キャッシングを手軽に利用、今の常識とみんなの使い方!

消費者金融ナビ

2014.07.12

今のキャッシングに昔の常識は通じない

今年50歳になる近藤さんは運送会社の経理課に勤めています。課員は近藤さんを入れて5名しかいませんが今のポストは課長です。でも小さな運送会社では課長といえども給料はしれています。手取りで30万円にも達しません。年収も去年やっと500万円をオーバーしたばかりです。

高木さんには子どもが3人います。長男が今年大学へ入り、次女が高校1年で、一番下の息子が中学2年です。教育費のもっとも嵩む時期なのです。そのため近藤さんの小遣いは昼食代込みで3万円しかありません。奥さんはスーパーで早朝の惣菜作りのパートに出ていますから、お弁当は作ってもらえません。

したがって昼食代が毎日かかるのです。それに小さな会社とはいえ近藤さんは管理職ですから、たまには部下とのコミにケーションを図る為に飲み会などへ誘わなくては面目がたちません。でも昼食代を払ったら残りは1万円ほどですから、これではどうしようもないんです。

img013

キャッシングでもして小遣いをプールしておきたい

高木さんは課長ですから部下の面倒はよく見なければいけないと考えています。仕事を教えるだけでなく、いろいろな相談にものってあげたいとも思っているのです。そのためにはコミュニケーションが必要で、それには仕事を終わった後の夜の付き合いが必要だというふうに思うのです。

でもそれには資金が必要です。課長の手前、3度に1回ぐらいは自分で費用を持ちたいのです。近藤さんはキャッシングをしてそのための資金をプールしておこうと考えました。でもサラリーマンになりたての20代の始めろ頃1度利用しただけで、その後長い間キャッシングは利用したことがありませんから、最近のキャッシングをめぐる事情などさっぱり分かりません。

いまだに申し込みには店舗まで出向くものだと思っているのです。どこで借りようかと、とりあえずネット検索で調べてみました。ネットで最新のキャッシングの事情に触れた近藤さんは驚いてしまいました。今では消費者金融はすべて無人店舗あるいは無店舗で営業されているのです。店舗には係りの人はいなくなっており、すべて自動契約機という機械を操作して申し込みや借入れを行うのです。

それだけでなく、その無人店舗の自動契約機さえ使わずに、すべてインターネットを通じて行う取引があるのです。なにか「ウェブ完結」というような名前がついたサービスがあって、申し込みから審査などすべてネット上で行われるようになっているのです。

近藤さんが初めて消費者金融を利用した27年ほど前と比べて、今のキャッシングは大きく進歩していたのです。近藤さんは何日も何日もかけて新しい情報を調べた上で、やっと10日ぐらいたって、M銀行と提携している大手消費者金融の「A」に50万円のカードローンを申し込みました。

≪よくある質問≫

Q、審査に通るのかすごく不安。柔軟審査のキャシング会社はどこですが?

僕は学生の頃からキャッシングに興味があり、社会人になってキャッシングカードを持ちたいと思っていました。
テレビのコマーシャル中でも目にすることがあるのですが、色々な場面で生活を助けてくれると思うし早く作りたいと思っていたのですが、学生の頃はやはり審査に通過できるかどうか不安があり、アルバイトをしていて収入も多くなかったので我慢しながら申し込みをする事はしませんでした。

しかし社会人になって数年が経過したため、キャッシングの会社に申し込みをしようと思っているのですが、やっぱりこれまで利用したことがないので、自分の審査結果がとても不安に感じています。
インターネットで色々と調べてみたところ、例えば一つの会社で申し込みをして断られてしまうと、その情報が自分の信用情報に掲載されてしまうので、その後違う会社で申し込みをしても断られる可能性が高くなることを知りました。
そのため、初回の申し込みで断られてしまわないように通りやすいキャッシング会社を探しているのですが、どこなら柔軟な審査で僕でもキャッシングカードを作ることができるのでしょうか?
大手の消費者金融で申し込みをするのと、カードローン専用の会社で申し込みをするのと迷っています。

やっぱり消費者金融で申し込みをした方が審査は柔軟なんですか?
そんなに頻繁に利用することはないと思いますが、社会人としてキャッシングカードの1枚くらいは持っていたいと思うので、クレジットカードよりキャッシングカードに魅力を感じています。

A、最短即日審査をしている会社で申し込みをしましょう

まずお伺いしたいのが、現在の勤務先で働くようになってからどのくらいの期間が経過しているかということになります。
キャッシング会社では近年、最短即日融資をしていることも多くなり申し込みをした後はコンピュータが簡単な会審査をしているのですが、この仮審査の段階で審査に落ちてしまうと本審査が行われず、当然ながらお金が借りられません。

コンピュータが行ってる自動審査の中には、勤務期間が重要なチェック項目となっていて、現在の会社で働いている期間が2年に届かないなどといった場合には、この段階で落ちてしまう可能性もあります。
ここがクリアできているようであれば、コンピュータ審査には落ちてしまう可能性は非常に少ないと言えるので、どのような消費者金融でも基本的にはキャッシングができるのではないでしょうか。

初めてのキャッシングということですから、過去の遅延情報なども無くスムーズに通りやすいと考えられます。
むしろ現在の収入や居住形態などからも審査が行われるのですが、一つの会社でどれだけ長い期間勤務しているかというのが非常に重要ですので、働き出したばかりでキャッシングの申し込みなどをしても審査には通過できないことがあります。
反対に一つの会社である程度の期間働いているのであれば、これまでの収入も安定していることがはっきりとわかるため審査には通りやすくなるといった特長があります。

自然に不安を感じているのであれば、とても簡単な項目を入力して借り入れができる可能性を知る診断ツールなどもありますので、このようなものを利用しながら最終的な申し込みをしてみると良いでしょう。
他社での借り入れがないことや勤続年数が2年を超えていることは、キャッシング会社で借り入れをする際に審査に申し込みやすい最も大きな要件といえます。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)