家族にバレないか心配です…消費者金融からの営業電話。

キャッシング基礎知識

2015.06.15

消費者金融(SMBCモビット・プロミスなど)を利用していると、たまに営業の電話が来ます。
といっても、年に1回か2回。
内容はほとんど「限度額を増やせますが、どうしますか?」というものです。
mag022
【目次】

1.コツコツ返済していると、限度額が増額される
1-1.契約後、半年か1年で最初の増額が来る
1-2.増額されやすい条件は?
1-3.自分から増額を申し込むこともできる

2.増額以外で、消費者金融から電話がかかる場合
2-1.増額以外の営業電話
2-2.返済の遅延による督促
2-3.その他、特殊な確認電話

3.まとめ「どの電話でも、家族にバレることはない」

1.コツコツ返済していると、限度額が増額される

遅れずにコツコツ返済していると、カードローンでもクレジットカードでも、限度額が増額されます。
信用できる人に対しては、業者・ブランド・銀行もたくさん融資したいからです。

限度額は、勝手に増額されている時もありますが、消費者金融の場合は大抵「打診の電話」が来ます。
(クレジットカードは、勝手に増額してもらえることがしばしばあるようです)

1-1.契約後、半年か1年で最初の増額が来る

増額の電話が来るのは、大体契約の半年後から1年後。
それより前に来るということは、めったにありません。

(年収が高く、職業が安定していて、かつ大量に借りて、一気に完済した…というようなレアな方なら、それもあり得ます)

遅れずに返済している限り、少なくとも1年目くらいで、何らかの増額は来ます。
私の場合は、10万円だった借入限度額が、17万円に増額されました。
(大した違いではありませんが。笑)

1-2.増額されやすい条件は?

条件はたくさんありますが、大別して2通り。
「返済の実績」と「返済の能力」です。

実績については「遅れなかったか」「大量に返したか」ということ。
このうち、「遅れなかった」という方が断然大事です。
「大量に返した」というのは、プラスαの評価ですね。

能力というのは「そもそもの、条件の良さ」です。
年収・職業・自宅情報(持家・自分名義など)…という条件ですね。

そもそもの返済能力(条件)がいい人は、キャッシング業者側も最初から「この人は、多めの限度額でも良さそう」と思います。
ただ、初回の申し込みの場合は、念のために様子を見るわけです。

で、様子を見て「問題ない」と判断したら、一気に増やす…ということもあります。
(これは業者・ブランド・銀行によって方針が違います。さらには、同じ業者・ブランド・銀行でも、その時の経営状況によって違います)

1-3.自分から増額を申し込むこともできる

増額は、業者から電話が来るのを待つ必要はありません。
自分から依頼することもできます。

大手の消費者金融の場合、会員ページからも申し込みができるようになっています。

  • 申し込んで、問題がなければ自動的に増額される
  • 電話や書類の提出での審査の後、増額される

という主に2通りの流れになります。
大抵の場合、何かしら電話などの審査があると思った方がいいでしょう。

この時「増額したい理由」は必ずはっきりさせましょう。
(遊興目的などは、やめた方がいいです)

2.増額以外で、消費者金融から電話がかかる場合

増額以外で消費者金融から電話がかかるケースは、下の3つです。

  1. 増額以外の営業電話
  2. 返済の遅延による督促
  3. その他、特殊な確認電話

それぞれ詳しく説明します。

2-1.増額以外の営業電話

増額以外では、たとえば下のような営業電話がかかってくることがあります。

  • キャッシング利用のおすすめ
  • 返済計画再編のためのローン利用のおすすめ
  • その他の金融商品のおすすめ

…というものですね。

■キャッシング利用

「キャッシング利用のおすすめ」というのは「もっと借りませんか?」というもの。
増額ではなく「今の限度額の範囲内で?」ということですね。

ただ、これはほぼゼロだと考えてください。
少なくとも大手の消費者金融は、こんな電話はしません。

(こういう電話が来たら、相当経営が苦しいと考えるべきです。オペレーターさんの仕事がないくらい、新規の申し込みがすくないわけですから)

■返済計画再編のためのローン

「返済計画再編のためのローン利用のおすすめ」というのは、他社でも借金がある方です。
それは信用情報を見ればわかるので、「この人に、返済計画の再編をすすめてみよう」と業者も思うわけですね。

これも相手の人生に踏み込む部分があるので、あまり多くはありません。
ただ、キャッシング利用のすすめほど、経営が苦しいということはなさそうです。

■その他の金融商品

その業者が、事業者向けローンなど、他にも金融商品を出している場合、それをおすすめすることもあります。

しかし、個人向けのカードローンを利用している人は、大抵お金が苦しいです。
ということは、他の金融商品に手を出すことも、あまりありません。
なので、この営業電話もほとんどないです。

2-2.返済の遅延による督促

消費者金融からの電話では、これが一番多いです。
(多くてはいけないのですが…)

遅延して、何日で電話が来るかはケースバイケースです。
その人の信用度にもよりますし、業者・ブランド・銀行の方針にもよります。

私はプロミスで1年半ほど借りて、合計で8回ほど遅延していますが、いずれも電話は来ませんでした。
長い時は7日遅れましたが、それでも来ませんでした。

私の場合、最初の約1年は遅延がなく、増額された後で、ある程度信用度が蓄積されていたためだと思います。

督促電話は、自宅にかかってくることはめったにありません。
ほとんど自分の携帯電話のみです。

出られなかった場合も留守電が残り、留守電すら無視した場合も、普通はもう1回携帯に来ます。
というように「明らかに悪質」という遅延でなければ、業者側もほとんど「携帯だけ」で済ませてくれます。

なので、督促電話によってキャッシングが家族にバレる…という心配はありません。
(普通に返済していれば)

2-3.その他、特殊な確認電話

その他、何かおかしなことがあった時に、確認電話が来ます。

個人情報に何か疑問点があった時。
「明らかにいつもと離れた場所でATMが使われ、しかも全額借り入れした時」などです。
(クレジットカードでも、たまにこういう確認電話がきますね)

ただ、これも当然めったにありません(あっては困ります)。
基本的に、消費者金融からの電話は、遅延した時以外、ほとんどかかってこないと考えてください。

3.まとめ「どの電話でも、家族にバレることはない」

以上。
消費者金融から電話がかかってくるケースをいろいろ書きました。

いずれにしても、電話によって「家族バレする」ということはないので、安心してください。
「よほど悪質な遅延を繰り返した」という場合くらいです。

貸金業法では、「他人に、借金の事実を知らせてはならない」というルールがあります。
この他人というのは、家族も含みます。

なので、「家族にバレないようにする」というのは、消費者金融のサービスではなく「法律」なんですね。
もちろん、サービスとしても利益になりますから、消費者金融の方もしっかり家族バレを防いでくれます。

だから、電話による家族バレはまずない、と考えてください。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)