SMBCモビットの金利と返済する際の手数料・返済方法を調査

消費者金融ナビ

2017.07.04

電卓と千円札とコイン

SMBCモビットは下限金利が特に安い

SMBCモビットの金利(実質年率)について語ると「下限金利が安い」というのが最大の特徴です。「3.0%~18.0%」という実質年率(金利)ですが、この3.0%という下限金利は、アコムと並んで大手の消費者金融の中で最安となっています。

ここでは、こうした下限金利についても踏まえて、SMBCモビットの金利(実質年率)や返済方法について語っていきます。

実は、下限金利はあまり関係ない

いきなり水を指すようですが、SMBCモビットに限らず、大部分の人のキャッシングで下限金利というのは関係ないのです。理由は借入総額が、SMBCモビットの場合は800万円近くになって初めて意味があるからです。アコムも同じです。最大融資枠800万円なので、このレベルの高額を借りて初めて、下限金利が適用される(あるいは近づく)ということなんですね。

SMBCモビット・アイフルだとこれが500万円」になりますが、どちらにしても難しいのは変わりありません。キャッシング・カードローンの知識がある人ならよく知っているでしょうが、消費者金融には貸金業法の「総量規制」というルールが適用されるので、「年収の3分の1までしかキャッシングできない」のです。

ということは、SMBCモビットで800万円借りるためには「年収2400万円が必要」となります。また、アイフル・プロミスの500万円にしても「年収1500万円なくてはいけない」ということです。ちなみに、一番最高借入枠が小さいノーローンだと「300万円」ですが、これでも年収900万円が必要なのです。どう考えても「下限金利は、ほとんどの人にとって関係ない金利」なわけですね。

ただ、実際に利用する人もいるから、このような最大限度額や下限金利が設定されているわけです。なので、500万円を超えるような高額キャッシングをするような人にとっては、SMBCモビットは非常に低金利で魅力的ということができます。

SMBCモビットには無利息期間がない

2連続でデメリット・短所を書くのは心苦しいですが、SMBCモビットには無利息サービスがないというデメリット・短所があります。10秒簡易審査など、スピード審査に関しては無敵なのですが、その分金利・利息面では、他の消費者金融に上位を譲る…というのがSMBCモビットの特徴です。(もちろん、コンセプトがハッキリしているというのは利用者にとっても非常にいいことです)

大手の消費者金融はみんな、SMBCモビット以外は無利息期間を持っています。一覧にすると下のようになります。

  • プロミス…30日間無利息(ポイントを貯めれば繰り返し利用可能)
  • アコム…初回30日間無利息
  • アイフル…初回30日間無利息
  • ノーローン…何度でも1週間無利息

ノーローンだけ期間が短くなっていますが、代わりに「何度でも利用できる」というメリット・長所があります。一番有利なのはやはりプロミスです。30日間無利息と期間が長い上に、繰り返し何度でも利用できるわけですから。

このように、他の消費者金融がすべて無利息期間を用意しているのに対し、SMBCモビットは現時点では無利息サービスがありません。この点はSMBCモビットのデメリット・短所といえます。

SMBCモビットは金利より審査スピードがメリット

上にも少し書きましたが、そもそもSMBCモビットのメリット・長所は低利息・低金利ではないんですね。あくまで審査スピード・借りやすさがSMBCモビットのメリットです。特に10秒簡易審査というのは、今後しばらく他の消費者金融・銀行カードローンが追随できないレベルのスピードなので、特に急ぎでお金を借りたい、すぐに審査結果を知りたい…という方にとっては、SMBCモビットは非常に大きなメリットがあります。そのような目的のハッキリしたキャッシングのサービスだと思って下さい。

SMBCモビットの返済方法&手数料

続いて、SMBCモビットで審査の通過をした後の返済方法や、ATMなどの手数料についても書いていきましょう。結論を書くと、SMBCモビットは返済のATM利用手数料に関しては、大手の消費者金融の中でも特に有利です。

