銀行カードローン・消費者金融で即日融資を成功させるポイント

即日キャッシングナビ

2015.10.14

男性

今の時代、銀行カードローンでも消費者金融でも「即日融資」は当たり前です。その日審査して、その日借り入れするということです。ここでは、銀行カードローン・消費者金融のそれぞれの即日融資について、よくある質問やポイントをまとめます。

銀行カードローンの即日審査&融資について

何時までに申し込めばいい?

午前中には、各銀行の公式サイトから申し込んでください。

午前中を過ぎると、銀行カードローンの場合は即日融資はまずムリです。

しかし、三井住友銀行だけは例外。
この2つの銀行は「ローン契約機(テレビ窓口)」があるので、夜間でもそこで即日審査できます。

これについては、次で詳しく説明します。

無人契約機(自動契約機)はあるの?

三井住友銀行の「ローン契約機(ACM)」があります。こちらは21時まで開いています。

三井住友銀行は「審査結果の連絡が21時まで」とあるので「21時審査開始」ではダメです。「20時までには審査開始」した方がいいでしょう。(最短30分なので、21時までに間に合う可能性は高いです。心配ならもっと早い時間に審査を開始しましょう)

三井住友銀行は、ローン契約機によって土日の時間は違いがあるので、一概には言えません。

スマホや携帯(ガラケー)でも即日審査できる?

スマートフォンや携帯(ガラケー)でも即日審査は余裕です。(というより、今の時代にモバイルを無視するというのは、ありえないです)

スマホは、大手の銀行カードローンはどこも「スマホアプリ」を出しているので、それをダウンロードします。あとはアプリの指示に従って申し込みするだけです。

携帯電話の場合も「モバイル用サイト」があるので、そこにアクセスします。

それぞれの公式サイトにアクセスしたら、自動的に携帯ページの飛ばされるので、特にアクセス先を考える必要はありません。

スマートフォンでも携帯電話でも、必要書類の送信は簡単。

「写メで撮影する」だけです。

携帯電話の場合はそのままメールで送信。

スマホの場合は、アプリの一機能になっているので、そのアプリの指示に従って、作業するだけです。(メール送信というよりは、アップロードという感じです)

どちらにしても即日審査は問題なく可能です。

即日審査に通る条件は?

特別な条件はありません。「時間的に間に合うか」だけです。

ただ、銀行カードローンならではの条件として「その銀行の口座があるか」ということがあります。

「他の銀行の口座でも振り込む」という銀行もありますが、「うちの銀行でないとダメです」という銀行カードローンがほとんど。

というわけで、口座がない場合は「口座開設から始めましょう」となります。当然時間がかかります。午前中に「口座開設+カードローン審査」をやるわけですから、朝イチでないと間に合わないでしょう。

朝イチでその銀行の最寄りの支店や本店に向かい、順番待ちしないでいいように最初に並んで、そのまま口座開設を始めましょう。(このくらいの気合いでないと「ギリギリ間に合わなかった」という悲劇がしばしば起こります)

消費者金融の当日審査&即日借り入れについて

申し込みは毎日21時までOK

消費者金融の即日審査は、ネット申込みだけでなく「無人契約機」でもできます。そして、この無人契約機はどこも「21時まで」当日審査を受け付けています。

21時に審査を開始すればいいので、ギリギリに滑りこんで、審査を始めればこっちのものです。あとは審査にどれだけ時間がかかろうが、即日借り入れできます。(ただし、審査に通ればですが)

プロミスの場合は「22時」までOK

その他の業者はすべて「21時」です。

土日・祝日でもこの時間なので、休日は気にしなくて大丈夫です。年末年始すらほとんどやっています。

年末年始は、プロミス・モビットなら「1月1日に休む」だけ。あとはずっといつも通り即日審査しています。(プロミスは12月31日に「18時」で閉まってしまいますが、いつもより3時間早いだけなので、ほぼいつも通りです。というより、大晦日に審査を受けるのは、さすがにおすすめできません)

