低金利で高限度額!横浜銀行カードローンでおまとめ!

銀行カードローンナビ

2016.01.17

積み上げた小銭と小人

返済計画の再編・借入先の変更も横浜銀行で可能

横浜銀行カードローンは、返済計画の再編・借入先の変更にも使えるようになっています。ここでは、横浜銀行カードローンで返済計画の再編をしたり、借入先の変更をしたりすることのメリットについて書いていきます。

最高借入枠1000万円まで借入可能

まず、横浜銀行カードローンの借入先の変更・返済計画の再編のメリット(長所・利点)として真っ先に指摘できるのは、最大融資枠が1000万円と非常に高額であるということ。これは他の大手の銀行カードローンと比較しても、みずほ銀行カードローンやジャパンネット銀行カードローンくらいしかないという、かなり破格の設定になっています。

三井住友銀行カードローンにしても楽天銀行スーパーローン(カードローン)などのネット専業銀行のキャッシングにしても、最高限度額は800万円というのが大手の銀行カードローンの基本の与信枠ですから、この1000万円という高額は、特に金額が大きい返済計画の再編をする時に非常に有利に働くと考えていいでしょう。

もちろん、いくら銀行カードローンが貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲外(例外・除外含む)と言っても、1000万円の借り入れをするには、基本的に年収3000万円は必要となっています。そう考えると、ほとんどの人はこれだけの高額の最高限度額を利用することもないのですが、何はともあれスペックが大きいというのは、金融機関としては良いことであり、メリット・長所ということができるでしょう。

返済計画の再編審査にも積極的?

また、横浜銀行カードローンはネット上の評判・口コミによれば返済計画の再編・借入先の変更の審査にも積極的…と言われています。審査に申し込みやすいとか申し込みやすいというわけではありませんし、まして一部のブラックリスト入りしている方々が期待していそうな「審査が甘い・ゆるい」というようなことも、当然ながら絶対にありません。

ただ、他の一部の銀行カードローンと違って、公式サイトで「返済計画の再編・借入先の変更OK」ということを強調しているので、この点から「比較的積極的かつ柔軟に審査してくれる」という期待が持てる…ということです。

下限金利の安さもメリット

また、横浜銀行カードローンで返済計画の再編(返済計画の再編)や借入先の借入先の変更をすることのメリットとして、下限金利の安さが挙げられます。ほんの少しでもカードローン・消費者金融・キャッシングの知識がある人であれば、「下限金利が安いとなぜ返済計画の再編・借入先の変更で有利になるのか」という点を、よく理解しているでしょう。箇条書きで説明すると下のようになります。

  • キャッシングは、借入総額が大きいほど低金利が適用される
  • 特に返済計画の再編はキャッシング総額が大きくなりやすい
  • ということは、下限金利に近づきやすい
  • 下限金利が低金利なほど、低利息で返済計画の再編・借入先の変更がしやすくなる

ということです。もちろん返済計画の再編のような高額の借り入れをしても、必ずしも下限金利に近い金利が適用されるという保証はないという点に注意してください。最終的には「金利はその人の信用度(クレジットスコア)によって決まる」というのがキャッシング業界の常識なので、この点は重々理解して下さい。

横浜銀行カードローンの返済計画の再編・注意点

どんな優れたサービス・商品でも、当然デメリット・短所・注意点というものはあります。そのため、横浜銀行カードローンで返済計画の再編(返済計画の再編)をしたり、キャッシング先を借入先の変更る…と言うような時にも当然注意点は生じます。ここではそのような注意点(デメリット・短所)が、横浜銀行カードローンの返済計画の再編・借入先の変更の時はどうなるか…という点を説明していきます。

在住・在勤エリアが制限されている

まず、多少なりともカードローン・消費者金融のことを知っている人であれば、これを真っ先に思い浮かべるでしょう。横浜銀行という名前でもわかると思いますが、横浜銀行は地方銀行です。ということは、カードローンでも利用できる人の在住・在勤エリアに制限がある…ということなんですね。

  • 神奈川県
  • 東京都
  • 群馬県(高崎市・前橋市・桐生市)

という条件になっています。神奈川県・東京都は全域利用可能で、群馬県は上の3都市のみ…ということですね。

つまり、どれだけ横浜銀行カードローンが低金利で最高限度額が大きいという、借入先の変更・返済計画の再編にうってつけのメリットがあったとしても、それはこうした地域に住んでいる人々でなければ享受できないメリット…ということなのです。

