新生銀行カードローン レイクの審査基準、パートやアルバイトで収入があることが条件

銀行カードローンナビ

2017.07.04

電卓とコーヒーとお札

自分の収入がある人は、基本的に借入可能

新生銀行カードローン レイクの審査基準は、基本的に他の大手の銀行カードローン・消費者金融と変わりません。自分の収入があれば借入可能…というシンプルなものです。ここでは、そんな新生銀行カードローン レイクの審査基準や申込条件について解説していきます。

安定収入があれば、借入条件は誰でもOK

安定収入というのは、お給料のように「毎月決まって入ってくる収入」のこと。そのため、会社員・OL・公務員はもちろん、パート・アルバイト・フリーターなどの非正規雇用の方々でも、新生銀行カードローン レイクでは全く問題なくお金を借りることができます。

(これは言うまでもないことですが、審査に通るかどうかはまた別の話です。申込資格を問題なく満たしているという意味です)

キャッシング・カードローンの知識がある人であれば、この辺の大手の銀行カードローン・消費者金融の審査基準については、もう耳タコなくらい見聞きしているでしょう。そのくらい「自分の収入があれば借りられる」というのは、この業界では当たり前になっているのです。

これは別にできるだけ売上を伸ばそうとしているとか、審査が甘くしているということではありません。お客さんが求めている以上、それにできるだけ答えるのが、どんな商売でも共通のルールということです。その申込者に収入がなく、返済能力がないのであれば融資してはいけませんが、最低限の返済能力があるなら「その収入の範囲内で」融資するというのは、商売人としても当然の道徳でしょう。断る方が冷たいのです。

そして、その「収入の範囲内」というのも、昔の「サラ金時代」はそれぞれのキャッシング業者が適当に決めていたのですが、今は金融庁が総量規制などのルールを制定して、ハッキリと決めています。そのため「一定の自分の収入があれば誰でも借入可能」というのは、極めてまっとうな状態なのです。日本のキャッシング業界も、60年代から50年以上経って、ようやく健全かつクリーンになった…ということですね。

自分の収入がない女性は借入不可

これは銀行カードローンとしては少数派なのですが、新生銀行カードローン レイクでは家庭に入っている女性は借入不可となっています。上に書いた通り「自分の収入があること」というのが、新生銀行カードローン レイクの融資の絶対条件です。(これは消費者金融も同じですが)

キャッシングの知識がある人だと「他の銀行カードローンは家庭に入っている女性でも融資可能なのに、何で新生銀行カードローン レイクはダメなのか」と思うかも知れません。これについては下のようにいえます。

  • 銀行カードローンも、専業主婦不可な所は多い
  • 特に地方銀行のカードローンは多い
  • 特定の顧客層に絞って、その人達へのサービスの質を上げるのも、企業道徳

ということです。他の大手の銀行カードローンで専業主婦が借入不可な所といえば、たとえばオリックス銀行カードローンなどが特に審査が厳しいと言われています。完全に借入不可というわけではないですが、「主婦では、オリックス銀行カードローンは審査に通りにくい」というのが、ネット上の口コミ・評判ではかなり主流の意見です。(※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です)

また、三井住友銀行カードローンも同様に「自分の収入がない女性審査が厳しい」という評判・体験談が多いです。これも古い物が多いので、最近はどうかわかりませんが、一応「すべての銀行カードローンが、自分の収入がない女性に対して積極的に融資しているわけではない」といのはわかるでしょう。

ちなみに、最後の「特定の顧客層に絞って」というのは、要するに自分の収入がある人だけに絞って、その方々へのサービスをよりハイレベルにした方がいいということです。具体的には、ATM利用手数料が無料の提携ATMを増やす…などですね。こうしたことはコスト削減の努力も必要になります。審査する対象を絞るのは、コスト削減にもなるので、広い目でみれば利用者に対するサービスということにもなります。誰にでも貸し付けるのがサービスではないのです。

若年層でもアルバイト&20才以上で借入可能

新生銀行カードローン レイクは、若年層でもキャッシングすることが可能です。見出しの通り、アルバイトをしていて、年齢が20才を超えていたら、それで借入可能となります。

逆に言えば、未成年・10代・20才未満・18才・19才…という条件だと、学生であっても新生銀行カードローン レイクでの借り入れはできないということになります。これは他の銀行カードローン・消費者金融でも同じなので、新生銀行カードローン レイクだけが厳しいというわけではありません。

