みずほ銀行カードローンの審査、週末土日祝日の審査対応は?休みでも借りたい人へ

銀行カードローンナビ

2015.11.24

ATMの操作盤面

みずほ銀行カードローンは、週末は借入不可

みずほ銀行カードローンは、土曜日・日曜日・祝日などの週末はキャッシングができない…という風になっています。正確には土曜日・日曜日・祝日の最短当日審査ができないということですが、この記事では、みずほ銀行カードローンの土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングについて解説していきます。

すでに契約している人なら、土日借入可能

すでにみずほ銀行カードローンで審査の通過をして、契約しているという人、借入限度額をもらっている人であれば、土曜日・日曜日・祝日でも週末でも借り入れをすることができます。みずほ銀行ATMはもちろん、提携コンビニATMでも利用手数料はかかるものの、土曜日・日曜日・祝日でもキャッシング自体はできるということです。

土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査はできない

このように、ただ借り入れをするだけ、現金を引き出すだけ…というのであれば土曜日・日曜日・祝日でもできるのですが、「審査自体を土曜日・日曜日・祝日にする・その日中にする」ということはできない…というわけですね。この違いは、特にカードローン・消費者金融・キャッシングの知識がある人でなくても大体わかるかと思います。

(要は、土曜日・日曜日・祝日に新規申し込みはしていないということです)

みずほ銀行はその分低金利

このように「土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングができない」と書くと、みずほ銀行カードローンは少々サービスが悪い…という風にかじられるかも知れません。しかしみずほ銀行カードローンは、上限金利が14.0%と、一般的な銀行カードローンよりも低金利になっているという点で、メリットがあります。

また、最大限度額が1000万円と高額借入においてナンバーワンであることなど、メリット(長所・利点)は多くあります。なので、土曜日・日曜日・祝日の最短即日借り入れができないというのは確かに難点・デメリットですが、その分優れた点も多くある…という風に理解して下さい。

(三大メガバンクなので、優れているのは当たり前というか、言うまでもないかも知れませんが)

土曜日・日曜日・祝日の最短即日借り入れなら消費者金融がいい

もし、土曜日・日曜日・祝日などの週末・休日に急ぎでお金を借りたいということであれば、銀行カードローンではなく消費者金融を選ぶことをおすすめします。理由は下の通りです。

  • 特定の銀行口座を持っていなくても土曜日・日曜日・祝日に最短即日借入できる
  • 土曜日・日曜日・祝日でも「最短30分」という圧倒的なスピードでキャッシングの審査ができる
  • 審査通過率もみずほ銀行カードローンなどの銀行カードローンよりも高い
  • 週末・休日でも、最長22時という最短当日審査の受付時間になっている

という4点です。これら4つの理由からも、土曜日・日曜日・祝日や週末・休日に最短当日借入をしたいということであれば、みずほ銀行カードローンも含めて、大手の銀行カードローンの同居よりも消費者金融の方が優れている…ということが言えるわけですね。

以下、これら週末・休日の最短当日キャッシングについて銀行カードローンより消費者金融の方が有利…という個別の理由について詳しく解説していきます。

指定された銀行口座を持っていなくても大丈夫

銀行カードローンで土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングをするには、基本的に「その銀行口座が必要」という条件になります。例外なのは、下の3つの銀行カードローンのみです。

  • 新生銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行

この3つの銀行カードローンについては、最短当日借入自体がしやすい銀行カードローン(システムが充実しているという意味。審査が甘いということではない)という紹介で、多くのカードローン・キャッシングの情報サイトに登場しているので、金融・カードローンについての知識がある人だったら耳タコというくらい理解しているでしょう。これらの銀行カードローンだと最短当日借入をしやすいといわれる理由はスピード審査ができることなどいろいろあるのですが、理由の一つが「特定の銀行口座を持っていなくていい」ということなのですね。

こうした例外的な銀行カードローンを除外すれば、ほとんどの銀行カードローンが、特に土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングについてはその銀行の口座が必要という条件になっています。

みずほ銀行カードローンについてはそもそも土曜日・日曜日・祝日は借入不可ですが、たとえば平日は銀行口座なしで最短当日借入ができる楽天銀行スーパーローン(カードローン)なども、土曜日・日曜日・祝日は楽天銀行の口座を持っていないといけないというような条件にチェンジする…ということですね。

というように、土曜日・日曜日・祝日でも指定の銀行口座なしで最短即日キャッシングができるという条件の銀行カードローンは少ないのです。その点消費者金融だったら、銀行口座などまったく関係ないので、この点で銀行カードローンよりも土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングが申し込みやすいということができます。

「最短30分」のスピード審査が可能

また、これは土曜日・日曜日・祝日(週末・休日)に限った話ではないのですが、アコム・プロミス・アイフル・SMBCモビットなどの大手の消費者金融は、最短30分で審査完了するという点も大きなポイントです(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)。土曜日・日曜日・祝日の最短即日借り入れでもやはり審査スピードが早いのは有利なポイントなので、特に「大至急お金を借りたい」「今日中に現金が必要」という時には、みずほ銀行カードローンなどの銀行キャッシングではなく、消費者金融を選ぶべき…という結論になるでしょう。

