外国人でも利用OKな消費者金融カードローン!その利用条件とは?

キャッシング基礎知識

2015.07.18

mag057

消費者金融のカードローンは、外国人の方でも借りられます。
「永住許可証」や「外国人登録証」などの書類があればOKです。

これらの書類だけでなく、審査の段階で「日本語を理解できるか」も問われることがあります。
これは業者によりますが、その後に返済が遅れた時のやり取りなど、日本語がわからないと困るからです。

といっても、永住許可などをもらっている外国人の場合、大抵日本語は最低限できるでしょう。
なので、これは特に問題ないかと思います。

【目次】

1.外国人がカードローンの審査に通るための条件
1-1.永住許可証 or 外国人登録証を持っている
1-2.日本国内に住所がある
1-3.安定した収入がある
1-4.日本語が理解できる(利用規約を読める程度の)

2.外国人が日本に永住する方法
2-1.永住許可を得る条件
2-2.在留カードとは?

3.まとめ「今後、外国人のキャッシングは増える?」

1.外国人がカードローンの審査に通るための条件

1-1.永住許可証 or 外国人登録証を持っている

永住許可証を持っている外国人の方は、一番有利です。
(日本に帰化していたら最強ですが、それはもう日本人で、外国人ではないので)

永住許可証はなくても、外国人登録証を持っていれば、問題ありません。
永住許可証ほど強力ではなくても、その他の条件(収入・勤務先・借入残高)などの条件がしっかりしていれば、問題なく審査に通ります。

外国人登録証しか持っていない方の場合、日本語力がより必要とされます。
(業者によりますが、必要になることが多いです)

1-2.日本国内に住所がある

これは当然のことです。
どの消費者金融でも「日本国内に住所がある方」という条件を定めています。
(外国人向けでなく、すべての人に向けたルールで)

逆に言えば、日本人でも日本国内に住所がないと、審査に通らないということですね。
たとえば1年以上海外に出る方は「非居住者」になりますが、おそらく非居住者の方は、カードローンの審査に通らないはずです。

(ちなみに、私も現在非居住者ですが、ある銀行の口座を開設しようとしたら、できませんでした。非居住者というのは、金融機関の共有のデータベースでわかるようです)

1-3.安定した収入がある

これも当然重要です。
日本人が申し込む時でも重要ですから、外国人の方でも当然重要。

外国人の方の安定した収入といったら、外資系の企業・英語講師・工場などの肉体労働…という感じでしょうか。
何にしても、この収入や仕事については、日本人と同じような基準で見られます。

収入の多い少ないだけではなく、職業の安定性も大事、ということですね。
そして、同じ条件でも日本人より厳し目に見られる、というのは間違いないでしょう。

(外国人には、日本の法律が適用できないことも、場合によってはあるからです)

1-4.日本語が理解できる(利用規約を読める程度の)

当然ですが、利用規約に同意しなければ、日本人であっても借りられません。
利用規約に同意するには、日本語が読める必要があります。

もちろん、利用規約を読まずに申し込んでもいいです。
しかし、多くの業者は審査の段階で電話で話し、最低限の日本語がわかるかどうかで、融資を決めています。

日本語がわかれば、その後返済に遅延した時も電話で督促できます。
また、日本語がわかる人の方が、日本で安定して仕事も生活もできるので、コツコツ返済してくれる可能性が高いでしょう。

2.外国人が日本に永住する方法

2-1.永住許可を得る条件

外国人が日本で永住許可を得るためには、下の条件を満たす必要があります。
(簡単に口語訳します)

(1)素行が良い
(2)一人で生きていけるだけの、資産や技能がある
(3)その人が永住することが、日本にとって利益である
(4)10年以上継続して日本に在留している

…という風です。
(3)の「日本にとって利益である」の部分が少々曖昧ですが、その他の条件をすべて満たしていれば、自然と(3)も満たせるでしょう。

10年以上日本に在留していて、しかも一人で生きていけるような資産や技術がある、しかも素行が良い―。
という条件なら「永住したら、日本にとって利益がある」と判断していいはずです。

2-2.在留カードとは?

在留カードは、「中長期で日本に在留する人」に発行されるカードです。
普通の短期の入国の場合は、ビザです。
しかし、それが数年レベルの中長期になると「在留カード」になるんですね。

永住許可証をもらった人でも、在留カードの更新は必要です。
永住許可をもらっただけでは、まだ外国人だからです。

在留カードが必要なくなるのは、「帰化して日本人になる」か「日本人と結婚する」のどちらかです。

3.まとめ「今後、外国人のキャッシングは増える?」

少し前までの日本なら「外国人がキャッシング?(笑)」という感じだったでしょうが、最近の日本だと、もうそんなに違和感もないかと思います。

東京のファーストフード店やコンビニは外国人の店員さんだらけですし、吉野家の店舗でも、「この時間帯は、いつも中国人スタッフだけで回している」というようなお店をよく見ます。

スターバックスやバーガーキングなどの店に入っても、必ずどこかに外国人がいますし、日本人と外国人がペラペラ英語で何か話していたりします。

私の地元は名古屋ですが、名古屋もやはりそんな感じです。
(名古屋駅や栄などの都市部のみですが)

私自身もこの記事を今カンボジアで書いていて、周りで聴こえる言語はクメール語・日本語・英語・韓国語・中国語…と、ものの見事に全部揃っています。
(外国人の集まる場所なので)

こういう時代なので、案外キャッシング会社も、英語や中国語のサイトを作って、在日外国人の方々に融資したら、意外と売上が伸びるかも知れません。

(余談ですが、カンボジア人の金銭感覚は、日本人からしたら「全員破産者予備軍」というくらいすさまじいので、ここで貸金業をやったら、かなり儲かりそうです。笑)

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)