これは返済計画の再編(返済計画の再編)や、借入先の変更などに限らず、横浜銀行カードローンのサービス利用する時すべてに言えることなので、大前提として理解して下さい。

借入総額が高額でないと、下限金利に近づかない

これも、わずかでもキャッシングについて知っている人であれば理解できることでしょうが、どれだけ横浜銀行カードローンの下限金利が低金利だと言っても、そもそもキャッシング総額が大きい時でなければ、下限金利に近い金利というのは適用されないわけですね。

たとえば横浜銀行カードローンの下限金利は「1.9%」ということで、すべての銀行カードローン・消費者金融の中で最安レベルです。しかし、最大限度額が1000万円で1.9%ということは、最低でも800万円以上は借りていないと、1.9%に近い金利は的されない…ということですね。

もっと少額の場合は「上限金利」(高い方の金利)に近い実質年率が適用されるわけです。そして、横浜銀行カードローンの上限金利がいくらかというと「14.6%」ということで、銀行カードローンの標準的な金利なんですね。

もちろん、銀行カードローンというのがそもそも、もともと低金利なので、平均的な上限金利でも十分安いわけです。しかし、他の銀行カードローンと比較して、それほど返済計画の再編・借入先の変更の金利が劇的に安くなるわけではないという点に注意が必要です。

もちろん、再度フォローしますが、それでも十分低金利なのです。要は「下限金利で業界最安レベルというメリットは、あくまで返済計画の再編・借入先の変更の総額が高額な人のみに関係するメリット」ということです。この点は下限金利・上限金利の意味を知らないとよく混乱してしまう部分なので、初めて返済計画の再編をする方々などは注意してください。

(ほとんどの人は当然、返済計画の再編をするのは初めてだと思いますが)

土曜日・日曜日・祝日は借りられない

これは横浜銀行カードローンの最短当日借入のデメリット・短所としてよく指摘されることですが、横浜銀行カードローンは、土曜日・日曜日・祝日の最短当日審査には対応していないという注意点(デメリット・短所)があります。もちろん、地方銀行のカードローンはほぼすべてそうなので、それほど大きなデメリット(欠点)というわけでもありませんが、「土曜日・日曜日・祝日だけど、週末・休日だけど、今からすぐに返済計画の再編をしたい!」というような方にとっては、少々不便かも知れません。

もちろん「そんな人はいないのでは?」という指摘もあるでしょう。普通のキャッシングの最短当日借入と違って、返済計画の再編(返済計画の再編)というのは、それほど急いでやるものではないからです。

なので、別に土曜日・日曜日・祝日や週末・休日に借入先の変更・返済計画の再編ができないといっても、それほど致命的なデメリット・注意点ということはありません。ただ、強いて横浜銀行カードローンの借入先の変更・返済計画の再編の短所をあげるなら…という話です。

返済計画の再編・借入先の変更のデメリット・注意点

上の章では、横浜銀行カードローンで借入先の変更・返済計画の再編をするというケースでの、注意すべきポイントなどについてまとめてきました。ここから先は、横浜銀行カードローンだけではなく、すべての消費者金融・銀行カードローンで共通して言える、借入先の変更・返済計画の再編のデメリット・注意点について書いていきます。

返済期間の延長に注意する

特に返済計画の再編をした時によく起きることとして「リスケジュール」があります。「返済期間の見直し」ですね。基本的に返済期間は以前よりも長くなります。

つまり、「借金の返済をゆっくりできるようになる」ということですね。一見いいことのようですが、借金完済が長引けば長引くほど、最終的な利子総額が膨張する、大きくなるというのは、言うまでもないことでしょう。そのように最終的な利子総額が膨れ上がってしまうと、当然ながら返済計画再編のためのローンの意味がなくなってしまいます。

「でも、返済計画再編のためのローンって低金利になるんでしょ?」と思うかも知れません。その通りです。絶対ではありませんし借入総額などの諸条件にもよりますが、大抵の場合は、返済計画の再編(返済計画の再編)をすることによって低金利になります。

要は返済計画の再編をしたということに油断をせず、返済期限が来るよりも前倒しで早期完済すればいいというだけの話なんですね。言うまでもなく、早期返済はどの消費者金融・銀行カードローンでも歓迎されています。なので、どんどん自主的に臨時返済・任意返済をして、予定より早く繰り上げ返済をしてしまえばいい…というだけのことなのです。

なので、これは返済計画再編のためのローン・借入先の変更ローンのデメリットと言うよりは注意点と言った方がいいでしょう。知っていれば何も問題なく防げるトラブルです。

過払い金の返還請求ができなくなる?

