土日も審査をしてくれるSMBCモビット、すぐ借りたい人も注目

消費者金融ナビ

2014.09.10

パソコンに向かうオペレーターの女性たち

SMBCモビットは土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングも可能

SMBCモビットは土曜日・日曜日・祝日でも最短当日審査・最短即日キャッシングができるようになっています。ほんの僅少でもカードローン・消費者金融・キャッシングの知識がある人であれば、このあたりの常識・定石は飽きるほど何度も見聞きして理解しているかと思いますが、大手の消費者金融ではこのように「最短当日キャッシングができる」というのがごく普通になっているということですね。

なので、特段驚異でもないのですが、何はともあれ「土曜日・日曜日・祝日でも最短当日借入をしたい」という人は、SMBCモビットでも他のアコム・プロミス・アイフル・ノーローンなどのキャッシングブランドと同様に、それが可能になっているというわけです。

10秒簡易審査があるので、特に【急ぎの方】にお勧めのキャッシングサービス

上記の通り、「土曜日・日曜日・祝日などの休日でも最短当日借入ができる・可能である」という点では、SMBCモビットもその他の消費者金融も特に大きな違いはありません。しかし、そのように土曜日・日曜日・祝日の最短当日審査について均等な条件の中でも、SMBCモビットが頭一つ抜きん出ているのは「10秒簡易審査ができる」という点にあります。

10秒簡易審査というのは、わかりやすく言うと「借入診断・お試し診断の進化版」です。普通の消費者金融・銀行カードローンが提供するお試し診断・借入診断は、ほとんど玩具というか、気休め程度の診断しかできないのに対して、SMBCモビットはかなり「本審査に近づいた仮審査」という風になっています。

もちろん、正確に本審査で審査に通るかどうかを保証するものではありません。しかし、他のキャッシングブランドが提供するお試し診断・借入診断よりは、段違いで正確な診断結果が出る…という風に判断して下さい。

このように「大体の目安」であっても、それが超高速で出て、しかも「ある程度正確である」という状態だと、言うまでもなく土曜日・日曜日・祝日に最短即日審査をしたい時には有利です。土曜日・日曜日・祝日・休日・週末に最短当日キャッシングをしたいというのは、相当切羽詰まっている時なので、審査に通るかどうかだけでも大体知りたいというのが当然ですからね。おおおよその目安が付くというだけでも、このような切羽詰まってお金が必要な局面では、かなり役立つキャッシング先になるでしょう。

今日中にお金を借りたい人は、SMBCモビットがおすすめ

上のような理由から、週末・休日(土曜日・日曜日・祝日)などに最短当日審査をして、そのまま当日中にキャッシングをしたい…というようなニーズを持つ人であれば、特にSMBCモビットをおすすめします。10秒簡易審査によって、SMBCモビットでは最短当日借入が難しいという診断結果になったら、その日中にキャッシングをするために、次の申し込み先を検討しておく…という方法を選ぶことができるからですね。

もちろん、そのままSMBCモビットで審査を通過できればそれでいいですし、できなかったら(審査落ちしたら)そのまま準備していた次の消費者金融・銀行カードローンですぐに申し込む…という二段構えの戦法を用いるのがいいでしょう。このように予備の選択肢を用意した申込方法だったら、「休日だけど今日中にお金を借りたい」というような場面でも問題なく最短当日借入・最短即日審査を成功させることができるでしょう。

21時まで土日審査している

具体的にどのくらいの時間まで、SMBCモビットで土曜日・日曜日・祝日の最短当日審査をしているのかというと「21時(夜9時)まで」という時間設定になっています。これはSMBCモビット以外でも割と共通している時間設定で、たとえば大手の消費者金融だったらアイフル・ノーローンもこのようなシステムになっています。

ということで、SMBCモビットだけが特に土日審査の受付時間が長いというわけじゃないのですが、それでもほとんどの大手の銀行カードローンに比較したら、相当長い土日審査の受付時間ということで、休日・週末にお金を借りたいという方にとって、これはSMBCモビットを選ぶ大きなメリットとなるでしょう。

