審査に落ちやすくなる!?キャッシングの連続申込みはNG!

キャッシング基礎知識

2015.06.21

mag029
キャッシングの審査を連続で受けると、審査に落ちる可能性が高くなります。
連続でなく、同時も同じです(同時の方がダメです)。

理由は簡単で「そういう人は危ない」ため。
普通に考えれば「お金に困っている人しか、そんなことはしない」のはわかるでしょう。

「お金に困っている=これからも困ることが多い=返済してくれるか怪しい」わけです。
もちろん、困っているからこそ、カードローンのお客さんになってくれるわけですが、この辺は「貸金業のジレンマ」と呼ばれるものです。

(ある業界人の表現を、拝借したものですが)

【目次】

1.連続で申し込むのは「2社」まで
1-1.「審査落ち」もクレジットヒストリーのマイナスになる
1-2.どうしても申し込むなら「独自審査」の業者に
1-3.独自審査の業者より、別の方法でお金を調達すべき

2.なぜ「同時・連続の申し込み」がいけないのか
2-1.「他社で落ちた」ということは、怪しい人物の証拠と見なされる

3.まとめ「自分のクレジットスコアを意識する人生は、楽しい」

1.連続で申し込むのは「2社」まで

連続で申し込むのも「2社まで」は許容範囲です。
(同時はやめた方がいいです)

2社くらいなら、普通の人でも連続で申し込むこともあるでしょう。
「あれ、落ちたぞ?何でだろう」という感じですね。

しかし、3社目まで受けるとなると、かなり切羽詰まっている人です。
「いや、そういう人なら、貸し出すチャンスじゃん」と思うかも知れません。

もちろん「返せるなら」チャンスです。
しかし「返せない」と前の2社が判断したから、審査に落ちたわけです。

ということは「この人は、借りたがってるだけで、返せない」と判断して、3社目からも自動的に落とすわけです。
(自動的というのは表現ですが、それに近い状態です)

なので、3社目からは申し込んでもどの道受かりません。
これは多重債務者だった私が、実際体験して確かめたことです。

時間のムダですし、あなたの信用情報(クレジットヒストリー)を汚すことになるので、やめましょう。

1-1.「審査落ち」もクレジットヒストリーのマイナスになる

クレジットヒストリーというのは「あなたのキャッシング歴」です。
これまでのカードローンやクレジットカード、住宅ローンなどの申し込み・返済などの履歴が、すべて記録されています。

そして「審査に申し込んだ」「審査に落ちた」というのも、ここに記録されているんですね。
最長で半年間(6ヶ月)記録されます。

審査落ちのマイナスはそれほど大きくありません。
しかし、連続・同時となるとマイナスになります。

なので、クレジットヒストリー(スコア)を下げないためにも、ムダな申し込みは控えた方がいいのです。

1-2.どうしても申し込むなら「独自審査」の業者に

それでも「どうしてもキャッシングしたい!」という場合、「独自審査」の業者にしましょう。

独自審査とは「その会社、独自の基準で審査する」ということ。
つまり「信用情報を、それほど重視しませんよ」ということですね。

このため、大手の消費者金融で審査に通らない人でも、独自審査の業者だったら
受かることがあります。
その分、金利は1割増し程度になりますし、借入・返済も不便です。

(中小業者は、コンビニ・銀行のATMと提携していないので)

こういう理由であまりおすすめできませんが、どうしても借りたいなら、独自審査(自社審査)の業者もありです。

1-3.独自審査の業者より、別の方法でお金を調達すべき

上のように紹介しましたが、基本的に、別の方法でお金を調達することをおすすめします。たとえば、

  • 親、親戚、家族、友達に借りる
  • 家庭内の不要品を売りに出す
  • 最短即日払いのアルバイトをする

…という風ですね。
「そんなのわかっている」と思っているかも知れませんが、多重債務者だった私の経験からいうと、「独自審査の業者に手を出す」というのは、かなりの黄信号です。

独自審査の上は、もう闇金です。
独自審査の業者の金利は「法定金利ギリギリ」なので、そこから先はすべて「闇金」になるのです。

闇金に手を出したら人生が終わるというのは本当です。
人生が終わる一歩手前まで来ている、という自覚は持った方がいいでしょう。

2.なぜ「同時・連続の申し込み」がいけないのか

先にも書いた通り、「そういう人は危ない」ため。
これは感覚的な話ではなく、統計的な話でもあります。

貸金業も、「金融工学」という学問の研究対象になっています。
特に、利用者の行動パターンの統計を取るのは、業者にとって死活問題なので、大金を投じてこういう研究をしています。

その統計で、「同時・連続申し込みをする人間は、返済不能に陥る可能性が高い」ということがわかっているわけです。
それも、もっと詳しい数字で出ています。

なので「3社目から自動的に足切りされる」という業者も多いんですね。
そうしてシステム化すると、コストもカットできて、全体としては、お客さんにいいサービスを提供できるからです。

(つまり、いいことなのです)

2-1.「他社で落ちた」ということは、怪しい人物の証拠と見なされる

機械的に審査していなくても、やはり「他社で落ちている」というのはマイナスです。
というのは、たとえば「SMBCモビットは、この人を信用しなかったらしい」ということがわかるからです。

もちろん、SMBCモビットが間違っているかも知れません。
しかし、かと言って「じゃあ、うちでしっかり審査してみるか」と思う業者があるでしょうか。

ないですよね。
「SMBCモビットが落とした=うちでも落ちる確率が高い=審査するだけ時間のムダ」と思うのが、普通の感覚のはずです。
(企業だけでなく、個人でも普通の感覚です)

また、仮に審査してくれても「この人は、SMBCモビットで落ちた」という先入観があります。
先入観があれば、同じ数字でも印象は悪くなるもの。

このように「キャッシング審査に連続で申し込む」というのは、とにかく不利なのです。
世の中は「一度貧乏になると、どんどん不利になるようにできている」ということを実感しましょう。

(多重債務者だった私の経験からいうと、この悔しさを実感した人ほど、後程稼げるようになるものです)

3.まとめ「自分のクレジットスコアを意識する人生は、楽しい」

ここまで書いたことのカギは「クレジットスコア」です。
あなたの「経済的な信用度」ですね。

クレジットスコアは、悪いうちは直視したくないものです。
しかし、徐々に上がり始めると、これを意識するのはとても楽しいもの。

クレジットスコアを上げるには、たとえば「ハウスカード」という審査が甘いクレジットカードを持ち、それを利用して、毎月きっちり一括で返済する…という方法があります。

こうして返済実績を積み重ねると、クレジットスコアがどんどん上がっていくわけです。
そして、カードローンなどの審査も通りやすくなります。

審査に通ったら、さらにクレジットスコアが上がり、そこでコツコツ返済すればさらに上がり…という風に、どんどん良くなっていくんですね。

クレジットスコアのいい人生は、人間的に見ても、安定した、堅実な人生です。
もちろん、その真逆で破産して死んだ、石川啄木のような人生も面白いとは思います。

ただ、多くの人は啄木のように命をかけるほどの夢は持っていないでしょう。
それより小さな日々の幸せを大事にした方がいいはずです。

そのために必要な生活は、「クレジットスコアが高まる人生」と、見事に一致します。
「人間は社会的な動物である」というアリストテレスの名言を、ぜひ意識してください。

(この名言は、社会があるから人間でいられる、という意味です)

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)