ネット審査で来店不要のプロミス

消費者金融ナビ

2014.09.11

ソファに腰掛けてスマートフォンを使う若い女性

プロミスの審査は、来店は全く不要

プロミスはネット審査によってキャッシングをすることができますが、ネット審査という名前からもわかる通り、有人店舗に来店しての審査は、まったく不要となっています。ほんのわずかでもカードローン・消費者金融・キャッシングの知識がある人なら、完全に把握している通り、これはプロミスだけに限定された内容ではなく、アコム・SMBCモビット・アイフル・ノーローンなど、他の大手の消費者金融でも同じシステムとなっています。

基本的にお金を借りるというのは人に見られたくないものなので、有人店舗で来店して審査したいという人はいないですからね。ということで、他の大手の消費者金融と同様にプロミスも来店することなくネット完結の審査によって借り入れができるということですが、何はともあれ「お金を借りたいけど、消費者金融・銀行カードローンのスタッフさんと対面して審査するのは抵抗がある」という人にとっては、このような話は朗報でしょう。

来店したい人のみ、すればいい

もちろん、プロミスくらい大規模なキャッシングブランドになると、有人店舗は全国各地に多数あるので、「有人店舗で借入審査を受けたい」という方の場合は、それらのプロミスの店舗で審査を申し込むということも可能になっています。要は見出しの通り、「来店審査をしたい人はすればいい」ということですね。

来店審査のメリット・長所は何かというと、主に高齢者・老人の方々が、インターネット申込もできず、電話申し込みでも耳が遠くて聞こえず、FAXもないし、郵送では最短当日借入ができないので困る…というようなケースで「すぐに申し込める」という点でしょう。「自動契約機で申し込むという手もあるのでは?」という指摘があるかも知れません。確かにその通りですが、「お年寄りにとっては、大手の消費者金融が提供する無人契約機・自動契約機というのは、少々操作しづらい可能性がある」ということはわかるでしょう。タッチパネルをどう操作したらいいかわからないでしょうし、ローン契約機・ローン申込機で申し込むにしても、オペレーターさんとの通話はありますから、やはり耳が遠い老人・高齢者にとっては、このような審査の申込方法は少々不安があるわけです。

なので、そのような不安が一切なく、スタッフさんのサポートを受けながら確実に審査の申し込みをできる来店審査が、高齢者・老人の申込者の方々にとては、便利になることもあるというわけですね。ただ、そのような例外を除外すれば、ほとんどの若い世代の申込者(利用者)の方々は、来店審査ではなくWEB完結の審査をしたいはずですから、ネット審査と最低限の電話連絡のみで借入可能となっているプロミスは、大手の消費者金融・銀行カードローンの中でも特に、申し込みたいという希望者の方々が多くなるのではないかと思われます。

ネット審査は、スピード借入で圧倒的に有利

ネット審査ができるということは、スピードキャッシングをしたいという方々にとって、最短当日借入がしやすくなるという点でも、メリット(長所)が大きいということができます。ネット完結・WEB完結の審査ができると、スピード借入がしやすくなるということは言うまでもないでしょう。

たとえば郵送による審査の申し込みだったら、当然のごとく最短当日キャッシングはできなくなります。また、電話審査の場合も、膨大な審査項目を全て口頭で答えないといけない可能性があるということで、非常に不便かつ時間がかかる申込方法になります。

ローン契約機・自動契約機に関しては割と良い申込方法ですが、それでも「自宅の近くにプロミスの自動契約機があるとは限らない」ということで、やはり万人におすすめの申込方法ではありません。

そして、来店審査については上に書いた通りです。こうして他の審査の申込方法とすべて比較していくと、スピードキャッシングをしたい場合には、ネット完結の審査が一番いいということがよくわかるでしょう。

パソコンでもスマートフォンでもOK

WEB完結・ネット完結の審査というと、パソコンから申し込むというイメージがあるかも知れません。もちろんパソコンから申し込むのも可能ですが、スマートフォン・タブレットから申し込むことも可能になっているんですね。要はネット回線を使って審査の申し込みをすることを、ネット審査というわけです。なので、端末はモバイル端末でも別にかまわないわけですね。もちろん、いわゆるガラケー、普通の携帯電話でもOKです。

(ガラケーは正式名称で「フィーチャーフォン」と言います)

