アイフルのおまとめローンはお得?金利や審査は?

消費者金融ナビ

2017.07.04

広げられたお札と電卓・ペン

アイフルには「おまとめMAX」がある

アイフルの返済計画再編のためのローンとしては、「おまとめMAX」という商品があります。借入先の変更ローン・借入先の変更ローンの場合は「かりかえMAX」もあり、返済計画の再編・借入先の変更どちらでも、専用のコース・プランで対応できるようになっています。

200万円以下の借入総額ならおすすめ

アイフルの「おまとめMAX」を他の消費者金融の返済計画再編のためのローンと比較すると、200万円以下という少額の返済計画の再編で、特におすすめということができます。理由は「上限金利が一番安い」ということ。他の消費者金融の返済計画再編のためのローンと合わせて、アイフルの「おまとめMAX」の上限金利を比較してみましょう。

  • アイフル…15.0%(実質年率)
  • プロミス…17.8%(実質年率)
  • アコム…18.0%(実質年率)

この比較は、多くのキャッシングの情報サイトでされているので、少しでもカードローンの知識がある人であれば知っているかも知れません。何はともあれ、このように上限金利で比較すると、アイフルの「おまとめMAX」は、アコム・プロミスの返済計画再編のためのローンよりも大分低金利なんですね。

上限金利というのは借入金額が小さい時に適用される金利です。そして、返済計画再編のためのローンは最低でも100万円程度からスタートするので、100万円~200万円くらいなら「少額」になるわけですね。返済計画の再編・借入先の変更の世界では。

そのような金額帯であれば、上限金利が一番低金利なアイフルの「おまとめMAX」が、おそらく一番低利息で借りられるだろう…ということです。

200万円以上なら、プロミスが低金利

この比較もよくカードローンの情報サイトでされているので、やはり知っている方が多いかも知れません。下限金利の比較になると、下のようにプロミスが一番低金利になっています。

  • プロミス…6.3%(実質年率)
  • アコム…7.7%(実質年率)
  • アイフル…12.0%(実質年率)

このように、アイフルは一転して「圧倒的に高金利」になってしまいました。上限金利の時は一番安かったのに、随分変わってしまうものですね。

しかし、これは、アイフルが「少額の返済計画の再編向け」というコンセプトをハッキリ打ち出しているということであって、決してアイフルの「おまとめMAX」が金利が高いということではありません。プロミスにしてもアイフルにしても、それぞれの返済計画再編のためのローンにコンセプト・利用用途がハッキリと決められている…ということですね。

このように、下限金利が低いということは、借入総額が大きい時に低金利になりやすいということです。なので、200万円以上の時は、プロミスで返済計画の再編をした方が低利息・低金利で申し込みやすい可能性があるといえます。

(プロミスの返済計画再編のためのローンの最高限度額は300万円なので、200万円を超えるとかなり下限金利に近づくわけです。)

最短即日借入もできるので便利

また、アイフルの「おまとめMAX」のメリット・長所として「最短当日借入ができる」という点も指摘できます。返済計画再編のためのローンでありながら、最短当日審査を受け付けているわけですね。融資だけではなく、借り入れも早ければ当日中にできます。

ただ、多少普通のキャッシングよりも審査の手間・時間がかかるようになっています。具体的に言うと申し込みはインターネットでできても、契約手続きで有人店舗か、郵送を選択する必要があるということ。つまり「普通のキャッシングの時のように、すべての手続きをネット上ですることはできない」というわけですね。いわゆるWEB完結は、アイフルの返済計画再編のためのローンではできないのです。

これは、アイフルだけでなく、アコム・プロミスの返済計画再編のためのローンでも同じです。むしろ「ネット審査ができるのはアイフルだけ」ということで、返済計画再編のためのローンで最短当日借入を希望するのであれば、アイフルは有利な方である…と言っていいでしょう。

借入先の変更なら「かりかえMAX」で

これは序盤にも書いた通りですが、借入先の変更ローン・借入先の変更ローンとして利用する場合は、「おまとめMAX」ではなく「かりかえMAX」を使います。ここでは「かりかえMAX」について、金利などの面から解説・比較をしていきます。

「おまとめMAX」とは金利が違う

「かりかえMAX」は、「おまとめMAX」とは少々金利(実質年率)が違っています。

  • 「おまとめMAX」…12.0%~15.0%(実質年率)
  • 「かりかえMAX」…12.0%~17.5%(実質年率)

このように、下限金利は同じ12.0%でも、上限金利が「かりかえMAX」の方が高くなっているということですね。こう書くと「何だ、金利が高いのか」と思われるかも知れませんが、、そうではありません。そう言える理由を説明していきます。

他の消費者金融の返済計画再編のためのローンより、やはり低金利

もう一度、他の消費者金融の返済計画再編のためのローンと「かりかえMAX」の上限金利を比較してみましょう。(先程は「おまとめMAX」の上限金利と比較しました)

  • アイフル…17.5%(実質年率)
  • プロミス…17.8%(実質年率)
  • アコム…18.0%(実質年率)

このように、僅差ではありますが、アイフルの「かりかえMAX」が一番低金利になっているわけですね。この上限金利はじぶん銀行カードローンの上限金利と同じなので、銀行カードローンレベルということもできます。

僅差とは言え、このようにアイフルの「かりかえMAX」が最も金利が低いことには間違いありません。なので、やはり少額の借入先の変更の時には、アイフルが有利ということです。