ちなみに、カードローンの知識がある人だったらよく把握しているでしょうが、アコム・プロミスであれば、SMBCモビットよりもさらに土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査の受付時間が一番時間が長くなります。SMBCモビットは「夜9時まで」なのに対し、プロミス・アコムは「夜10時まで」という時間設定になっている…ということですね。もちろん「1時間だけだから、大した違いではない」という見方も可能でしょう。しかし、何が何でもその土曜日・日曜日・祝日のうちにお金を借りたい、借り入れをしたいというような切羽詰まったケースでは、このような1時間の受付時間の違いが大きな差になる…ということも十分あり得ることです。

そのようなアコム・プロミスとSMBCモビットの比較もしてみると「1時間単位で最短当日借入・最短即日キャッシングの命運が分かれるようなギリギリの場面では、SMBCモビットよりアコム・プロミスで申し込みした方がいい」…という考え方もあるかも知れません。週末・休日だけど最短当日キャッシングをしたいという方は、このような視点も持って検討してみて下さい。

SMBCモビット以外の大手の消費者金融の土日借入

ここまではSMBCモビットの土曜日・日曜日・祝日の最短当日キャッシングについて、有利な点やメリット(長所)を書いてきましたが、ここから先は、他の大手の消費者金融の土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングについても説明していきましょう。SMBCモビットだけを見るのではなく、他のキャッシングブランドの最短当日借入のシステムも見ることで、より土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査を受ける選択肢の幅が広がる…ということは確実に言えます。

ということで、この段落では、ノーローン・アイフル・アコム・プロミスなどの、SMBCモビットを除外した大手の消費者金融について、その土日借入・土日審査の内幕・内容を説明していきます。

アイフルも21時まで最短即日審査

先にもSMBCモビットとの比較で少し触れましたが、アイフルの土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査も21時(夜9時)まで可能…という風になっています。つまりSMBCモビットの土日審査と同じ受付時間ということですね。また、これも先に記述した通りですが、株式会社シンキが提供するキャッシングブランドであるノーローンも、SMBCモビット・アイフルと同様に「土曜日・日曜日・祝日でも21時(夜9時)まで最短当日審査」というシステム・仕組みになっています。

何にしても、これはイオン銀行カードローンBIGやオリックス銀行カードローンのような大手の銀行キャッシングと比較するとかなり長い受付時間なので、特に休日・週末に最短当日キャッシングをしたい方々にとっては、アイフルにしてもSMBCモビットにしても、非常に便利な借入先ということが出来るでしょう。

アコム・プロミスは22時まで最短当日借入可能

SMBCモビット・ノーローン・アイフルは21時(夜9時)までですが、プロミス・アコムは序盤にも書いた通り、22時(夜10時)まで土日借入ができる…というシステムになっています。土曜日・日曜日・祝日だけではなく、平日のキャッシング審査でも同様の最短当日審査の受付時間になっています。

つまり、最短当日審査の受付時間の長さだけで比較したら、SMBCモビットでお金を借りるよりプロミス・アコムの方が有利…ということですね。ただ、先にも書いた通り「SMBCモビットには10秒簡易審査という特徴・メリットがある」ので、「まず、SMBCモビットで自分がキャッシングをできるかどうかだけ、大体知りたい」という方にとっては、SMBCモビットで土日借入をする方がメリットが大きい…ということが言えるでしょう。

週末・休日や土曜日・日曜日・祝日にお金が必要という切羽詰まった局面・シチュエーションになったら、やはりまず何よりも「自分がその消費者金融・銀行カードローンで借り入れができるのかどうか」ということを、大体の目安でいいので真っ先に知るべきですからね。それを可能とする10秒簡易審査があるという点で、SMBCモビットで土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングをするメリットは非常に大きいということができます。

審査通過率ではアイフル・アコムが有利

「実際に借り入れできるかどうかが一番重要」という視点に立つと、「審査通過率が高い」ということも土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査をする上でかなり重要なポイントになります。その点では、SMBCモビットよりもアコム・アイフルの方が審査通過率が高い…というインターネット上の口コミ・評判が見られます。

