主婦に不安な審査、SMBCモビットなら安心

消費者金融ナビ

2014.09.11

掃除をする主婦の女性

SMBCモビットはパート収入がある女性なら借入可能

SMBCモビットは、主婦でもキャッシングをすることが可能です。ただし、これは「パート・アルバイトなどをしていて、何らかの収入を得ている」…という条件に限定されています。つまり、家庭に入っている女性の場合は、SMBCモビットでキャッシングをすることはで出来ません。

自分の収入があれば借りられるのが基本

この「自分の安定収入を得ている人であれば、主婦でも借り入れができる」というのは、SMBCモビットも含めた全ての大手の消費者金融に共通して言えることなのですが、何はともあれ「主婦という職業・属性によって借入不可になる」ということはないというわけですね。

これは主婦のキャッシングに限った話ではありません。学生にしても年金受給者(年金生活者)の方々にしても、安定収入・継続収入があって、その他のクレジットスコア(信用度)に特に問題ないという方であれば、キャッシングの審査で一定金額を借りることは、それほど難しくないということです。

もちろん、あくまでSMBCモビットなどの大手の銀行カードローン・消費者金融が要求する基準を満たしていれば…という条件ではありますが、そのような条件下で、キャッシングをすること自体はまったく問題なく可能…という風になっているわけです。

SMBCモビット以外の大手の消費者金融でも同じ

上の内容は、言うまでもなくSMBCモビット以外の大手の消費者金融でも共通して言えることとなっています。消費者金融だけではなく、新生銀行カードローン レイクなどの大手の銀行カードローンでもやはり同じルールになっています。

一応銀行カードローンの場合は、家庭に入っている女性でもキャッシングができる事があるという点が消費者金融とは違うのですが、それでも基本的に「借入審査に通るために自分の収入が必要」というのは、消費者金融・銀行カードローンでも、あるいはクレジットカードの審査でも、同じ基準が採用されている…という風に考えて下さい。

家庭に入っている女性では借入不可

上に書いた通り「自分の安定収入があることが借り入れの条件」となっているということは、「自分の安定収入がない人は、キャッシングができない」ということでもあります。なので、主婦のキャッシングで言うなら、自分の収入がない女性は借り入れをすることができない…という結論になります。

これも先に書いたことの繰り返しになりますが、現時点でアルバイト・パートなどを何もしていないという方の場合は、SMBCモビットでお金を借りようとしても、あるいはその他の大手の消費者金融・銀行カードローンで借りようとしても、どちらでもキャッシングはできない…ということですね。

これはキャッシング・カードローン・消費者金融の世界では基本中の基本なので、これからお金を借りたいと考えている方は、まず最初にこの点を理解して下さい。

専業主婦がキャッシングをするには?

では、専業主婦がキャッシングでお金を借りるためには、どうすればいいのか―。これは上にも書いた通り、「銀行カードローンで借りる」という選択肢が第一になります。ここではまずこの点から詳しく説明していきましょう。

銀行カードローンで借りるのが基本

特別「方法」というほど難しくもないのですが、家庭に入っている女性がお金を借りるために必要なことは、まず真っ先に三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」などの銀行のキャッシングで審査の申し込みをする…ということです。繰り返しますが、アコム・プロミス・アイフル・SMBCモビットなどの大手の消費者金融では、専業主婦がキャッシングをすることはできないというルールになっているので、大手の消費者金融で借りるという選択肢は、家庭に入っている女性の場合はないのです。

これはカードローンの知識がある人だったら知っているかも知れませんが、上のように書いたものの「すべての銀行カードローンで専業主婦が借入資格を持っている」というわけではありません。「大手の銀行カードローンの中でも、専業主婦はキャッシング不可となっている所がある」わけですね。

具体的には「新生銀行カードローン レイク」がそうですし、その他、オリックス銀行カードローンなども専業主婦の借り入れはかなり難しい…というインターネット上の口コミ・評判が多く見られます。

なので「銀行カードローンで審査の申し込みをすれば、どの専業主婦でも現金を借りることができる」ということではありません。最終的に「キャッシングの審査はケースバイケース」というのが基本中の基本なので、この点は重々理解して下さい。

配偶者の同意書なしで借りられる

家庭に入っている女性でもキャッシング可能となっている銀行カードローンの場合は、大体が「配偶者の同意書を提出しなくても借り入れできる」というシステムになっています。つまり夫・旦那の同意書をもらう必要がないので、夫・旦那に内緒でお金を借りることが可能というわけですね。

この逆だったら(つまり配偶者の同意書が必要という条件だったら)言うまでもなく「必ず夫・旦那にキャッシングがバレてしまう」ということになるわけです。そのような条件の銀行カードローンだったら、当然家庭に入っている女性がキャッシングをすることはできません。その点は銀行カードローンの側も重々承知しているので、専業主婦の借入審査にあたっては、「配偶者の同意書(夫・旦那の同意書)なしで申し込める」という条件を設定している…ということですね。これは利用者のため、ユーザーのためのサービスとして当然のことということができます。

婚姻関係の証明書もなしで借りられるのは?

