総量規制でもお金が借りたい時、総量規制対象外はここ!

専業主婦のためのキャッシングナビ

2014.09.03

総量規制は自分の年収の3分の1以上お金を借りることができないという決まりになっています。
三分の一以上のお金を借りてしまうと返済をするのが厳しくなってしまい、万が一お給料が下がることなどがあればお金を返すことができなくなってしまうので、あらかじめこうしたことを避けるために決められた方法です。

しかしこの総量規制というのはあくまでも消費者金融などでお金を借りる際の対象になっていますので、総量規制いっぱいまで、現時点でお金を借りている場合、さらにお金を借りたいのであれば他の金融機関を選ぶしかありません。
反対に、銀行などで住宅ローンを組んでおり、この時点で年収の3分の1を超えた契約をしている場合には、さらにお金を借りることができないと思ってしまう人もいるようですが、銀行での住宅ローンやオートローンに関しては貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲外(例外・除外含む)となっていますので、さらにお金を借りたいと思った際には、消費者金融でお金を借りることが可能になっています。

img075

総量規制が全ての借入に対して対象となっているのではなく、前述の通り、消費者金融やその他カードローンなどを利用した際の制約となっていますので、住宅ローンやオートローンなど目的を持った場合の融資契約をする際には、総量規制は気にしなくて良いでしょう。

実際には総量規制を超えてもお金を借りることができる

このように、実際には総量規制を超えてもお金を借りることができるのですが、やはりたくさんの借り入れを行ってしまい返済ができなくなるといった状況は避けたいものですから、自分の中でしっかり計画的にお金を借りなければなりません。

例えばすでに住宅ローンを組んでいる状態で消費者金融でお金を借りてしまえば、どちらも並行して返済しなければなりませんから、その分負担が大きくなります。
ですから、総量規制そのものはクリアできていても、返済が厳しくなってしまうような状況では困りますから、ここは自分でしっかり考えなければなりません。
それから近年では総量規制いっぱいまで消費者金融でお金を借りてしまっている人に対してもお金を貸してくれるような闇金業者が増えていますが、こうした業者を利用することは避けた方が良いです。

このようなところでお金を借りてしまうと、多大なる金利を支払うことになってしまい、何度返そうとと借金が減らず、自分自身が本当に困ることになります。
総量規制は消費者を守るために決められた法案となっていますので、現時点で自分がお金に困っているからといって手軽に手を出さないようにしましょう。

消費者金融などであれば総量規制にかからない金額で複数社からの借り入れができるようになっています。
そのため、この金額を超えての闇金の利用は絶対に避けた方が良いと言えます。

≪よくある質問≫

Q、キャッシング審査をする際の在籍確認のタイミングはいつでしょうか?

僕は近々キャッシングの申し込みをしようと思っているのですが、キャッシングをする際には確認の電話があると言う話を耳にしました、実際に回せて働いているかどうかを確かめるためだそうですが、営業をしているので会社の中にいる時間はとても少ないです。
そのため在籍確認の電話があったときに、僕自身が電話に出られるかどうかが不安なのですが、電話に出られなければやはり審査には落ちてしまうのでしょうか。
会社にいる時間を指定して在籍確認の電話をかけてもらうことができるのでしょうか?
ボーナスをもらったのですが、ボーナスは様々な支払えなくなってしまい一つだけ欲しいものがあるので購入したいと思っています。

できれば季節が変わる前に購入したいと思っているのですが、今のタイミングを逃すと安売りせず高い金額に跳ね上がってしまいます。
急いでキャッシングをしたいのですが、在籍確認のタイミングがわからないので不安で申し込みをすることができません。
どなたか確認のタイミングがわかる人がいたら教えてください。

A、仮審査の通過後に在籍確認が行われます

キャッシングの申し込み方法によって多少の違いはあるものの、近年ではインターネットから申し込みをするといった方法が主流になっています。
この方法で申し込みをした場合には、まずコンピュータが簡単な審査をするのですが、この仮審査に通過した後は審査で、在籍確認の電話が行われます。
しかしこの在籍確認の電話に関してはご本人が電話に出なくてもよいことになっており、実際には会社に電話をかけてくる時には金融機関側のスタッフは個人名で名乗ります。

そして電話口に出た人に対し、申し込みをしたご本人の名前を告げていらっしゃいますか?と聞きますが、外出している時には電話を取った方が◯◯はただいま外出していますと答えるでしょう。
その際に外出しているということが実際に働いていることが確認できたということになりますので後ほどかけなおしますなどと言って、金融機関側のスタッフが電話を切ります。
もちろん電話が改めてかかってくることはありませんし、在籍確認の内容としてはこれで十分になっていますので、ご自身が会社にいられる時間などを気にする必要がありません。

1部の消費者金融や銀行では、この本審査に通過した後、本当にお金を借りる意思があるのかの確認電話がご本人に入ることになっているのですが、この確認電話が入った場合にもどのような方法で融資を受けるのかについては問われたりすることもあります。
ご本人への確認電話については申し込みをするときに電話をかけて大丈夫な時間帯を記入しておきますので、対応可能な時間帯に携帯電話などに連絡が入ることになっています。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

総量規制対象外のキャッシング一覧