年末年始にお金を借りたい!各業者の年末年始・お正月の営業日一覧

キャッシング基礎知識

2015.08.04

mag074

年末年始やお正月も、カードローンの最短即日審査&最短即日借り入れはできます。
1月1日~3日は休みという業者が多いですが、SMBCモビットだけは「元旦のみ休み」です。

つまり、1月1日の最短即日借り入れはできなくても、1月2日はできるということ。
もちろん、その日に審査して、その日に融資です。

というわけで「どの会社でも最短即日審査&審査できないのは「1月1日だけ」。
あとはSMBCモビットがあるので、年末年始でも問題なく、その日中に審査して、その日中に借りられるわけです。

見出し一覧

1.各業者の年末年始の営業日(休業日)
1-1.年末年始の最短即日審査&当日借入の可能日
1-2.年末年始の各業者の専用ATMの休業日&営業日
1-3.コールセンター・申し込み窓口の営業日(休業日)

2.年末年始のキャッシング審査について、よくある質問
2-1.職場への在籍確認はどうする?なしでいいのか?
2-2.最短即日審査に受かった後、銀行振り込みはできるのか?

3.まとめ「年末年始はお金が必要になることが多いが…」

1.各業者の年末年始の営業日(休業日)

1-1.年末年始の最短即日審査&当日借入の可能日

各消費者金融の、年末年始の最短即日審査受付日を一覧にすると、下の通りです。
(休業日の一覧といった方が正確ですが)

  • SMBCモビット…1/1のみ休み。1/2から最短即日審査可能。
  • プロミス…12/31の18:00から1/1のみ休み。1/2から最短即日審査。
  • アイフル…12/30の18:00~1/3は休み。1/4から最短当日審査。
  • アコム…12/30の18:00~1/1は休み。1/2から最短当日審査。
  • ノーローン…1/1~1/3は休み。1/4から最短即日審査。

…という風です。
やはり、一番頼りになるのはSMBCモビットです。
12月31日もOKなので、「12月31日の21時」まで最短即日審査してくれるということですね。

さすがに1月1日にキャッシングをするような人はいないでしょう。
なので、1月2日から最短即日審査してくれるなら、まったく問題ないと思います。

実は、プロミスもほとんどSMBCモビットに近い日時で開いています。
12月31日も「18時」までやっていて、1月1日だけ休んで、SMBCモビットと同じく、1月2日から再開です。

SMBCモビットは31日に「21時までやっている」というだけの違いなんですね。
(たった3時間の差です)

なので、一番便利なのはSMBCモビットですが、プロミスもほぼそれに近いということです。
(どちらも、1月1日以外は最短即日審査可能ということです)

逆に一番休みが長いのはアイフルです。
大晦日と、正月三ヶ日まるまる休んでいます。
(もちろん、それが普通なのですが)

ノーローンは大晦日は営業しているので、正月三ヶ日のみ。
アコムは大晦日と元旦は休みですが、2日から動いています。
…という風に全業者を比較すると、やはり「SMBCモビット・プロミス」が年末年始は一番便利と言えます。

1-2.年末年始の各業者の専用ATMの休業日&営業日

年末年始の各業者の専用ATM(業者の看板が出ている建物の、中にあります)は、下のような日程で営業(休業)しています。

  • アコム…年中無休
  • アイフル…年中無休
  • ノーローン…年中無休
  • プロミス…1月1日休み
  • SMBCモビット…1月1日休み

見ての通り、ほぼ休みなしです。
最短即日審査を年末年始でも受け付けているプロミス・SMBCモビットが、ここでは逆に休んでいます。
(もちろん、これも1日くらい休んでもいいと思いますが)

逆に最短即日審査を受け付けていない(受け付ける日数が少ない)アコム・アイフル・ノーローンは、全部年中無休となっています。
ATMに関しては、年末年始はこの3業者が便利ですね。

1-3.コールセンター・申し込み窓口の休業日

年末年始の、各消費者金融のコールセンター・申し込み窓口は、下のような日程で休業しています。

  • プロミス…1月1日(コールセンター)
  • SMBCモビット…1月1日(コールセンター)
  • ノーローン…12月31日~1月3日(申し込みダイヤル)
  • アコム…12月31日~1月4日(窓口)
  • アイフル…12月30日~1月4日(窓口)

SMBCモビット・プロミスのコールセンターは、1月1日のみ休業。
あとはすべて営業しています。

もっとも、コールセンターや窓口で申し込む人は少ないので、これはさほど影響ないでしょう。
何か質問がある場合、コールセンターがほぼ年中無休で開いている、SMBCモビット・プロミスで申し込むのがいいかと思います。

2.年末年始のキャッシング審査について、よくある質問

2-1.職場への在籍確認はどうする?なしでいいのか?

年末年始ということは、当然普通の職場は閉まっています。
なので、職場への在籍確認ができません。

これについては、通常通りです。
消費者金融の中で「電話連絡なし」にできるのは「SMBCモビット・アコム」だけなので、年末年始でもそれが適用されます。

電話連絡なしにできない「ノーローン・アイフル」は、どの道正月の3日間~4日間は審査をしていません。
なので、あまり関係ないんですね。

SMBCモビットで電話連絡なしにする方法は「書類を提出する」こと。
「給与明細」「会社の保険証」を出すだけでOKです。

SMBCモビットの場合はさらに「三菱UFJ銀行」か「三井住友銀行」の口座が必要、という条件もあります。
これさえ満たせば、楽に「電話連絡なし」にできます。

(普通のWEB申し込みをするだけで、そのまま電話連絡なしになります)

アコムは特に書類の提出などの条件はありません。
代わりに「電話確認ができるまで、限度額10万円以下」という条件になります。
10万円以下で十分な方は、アコムでもいいでしょう。

(手続きがなくて、むしろ一番楽かも知れません)

2-2.最短即日審査に受かった後、銀行振り込みはできるのか?

これは銀行によります。

たとえばプロミスなら「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」は、年末年始でも24時間振り込みOK。
同じようにアコム・ノーローンなら「楽天銀行」は年中無休&24時間振り込みOKです。

その他の消費者金融と銀行の組み合わせの場合、年末年始の最短即日振込みは難しいでしょう。
銀行が閉まっているからです。

なので、この場合は無人契約機でカード発行をし、そのカードでATMから直接現金で借り入れします。
各業者の無人契約機の営業日は、「最短即日審査の可能日」と同じです。
(先に書いた部分を参照して下さい)

そして、ローンカードさえあれば、各社のATMはもちろん、コンビニの提携ATMでも借入できるので、もう年末年始など関係ありません。

3.まとめ「年末年始はお金が必要になることが多いが…」

年末年始は、確かにお金が必要な場面が多いです。
特に12月の最後の10日くらいと、正月の最初の10日くらいは、相当使うでしょう。

しかし、それは事前にある程度わかっているはずです。
なので、キャッシングするにしても、年末年始ではなく、その前にしておきたいもの。

12月31日や、1月2日などにキャッシングするのではなく、せめて28日くらいまでにしておく…ということですね。
「忙しくてできなかった」ということもあるかも知れませんが、ギリギリで行動するのは、お金の世界ではとかく不利なこと、というのはぜひ意識しておいてください。

(お金に限らず、恋愛でも仕事でも趣味でも、何でもそうだと思いますが…)

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)