SMBCモビットは三井住友銀行ATMが無料で使える

SMBCモビットはプロミスと並んで「三井住友銀行ATMでの借入・返済が手数料無料」という条件になっています。このように、銀行ATMを無料で使えるのは、大手の消費者金融の中ではSMBCモビット・プロミスだけです。これは両者がSMBCグループの会社である…ということから来ています。(長いですが、要するに三井住友銀行の関連ということです)

言うまでもなく、三井住友銀行ATMは全国各地に多数あります。これに加えてSMBCモビットのATMも無料で使えるので、臨時返済・任意返済を無料でできるエリアが、非常に広いわけですね。

このように無料で追加返済をどんどんできると、早期完済もしやすくなり、最終的な利子総額も劇的に減っていきます。このような点からも、SMBCモビットは「できるだけ利息を少なくしたい」「早期完済したい」とい方にとって、おすすめのキャッシング先ということができるでしょう。

提携ATMが多いのもメリット

また、SMBCモビットは手数料がかかってもいいなら、さらに提携ATMが多くなります。

  • 提携コンビニATM全部
  • 主要な銀行ATM全部
  • その他、信用金庫や地方銀行など

という風です。簡単に書くと、ATM利用手数料がかかってもいいなら、日本全国ほぼどこのATMでも使えるということです。多重債務であちこちに返済している場合は、ATM利用手数料の負担はかなり大きいですが、SMBCモビットだけで借りているという場合は、それほど気にもならないでしょう。(1万円以下の臨時返済だったら、手数料は100円税別です)

ATM返済以外の返済方法

ここまではATM返済についてのみ書いてきましたが、言うまでもなくATM返済以外の方法でも、SMBCモビットの借り入れの返済は可能となっています。その他の返済方法を一覧にすると下のようになります。

  • 口座振替
  • オンラインバンキング
  • 銀行振り込み

口座振替(口座引落)は、一番定番の方法です。クレジットカードの支払いでも、携帯料金や公共料金の支払いでも、皆さんこれを使われているでしょう。SMBCモビットも、毎月の約定返済(定期返済)は、この口座振替による返済がメインになっています。

オンラインバンキングについては、たとえば三菱UFJ銀行ならUFJダイレクト、りそな銀行ならりそなダイレクト…という風に「○○ダイレクト」を使います。パソコンでも借入・返済できますし、スマートフォン・タブレットでもできます。

手数料についても、三井住友銀行とジャパンネット銀行であれば無料です。ジャパンネット銀行はネット専業銀行なので、高齢者・年金生活者の方々などはなじみがあまりないかも知れませんが、ネットバンキングでは特に便利な銀行なので、SMBCモビットでお金を借りることがあれば、ぜひ同時にジャパンネット銀行でも口座開設をすることをおすすめします。

他の消費者金融との金利比較

あらためて、SMBCモビットの実質年率(金利)と、他の消費者金融の金利(実質年率)を比較していきましょう。まず、ざっと一覧にすると、下のようになります。

  • SMBCモビット…3.0%~18.0%(実質年率)
  • アコム…3.0%~18.0%(実質年率)
  • アイフル…4.5%~18.0%(実質年率)
  • プロミス…4.5%~17.8%(実質年率)
  • ノーローン…4.9%~18.0%(実質年率)

以下、これらの実質年率(金利)について、解説していきます。

アコムとSMBCモビットの金利は同じ

上の一覧を見ての通り、SMBCモビット・アコムの実質年率(金利)は完全に同じとなっています。以前は下のようになっていました。

  • SMBCモビット…3.0%~18.0%(実質年率)
  • アコム…4.7%~18.0%(実質年率)

このように、アコムの下限金利は4.7%だったので、下限金利の安さに関してはSMBCモビットの独擅場だったのですが、アコムも低金利になったことで、SMBCモビットとアコムがツートップ…という形になっています。

