横浜銀行カードローンは専業主婦や主婦、フリーターも利用可?調べてみた!

銀行カードローンナビ

2016.01.16

電卓を差し出すビジネスマン

横浜銀行カードローンは専業主婦でも借りられる

横浜銀行カードローンの審査基準について、多くの人が特に気になるのは、まず「無収入の専業主婦でも借りられるか」ということでしょう。パート・アルバイト・フリーターの方々などは借りられるということを、大体の人は知っていますし、逆に学生で横浜銀行カードローンのような地方の金融機関でキャッシングをしよう…という人は少ないからです。

結論を書くと、横浜銀行カードローンは収入がない専業主婦でも問題なくお金を借りることができます。ただ借りられるだけではなく、横浜銀行カードローンは、特に専業主婦のキャッシングで有利な借入先という口コミ・評判が強くあります。ここではその理由を説明していきましょう。

提出書類が特に少ない?

横浜銀行カードローンで専業主婦がお金を借りやすいと言われる理由として、必要書類が他の銀行カードローンと比較して少ない…という点がよく指摘されます。どういうことか箇条書きで説明すると、下のようになります。

  • 銀行カードローンでは、婚姻関係の証明書が必要である(専業主婦の場合)
  • しかし、横浜銀行カードローンの専業主婦のキャッシングでは、それも不要と言われる
  • あくまで口コミ・評判による情報だが、自分の身分確認資料だけで借りられる

ということです。繰り返しますが、あくまでネット上の評判・体験談家による情報であって、横浜銀行カードローンが公式にアナウンスしているわけではないので、本当かどうかはわかりません。

しかし、婚姻関係の証明書を提出しなくても専業主婦がキャッシングできるというのは非常に便利なことです。婚姻関係の証明書というのは、住民票・戸籍抄本・戸籍謄本などのことですが、これらを役所にもらいに行くにも、1時間か2時間程度はかかるからです。

もちろん、手元にこれらの必要書類があればいいですが、基本的にないでしょう。特に「大至急お金を借りたい」というような急ぎでお金が必要な場面では、このような書類を用意する時間も、最短当日借入の大きな障害となります。そのため、もし口コミ・評判が事実であればということですが、自分の本人確認資料だけで無収入の専業主婦でもキャッシングができるという条件の横浜銀行カードローンは、専業主婦のキャッシングに適している…ということなのです。

配偶者の同意書も無しで借りられる

また、横浜銀行カードローンの専業主婦の審査で提出が免除される(と言われている)必要書類は、婚姻関係の証明書(結婚証明書)だけではありません。夫・旦那の同意書(配偶者の同意書)も提出しなくていいという条件なので、夫バレ・旦那バレもしないでキャッシングができるというメリットがあります。

この点については、最近のカードローン・キャッシングの情報サイトを見ていると「大手の銀行カードローンだったら、どこも大体そのようになる」という口コミ・評判が見られます。これも真実かどうかはわかりません。しかし、「配偶者の同意書なしで借りられると言われていない銀行カードローンよりは、そのような評判・体験談が見られる横浜銀行カードローンなどの方が、その条件でキャッシングができる可能性が高い」ということは間違いないでしょう。

なので、これから横浜銀行カードローンでお金を借りようとしている専業主婦の女性で、「夫・旦那に内緒でキャッシングをしたい」と考えている方は、この点については基本的に安心して大丈夫です。

*もっとも、これはキャッシングの審査全般に言えることですが、横浜銀行カードローンから見て信用度(クレジットスコア)が日と判断された専業主婦の女性の場合は、婚姻関係の証明書にしても配偶者の同意書にしても、提出が必要になることもありえます。この点は重々理解して下さい。

夫・旦那の収入証明書が不要な理由

ここまで読んでいて、「そもそも、夫・旦那の収入でキャッシングするわけだから、夫・旦那の年収確認資料が必要なのでは?」と思った方もいるでしょう。確かにこの疑問はもっともですが、実は「横浜銀行カードローンでもどこでも、専業主婦の借り入れで夫・旦那の年収確認資料は必要ない」という条件になっているのです。その背景を説明すると、下のようになります。

  • その女性は、今無収入でも生活できている
  • ということは、夫・旦那など誰かが安定収入を得ている
  • 収入確認資料を見るまでもなく、夫・旦那の収入がある程度はわかる
  • 少なくとも、30万円~50万円程度なら貸し付けても問題ない