スマートフォン・タブレットからプロミスの審査に申し込む場合は、プロミスのアプリをダウンロードして、その申し込みのメニューから手続きをするようにすると、非常にスムーズです。急ぎでお金を借りたい時でもストレスなく操作できるようになっているので、特に大至急キャッシングをしたいという緊急の場面では、ぜひプロミスのアプリを活用してスマートフォンから審査の申し込みをしてみてください。

ローンカードの発行のみ、自動契約機を使う

これもやはり、プロミス以外の大手の消費者金融でも全て同じことが言えるのですが、ネット完結の審査で申し込みをする場合でも、ローンカードの発行だけは自動契約機を使う…という風になります。もちろん、郵送によってローンカードを受け取ってもいいのですが、これだと自宅にローンカードが届くまで数日かかるので、最短即日キャッシングはできなくなるということですね。

振り込みによって最短当日借入ができる曜日や時間帯であればいいのですが、そうでない場合は「ローンカードを発行してATMから直接借りる」という方法でなければ、最短当日借入はできないわけです。ということは、ローンカードをその日中に発行するために、有人店舗に行くか自動契約機で発行するか…という二択になるんですね。

そして、有人店舗は自宅の近くにあるとは限らないですし、自動契約機の方が圧倒的に数が多いので、カード発行は自動契約機を利用した方がいいということです。

土曜日・日曜日・祝日・夜間の最短即日借入に

上で日時について書きましたが、具体的には「土曜日・日曜日・祝日・夜間に最短当日借入をしたい場合には、ローンカードの発行が必要になる」と考えて下さい。これはプロミスでもその他の大手の消費者金融でもほぼ同じです。

土曜日・日曜日・祝日・夜間だと銀行が営業していないので、プロミスが最短即日振込の手続きをしても、それが申込者の口座に反映されないということですね。プロミスの方は最短即日振込の手続きをできるのですが、申込者の銀行口座の側で、それを受け入れるだけの能力がないということです。

(サッカーのキラーパスを、チームメイトが受け取れないというようなものですね)

なお、プロミスは三井住友銀行・ジャパンネット銀行と提携しているので、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座であれば、土曜日・日曜日・祝日・夜間でも最短即日振込ができるようになっています。そのため、ここまで書いてきた内容は、あくまで三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座以外の口座を使っている人のための情報だと思って下さい。

自動契約機でも審査はできるが…

ここまでは「ローンカードの発行をするために自動契約機を使う」ということを書いてきました。これは知っている方も多いでしょうが、消費者金融の自動契約機・無人契約機はそのマシンの中で最短当日審査をして、そのまま借り入れもできるというものなので、ローンカードの発行のためだけにあるものではないんですね。

では、なぜここで自動契約機での審査申込みについて書いてこなかったかというとネット審査に比べて、自動契約機での最短当日審査は不便というデメリット・短所があるからです。具体的にどのように不便かというと、下のようになります。

  • 自宅の近くにないことが多い
  • 近くにあっても移動時間の分が無駄になる
  • ネット審査だったら「最短30分」で終わる(融資までは「最短60分」)
  • 自動契約機に先客がいる可能性がある
  • 自動契約機での審査申込みは、誰かに見られるかもしれない
  • 必要書類を自宅に忘れると、取りに行かないといけない

…などなど。他にも自動契約機でのキャッシング審査のデメリット・短所は多くあるのですが、このように「ネット審査の方が断然に便利」という理由から、この記事では自動契約機は「ローンカードの発行のために使うもの」という扱いをしています。

三井住友銀行のローン契約機も使える

プロミスは大手の消費者金融の中でも一番便利はキャッシングブランドです。それは無利息キャッシングのシステムなど随所に発現していますが、自動契約機でのローンカードの発行についてもそれが言えます。

  • 他の大手の消費者金融…そのブランドの自動契約機・無人契約機しか使えない
  • プロミス…三井住友銀行のローン契約機も利用可能

ということです。かなり驚くかも知れませんが三井住友銀行のATMコーナーなどにある、ACM・ローン契約機を使って、プロミスの審査の申し込みやローンカードの発行もできてしまう…ということですね。「消費者金融のローン申込機・自動契約機に入るのは恥ずかしいからいやだ」という方でも、三井住友銀行のローン契約機だったら、思い切り堂々と入ることができるでしょう。傍から見たら「三井住友銀行の口座でも開設している」かのように見えるはずです。