もちろん、これは言うまでもないことですが、SMBCモビットの方がアイフル・アコムよりやや審査が厳しいのは、それだけ10秒簡易審査やWEB完結申込などのメリット(長所)があるからという指摘ができます。つまり「東大に入るのは、メリットが大きい分審査が厳しい」というのと同じで、「SMBCモビットにしてもプロミスにしても、メリットが大きい消費者金融で借り入れをしようと思ったら、それなりの審査の厳しさを覚悟しなければいけない…ということなんですね。要は「あちらを立てれば、こちらが立たず」とか「トレードオフ」「プラス・マイナスゼロ」というような考え方ですが、これはキャッシング・カードローンの世界でも間違いなく言えることなのです。

ということで、自分の信用度(クレジットスコア)に自信がないという人の場合は、審査通過率の高さを考慮して、SMBCモビットよりアイフル・アコムを選ぶ方がいい…という選択肢も成り立ちます。逆にある程度、自分の職業・属性やクレジットヒストリーに自信があるという申込者(利用者)の場合は、10秒簡易審査などのメリットがあるSMBCモビットで申し込んだ方が、土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査においても有利…ということが言えるでしょう。

銀行カードローンの土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシング

この部分までは、SMBCモビットをはじめとして、アコム・プロミス・アイフル・ノーローンなどの大手の消費者金融全般の土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査・最短即日借入について書いてきました。ここからは、楽天銀行スーパーローン(カードローン)や新生銀行カードローン レイクなどの「大手の銀行カードローン」も含めて、SMBCモビットと比較しつつ解説していきましょう。

地方銀行のカードローンは不利

土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査については、地方銀行のカードローンは大手の銀行カードローンよりも不利になっています。逆に言えば、大手の銀行カードローンは地方銀行のキャッシングと比較して、土曜日・日曜日・祝日の最短即日借り入れでもかなり有利…ということです。

地方銀行のカードローンが土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査に関してどのくらい借りづらい、やりづらいのかというとほとんどの地方銀行のカードローンが、土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査に対応していないという一言で説明できます。

  • 最短当日審査の受付時間が短い
  • 審査の所要時間が長い
  • 指定の銀行口座が必要

というような条件ではなく「そもそも、土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシング自体に対応していない」ということですね。これでは大手の銀行カードローンと比較するまでもない…ということはわかるでしょう。大手の銀行カードローンでも確かに「土曜日・日曜日・祝日の最短即日借り入れはできない」という所がたまにありますが、それでもごく一部であって、ほとんどの大手の銀行カードローンは、土曜日・日曜日・祝日の最短即日キャッシングができるように、問題なくシステムが整備されていますからね。

ちなみに、ここで言う「地方銀行のカードローン」というのは、マイナーな銀行のキャッシングだけではなく、横浜銀行カードローン・静岡銀行カードローン「セレカ」などの、メジャーな地方銀行のカードローンも含むという点に注意してください。横浜銀行・静岡銀行のカードローンは、どちらも土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入ができないようになっているんですね。

両社のキャッシングの知名度を考えるとかなり意外ですが、逆に言えば「土曜日・日曜日・祝日の最短即日借り入れに対応しなくても、十分に利用者を確保できる」ということなのかも知れません。つまり、資金がないとか人材不足ということではなく、むしろ「充実しているからこそ余裕がある」ということですね。

専業主婦なら三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

もし専業主婦が土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入をしたいのであれば、一番おすすめな銀行カードローンは三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」です。理由を箇条書きすると、下のようになります。

  • 配偶者の同意書を提出しなくても専業主婦の借り入れができる
  • 土曜日・日曜日・祝日でも夜間まで最短当日審査をしている
  • 「最短30分」というスピード審査ができる
  • 三菱UFJ銀行の口座を持っていなくても借入可能

という主に4つの理由です。キャッシングの情報サイトではよく「大手の銀行カードローンだったら、家庭に入っている女性でもキャッシングができる」という風に書かれていますが、これは半分正解・半分本当です。というのは、大手の銀行カードローンでも、家庭に入っている女性ではキャッシングができないという金融機関はいくつかあるからです。