ということです。これは誰でも納得できる理由でしょう。奥さんが専業主婦をしているような、一般的な日本人の家庭だったら、30万円・50万円くらいの融資で破産したり、返済不能状態に陥ったり…ということはあり得ないですからね。

もちろん、すでに夫・旦那の男性が他社でキャッシングをしていた…と言うような場合は話は別ですが、そのような他社借入が特にないのであれば、夫・旦那の所得確認資料を確認するまでもなく、30万円・50万円くらいの金額は融資してしまって問題ない…ということなんですね。なので、専業主婦のキャッシングの審査でも、夫・旦那の年収確認資料を提出する必要はない…ということなのです。

(全体的な話になりましたが、もちろんこのルールは横浜銀行カードローンでも基本的に同じです。ただ、当然ですが例外はあるので注意してください。)

アルバイト・パート・フリーターも融資可能

これはキャッシングや金融に関する知識がある人だったら、よくわかっていると思いますが、横浜銀行カードローンなどの銀行のキャッシングの審査では、パート・アルバイト・フリーターの方々のような非正規雇用でも問題なくキャッシングができるようになっています。

そもそも、カードローン・キャッシングの審査で通過できるかどうかの基準は「自分の収入があるかどうか」ということなんですね。基本的に、自分の安定収入があるという人であれば、キャッシングは借入可能となっているのです。

横浜銀行カードローンもこれに倣っているということですが、具体的にアルバイト・パート・フリーターでキャッシングをするには、どのくらいの年収・月収が必要なのか…などの審査基準について解説していきます。

月収いくらで、横浜銀行の審査に通るか?

職業・属性としては問題なく借入可能ということがわかったら、次に気になるのは「月収・年収がいくら以上あったら、キャッシング可能となるのか」という収入面の基準でしょう。これについては、横浜銀行カードローンでも他の消費者金融・銀行カードローンでも毎回言われることなのですが、「正確な年収・月収の基準は不明」というのが、もっとも正確な答えです。

ただ「大体の目安・アウトライン」を書くと、下のようになります。(あくまで目安と考えて下さい)

  • その他の条件が、神がかり的に良くて月収5万円
  • その他の条件が普通だったら、月収8万円は必要
  • 月収10万円あったら、かなり審査に通りやすくなる

ということです。これは大体、世間一般の感覚とも何となく一致するでしょう。「確かに、銀行カードローンで借り入れをするならこのくらいの月収は必要だな」と思う人が多いかと思います。

繰り返しますが、明確に収入の基準が決まっているわけではありません。しかし、大体このくらいのお給料・給与をもらっていれば、横浜銀行カードローンでもパート・アルバイト・フリーターの方々がキャッシングをできる可能性は高くなる…と考えて下さい。

勤続年数・月数はどのくらい必要?

年収・月収の次に気になるのは、「勤続月数・年数がどのくらいの期間あればいいのか」という点でしょう。これも大雑把な目安を書くと下のようになります。

  • 絶対に3ヶ月は必要
  • 基本的には半年は必要
  • 勤続1年あったら、かなり有利になる

ということです。これもやはり日常生活の感覚とそれほど大差はないかと思われます。実はキャッシングの審査基準というのは、借入審査だから特別ということは特になく、一般的な人間の信用を測定する時と、ほとんど同じ基準となっているわけですね。

もう少し具体的な根拠を書くと、たとえば「勤続3ヶ月が必要」というのは、「収入確認資料の提出が必要になった場合」でわかります。これは給与明細書の2ヶ月分が必要になるのですが、2ヶ月分提出するには、3ヶ月勤続しているということが、最低限必要になるわけですね。

また「勤続1年」についても根拠があり、「ろうきんカードローンの審査で、勤続1年が融資条件になっている」という点が指摘できます。ろうきんカードローンは銀行カードローンの約半分という超低金利がメリットのキャッシングですが、そのろうきんカードローンの審査でも、「勤続1年あれば借入可能」(絶対ではない)という条件が設定されているわけですね。

ということで、あくまで目安ではありますが、上の一覧のような基準になります。横浜銀行カードローン以外のキャッシング先でも大体適用できる目安なので、パート・アルバイト・フリーターの方々はぜひ参考にしてみて下さい。

個人事業主・自営業でも横浜銀行で借りられる?