銀行カードローンで専業主婦がお金を借りる時には、配偶者の同意書の提出は不要でも、婚姻関係の証明書の提出は必要となっています。つまり住民票・戸籍抄本・戸籍謄本などを、必ず提出しなくてはいけないということですね。

戸籍抄本・戸籍謄本にしても住民票にしても、これはただ市役所などに行くだけでもらえるので、夫・旦那にキャッシングがバレるという要素はまったくありません。なので、夫バレ・旦那バレについては全く心配要りません。

ということを考えると、婚姻関係の証明書が必要というのは、家庭に入っている女性のキャッシングにおいてそれほど難点とかデメリットというほどでもないのですが、特に急ぎでお金を借りたい時には、提出書類などを用意する手間・時間は、少しでも少ない方がいい…というのは事実でしょう。その点では、婚姻関係の証明書すら提出しないでキャッシングができるという条件の銀行カードローンの方が、家庭に入っている女性にとってもありがたいわけですね。

そのような条件の銀行カードローンはどこがあるかというと、あくまでインターネット上の口コミ・評判によれば「楽天銀行スーパーローン(カードローン)・横浜銀行カードローンが、そのようなルールになることが稀にある」ということです。稀にというのは「最終的には、やはりその専業主婦の信用度(クレジットスコア)を見て決めるので、必ずしも婚姻関係の証明書が不要かどうかはわからない」ということです。

頼りない結論のようですが、キャッシングの世界では基本的にこのように「総合的なクレジットスコア(信用度)によって判断される」というのが定石・セオリーとなっているので、「楽天銀行スーパーローン(カードローン)だったら、婚姻関係の証明書不要でキャッシングができる」というような断言はできない…ということですね。

なので、あくまで「婚姻関係の証明書を提出しなくても借りられる可能性がゼロではない」というだけなのですが、そのような条件だと横浜銀行カードローンや楽天銀行スーパーローン(カードローン)…という風に言われています。(あくまでインターネット上の評判・体験談による情報ということで、信ぴょう性についてはあまり期待しないで下さい)

家庭に入っている女性のキャッシングの審査のよくある質問

最後のこの段落では、「専業主婦がキャッシングでお金を借りる時に、よくある質問」をまとめていきます。特に初めてキャッシングをする専業主婦々などは借り入れについて不安な点、疑問点なども多いかも知れませんが、そのように消費者金融・銀行カードローンなどでお金を借りることに対して不安をいだいている専業主婦の方々に、参考にしていただけたら幸いです。

夫・旦那の職場への在籍確認はある?

専業主婦がキャッシングする時に、特に不安に思う点はこれでしょう。夫・旦那の収入によってキャッシングをするのであれば、勤務先への在籍確認の電話は夫・旦那の職場に対してかけられるのでは?ということですね。これは一般的な感覚で考えれば、確かにそのようになりそうです。

しかし、この点は安心して下さい。少なくとも大手の銀行カードローンの審査では、夫・旦那の勤務先に在籍確認の電話をかける…ということはありません。ではどこに職場への在籍確認の電話をかけるのかと言ったら「どこにもかけない」が正確になるんですね。

「勤務先への在籍確認の電話一切無しで、キャッシングの融資などしていいのか?」と思われるかも知れませんが、いいのです。というのは、その専業主婦が無職・無収入でも生活できている時点で、夫・旦那がしっかり仕事をしている、安定収入を得ているということはわかるからですね。

これは言われて見れば「ああ」と思う方が多いでしょう。実際、女子大生などが「専業主婦になりたい」という時には「しっかりした職場で働いている男性と結婚したい」ということを意味します。間違ってもフリーター・アルバイトの男性と結婚して専業主婦になろう…などと思っている女子大生はいません。

ということは「専業主婦=夫・旦那が安定した仕事をしている」ということであり、実は「専業主婦がキャッシングの審査に申し込んできた」という事実自体が、夫・旦那の勤務先への在籍確認に匹敵する情報になっているわけですね。

加えて「そもそも、会社への在籍確認の電話というのは、銀行法でも貸金業法でも、あるいは割賦販売法でも義務付けられているわけではない」ということで、この点でもやはり「在籍確認をありにしてもなしにしても、それは消費者金融・銀行カードローンの勝手」ということなのです。(勝手というのもなんですが、自由裁量に任されているということですね)

なので、基本的に家庭に入っている女性(自分の収入があることが条件)がお金を借りる時に、夫・旦那の職場に対して電話連絡が行く…ということはありません。この点を借り入れに関して心配している専業主婦の方々は、ぜひ安心して下さい。

夫・旦那の収入証明書は必要?

