最短30分 で審査完了!!消費者金融各社の審査時間についてまとめ

キャッシング基礎知識

2015.06.25

mag034
キャッシングの審査にかかる時間は、消費者金融の場合「最短30分」。
ただ、これは「業者が審査する時間」です。

実際には、審査が終わった後、「通過の連絡」「簡単な説明」「振込手続き」などがあるので、合計で「約1時間」かかります。

これは「最短の場合」なので、実際には2~3時間かかる場合もあります。
平均2時間くらいと思っていいでしょう。

【目次】

1.消費者金融の各業者の審査受付時間・一覧
1-1.プロミスの審査受け付け時間
1-2.アコムの審査受付時間
1-3.SMBCモビットの審査受付時間
1-4.アイフルの審査受付時間

2.審査が長くなるケース・短くなるケース
2-1.審査が長引く(時間がかかる)ケース
2-2.審査が早まる(時間がかからない)ケース

3.まとめ「急ぎでない人ほど、早めに審査を受けている事実」

1.消費者金融の各業者の審査受付時間・一覧

1-1.プロミスの審査受け付け時間

プロミスは、申し込みの方法別に、下の時間で審査を受け付けています。
(この時間内なら、最短即日審査され当日中に結果が出ます)

  • 店頭窓口…平日10時~18時※店舗により営業時間、休日が異なります。
  • 自動契約機…9時~22時※一部21時もあります。(年中無休 *年末年始除く)
  • ネット審査…24時間受付(実際の審査は9時~21時と推定)

店頭窓口は、時間帯は狭いですが、一番早く審査結果が出ます。

自動契約機は「22時まで」に審査を開始すればOKです。
(つまり、開始さえすれば、そこから審査に時間がかかっても、通れば最短即日借り入れできます)

ネット審査は、受付自体は24時間してくれます。
しかし、実際に審査をしてくれる時間帯は、9時~21時と思われます。

混み具合にもよるので、確実に21時までしてもらえるかはわかりません。

1-2.アコムの審査受付時間

アコムが審査を受け付けている時間は、申し込み方法別に、下のようになっています。

  • 店頭窓口…平日9時半~18時
  • 無人契約機…9時~21時(年中無休 *年末年始除く)
  • ネット審査…24時間受付

ほぼプロミスと同じです。違いは、

  • 「店頭窓口」での開始時間が、プロミスより30分遅い
  • 無人契約機の受付時間が、プロミスより1時間短い

ということ。ネット審査についてはプロミスと同じで、24時間受付していますが、実際に審査をしてくれるのは「9時~21時」あたりと思われます。
(つまり、それ以降の申し込みは、翌日に持ち越されるということです)

1-3.SMBCモビットの審査受付時間

SMBCモビットは、下のような時間で審査を受け付けています。

  • 店舗窓口…ない(店舗なし)
  • 電話審査…9時~21時
  • ローン申込機…8時~21時
  • ネット審査…24時間受付

プロミス・アコムとの大きな違いは、まず「店舗がない」ということ。
また、ローン申込機(自動契約機)が、1時間早く審査を開始する、ということです。

ローン申込機は、設置場所によって営業時間が異なります。
しかし、SMBCモビットのローン申込機は大体この時間で統一されています。

(ネット審査については、アコム・プロミスと同じです)

1-4.アイフルの審査受付時間

アイフルの審査の受付時間は、方法別に下の通りです。

  • 店頭窓口…平日10時~18時
  • 契約ルーム…9時~21時(年中無休 *年末年始除く)
  • 電話申し込み…平日10時~18時
  • ネット審査…24時間受付(最短即日審査は21時まで)

特徴は、他の消費者金融より「店頭・電話」の受付が10時から始まること。
つまり「1時間遅い」ということです。

店舗で申し込む人も、電話で申し込む人も少ないので、これは別にかまわないかも知れません。
ただ、これらの方法でアイフルで申し込む場合、朝イチ=午前10時になる、ということだけ意識してください。

2.審査が長くなるケース・短くなるケース

消費者金融の審査は「最短30分」となっています。
しかし、当然ながら審査にかかる時間は個人差があるもの。

さらに言うなら、同じ人が申し込んでも、その時の審査の混み具合などによって変わります。
ここではそのように「審査時間が長くなるケース」「短くなるケース」をまとめます。

2-1.審査が長引く(時間がかかる)ケース

この理由は大別して2つ。
「申込者の信用度が足りない」「審査が混み合っている」という理由です。

信用度については、あらゆる基準で判断されます。
年収・職業・借入残高・自宅の情報…などなど。
総合的に見て「この人はギリギリだな」という時は、審査が長くなります。

「審査の混み具合」については、月末や年末、盆正月の前などは混む傾向があります。
お金が必要になる理由は、大体みんな同じだからです。

また、私の体験談からいうと「金曜日」も混む傾向があります。
理由は「土日になると振り込んでもらえない」と思い、土日や月曜日にお金が必要な人たちが、早めに行動するからです。

(実際は、土日でも最短即日借り入れできるのですが)

これらの理由によって、審査が長引くこともあります。
もちろん、あくまで「傾向」なので、月末や年末、金曜日でもこうならないこともあります。

2-2.審査が早まる(時間がかからない)ケース

これは「長引くケース」の逆。
「申込者の信用度が高い」「審査が空いている」というケースです。

信用度については、どの消費者金融も銀行も「クレジットスコア」というものを採用。
これは、申込者の信用情報を「点数化」したものです。

これまでの返済履歴・返済事故の有無などをすべて点数化し、一瞬で「この人は75点」というように、出すわけですね。
業者・ブランド・銀行によっては、一定以上のスコアが出た瞬間(そして、それが間違いないと確認できた瞬間)、すぐ審査が完了することもあります。

もちろん、かなり高めのスコアですが、それだけのクレジットスコアがある人なら、余計な時間をかける必要はないからです。
希望金額が大きいなら時間をかけますが、小さいなら「OK。すぐ融資しよう」となるわけです。

実際、こういう所で余計な時間をかけると、他の申込者も待たせることになってしまいます。
こういう場面で即決するのは正しいのです。

3.まとめ「急ぎでない人ほど、早めに審査を受けている事実」

私がキャッシングの利用者の方々を観察していて気づいたこと。
それは「別に急ぎでない」人ほど早めに審査を受けている、という事実です。

逆に「今日中に借りないとヤバい!」という人ほど、ギリギリで行動しているんですね。
これはよく考えると、おかしなことです。

しかし、世の中を見渡すと、キャッシングの審査に限らず、これは全ての場面で見られる現象。

たとえば、公園で走っている人は「走らなくても十分痩せてるじゃん」という人が多いです。
でもそれは「痩せていても、さらに走る」ような人だからこそ、痩せたんですね。

その逆で、キャッシングの申し込みでも「急がないとダメ」なのに急がない方がいます。
そういう方は、少し厳しいようですが「そういう性格だから」、お金に困る状況になったのです。

もちろん、やむを得ない事情によって生活苦になった方もいます。
そうした方には配慮が必要ですが、そうでない「浪費によってお金がなくなった」方は、自身の人生をよく見つめ直す必要があります。

私自身も浪費によって多重債務者になった人間なので、ここまで書いたことは、すべて自戒です。
ただ「キャッシングの審査でどういう行動をしているか」は、その人の人生がそのまま出る、というのは確かでしょう。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)