横浜銀行カードローンの審査基準で、その他多くの人が気になる点があるとしたら、個人事業主・法人経営者などの独立系の職業でも借りられるのか…ということでしょう。これは可能です。ただ、普通の会社員・OL・公務員・サラリーマンなどの給与所得者の方々と比較すると、少々審査が厳しくなります。具体的にどのような点で審査が厳しくなるのかを説明していきましょう。

収入確認資料を提出すればキャッシングできる

これは横浜銀行カードローン以外の消費者金融・銀行カードローン、あるいはクレジットカードでも共通することなので、知っている方が多いかも知れませんが、自営業・個人事業主や会社経営者・法人代表者がキャッシングをする時には、年収確認資料を提出しなければいけないというルールになっているわけですね。

キャッシングの知識がない人だと「それは当たり前では?」と思うかも知れません。確かに一般的な感覚だったらそう思うでしょう。しかし、消費者金融・銀行カードローンの審査では「一定金額まで収入確認資料を提出しなくていい」というのが基本的な条件になっているわけですね。

  • 消費者金融…50万円まで
  • 銀行カードローン…100万円~300万円まで

という借入総額に達するまで、原則として所得確認資料は提出しなくていい…というルールになっているわけです。これは貸金業法で決められていることでもありますが、何はともあれ、「普通のキャッシングの審査では、収入証明書は提出しなくても借りられる」というのが基本なんですね。しかし、これが個人事業主・法人経営者やフリーランスになると、「借入金額に無関係で収入証明書が必要になる」というルールに変わるわけです。

もちろん、これも所得証明書さえ提出すれば特に問題ないわけなので、確定申告書・源泉徴収票などをしっかり提出できる人であれば、何も問題ないでしょう。一応、このような注意点があるということだけ理解して下さい。

横浜銀行がメインバンクの経営者なら、有利?

会社経営者・法人代表者として事業展開している方々であれば、横浜銀行のような地方銀行をメインバンクにして融資などを受けている…ということも多いでしょう。そのような法人経営者・会社代表者の方々であれば、横浜銀行カードローンの審査でも有利になる可能性があります。

これは言うまでもありませんが、あくまで会社の業績が好調で、それを横浜銀行も知っていて、さらにこれまで出資金の返済の延滞・滞納などがないという条件に限られます。要は「信用」の二文字に尽きるのですが、こうした信用を横浜銀行などの金融機関との間で蓄積している経営者の方々であれば、カードローン・キャッシングの審査でも比較的有利になる可能性がある…ということは言えるでしょう。

総合的なクレジットスコア(信用度)次第

最終的には、個人事業主・会社経営者であろうと、あるいはフリーランスや商店主、店舗経営者などであろうと、総合的なクレジットスコアによってすべてが決まります。要は「その人にお金を貸して戻って来るか」ということだけが、消費者金融・銀行カードローンの関心の全てなわけですね。

なので、普通だったら審査に通らないような年収だったり事業年数・自宅情報だったとしても、「事業の将来性がある」「社長本人が信用できる」などの理由によって、銀行カードローン・消費者金融の審査がおりる…ということはよくあります。

何はともあれ、銀行カードローン・消費者金融は金融のプロであり、しかも本来は融資をした方が利益が出るわけです。つまり「貸したがっている」わけですね。

その「貸したがっている金融のプロ」から見て融資対象ではないと判断されたら、それは客観的に見て「自社・自分の事業の状況はヤバイ」ということなのです。この点は冷静に、自分を客観視するようにして下さい。

横浜銀行カードローンの審査基準・まとめ

以上、自分の収入がない専業主婦やパート・アルバイト・フリーターの方々、あるいは会社経営者・法人代表者などのケースも含めて、横浜銀行カードローンの審査基準についてまとめてきました。最後に書いていなかった点を補足すると下のようになります。

  • 横浜銀行カードローンの審査通過率は銀行カードローンの平均レベル
  • 特に審査が厳しくもないし、審査が甘くもない
  • 神奈川県・東京都・群馬県に在住・在勤していないといけない
  • 横浜銀行の口座を持っているのが条件
  • 横浜銀行の口座は当日口座開設もできる

ということです。特に最短当日キャッシングをしたいということであれば、横浜銀行の口座を持っているかどうか、当日口座開設する時間があるかどうか、という点が焦点になりますが、こうした点も参考にしてみてください。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

専業主婦フリーターも利用可!横浜銀行カードローン