普通のキャッシングからの借入先の変更も低金利になる

他の消費者金融の返済計画再編のためのローンとの比較だけでなく、通常の消費者金融のキャッシングから、アイフルの「かりかえMAX」に借入先の変更する…ということを考えてみましょう。通常の消費者金融の金利というのは、実質年率18%です。

ということは、普通の消費者金融のカードローンからアイフルの「かりかえMAX」に借入先の変更をすると「0.5%も低金利になる」ということなんですね。18.0%から17.5%になるわけですから、これは大きな違いです。

このように、比較する相手が他の消費者金融の返済計画再編のためのローンではなく、通常のキャッシングだった場合は、アイフルの「かりかえMAX」の低金利になる効果はさらに大きくなると考えて下さい。

アイフルの返済計画の再編の注意点

ここまでは「かりかえMAX」と「おまとめMAX」合わせて、アイフルでの返済計画の再編・借入先の変更のメリット・長所について書いてきました。ここからは逆にアイフルで借入先の変更・返済計画の再編をするデメリット・短所・注意点について書いていきましょう。

専業主婦は基本的に利用不可

これはアイフルに限らずどの消費者金融の返済計画再編のためのローンでも同じですが、お仕事をしていない家庭に入っている女性では、借入先の変更・返済計画の再編ができないようになっています。通常のキャッシングの時から、大手の消費者金融では家庭に入っている女性が借入不可となっていますが、それと同じことが、返済計画の再編・借入先の変更ローンでも言える…ということですね。

パート収入がある女性の女性だったらいいのですが、何もアルバイト・パートをしていないとなると、アイフルで返済計画の再編・借入先の変更をするのは厳しいということです。実際、借入先の変更や返済計画の再編をした後で、どう返済していくのかと言われたら、これはアルバイト・パートを何かしら始めるしかないでしょう。

そうした「実際に返済できるかどうか」という点でも、やはりパート・アルバイトは必要になるわけですね。なので、アイフルでも他の消費者金融でも、基本的に家庭に入っている女性は返済計画の再編・借入先の変更ができないと思って下さい。

若年層も審査に通りにくい

学生はアイフルの「かりかえMAX」「おまとめMAX」を利用できるのか―。これは「完全に不可ではないが、難しい」というのが答えです。というのは、おまとめMAX・かりかえMAXの公式ページには、下のように審査基準・申込資格が書かれているからです。

満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方

これを見ると「学生は利用不可」ということは書かれていません。しかし、「定期的な収入と返済能力」という部分を見ると、少々難しいという感じがします。

一応学生のある場合でも「定期収入」ではあります。ただ、会社員・OL・公務員などと違って「いつやめるかわからない」という点では、「定期収入ではあっても、安定収入とは言い難い」という指摘もできます。

「それはフリーター・アルバイト・パートでも同じでは?」と思われるかも知れません。確かにその通りですが、一般的に考えて、どちらが突然シフトをへらしたり、アルバイトをやめるかと言ったら、学生の方でしょう。学生だと「テストのため」とか「卒論のため」「卒業旅行のため」「免許の合宿のため」と、とかく仕事を休む理由が多いですからね。

また、学生をやっているということは、少なくともフリーターとして一人暮らしをしている人より「仕事をやめても生きていける」わけです。このような「逃げ道」がある人は、仕事をやめやすいわけですね。となると、融資する消費者金融・銀行カードローンの側としては、あまり信用ができないのです。

(実際、よほどの天才学生でなければ、学生のやっている会社と事業提携しようなどと、思う経営者はいないでしょう。それと同じです)

ということで、学生が返済計画の再編をしようとする場合も、アイフルの「おまとめMAX」や「かりかえMAX」は、少々厳しいかも知れない…と思って下さい。

債務整理も検討すべき

このように、おまとめMAX・かりかえMAXの両方で審査に通らなかったら、その専業主婦や学生はどうすればいいのか―。これは「債務整理を検討する」ということにつきます。

別に学生に限った話ではありませんし、専業主婦だけの話でもありませんが、何にせよ「返済計画の再編・借入先の変更ができなくなったら、その時は債務整理を考える」というのが定石になっています。債務整理に成功すれば、借金総額の減額ができたり、利息のカットができたり、自己破産だったら借金がチャラになります。

「自己破産だったら」などと書くと縁起でもないと思われるかも知れませんが、、実は自己破産というのは「意外とおいしい」のです。利用者にとってのデメリット・短所がほとんどなく、反社会勢力などは、わざと借りまくって逃げるという方法で、隠れ財産を作っているくらいなんですね。(これは『ナニワ金融道』の作者の青木雄二氏の著作などに書かれている本当の話です)

だからと言って、自己破産を気軽にしていいというわけではありませんが、あまり「人生の終わり」のように暗く考える必要もないということです。任意整理・特定調停でも個人再生でも、その他の債務整理も合わせて、返済計画の再編に失敗した方は、一度検討してみてください。

アイフルの返済計画再編のためのローンについて

以上、アイフルの「かりかえMAX」「おまとめMAX」について、他の消費者金融の返済計画再編のためのローンとの比較などもしつつ、総合的に説明してきました。最後にポイントを整理すると下の通りです。

  • 借入先の変更・返済計画の再編ともに、上限金利が一番低金利
  • 200万円以下の借入総額など、少額の時に特におすすめ
  • 高額だったら、プロミスの返済計画再編のためのローンの方が有利
  • ネット申込みができるが手続きは店舗窓口か郵送
  • 専業主婦や学生では基本的に借入不可

一番重要な点は返済計画の再編の総額が小さい時に、一番低金利で借りられるという点でしょう。200万円以下程度の借入先の変更・返済計画の再編を検討している方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)