たとえば「新生銀行カードローン レイク」がその典型です。新生銀行カードローン レイクはスピードキャッシングに関して、大手の銀行カードローンの中で一番すぐれており、利便性も非常に高いということで有名ですが(あくまで他の銀行カードローンと比較したらという意味ですが)、その新生銀行カードローン レイクも「家庭に入っている女性では借り入れができない」というルールシステムになっているんですね。

また、オリックス銀行カードローン・三井住友銀行カードローンなども、インターネット上の口コミ・評判によれば「専業主婦がキャッシングをするのはやや難しい」という風に書かれています。

このように、他の大手の銀行カードローンは必ずしもすべて家庭に入っている女性が問題なくキャッシングをできるというわけではないのです。その点、「夫・旦那の同意書を基本的に提出しなくても、専業主婦が借入審査に通ることができる」という条件の三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、専業主婦が土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入をする時にも、かなり向いているキャッシング先…ということとができるのです。

学生は新生銀行カードローン レイク

上の「家庭に入っている女性のキャッシングの審査」については、不利な内容で登場した新生銀行カードローン レイク。しかし「学生が土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入をしたいのであれば、逆に新生銀行カードローン レイクが大手の銀行カードローンで一番」ということができます。その理由を箇条書きすると、下のように言えます。

  • 審査通過率が一番高い
  • 土曜日・日曜日・祝日でも夜9時まで最短即日審査をしている
  • 新生銀行の口座を持っていなくても借りられる
  • ローンカードの発行をできる時間が、一番長い
  • バンクイック同様、最短30分で審査できる

このような5つの理由となっています。新生銀行カードローン レイクの審査通過率については、他の大手の銀行カードローンと同様に公表されているわけではないのですが、上限金利が大手の銀行カードローンの中で一番高いという点からも、審査通過率は恐らく高いと推測できます。金融の理論では、「審査通過率は金利に比例する」というのが常識・セオリーになっていますからね。

実は、学生の最短当日借入については、土曜日・日曜日・祝日だろうと平日だろうと、大手の銀行カードローンだと意外と難しい…という現状になっています。具体的には、下の銀行カードローンが「学生の借入は不可」となっています。

  • オリックス銀行カードローン
  • イオン銀行・カードローンBIG
  • 静岡銀行カードローン「セレカ」
  • 横浜銀行カードローン

という風です。今後は変更があるかも知れませんが、少なくともこの記事の執筆時点では、これら4つの銀行カードローンは学生のキャッシングが不可…というルールシステムになっています。これらの銀行カードローンと比較すると、、新生銀行カードローン レイクの条件が、いかに学生の土曜日・日曜日・祝日の最短即日借り入れに向いているか…ということがわかるでしょう。

SMBCモビットの土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査・まとめ

というように、多岐の話題を絡めながら、SMBCモビットの土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査についてまとめてきました。最後に要点のみダイジェストで書いていくと、下のようになります。

  • SMBCモビットは土曜日・日曜日・祝日の最短即日審査にも対応している
  • 審査の所要時間は平日と同じく、「最短30分」である(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)
  • 実際の融資の手続きまですべてを含めると、「最短即日」
  • 最短当日審査の受付時間は、土曜日・日曜日・祝日でも21時(夜9時)まで
  • アコム・プロミスだと22時(夜10時)まで最短当日審査
  • ノーローン・アイフルはSMBCモビットと同じ受付時間

という風になります。本文中にも書いてきた通り、10秒簡易審査ができて、大体借入可能かどうかの目安が付くというのが、週末・休日に急ぎでお金が必要な人にとって非常に大きなメリットとなるので、この点でSMBCモビットを選ぶか、その他の消費者金融を選ぶか…、という判断をするのがいいでしょう。最終的にSMBCモビットでお金を借りるにしても、あるいはその他の大手の消費者金融・銀行カードローンでキャッシングをするにしても、これらの情報を参考にして、ベストの借入先を探していただけたら…という風に思います。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)