、大手の銀行カードローンはどこもスピードキャッシングが可能となっています。

審査スピードなどは、主婦でも同じ

スピードについては、「会社員・OL・公務員だったら早い、主婦は遅い」というようなことはありません。誰でも同じです。(明らかにダメな人の場合、すぐに落ちるという点では早くなりますが)

審査スピードは、大手の銀行カードローンの中で一番早い新生銀行カードローン レイク、三井住友銀行カードローンなどは「最短30分」となっています。また、静岡銀行カードローン「セレカ」も「最短30分」で審査できます。

その他は地方銀行のカードローンで「最短20分」などもありますが、地方銀行はそのエリアに在住・在勤している人でないと借りられません。そのため、ここでは対象外とします。

他の銀行カードローンでは、ソニー銀行カードローンの「最短60分」などの時間設定もあります。このように時間がはっきり書かれていないその他の銀行カードローンだと「大体数時間」と思って下さい。

パート収入がある女性なら消費者金融がおすすめ

家庭に入っている女性ではなく、パートの収入がある主婦だったら、スピードキャッシングに関しては消費者金融をおすすめします。SMBCモビット・プロミス・アイフルアコムなどの大手の消費者金融ですね。

スピードキャッシングについて消費者金融がおすすめの理由は、下の通りです。

  • 「最短30分」というだけではなく、実際に30分で審査が完了する確率が高い
  • 審査通過率が高い(早いだけでなく、審査に通る)
  • 毎日21時~22時まで早ければその日中に審査してくれる
  • 土曜日・日曜日・祝日でも同じ時間で、最短でその日中の審査をしている

このように、急ぎのキャッシングに必要な条件では、すべて銀行カードローンよりも消費者金融の方が上になっています。消費者金融はその分銀行カードローンよりも高金利なので、いわば「特急料金」を設定しているようなものです。だから消費者金融がいいとか銀行カードローンがいいという「どっちが上」という話ではないんですね。「それぞれ役割が違う」ということです。(新幹線と各駅停車のようなものです)

専業主婦なら銀行カードローンしかない

パート収入がある女性だったら、上に書いたように消費者金融がいいのですが、専業主婦だったらやはり銀行カードローンでしか借りられません。中小の消費者金融は、先に書いた通り選択肢も少ないですし、中には悪徳業者・違法業者も混ざっているので、あまりおすすめできません。

もちろんほとんどの中小業者は良心的な経営をしていますが、ごく稀にでも、悪質業者に引っかかる可能性があるのであれば、やはり避けた方が無難ですからね。銀行カードローンであればそのようなことは絶対にないので、銀行カードローンの審査に通るだけの信用度(クレジットスコア)があるのであれば、銀行カードローンにした方がいい…ということです。

スピードキャッシングの審査の締切時間

主婦キャッシングで急ぎで借り入れをしたい時は、何時までに審査の申し込みをすればいいのか―。これは消費者金融の場合「21時~22時」、銀行カードローンの場合は「その銀行カードローンによって違う」というのが結論です。以下、詳しくまとめていきます。

消費者金融なら21時~22時までOK

大手の消費者金融5ブランドの、審査の受付時間を一覧にすると下のようになります。

  • SMBCモビット・ノーローン・アイフル…21時(夜9時)まで
  • アコム・プロミス…22時(夜10時)まで

このように、プロミス・アコムが1時間だけ長くなっています。こういう点では、夜間ギリギリでお金を借りたいという場面では、パート収入がある女性の方々であれば、プロミス・アコムを選ぶのがいいでしょう。ある程度時間に余裕があるのなら、SMBCモビット・アイフル・ノーローンでもOKです。

一方、銀行カードローンについては上に書いた通り「締切時間がバラバラ」ですが、ここでは一番受付時間が長い「新生銀行カードローン レイク・三井住友銀行カードローン」について書いていきます。

銀行カードローンは三井住友銀行・レイクで

三井住友銀行カードローンと新生銀行カードローン レイクは、土曜日・日曜日・祝日でも平日でも、毎日夜9時まで早ければその日中に審査をしてくれるという時間設定になっています。つまり、アイフル・ノーローン・SMBCモビットと同じです。銀行カードローンなのに、消費者金融と同レベルの長時間、スピード審査に対応している…ということですね。

ここまで書いてきている通り、家庭に入っている女性(自分の収入があることが条件)だと銀行カードローンでしか借りられません。そのため、家庭に入っている女性のキャッシングでスピード借入をしやすい場所といったら、この三井住友銀行カードローンか、新生銀行カードローン レイク…ということになります。

ただ、新生銀行カードローン レイクは、家庭に入っている女性だとほぼ借入不可と言われているため、こちらはよほどクレジットヒストリーなどがいい人のみとい考えた方がいいでしょう。また、三井住友銀行カードローンも少々難しくなっています。(専業主婦では)

代わりに「家庭に入っている女性でも借りやすく、スピードキャッシングもしやすい」という銀行カードローンも、ある程度存在します。詳しくは省略しますが、そうした銀行カードローンを、インターネット上の口コミ・評判を参考にして選んでいただく…というのがいいでしょう。

自動契約機でのローンカードの発行

急ぎのキャッシングをする時、土曜日・日曜日・祝日・夜間だったら「ローンカードの発行」が必要になります。理由を箇条書きすると下の通りです。

  • スピード借入の方法は「銀行振込」か「ATM」である
  • 銀行振込は「銀行の営業時間街」だとできない
  • 土曜日・日曜日・祝日・夜間は、銀行が営業時間外である
  • よって、振り込みで借りることはできない
  • だからATMを動かすために、ローンカードが必要になる

ということです。銀行預金の引き出しや預け入れを想像するとわかりますが、ATMを操作するには「何らかのカード」が必要なんですね。キャッシングの世界ではそれが「ローンカード」と呼ばれています。

そして、銀行の営業時間外ということは、店舗窓口でローンカードの発行をすることはできません。また、郵送では借り入れに数日かかります。こうして消去法で見ていくと、銀行の営業時間外だけど、どうしてもその日のうちにお金を借りたいという時は、自動契約機・無人契約機などでローンカードの発行をする必要があるということです。

そのため、その日中にお金を借りたいという主婦の方は特に、ローン契約機・自動契約機がある消費者金融・銀行カードローンで申し込むようにすべき…ということです。

主婦のキャッシングの条件・まとめ

以上、主婦のキャッシングの二大条件とも言うべき「スピードキャッシングのしやすさ・夫・旦那に内緒での借りやすさ」についてまとめてきました。最後にポイントを一覧にすると、下のようになります。

  • 夫・旦那に内緒で借りることは簡単
  • 電話連絡もないし、郵送物もない
  • 配偶者の同意書も必要ないし、夫・旦那の収入証明書も不要
  • 夫・旦那の職場への在籍確認もない
  • 急ぎのキャッシングは、パート収入がある女性なら消費者金融がしやすい
  • 専業主婦なら三井住友銀行・新生銀行カードローン レイクがいい
  • 土曜日・日曜日・祝日・夜間は、ローンカードの発行が必要なので注意

このようなポイントになります。パート収入がある女性の方と、専業主婦で条件はかなり変わりますが、主婦のキャッシングの参考にしていただけたら幸いです。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)