過去に自己破産をしたことがあります。キャッシングできますか?

キャッシング基礎知識

2015.06.17

自己破産・債務整理の経験がある人でも、キャッシングはできます。
ただ、その自己破産や債務整理の時から「5年間」はできません。
(長ければ10年です)
mag025
この期間は、「信用情報機関」にこのデータが記録されている期間です。
JICC、CICの場合は5年、全国銀行個人信用情報センターの場合は10年なので「5~10年」ということ。

消費者金融やクレジットカードの場合、JICC、CICで大抵記録されています。
しかし、銀行カードローンで借りていて自己破産した場合、全国銀行個人信用情報センターでも記録されることが多いです。
(その場合は10年ですね)

1.この期間中でもキャッシングすることはできるか?
1-1.「独自審査」の業者なら、信用情報の影響を受けない
1-2.しかし、高金利&不便なのでおすすめできない
1-3.キャッシングせずに済む方法を考える

2.この期間を短くする方法は?
2-1.ハウスカード(審査の甘いクレジットカード)を使う
2-2.年収を増やす&安定した職業に就く
2-3.クレジットカードの枚数を減らす
2-4.独自審査の業者で「クレジットヒストリー」を改善する

3.まとめ「経済的信用度(クレジットスコア)は、RPGの経験値と同じ」

1.この期間中でもキャッシングすることはできるか?

この期間中、大手でキャッシングするのは難しいです。
消費者金融・銀行カードローン・クレジットカード…どれでも難しいです。

しかし「独自審査」(自社審査)をしている中小の貸金業者なら、借りられる可能性もあります。
おすすめはしませんが、一応その情報を紹介します。

1-1.「独自審査」の業者なら、信用情報の影響を受けない

独自審査とは「その会社独自の基準で審査する」という意味。
つまり「個人信用情報を、それほど見ない」ということ。

ということは、そこに自己破産や債務整理の記録があっても「無視してくれる」かも知れないわけですね。
もちろん、完全に無視するわけではありませんが、これらの記録があっても、借りられる可能性は高いです。

(少なくとも、大手よりは可能性があります)

1-2.しかし、高金利&不便なのでおすすめできない

ただ、おすすめは全くできません。
大手の全ての業者・ブランド・銀行が信用している信用情報を重視しない。
この時点で「かなりアウトロー」というのはわかるでしょう。

実際、金利も高いです。
消費者金融の実質年率は大体「18%」ですが、独自審査の業者は「20%」。
これは法定金利の限界の高さです。

消費者金融で返済に遅れると「遅延利率」というものが適用されます。
それが「20%」ですが、独自審査は「普段からその金利」なのです。

つまり、消費者金融で「ペナルティ」として課される金利が、常にかかっている状態なんですね。
こう書くと、独自審査の業者ではあまり借りないほうがいい、というのがよくわかるでしょう。

1-3.キャッシングせずに済む方法を考える

このように独自審査はおすすめできないし、増して闇金やクレジットカードの現金化などは論外です。
こうなると、自己破産や債務整理から5年以内の方は、「キャッシングせずに済む方法を考える」のが一番でしょう。

たとえば下のような方法です。
陳腐かも知れませんが、正しいことというのは、大抵陳腐なものです。

  • 家族や友達から借りる
  • 日払いのアルバイトをする
  • 家庭内の不要品を売却する

…という風です。
特に大事なのはやはり働くことでしょう。

消費するより、ひたすら稼ぐことに喜びを見い出せば、それが一番快適な人生です。
消費の快楽など、どうせ一瞬で終わってしまうものです。

2.この期間を短くする方法は?

この自己破産や債務整理のダメージから立ち直ることを「喪明け」と言います。
(クレジットカードの強制解約など、すべてで使われますが)

この喪明けを早める方法はあります。
そのやり方をまとめます。

2-1.ハウスカード(審査の甘いクレジットカード)を使う

ハウスカードは「その会社の商品・サービスにしか使えないカード」です。
「ポイントカード」の延長ですね。

例えばコスモ石油の「コスモ・ザ・カード・ハウス」。
コスモ石油では使えますが、その他の場所では使えません。
(でもクレジットカードです)

そして、マルイの「エポスカード」。
これもマルイ限定のクレジットカードで、他の場所では使えません。

用途が限定されている分、これらのハウスカードは審査が甘いです。
そして、一応クレジットカードですから、「利用履歴」は残ります。

これをまじめに、支払い遅れもなく利用し続けると、その人の利用履歴が改善されます。
この履歴を「クレジットヒストリー(クレヒス)」と言いますが、それを改善できるんですね。

このため、ハウスカードは「クレヒス修行用」のカードと言われたりします。
こうしてクレジットヒストリーを改善していけば、債務整理から時間が浅くても借りられる可能性が高まります。

2-2.年収を増やす&安定した職業に就く

有無をいわさない圧倒的な収入、安定した職業があれば、キャッシングできる可能性はさらに高くなります。
特に独自審査ならなおさらでしょう。

ただ、債務整理や自己破産の記録を超えるくらいなので、相当な条件が必要です。
ここで課題なのは「年収」と「安定」は反比例すること。

自己破産したような方が圧倒的な高収入を得るには、起業するのがほぼ唯一の選択肢でしょう。
当然、安定とは反対方向に行きます。

基本的に、自己破産するような方は、元の性格が安定志向ではないので、私は起業や投資で稼ぐ方法を勧めます。
(ご自身でも、いまさら公務員になったって…という感じはあるでしょう)

どの道、キャッシングのためでなく、自分の人生のために、何かしら大きく稼げる道を探すのは、いいことだと思います。
(今まで道に迷った分を取り戻すためにも)

2-3.クレジットカードの枚数を減らす

不要なクレジットカードは、全部解約しましょう。
というのは、多く持っているほど審査では不利だからです。

クレジットカードを多く持っているということは、それらを全部満額まで使って、トンズラすることもできるわけです。
そういうリスクがある以上、融資する側も慎重になるわけですね。

クレジットカードの枚数が少なければ「この程度の金額で、逃げるような危険は犯さないだろう」と業者側も思います。
というわけで、融資されやすいのです。

ハウスカードをクレジットスコアの改善ように作ったら、カードが増えています。
なので、その分他で不要なものを解約しましょう。

2-4.独自審査の業者で「クレジットヒストリー」を改善する

先ほど「おすすめできない」と書いた独自審査の業者。
しかし「クレジットスコアの改善のために、わざと借りる」ならおすすめです。

ハウスカードとまったく同じ要領ですね。
「必要だから借りる」のではなく、「クレジットヒストリーを良くするため」に借りるのです。

独自審査の高金利でも完済できるということは、「低金利の消費者金融や銀行カードローンなら、もっと完済しやすい」ということ。
つまり、これらの消費者金融・銀行カードローンも信用してくれるわけです。

(何も実績がないよりは、ということですが)

このように「確信犯的」に独自審査の業者を利用するのは、おすすめです。

3.まとめ「経済的信用度(クレジットスコア)は、RPGの経験値と同じ」

ハウスカードの利用にしても、独自審査の業者の利用にしても、「RPGのレベルアップに似ているな」と感じた方は多いでしょう。
まさにその通りで、完全にクレジットスコアというのはRPGのレベルそのものなのです。

そうやってゲーム的に考えると、面白くてやる気が出る…という方もいるかも知れません。
いっそクレジットスコアが公開されていたら、それを改善するために真面目に生活するのを楽しむ人が増えて、いいのではないかと思うのですが…。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)