このような点でも、プロミスはアコム・アイフルなどの他の大手の消費者金融から一歩リードしていると言えます。もちろん、他の大手の消費者金融も十分スゴいのですが、プロミスのサービスが抜きん出ている…というわけですね。

プロミスのその他の申込方法について

プロミスの借入審査は、言うまでもなくインターネット申込以外の方法でも出来るようになっています。序盤でも少し書いてきましたが、ここではプロミスのWEB完結・ネット完結の審査以外の申込方法についても詳しく解説していきましょう。

郵送は高齢者の方々のみおすすめ

まず郵送申し込みですが、これは現役の会社員・OL・公務員などとして働く職業・属性の方々には、おすすめできません。もちろん、学生はパート・アルバイト・フリーターの方々も同様です。というのは、ここまで書いてきた通り、インターネット申込の方が圧倒的に便利だし、ネット審査をしないにしても、電話審査やローン申込機・契約ルームなどでの審査の方が、よほど最短当日借入がしやすくなるからです。

では「なぜ高齢者の方々におすすめ」なのかというと、下のような理由になります。

  • 高齢者はインターネット申込は難しい(人が多い)
  • 電話審査だと、耳が遠くて聞こえないことがある
  • ローン申込機・ローン契約機での審査も、先に書いた通り難しい
  • ファクシミリの操作もできない老人・高齢者は多い(できるならいい)

ということです。残るは「来店」か「郵送」ですが、プロミスの有人店舗が近くにあるのであれば、それが一番確実かも知れません。しかし、近くにない人の方が多いので、その場合は郵送による審査申込みの方がいい…ということですね。

電話審査は時間がかかるのでおすすめできない

ここまで書いてきた内容だと、「一番いいのがネット審査」「2番目が自動契約機」というランキングになります。3番目は人それぞれですが、やはり電話審査でしょう。

ただ、電話審査はあまりおすすめできません。というのは「膨大な審査情報をすべて口頭で話す」ということで、かなりの手間・時間がかかるからです。

電話でのキャッシング審査は、学生専用ローンなどの中小業者がよくやっています。私も学生時代に学生専用ローンを利用した事があるのですが、カードローン審査で聞かれることを全て口頭で答えるというのは、かなりハードでした。回答している間に、誰かに聞かれるのではないかと思うと、非常にヒヤヒヤしますしね。審査が終わった後どっと疲れた実体験を思い出します。

ということで、電話審査はインターネット申込も自動契約機での審査の申し込みも両方できないという人が利用する選択肢…という風に考えて下さい。

インターネット申込が断然申し込みやすい

ここまでの内容と重複しますが、要は「キャッシングでお金を借りたいうのであれば、普通にインターネット申込をするのが一番」ということです。そもそも、このサイトを見ている時点で、パソコンでもスマートフォンでもインターネットが使えるということですから、そのようなインターネット環境があったり、メディア端末の操作ができるということであれば、インターネット申込は全く問題なくできるということなんですね。といことで、あえて他の不便な申込方法をチェックする必要はない…ということです。

プロミスのインターネット審査・まとめ

以上、プロミスのキャッシングの審査の申込方法の中でも、特にインターネット申込について詳しくまとめてきました。最後に要点を箇条書きすると、下のようになります。

  • プロミスには多くの申込方法がある
  • その中で一番、インターネット申込が便利で最短当日借入が申し込みやすい
  • 提出書類は本人確認資料のみ
  • スマートフォン・タブレットでもパソコンでも申し込み可能
  • 審査の所要時間は「最短30分」(融資まで全て含めて最短1時間)
  • 土曜日・日曜日・祝日・夜間ならローンカードの発行のために自動契約機を使う
  • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座なら土曜日・日曜日・祝日・夜間でも最短即日振込できる
  • 三井住友銀行のローン契約機も利用できる

という風になります。自動契約機の件にしても、ジャパンネット銀行・三井住友銀行の口座の件にしても、すべての大手の消費者金融の中で一番最短当日キャッシングがしやすいのはプロミスなので、急ぎでお金を借りたいという方にもぜひおすすめしたいと思います。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)