土曜日・日曜日・祝日でも最長22時まで借入可能

さらにプロミス・SMBCモビット・アコム・アイフル・ノーローンなどの消費者金融が、週末・休日の最短即日審査について有利な点として、土曜日・日曜日・祝日でも21時~22時までという遅い時間帯まで最短即日審査に対応している…という点が指摘できます。

22時(夜10時)まで最短即日審査となっているのはアコム・プロミスで、どちらも店舗や曜日などの状況・条件によっては21時までなど、時間が変更になることもあるので、その点は理解して下さい。

ノーローン・アイフル・SMBCモビットについては21時(夜9時)まで…という最短当日審査の受付時間になっています。これらでも十分長いというのは言うまでもないでしょう。大手の銀行カードローンの中で21時(夜9時)まで最短即日審査に適応しているのは三井住友銀行カードローン・新生銀行カードローン レイクだけなので、この点でもやはり全体的に消費者金融の方が有利…という結論になります。

というように、週末・休日(土曜日・日曜日・祝日)に急ぎでお金を借りたいというケースであれば、間違いなく銀行カードローンよりも消費者金融の方がいいので、よほど銀行のキャッシングにこだわるという人でなければ、消費者金融を選ぶことをおすすめします。

銀行カードローンの土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシング

以上、消費者金融の土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入のメリット(長所・利点)について解説してきましたが、銀行カードローンの方でも土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査がしやすいシステムになっている借入先をいくつか紹介していきましょう。

三井住友銀行は申し込みやすい

まず、大手の銀行カードローンの中で特に休日・週末(土曜日・日曜日・祝日)でも当日中の借り入れがしやすくなっているのは、三井住友銀行カードローンです。最短当日キャッシングのしやすさだけだったら新生銀行カードローン レイクの方が上ですが、低金利という点も考慮すると、三井住友銀行カードローンに軍配が上がります。

三井住友銀行カードローンが、どのような点で土曜日・日曜日・祝日や週末・休日の最短当日借入で他の銀行カードローンより有利なのかというと、下のような点が列挙できます。

  • 週末・休日であろうと、夜9時(21時)まで当日中の審査に対応している
  • 審査の所要時間が「最短30分」と短い
  • 三井住友銀行の口座を持っていなくてもいい

という3点の理由です。最後の「三井住友銀行の口座を保有している必要がない」というのは、これが土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入でどのように便利なのか、先ほど書いた通りです。

上の2つの理由、「21時まで最短当日審査」という点と「最短30分で審査できる」という点。これは新生銀行カードローン レイクでも共通していますが、実質年率14.5%という標準的な銀行カードローンの金利でキャッシングができるという条件の中では、三井住友銀行カードローンの土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングが一番有利…というのが、カードローン・消費者金融・キャッシングの知識がある人の一致した意見です。

学生は新生銀行カードローン レイクがおすすめ

一方、学生が週末・休日に最短当日キャッシングをしたいということであれば、三井住友銀行カードローンよりも新生銀行カードローン レイクの方がおすすめ…と強くいえます。理由は下の通りです。

  • 三井住友銀行カードローンは、学生では極めて借りにくい
  • 新生銀行カードローン レイクは、比較的申し込みやすいと言われている
  • そもそも、学生は10万円程度しかキャッシングできない
  • だから、低金利かどうかは関係ない

ということです。特に新生銀行カードローン レイクだったら「初回30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」という二大無利息キャッシングがあるので、学生の借入金額なら、まったく利息を払わないということも可能です。5万円以内に借入総額を抑えておくか、もしくは1ヶ月で完済してしまう…という風ですね。

実際、「初回30日間無利息でキャッシングできる借入先だと、一般的な銀行カードローンよりも最初の半年近く利子総額が安くなる」という、少々意表を突かれるような事実もあります。そのため、もし低金利・低利息にこだわる人だったとしても、最初の半年程度だったら、金利・利息面から考えても、むしろ他の銀行カードローンより新生銀行カードローン レイクを利用した方がいい…というわけですね。

みずほ銀行カードローンの土日キャッシング・まとめ

以上、みずほ銀行カードローンの土曜日・日曜日・祝日の最短即日借り入れについて整理してきました。最後に要点を箇条書きすると、下のようになります。

  • みずほ銀行カードローンは土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングはできない
  • すでに審査を通過知っている人だったら、借り入れ自体はできる
  • 土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入だったら、新生銀行カードローン レイクが一番有利
  • 家庭に入っている女性のキャッシングなら三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」がいい
  • 三井住友銀行カードローンも、新生銀行カードローン レイクに次いで申し込みやすい
  • 土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査自体は、消費者金融の方がやりやすい

というのが、今回の要点になります。週末・休日だけど今日中にお金を借りたい!…というような方に参考にしていただけたら幸いです。

ていけ

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

みずほ銀行カードローンの審査を受ける