未成年に対する融資は、別に銀行法・貸金業法・割賦販売法などで禁止されているわけではありません。しかし、民法第5条の未成年者の契約取消権のルールによって、「未成年者が親権者の同意書無しで結んだ契約は、破棄していい」ということになっているので、これによって、大手の消費者金融・銀行カードローンは未成年には貸し付けしない…という方向になっています。

親権者の同意書を提出させて審査するにしても、親バレが必須なので、多くの学生は申し込んでこないですからね。借りたくても親が許可するわけがないということです。そのため、18才・19才に融資しようとしても、実際には「彼ら自身が、借りに来ることが難しい」というわけです。なので、新生銀行カードローン レイクも含めて、大手の銀行カードローン・消費者金融はみんな20才未満・未成年・10代には融資しない方針なのです。

新生銀行カードローン レイクの審査通過率は?

新生銀行カードローン レイクの審査通過率は、公表されていません。2009年頃の投資家向けの資料で、グラフを見る限りは35%~39%程度に見えましたが、数字が書かれていたわけではないので、正確にはわかりません。(新生銀行の株主になったらわかるかも知れませんが)

審査通過率は時期によって大分変わるものなので、2009年から現在までの間に、新生銀行カードローン レイクの審査通過率も大分変わった可能性はあります。しかし、概ね30%~35%程度ではないかと思われます。プロミスが最近は40%前後なので、それよりは審査が厳しいだろう…ということです。

銀行カードローンと消費者金融の中間レベル

新生銀行カードローン レイクの審査の難易度を一言でいうと「銀行カードローンと消費者金融の中間」ということです。人によっては「ちょうどいい借入先」となるでしょう。普通の銀行カードローンで審査に通る自信はないけど、でも消費者金融は何となく…という人にとって、新生銀行カードローン レイクのような「銀行カードローンだけど審査に申し込みやすい」という存在は便利だといえます。

最近は、プロミスもこれになりつつあります。大手の消費者金融の中では特に審査が厳しく、クレジットカードのような会員優待サービスをつけるなど、ただの「貸金業」ではなくなっています。

弦楽器で、バイオリンとチェロの間にヴィオラがあって中音を奏でているように、新生銀行カードローン レイクやプロミスがそういうポジションになるのかも知れません。

新生銀行・ノーローンの利用実績があると、特に有利

大手の消費者金融の一角を担うノーローンですが、これも新生銀行のブランドです。そのため、ノーローンの利用実績があると、それがグループ内で共有されて、クレジットスコア(信用度)を高めてくれる可能性があります。なので、ノーローンを利用していて、返済の延滞・滞納などがないという方であれば、新生銀行カードローン レイクの審査でも有利になるという可能性があります。

あくまで可能性であって、実際の情報共有がどうなっているのか、外部には当然明かされていません。しかし、利用者のことを考えても、こうした情報は社内では共有する方がいいはずですし、新生銀行のように組織がしっかりしている所であれば、おそらく共有されているでしょう。

また、ノーローンだけではなく、新生銀行の口座の利用実績や、アプラスなどの関連会社の利用実績も、やはり有利に働きます。特に銀行口座があってメインバンクにしているということであれば、「日頃のご愛顧への感謝」という意味もあって、新生銀行カードローン レイクの審査では、ある程度有利に働くでしょう。

レイクより審査に申し込みやすい銀行カードローンは?

新生銀行カードローン レイクより審査に申し込みやすい銀行カードローンは、あまりないと考えられます。というのは、実質年率(金利)が大手の銀行カードローンの中で最高の「上限金利18.0%」だからです。

審査の厳しさが金利だけで決まるわけではないというのは確かですが、金融工学の理論から行くと、金利と審査通過率は比例します。金利が高いほど、審査通過率も高くなっていく…ということですね。

これは当たり前で、「低金利で審査に申し込みやすい銀行カードローン」というのがあったら、大量の申込者が来るわけです。そうしたら当然競争が激しくなり、銀行カードローンの側は、融資する相手を制限せざるを得ません。資金は無尽蔵にあるわけではないですからね。

そして、誰から融資するかといったら「返済してくれるかどうか不安な人」よりは、「確実に返済してくれるだろう人」が優先されるわけです。そうした人なら返済の延滞・滞納で、ムダなコストを発生させることもありません。そうした人が集まれば、ATM利用手数料が無料の提携ATMを増やすなど、さらにサービスを拡充できて、すべての利用者のためになります。

