初めてのキャッシングマニュアル!気を付けるべきこと!

キャッシング基礎知識

2015.06.08

mag015

初めてキャッシングする時、大事なこと―。
それは「早く決めて、早く借りて、早く返済する」ということです。

というのは、大手の消費者金融や銀行なら、ぶっちゃけ「どこも同じ」だからです。
貸金業というのは、個性を出しにくい業種なので、どうしても同じになるんですね。

「無利息期間の有無」や「職場への在籍確認の電話があるかどうか」などは、確かに多少違います。
これらの点にこだわる場合、それぞれおすすめの業者があります。

しかし、それ以外の所では、本当に細かい違いしかないので、比較してもあまり意味はありません。
それより「早く日払いのアルバイトなどを探した方がいい」というのが、率直な意見です。

ただ、条件別にいくつかの違いはあり、その条件ごとにおすすめの業者もあります。
ここではそれらを紹介します。

【目次】

1.条件別におすすめのカードローン
1-1.低金利で借りたいなら「初回30日間無利息」
1-2.職場バレしたくないなら「SMBCモビットはWEB完結なら電話連絡なし」
1-3.女性向けローン・学生ローンなどは意味がない

2.急いでいる人は「消費者金融」で申し込む
2-1.銀行カードローンは最短即日借り入れしにくい
2-2.プロミスは、毎日「22時」までに申し込めば、当日借り入れOK
2-3.銀行振り込み希望なら、午前中に申し込む

3.まとめ「借りる時から、完済に向けて爆進するべき」

1.大手の業者同士・銀行同士なら、違いはほとんどない

1-1. 低金利で借りたいなら「初回30日間無利息」

「初回30日間無利息」は、文字通り「最初の1ヶ月分の利子が、永遠になしになる」ということ。
1ヶ月をオーバーしても、その金利を払う必要はありません。

というわけで「数ヶ月で完済」するなら、こうした業者が一番低金利です。
(金額によっては、半年くらいまで、一番低金利でしょう)

30日間無利息をやっているサービスは「プロミス・アコム・レイク」。
レイクは「5万円まで180日間無利息」というシステムもあります。

急いでいる場合、この中で一番いいのはプロミスです。
他の業者はすべて「21時まで」しか最短即日審査をしていません。
しかしプロミスは「22時まで」最短即日審査して、借り入れできます。

1-2.職場バレしたくないなら「SMBCモビットはWEB完結なら電話連絡なし」

「どうしても、職場の人にバレたくない」という方もいるでしょう。
その場合「職場への電話連絡をなしにする」こともできます。

これができるのは「SMBCモビット・アコム」。
SMBCモビットはWEB完結を利用すれば、「会社の保険証」「給与明細」の提出によって、電話連絡なしに出来る可能性があります。

アコムは書類なしですが、代わりに限度額が10万円以下になります。
SMBCモビットは、基本的に「三菱UFJ銀行」か「三井住友銀行」の口座が必要です。

口座や限度額の縛りがないのはプロミス。
先にも書いた通り、受付時間も長いので、この3サービスの中でも一番おすすめです。

1-3.女性向けローン・学生ローンなどは意味がない

カードローンの中には、「○○専用」というものがいくつかあります。

・女性専用ローン(レディースローン)
・10代専用ローン
・学生専用ローン

…というようなものですね。
これらは正直、意味がありません。

否定はしませんが、別に金利が安くなったりしないのです。
せいぜい、その属性の人が「気分的に」申し込みしやすい、というだけです。

もちろん、気分も大事です。
カードローンの申し込みというのは精神的に疲れるので、それが楽になるというのは、確かに価値があるでしょう。

(特に初めてキャッシングする方は緊張するので、なおさらです)

そういう点での価値はありますが、時間を割いて迷うほどの価値はありません。
それぞれの業者のメインのカードローンで即決して、早くバイトをしましょう。

(何度も繰り返しますが、それが本当に一番なのです)

*ちなみに「事業者向けローン」だけは意味があります。

2.急いでいる人は「消費者金融」で申し込む

2-1.銀行カードローンは最短即日借り入れしにくい

銀行カードローンは低金利な分、審査に時間がかかるのが難点。
消費者金融は「最短30分」ですが、銀行は「最短即日」です。

実際には、そこの銀行の口座があれば、当日借入できることがほとんど。
しかし、急ぎの場合は消費者金融の方が確実なので、消費者金融で申し込みしましょう。

特に土曜日・日曜日・祝日・夜間など、銀行カードローンは「審査自体していない」ということが多いです。
また、審査はしてくれても「在籍確認必須」なので、職場が閉まっていたら当日借入できません。

というわけで、急ぎの時はとにかく消費者金融を選ぶ…と考えてください。

2-2.プロミスは、毎日「22時」までに申し込めば、当日借り入れも可能

一番ギリギリまで審査してくれるのはプロミスです。
平日でも土曜日・日曜日・祝日でも「22時まで」最短即日審査を受け付けています。

この時間までにプロミスの自動契約機(無人契約機)に入ればいいんですね。
それで審査に通れば、カードが発行され、そのカードでATMから自由に引き出せます。

プロミス以外の消費者金融はすべて「21時まで」です。
これでも間に合う場合はそれらの業者もいいでしょう。

しかし、書類忘れなど、どんなトラブルがあるかわからないので、1時間でも余裕があるプロミスの方が、安全だとは思います。

2-3.銀行振り込み希望なら、午前中に申し込む

現金で直接借り入れでなく「自分の口座に振り込んでほしい」という場合。
この場合は、どの消費者金融でも「午前中」に申し込みしましょう。

消費者金融の審査は2時間程度かかることもあります。
午前中に申し込めば、遅くとも「14時より前」に審査が終わるわけですね。

そして、あなたの口座に振り込む手続きも、14時までにできます。
たとえばアイフルなどは「当日振り込みの締め切りは14時」となっているので、これがギリギリなのです。

アコムは14時30分、SMBCモビットは14時50分まで、プロミスは14時まで「当日振り込み受付」なので、もう少し余裕があります。
とりあえず、「アイフルでも間に合う時間」となると、午前中に申し込むべき…ということですね。

3.まとめ「借りる時から、完済に向けて爆進するべき」

借金をズルズル引きずる人の特徴は、「借りる時に、完済をイメージしていない」ということです。
とりあえず借りて、とりあえず月々の支払い分さえ払ってれば、いつかなくなるんじゃない?…程度に考えているんですね。

しかし、カードローンでもクレジットカードでも、リボ払いの初期設定で支払っていると、大変なことになります。
「借りた金額と、同金額の利息」を、最終的に払うんですね。

これを知っていれば、借りる時から「絶対にさっさと完済してやる」と思うはずです。
(私が多重債務から逃れる時には、よく「ぶっつぶす」という言葉を使っていましたが…)

とにかく、大事なことは「さっさと借りて、さっさと完済する」ことです。
ここで紹介した以外の違いは、どの業者・ブランド・銀行でも特にないので、早く決めて、お金を稼ぐことを考えてください。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)