2-2.職場への電話連絡をなしにできるのが、最大のメリット

消費者金融の即日審査で一番のメリットは「電話連絡をなしにできる」ということ。即日審査で一番の問題となるのは、実は時間ではないのです。在籍確認なんですね。

土日・祝日・夜間の審査の場合、在籍確認をしようにも、職場が閉まっていることが多いからです。コンビニなどは24時間開いているのでOKですが、そういう例外を除けば、大抵閉まっています。

そういう日時に即日審査を受けて借り入れしようと思っても、できないわけですね。即日融資の最大の敵は「在籍確認」なのです。

この点、消費者金融は電話連絡をなしにできます。

「モビット・アコム」なら、書類の提出によって、「電話連絡なし」を実現可能。(※もちろん、ユーザーさんの属性によっては100%ご要望に沿えない場合もありますが。)

アコムの場合は、何もしなくてもOKです。(限度額が勝手に10万円以下になるだけです)

必要書類も、別に難しいものではありません。「給与明細」「会社の保険証」だけです。

モビットの場合は「三井住友銀行」の口座がある、などの条件も加わりますが、その分「普通のネット申込みだけでできる」(余計な手続きが一切ない)というメリットがあります。

ちなみに、銀行カードローンでも「楽天銀行」は電話連絡なしにできることもある、という体験談があります。

2-3.銀行振り込みを希望する場合、午前中に申し込む

ここまで書いた通り、消費者金融の即日融資は「21時まで」OKです。(プロミスは22時まで)

しかし、これは「現金で直接借り入れする」場合。銀行振り込みを希望する場合は、午前中に申し込みます。

というのは、消費者金融は頑張っていても、銀行が閉まってしまうからです。銀行は15時で閉まってしまいますし、消費者金融の側でも振込手続きが必要です。

それぞれの消費者金融が、下の時間で当日振り込みを締めきっています。

ノーローン 12時30分
アイフル 14時
アコム 14時30分(ゆうちょ銀行の場合、14時)
モビット 14時50分
プロミス 14時50分

見ての通り、ノーローンが異様に早いです。ノーローンで当日振り込みをして欲しい方は、朝イチでの申し込みを忘れないようにしてください。

アイフルも早いです。審査に2時間かかる場合もあるので、午前中には申し込まないとギリギリです。

アコムからはやや楽になります。たとえば在籍確認の電話に、職場の人が誰も出ない、などのトラブルも起こります。アコムやモビット、プロミスの場合も、やはり早めに申し込みをしましょう。

アコムやプロミスの場合、審査は最短30分。振込手続きまで含めて1時間で終わることが多いのですが、やはり2時間は見ておいた方がいいです。(何があるかわからないので)

まとめ「確実にその日中に借りたい場合、消費者金融で申し込む」

以上、銀行カードローンと消費者金融のそれぞれの即日融資・当日審査のポイントをまとめました。

どちらで申し込んでもいいのですが「絶対にその日中に借りたい」という場合、消費者金融で申し込むことをおすすめします。

プロミスやアイフルなどの消費者金融は「最短30分」ですが、銀行カードローンは「最短即日」。この表現でも、両者の即日融資に対する熱意の違いがわかるでしょう。

銀行カードローンのメリットは、消費者金融よりも低金利・大きい金額を借りやすい、ということ。しかし、急ぎでお金が必要な場合、これらのメリットはどうでもいいことです。

急ぎということは、返済もすぐにするつもりでしょうから、消費者金融の方がいいです。

消費者金融なら「30日間無利息」「5万円まで180日間無利息」などのシステムもあるので、むしろ銀行カードローンより低金利(あるいはゼロ金利)で借りられます。

急ぎなら特に比較せず、消費者金融で決めてしまいましょう。在籍確認をなしにしたいならプロミス・アコム…、電話連絡をなしにしたいならモビットというようにチャチャッと決めることをおすすめします。(急ぎの時は、何よりもスピードを重視すべきです)

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

とにかく1秒でも速く借りたい!それならココがおすすめ