ということで、金融の理論からいっても、「低金利なら自然と審査が厳しくなるし、高金利なら審査に申し込みやすくなる」ということなのです。そのため、上限金利が大手の銀行カードローンの中で一番高い新生銀行カードローン レイクは、審査通過率もおそらくトップレベルで高い…と考えられます。

レイクでの審査の通過の条件

ここまでは基本的な申込資格・借入資格などについて語ってきましたが、そうした申込資格を満たして審査の申し込みをした上で、通過するための必要条件は何か―。ここれはそれをまとめていきます。

月数・年数はいくらあれば借入可能か

これはどの銀行カードローンでもキャッシングブランドでもまったく決まっていませんが、一番わかりやすい目安として心的は、下のようなものがあります。

  • 月収5万円…その他の条件がすべて良ければ可能性あり
  • 月収7万円…比較的借りやすくなる
  • 月収10万円…かなりの確率で審査に通る

という風です。あくまで参考程度ですが、大体これは多くの大手の消費者金融・銀行カードローンで言えることです。銀行カードローンだと「月収5万円」は少々厳しいかも知れませんが、新生銀行カードローン レイクは大手の銀行カードローンの中では特に審査通過率が高い所なので、この条件でもギリギリのギリギリで、行けることはあります。

勤続年数が1年未満でもキャッシング可能?

パート・アルバイト・フリーターにしても、会社員・OL・公務員にしても、勤続年数が1年に満たない人でも、新生銀行カードローン レイクでの借り入れはできるのか―。これは一応可能です。これも一覧にすると、下のようになります。

  • 勤続3ヶ月…他の審査条件がすべて高得点なら、可能性あり
  • 勤続6ヶ月…比較的審査に申し込みやすくなる
  • 勤続1年…かなり高い割合で審査に通る

これもあくまで目安ですが、大体このような基準打と考えて下さい。同じ勤続1年でも、不安定なデザイン事務所などの職場と、市役所勤務では、信用度がまったく違います。零細企業と、東証一部の上場企業でも、やはり違います。

そのため、勤続年数にしても年収・月収にしても、それだけでは判断できないのですが、一応の目安として、上に書いた2つの一覧を参考にしてみて下さい。

個人信用情報はどれだけ影響するか

個人信用情報…、つまりJICC・CIC・KSCなどで保管されている借入・返済の履歴は、どのくらい新生銀行カードローン レイクの審査に影響するか…。これは相当影響すると考えてください。いわゆるブラックリストに入る異動情報・事故情報があれば、完全にアウトです。

また、ブラックリストまで行かなくても、返済の延滞・滞納を現す「A」マークなどがついていたら、それが原因で審査に通らない…ということもあります。「A」マークがどのくらいの遅延・延滞の日数でつくかは、そのクレジットカード会社や消費者金融・銀行カードローンなどによって千差万別です。早く報告する所もあれば、1ヶ月くらい待ってくれる所もあります。

(ちなみに、私のクレジットカードの場合は、1ヶ月遅延して強制利用停止になった月に、「A」マークがついていました)

他にも現時点で他の銀行カードローン・消費者金融からいくら借りているか、それぞれの限度額はいくらか…というような情報も、個人信用情報ですべてわかります。新生銀行カードローン レイクは貸金業法の対象ではないので、総量規制は適用されませんが、それでも「年収の3分の1」という限度額のラインは、大体適用されると思って下さい。

新生銀行カードローン レイクの審査基準・まとめ

以上、新生銀行カードローン レイクの審査通過率や借入審査など、審査基準全般についてまとめてきました。要点を振り返ると、下の通りです。

  • レイクは、自分の収入があれば基本的に借入可能
  • パート・アルバイト・フリーターでもOK
  • 個人事業主・自営業は収入確認資料を提出すれば借入可能
  • 若年層も、自分の収入があって、20才以上なら融資可能
  • 未成年・10代・20才未満は借入不可
  • 審査通過率は不明だが、30%~35%と推測

という風になります。大手の銀行カードローンの中で特に審査に申し込みやすいというのが最大の特徴なので、「できるだけ申し込みやすい銀行カードローン」でお金を借りようとしている方は、ぜひ新生銀行カードローン レイクを検討してみてください。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)