夫・旦那の職場への在籍確認と並んで多くの専業主婦が不安視していると想定されることは「夫・旦那の年収確認資料(所得確認資料)を提出しなくてはいけないのでは?」ということでしょう。これはやろうと思えば「コッソリ夫・旦那の引き出しから持ってきて、スキャンして送信」ということもできるかも知れません。

しかし「夫・旦那が収入確認資料をどこにしまっているかわからない」ということも多いでしょうし、やはり夫婦間での隠し事というのは、できるだけ少なくしたいものです。なので「夫・旦那の収入証明書を提出しなくてもいい」なら、それに越したことはないわけですね。

この点についても、まったく心配はいりません。たとえばみずほ銀行カードローン・イオン銀行カードローンBIGなどの大手の銀行カードローンの審査では、夫・旦那の年収確認資料を提出する必要はまったくないという条件になっています。収入確認資料を提出しなくていい理由は、上の「夫・旦那の職場への在籍確認」と同じです。「するまでもなく、夫・旦那が一般的な年収・月収を獲得していることは推察・推測できる…ということですね。

(法律的に義務になるような条文が記載されていないというのも、同じです)

ということで、家庭に入っている女性(自分の収入があることが条件)が銀行カードローンでキャッシングをする時にも、夫・旦那の年収証明書を用意する必要はありません。この点でも非常にシステム的に借りやすくなっているので、お金を借りようとしている専業主婦々は、安心して下さい。

自宅の電話への審査はあるの?

最後にキャッシングをしようとしている専業主婦の方々が気にしている点としては「自宅の電話に審査の電話がかかって来るのでは?」ということでしょう。これについても、そのような疑問・心配は杞憂に終わります。キャッシングの審査では、職業・属性が専業主婦だろうと学生はパート・アルバイト・フリーターの方々であろうと、自宅の電話を使って審査することは一切ないというルールになっているからです。

(中小の消費者金融や街金業者などは不明ですが、少なくとも大手の消費者金融・銀行カードローンはそうです)

この理由は言うまでもなく「自宅に審査の電話をかけたら、家族バレのリスクがある」ということ。夫・旦那・嫁・妻・親などに内緒でキャッシングをするという人がほとんどですから、わざわざ家族に借り入れをバラすような電話連絡を、するわけがないんですね。

もちろん、「連絡先が自宅の電話しかない」ということであれば、かけるしかありません。本人の携帯への確認電話の代わりに、自宅への電話をかける…ということですね。ただ、自分の携帯も持っていないような人は、どの消費者金融・銀行カードローンでもキャッシングをするのは難しいというのは何となくわかるでしょう。つまり、この場合は自宅への電話をかけられるまでもなく、携帯電話を所持していないという時点で、すぐに審査落ちとなる可能性もあります。

何はともあれ、このような理由から「自宅への電話をされることもない」ので、「夫・旦那に内緒でキャッシングをしたい」「同居している姑に借り入れがバレるのが怖い」というような方も、その点の心配は捨て去って下さい。

SMBCモビットでの主婦のキャッシング・まとめ

以上、SMBCモビットで主婦がキャッシングをすることについて、銀行カードローンなどとの比較もしながら整理してきました。最後に要点をまとめると、下のようになります。

  • SMBCモビットでは主婦もキャッシングをできる
  • ただし、自分の収入がない女性はできない
  • パートの収入がある主婦だけ、SMBCモビットでも借入可能
  • 「自分の収入がある」ということは、SMBCモビットの借り入れの最低条件
  • 銀行カードローンは、夫・旦那の同意書も不要で借り入れができる
  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)などは、婚姻関係の証明書も不要という口コミ・評判がある

といような内容を書いてきました。特に家族バレについて専業主婦の大部分が不安を抱えている点は、実はまったく問題ないということがわかるでしょう。なので、「今日中にお金を借りたい」などの緊急の場面でも、パート収入などを得ている女性の場合は、安心してSMBCモビットを候補に入れてみて下さい。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)