5万円~10万円を借りる!オススメ消費者金融でキャッシング

即日キャッシングナビ

2015.08.07

5万円

5万円~10万円をキャッシングしたい場合の金融会社は即決で「消費者金融」です。銀行カードローンは外しましょう。銀行カードローンは確かに低金利ですが、5万円や10万円だったら、金利の差などほとんどないからです。

それより、この金額で借りるということは大抵急ぎです。急ぎの場合は、最短即日融資を断然しやすい消費者金融の方がいいのです。

というわけで、ここではその消費者金融の中でも、どの金融会社がいいかをまとめます。

キャッシングの条件別、おすすめの金融会社

大手の消費者金融は、現在6社あります。
※新生銀行カードローン「レイク」を、消費者金融に含めた場合。

ここではその大手の消費者金融6社から、条件別におすすめの業者をまとめます。

「職場への電話連絡なし」なら、プロミス・アコム

在籍確認というのは「職場への電話連絡」のこと。これを無しにしたい場合は「プロミス・アコム」のいずれかで申し込むのがおすすめです。

プロミスなら申し込み後すぐに、口頭で「会社への電話確認をなしにしたい」と伝える必要があります。(プロミスの場合、相談の末ご要望に沿えない場合もあり)。プロミスは銀行口座はどこでも大丈夫。

アコムの場合は、自動的に「限度額10万円以下」に減額されます。普通の場合「これでは足りない」という方も多いでしょう。

しかし、今回は「5万円~10万円」を借りる場合のキャッシング会社選びなので、アコムでも問題ないと思います。(書類などがない分、プロミス・SMBCモビットより楽かも知れません)

金利を安くしたいなら、30日間無利息のプロミス・レイク・アコム

低金利で借りたいなら「30日間無利息」で借りられるプロミス・レイク・アコム。30日で返済できなくても、最初の金利がない分、その後もずっと「一番安い金利」です(トータルで見れば)。

よく「短期間で完済できるなら、30日間無利息がお得です」と書いているサイトがありますが、間違いです。消費者金融の金利はどこも同じですから、何ヶ月で返そうが「最初の1ヶ月の利子がない」分、これらの業者がずっと一番安いのです。

銀行カードローンは消費者金融より金利が安いので「5ヶ月」で追いつかれます。しかし、消費者金融同士だったら、その差が埋まることはないのです。

5万円以内なら、レイクで180日間無利息

レイクは30日間無利息だけでなく「5万円まで180日間無利息」というものもやっています。借り入れが5万円でいいなら、これが一番おすすめでしょう。

180日間あればほぼ確実に完済できますし、このために特に手続きする必要もありません。レイクで5万円借りるだけで、自動的にこれになっているのです。7万円などの金額を借りた場合も、5万円の部分に自動的に適用されています。

レイクの180日間無利息は、最初の1ヶ月は「30日間無利息」とも重なっています。つまり、たとえば10万円借りて、1ヶ月で5万円返済した場合には下表のようになります。

10万円の借入:1ヶ月に5万円返済
1ヶ月目 10万円は無利子
2ヶ月目 5万円なので無利子
3ヶ月目~6ヶ月目 5万円なので無利子

ということです。なので、10万円でも半年程度の長期間借りたい場合、レイクは便利ですね。

夜遅くに借りたいなら、プロミス

夜遅い時間でも、最短即日審査&当日借入したいなら、プロミスが一番便利。毎日22時まで最短即日審査を受け付けています。

プロミスの自動契約機に入って、22時までに審査を開始(※一部21時もあります)。そして、審査に通ればそのまま当日借りられる…ということです。

他の消費者金融はみんな「21時まで」なので、プロミスの方が1時間有利

急いでいなければ「たかが1時間」ですが、「どうしても今日中に借りないとマズイ」という場合には、この1時間の差は大きいでしょう。

振り込んでもらいたい銀行別に選ぶ

消費者金融の中には「銀行と提携」している業者もあります。その場合、その銀行に振り込むなら、年中無休・24時間すぐに反映されます。

つまり、自動契約機での夜間の審査(21時~22時開始)に通った後、すぐこれらの銀行に振り込んでもらえる…ということですね。

三井住友銀行、ジャパンネット銀行なら「プロミス」

銀行との提携に関して、圧倒的に便利なのはプロミス。三井住友銀行とジャパンネット銀行にいつでも振り込み可能です。(年中無休&24時間)

ジャパンネット銀行のユーザーはまだ少ないかも知れませんが、三井住友銀行を利用しているという方は多いでしょう。(私も口座を持っています)

プロミスは三井住友銀行のATMで手数料無料で借入・返済できるので、これも便利。

特に返済が無料でできると、思いついた時にいつでも返済できるので、どんどん完済が近づきます。

そういう点でもプロミスは特におすすめできる業者です。

楽天銀行なら「アコム・ノーローン」

同じ要領で、楽天銀行と提携しているのが、アコムとノーローン。楽天銀行を使っている方にとっては、この2業者が便利です。

楽天銀行は2010年に生まれたばかりの銀行なので、まだ利用者は少ないかも知れません。若い人や、ネット決済が多い方にはかなり好まれていますが、三井住友銀行のユーザーに追いつくのはまだ厳しいでしょう。

しかし、楽天銀行は全国のコンビニ・銀行のATMと提携していて、特にコンビニのATMは全て手数料無料で使えます。大手はもちろん、スリーエフなどの中小チェーンも全てです。

楽天銀行って、ATMとか店舗ないけど、使えるの?

このような心配は不要です。三井住友銀行やイオン銀行などのATMも無料で使えるので、「無料で使えるATMの数」だったら、むしろメガバンクより多いくらいです。

…というように、ATMでの借入・返済も便利なので、楽天銀行の口座を持っている方は、アコム・ノーローンで借りるのもいいでしょう。

まとめ「5万円・10万円借りた時の金利はいくら?」

消費者金融で5万円、10万円を1ヶ月借りたとしましょう。

消費者金融の場合
借入金額 利息
5万円 750円
10万円 1500円

人によって高いと感じるか、安いと感じるかが大きく分かれるでしょう。(私は当初安いと感じましたが、今は高いと感じます)

ちなみに、銀行カードローンだと金利が安くなるので、こうなります。

銀行カードローンの場合
借入金額 利息
5万円 600円
10万円 1200円

5万円の場合、消費者金融との差はほぼないに等しいです。(ATMの手数料レベルですから)10万円の場合も300円しかないので、大した差ではありません。

銀行カードローンと消費者金融の差が出るのは、もっと大きな金額で、長期間借りた場合です。5万円や10万円レベルの借り入れなら、低金利は特に意識しなくてもいい、ということがわかるでしょう。

むしろこのくらいの金利差よりも、「30日間無利息」の方がよほど大きいわけですね。10万円借りた場合、1500円安くなるわけですから。

これが、5万円・10万円をキャッシングした場合の利息です。これからキャッシングされる方は、ぜひ参考になさってください。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)