これも、今の時代はそれほど重要なポイントではありません。過払い金の返還請求という単語は聞いたことがある方が多いでしょう。「払い過ぎた利息が戻って来る」というものですが、それができなくなるわけですね。

なぜ返済計画再編のためのローンによって過払い金の返還請求が不可能となるのか。この理由を箇条書きすると、下のようになります。

  • 返済計画再編のためのローンでは、一つの業者・ブランド・銀行だけ残し、後は全部解約する
  • 解約したということは、「その業者・ブランド・銀行とのこれまでのやり取りには、問題がなかった」と認めること
  • だから、過払い金があったとしても「なかった」という扱いになる

ということです。この「解約したら、すべて問題がなかったことになる」というのはわかるでしょう。わからないのは「なぜ全額返済ではなく、解約しなければいけないのか?」「全額返済だけして、契約は残したままではいけないのか?」ということでしょう。

これも箇条書きで説明すると下のようになります。

  • 契約が残っているということは、借入限度額も残っている
  • つまり、その人はまだそのキャッシング業者からお金を借りることができる
  • ということは、横浜銀行カードローンなどが返済計画の再編をしてあげても、またその業者でお金を借りる危険がある
  • それができないように、やらない証明として「解約してくれ」ということ

この説明なら、誰でも納得できるでしょう。たとえばあなたの友達が返済計画の再編の手伝いを頼みにきて、返済計画の再編をしたのに、まだアイフル・アコムなどの契約を残している…というような状態ですね。「何やってんだよ。全額返済したなら、さっさと解約しろよ」と、誰もが言うはずです。それと同じことを、銀行カードローン・消費者金融の返済計画再編のためのローンでも要求される…といえばわかるはずです。

ということで、返済計画の再編(返済計画の再編)をすると、どうしても不要な業者の解約が必要になるわけです。そして、解約をしてしまったら、もう発生していた過払い金についての返還請求はできなくなる…というわけですね。

ただ、基本的に過払い金が発生しているのは、大手なら2006年以前の借り入れから、中小の消費者金融なら2010年以前のキャッシングから…ということで、今お金を借りている人だったら、もうほとんど過払い金は発生していません。なので、横浜銀行カードローンで借入先の変更をする時にも、この点は特に心配しなくていいでしょう。

知識さえあれば、デメリットはない

上に書いた2つのデメリット・注意点を見ても、「カードローン・キャッシング・消費者金融についての知識があれば何も問題ない」というのがよくわかるでしょう。つまり、確かにデメリット・短所はゼロではないものの、「知ってさえいれば、特に怖がる必要はない」ということですね。

特に後者の「過払い金の返還請求ができなくなる」という点については、そもそももう、現代では過払い金が生じている人自体が減っているので、特にこれからお金を借りようとしている方々にとっては、まったく関係ないこと…と言ってもいいくらいです。

なので、これから横浜銀行カードローンで申し込みをして、借入先の変更・返済計画の再編や借入先の変更をしようと思っている…という方も安心して下さい。

横浜銀行カードローンの返済計画の再編・借入先の変更、まとめ

以上、横浜銀行カードローンで返済計画の再編をしたり、現時点の借り入れの借入先の変更・切り替えをする…とうことについて、そのメリット(長所)やデメリット(短所)を書いてきました。最後に要点をまとめると、下のようになります。

  • 横浜銀行カードローンは借入先の変更・返済計画の再編もできる
  • 下限金利が安いので、特に高額の返済計画の再編におすすめ
  • 最高限度額が1000万円なので、やはり高額の多重債務でも対応しやすい
  • 神奈川県・東京都・群馬県に在住・在勤していないとダメ
  • 土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査には対応していない

という風です。多少のデメリット・短所もありますが、総合的には横浜銀行カードローンを返済計画再編のためのローンや借入先の変更ローンとして活用することには、大きなメリットがあると言えるでしょう。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

低金利!横浜銀行カードローンで借りる