最短即日融資キャッシングのカギ!?無人契約機の営業時間は21:00まで!!

即日キャッシングナビ

2015.06.13

教えます

最短即日キャッシングは毎日「21時」まで可能です。つまり21時までに「審査を開始」すればOKです。また、土曜日・日曜日・祝日でもこの時間で最短即日審査できます。

プロミスは「22時」までOK(一部自動契約機では21時までのところもあり。)ですが、他の消費者金融はすべて21時。「21時までに無人契約機で審査を開始する」と考えてください。

無人契約機(自動契約機)とは何か

無人契約機は、「アイフル」などの看板の建物。あの中に入っているマシンです。

そのマシンで審査や申し込みをします。会社によって「自動契約機・ローン契約機・契約ルーム」などとも言います。(アイフルの場合は「契約ルーム」で、マシンはなく、電話と申込書を手書きする、という方法の審査です)

無人契約機での審査の手順

無人契約機での審査の手順・流れは下の通りです。

  1. オペレーターさんと通話開始
  2. 指示に従って個人情報の入力
  3. 自分の携帯に電話が来る
  4. 本人確認書類を提出する(その場でスキャン)
  5. 勤務先への在籍確認の電話が行く(業者から)
  6. 申込書を記入して送信
  7. 審査完了、カードが発行される
  8. そのカードでATMから借り入れ

業者によって多少順番が前後したり、どれかの作業がなくなることもあります。しかし、大体この流れです。

審査にかかる時間は、30分~40分程度

無人契約機での審査は、日中は大体30分~50分

夜間の場合は申し込みが混み合っていないので「30分~40分」と考えていいでしょう。

特に、事前にネットから申し込みしていくと早いです。個人情報の入力など、全部無人契約機でやっていると、時間がかかるからです。

タッチパネルにしても、申込書への手書きでも、どちらも面倒です。これらの情報のみ先にネットで送信(仮申し込み)して、それから無人契約機に向かいましょう。

振り込み希望の場合は、午前中に申し込む

「21時まで」というのは「現金で直接借り入れする場合」です。 「銀行に振り込んでほしい」という場合は、「午前中」には申し込みが必要です。

銀行が閉まってしまう前に申込を

銀行は15時で閉まるので、遅くとも14時50分には、振込手続きをしないといけないのです。

SMBCモビットは14時50分までOKですが、アコムは14時30分、プロミス、アイフルは14時です。一番締め切りが早いプロミス、アイフルに合わせると「14時には、振込手続きが必要」ということ。

振込手続きの前に、審査も終わっていないといけません。ということは「13時45分」くらいには、審査が完了していないといけないんですね。

審査は長い時は2時間かかるので、そこから逆算すると「11時45分」には申し込みが必要ということ。午前中の申し込みが必要なのです。

提携銀行の場合、夜間でも最短即日振込みOK

消費者金融の中には、銀行と提携しているところがあります。たとえば

プロミス 三井住友銀行、ジャパンネット銀行
アコム 楽天銀行
ノーローン 楽天銀行

たとえばプロミスの審査に通って、三井住友銀行に振り込む場合

これは「年中無休、24時間」OKなので、いつでも大丈夫です。

プロミスの審査は自動契約機で「22時」まで受け付けています。この時間までに審査を開始し、たとえば「22時30分」に受かったとしましょう。

ここから、三井住友銀行のあなたの口座に振込依頼をすれば、それですぐに振り込まれるんですね。

ジャパンネット銀行・アコム・ノーローンでも同じ

同じ要領で、アコム・ノーローンの楽天銀行も、夜間でも最短即日振込みしてもらえます。これらの「消費者金融×銀行」の組み合わせなら、「21時~22時」まで最短即日振込みOKということです。

土曜日・日曜日・祝日・夜間の最短即日融資のカギは「在籍確認の有無」

在籍確認というのは「あなたがその職場に本当に在籍しているか」を確認する電話。これはキャッシングの審査でも特にハードルとなる一つです。

職場が開いていなければ、在籍確認できない

在籍確認がやっかいなのは「職場の人にバレる」ということではありません。バレるような聞き方は業者もしないので(そうするとお客が離れて彼らが損するので)、ごく自然に聞いてくれます。

職場バレは怖くないのですが、問題は「職場が開いていないと、在籍確認自体できない」ということ。特に土曜日・日曜日・祝日や夜間の審査の場合、「職場が閉まっている」ということは多いでしょう。

そういう時でも最短即日借り入れするためには、業者を選ぶ必要があります。

電話連絡なしにできる消費者金融と、その方法

「SMBCモビット・アコム」なら、電話連絡なしにできます。アコムは、「電話確認が取れるまで、限度額10万円以下」という条件になります。

つまり、限度額を減らされる代わりに、特に手続きはしなくていいということ。

SMBCモビットは手続きが必要です。書類を提出します。

  • 会社の給与明細
  • 会社の保険証

電話連絡なしにするには、もう一つ条件ます。

SMBCモビット 「三菱UFJ銀行」か「三井住友銀行」の口座がある

「三井住友銀行」か「三菱UFJ銀行」の口座さえあれば、SMBCモビットの方が断然簡単。

普通のWEB申し込みで、そのまま電話連絡なしにできるからです。

逆にこれらの口座がない場合は、確実に便宜を図ってもらえるかどうかはわかりませんが、プロミスをおすすめします。

プロミスの場合「電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。」という運用になっており、銀行口座の縛りがなしで在籍確認に対しての要望を先方に伝えることが出来ます(もちろん個別判断になりますが)。

銀行カードローンでも電話連絡なしにできる?

銀行カードローンは基本的に、どこも「在籍確認必須」です。ただ、「少額融資の場合は、なしでも通る」ということがたまにあります。(楽天銀行スーパーローン(カードローン)など)

また、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は特に、「電話連絡なしでもOK」になる確率が高いと言われます。

テレビ窓口(無人契約機)で、土曜日・日曜日・祝日・夜間でも最短即日審査&最短即日融資をしていますが、この日時だと、勤務先が閉まっている人が多いからです。

その人の信用度など、諸条件にもよるでしょう。しかし、銀行カードローンでも「電話連絡を回避できる場合もある」というのは確かです。

まとめ&補足「レイクは24時まで受付ではないので、注意」

無人契約機での審査受付時間について、よくある間違い。これは「レイクは24時まで最短即日審査OK」というものです。

レイクの無人契約機は、確かに24時まで動いています。(ATMではなく、無人契約機が動いています)

しかし、これは「受け付ける」だけ。実際に審査してくれるのは「21時まで」なのです。他社と同じですね。

消費者金融の最短即日審査の締め切りは、普通は「21時」

プロミスだけ「22時(一部自動契約機は21時まで)」ということです。

また、同じ業者でも店舗や曜日によって多少時間が前後するので、念のために公式サイトで、目当ての店舗の無人契約機の、営業時間を確認してみてください。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

即日融資でキャッシングしたい!融資スピード重視で選ぶならどこ?