このように書くと「プロミス・アコム・ノーローンは、下限金利が高いんだな」と思われるかも知れませんが、それは違います。SMBCモビット・アコムは、あくまで最高借入枠が800万円だから、この下限金利になっているだけだからです。別に否定をしているわけではなく、金融の仕組みで、自然とそうなるということです。まとめ買い割引のような原理です。

このように最高借入枠も考慮すると、SMBCモビット・アコムの下限金利だけが特別低金利ということでもないですし、ノーローン・アイフル・プロミスなどが高金利…というわけでもありません。この点のみ注意してください。

プロミス・アイフルと比較すると?

上でも少し比較しましたが、あらためてアイフル・プロミスと比較してみましょう。

  • SMBCモビット…3.0%~18.0%(実質年率)
  • アイフル…4.5%~18.0%(実質年率)
  • プロミス…4.5%~17.8%(実質年率)

まず、上限金利(高い方の金利)については、プロミスの17.8%が最安…ということがわかります。SMBCモビット・アイフルは同じですが、アイフルとプロミスは30日間無利息があるので、この2つの消費者金融が断然有利となります。つまり、上限金利に関しては、SMBCモビットが一番不利です。(これは序盤にも書いている通りですが)

下限金利については、大体同じレベルと思って下さい。最高借入枠と合わせて書くと、下のようになるからです。

  • アイフル・プロミス…500万円で4.5%(実質年率)
  • SMBCモビット…800万円で3.0%(実質年率)

どちらが低金利かは、かなり微妙でしょう。おそらく、ほとんど金利差はないと思われます。そのため、下限金利については違いはないと考えて下さい。

ノーローンとの金利比較

最後に、ノーローンと比較してみましょう。まず、ノーローンには「30日間無利息のサービスがない」という点で、実際の利子総額の差は、SMBCモビットとは大分小さくなります。30日間無利息は、短期間だったら銀行カードローンよりも低利息になるくらいの効き目がありますからね。

そのように、金利・利息面で一番SMBCモビットに近いのはノーローンなのですが、実質年率(金利)を並べて比較すると下のようになります。

  • SMBCモビット…3.0%~18.0%(実質年率)
  • ノーローン…4.9%~18.0%(実質年率)

上限金利は同じで、下限金利はSMBCモビットが非常に安いように見えます。しかし、これもプロミス・アイフルとの比較と同じで「最高限度額の違いから来ているもの」です。ノーローンは300万円という最高借入枠になっているんですね。

(SMBCモビットは800万円です)

  • SMBCモビット…800万円で3.0%(実質年率)
  • ノーローン…300万円で4.9%(実質年率)

これだけ単純比較をすると、下限金利に関してはむしろノーローンの方が低金利…という見方もできます。何にしても、序盤に書いた通り「下限金利はほとんどの人のキャッシングには無関係」なので、どちらが低金利でもかまわない…というのが正直な所です。

SMBCモビットの金利&返済方法・まとめ

以上、SMBCモビットのキャッシングの実質年率(金利)や、返済方法などについて書いてきました。最後に重要な部分を整理すると、下のようになります。

  • SMBCモビットの金利(実質年率)は3.0%~18.0%(実質年率)
  • アコムと並んで、下限金利が一番安い
  • しかし、800万円近くまで借りるのは無理なので、下限金利はほぼ無関係
  • SMBCモビットは無利息期間がないのがデメリット
  • 返済方法は、三井住友銀行ATMが無料なのが有利
  • オンライン返済も、三井住友銀行・ジャパンネット銀行が無料
  • 金利より、スピードキャッシングがメリットの消費者金融

以上、SMBCモビットの金利・返済方法のポイントでした。特に臨時返済・任意返済がしやすいというのは重要なメリットなので、急ぎでお金を借りたい&どんどん返済して早期完済したい、という方はSMBCモビットを選んでみて下さい。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)