キャッシング初心者おすすめはどこ?初心者向け基礎知識

消費者金融ナビ

2014.07.12

クレジット初心者はまずキャッシングの知識をつけよう

ホテルマンの前田修二さん(25歳仮名は)就職して3年になるのですが、このところ自分の英語力の弱さを痛感います。というのも職場のホテルのレストランには外国人客が多く英語で話しかけられのはしょっちゅうだからです。

もちろん前田さんはホテルに就職する前からそうしたことは予想していて、自分なりに英語の勉強には励んできたつもりです。でも実際にはその勉強もあまり役立たず、いまだにカタコト程度の英会話しかできないのです。前田さんは「ホテルマンである以上これではいけない」と次第に強く思い始めました。

そして英会話スクールに通って徹底的に会話力を鍛えようと決心しました。でも肝心なのはそのために資金です。良い英会話スクールだと費用は少なくても50万円以上はかかります。でも貯金はまだ20万円ぐらいしかないのです。でも英会話の勉強は諦めるわけにはいきませんので、不足分はキャッシングでまかなうことにしました。

キャッシングには不安を解消してから臨もう

キャッシングで30万円の調達を思いついた前田さんですが、よく考えてみると今まで利用した経験もなくキャッシングについての知識がほとんどないのです。これでは不安が大きくて安心してキャッシングに臨むことはできません。不安を解消してキャッシングに臨むには、まず知識をつけることだと前田さんは思いました。

さいわい今はネットにはキャッシングに関しての情報がふんだんにあります。山田さんは早速ネットを使ってキャッシングの知識の習得を始めて、まず次のようなことを学びました。

img010

<キャッシングは業者選びが大切>

ネットを見てまず驚いたのは消費者金融の会社の多さです。
この中からできるだけ安心して利用でくるところを選ぼうと、山田さんはテレビでCMを流していたり、大手の銀行と提携しているような会社を選ぶことにしました。

<できるだけ金利の安いところを選ぶ>

業者によって金利はまちまちです。特に銀行のカードローンに金利の差が大きいようです。道夫さんは銀行で借りることにして、年率10%ともっとも金利の安いネット銀行の「M」に白羽の矢を立てました。

<返済期間が長いのでできるだけ楽な返済方法を選ぶ>

前田さんは英会話スクールの費用として40万円ぐらい借りるつもりです。この金額だと支払い期間はかなり長引きそうです。2万円づつ返済しても2年間ぐらいはかかるでしょから、返済方法が煩わしくては大変です。前田さんはなるべく楽な返済方法が良いだろうと、インターネットバンキングを開設し、そこから自動的に返済できる方法を選びました。

≪よくある質問≫

Q、貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲外(例外・除外含む)でお金借りることができる会社はありますか?

僕は色々と自分の生活を変えたいと思っていて、そのためにはお金が必要です。
引越しをすることや、その他にも新しいものを購入したり、これまで住んでいた部屋での契約解除をしてその後ハウスクリーニングに必要なお金などを支払わなければならないのでキャッシングをしたいと思っているのですが、今現時点で一つのキャッシング会社から借り入れをしています。

限度額がいっぱいなので、この会社でお金を借りることは不可能なのですが、他の会社で借入をすることは可能でしょうか?
数年前から総量規制の法律が決まったことによって、僕のようにお金を借りたいと思ってる人でも思うようにお金を借りることができなくなってしまったのですが、何とか貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲外(例外・除外含む)でお金を貸してくれるようなキャッシング会社はありますか?

総量規制が原因でお金を借りることができないと、僕は新しい生活を始めることができないので環境を変えることができず様々なストレスを抱えてしまうことになります。
今生活をしているところは、周辺環境もあまり良くないので、こうしたことを考えると何とかして環境を変えたいと願っていますが、総量規制に引っかからないようにお金を貸してくれるような会社はないのでしょうか?

A、現在の借入状況により審査結果に違いがあります

今現時点で借入をしている金額というのは年収の3分の1を超えているでしょうか?
貸金業法第13条の2第2項の規定の対象内になっているのは、年間でご自分の年収の3分の1以上の借り入れをしてしまうことですが、これだけの金額は他社で借りれている状況でなければ、他の会社でも新たに申し込みをすることができます。
また銀行で扱っているカードローンなとに関しても貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲外(例外・除外含む)となっているため、消費者金融やキャッシング会社ばかりではなく銀行で申し込みをしてみるといった方法もあるでしょう。

ただし銀行の場合には、消費者金融で借入をしているとカードローン等の審査も厳しくなってしまうことがあるので、可能性としてはあまり高いものとは言えません。
まずはご自身が現在借り入れをしている金額をかめた上で年収の3分の1を超えているかどうかを確認してみましょう。
超えていないようであれば違う会社での申込みを行い、審査に通過できる可能性も高くなります。
貸金業法第13条の2第2項の規定の対象になっているのら消費者金融などを含め銀行以外でキャッシングをすることですから、この部分において年収の3分の1を超えていなければ複数の会社から借り入れを行っている人もたくさんいます。

ただ実際に借り入れをすることができたとしても返済に苦しんでしまうようでは困るので、年収の3分の1ギリギリまでお金を借りてしまうのではなく、計画的な返済が行えるように借りる金額には十分注意しましょう。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)