楽天銀行スーパーローンの審査はどう?パートもフリーターも借入可能

楽天銀行スーパーローン

ネット系銀行のカードローン当サイト人気NO.1

  • アルバイト
  • ● 金利1.9~14.5%&限度額最大800万円のハイスペック
  • ● 新規入会で楽天ポイント1000ポイントプレゼント
  • ● 大口利用者に特に人気の銀行系カードローン
審査時間 融資時間 実質年率 借入限度額 遅延損害金利率
    1.9%~14.5% 800万円 (年率)19.9%

楽天銀行スーパーローンのキャッシング審査や手続きの流れについての情報を全てまとめています。他の消費者金融や銀行カードローンとの比較もあるので、お金を借りる時の参考にしてみてください。

楽天銀行スーパーローンの審査はどう?パートもフリーターも借入可能

楽天銀行スーパーローン(カードローン)はスピード融資も可能

楽天銀行スーパーローン(カードローン)は、急ぎでお金を借りることも可能です。審査は極めてスピーディーにしてくれますし、早ければ数日程度で借り入れができることもあります。
審査スピードは申込者の信用度・クレジットスコアによって異なります。クレジットスコア(信用度)が高い人ほど早く審査通過をできますし、逆に信用度が低い人だと審査結果が出るまで時間がかかることもあります。

手数料無料の提携ATMが多く使いやすい

楽天銀行スーパーローン(カードローン)のメリットの1つに手数料が無料で使える提携ATMが多いということがあります。楽天銀行はネット専業銀行なので、専用ATMはもっていません。しかし、その分通常の銀行業務でも、他行の提携ATMやコンビニの提携ATMを多数持っているので、カードローンの借入・返済でもこれらの提携ATMを使えるのです。しかも手数料がかからないものが多いですから、その点でも有利なのです。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の金利は?

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の金利は、実質年率では「1.9%~14.5%」となっています。これは特に下限金利がかなり低くなっています。大手の銀行カードローンで下限金利が低い借入先を一覧で比較すると下のようになります。

  • オリックス銀行カードローン…1.7%
  • 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」…1.8%
  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)…1.9%
  • 横浜銀行カードローン…1.9%

金利はすべて実質年率です。このように楽天銀行スーパーローン(カードローン)は、大手の銀行カードローンで3番目に下限金利が低い銀行カードローンとなっています。横浜銀行カードローンと並んで同率3位です。

上限金利の14.5%も低金利

一方、楽天銀行スーパーローン(カードローン)の上限金利はどうかというと、実質年率14.5%です。これは大手の銀行カードローンの平均的な金利です。銀行カードローンの平均ということは、アコム・プロミス・アイフル・SMBCモビットなどの消費者金融と比較して低金利になるということです。上限金利でも下限金利でも、楽天銀行スーパーローン(カードローン)は低利息で借り入れができると言っていいでしょう。
なお、この14.5%という上限金利は、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の14.6%よりも低金利になっています。メガバンクの銀行カードローンより0.1%とはいえ低金利なわけです。低金利でキャッシングをしたい人にも楽天銀行スーパーローン(カードローン)はおすすめだと言えるでしょう。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の在籍確認は必須?

楽天銀行スーパーローンの審査では勤務先への在籍確認の電話が必須となっています。これは他の銀行カードローンや消費者金融の審査でも同じルールなので、楽天銀行スーパーローン(カードローン)だけが特別に厳しいわけではありません。
職場への在籍確認の電話があるといっても、それほど警戒する必要なないと言えます。楽天銀行という名前は出しますが、カードローンという単語は出しませんし、職場バレしないように自然にかけてくれます。

個人事業主・自営業の在籍確認の電話はどうなる?

自営業・個人事業主・フリーランスなどの方でも、専用のオフィスの電話番号を持っている場合は、そちらに在籍確認の電話がかかります。自分が出るわけなので在籍確認という感じではないかも知れませんが、しっかり営業しているという証拠になるので、審査として問題ないわけです。
自宅の電話番号と事業で使っている電話番号が同じという場合でもかまいません。その電話番号に在籍確認の電話が来ます。ただ、これは楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査だけでなく、普通のビジネスとしての信用でも言えることですが、やはり自宅の電話番号と仕事用の電話番号は分けている方が信用されます。その点で審査に多少の影響はあると思ってください。在籍確認の電話自体はどちらでもできます。

派遣社員の職場への電話連絡はどっちにかかる?

派遣社員の人が楽天銀行スーパーローン(カードローン)に申し込む場合、勤務先への電話連絡が派遣先・派遣元のどちらにかかるのか気になるでしょう。これは基本的に派遣先、つまり実際に働いている店舗などです。どうしても派遣先で在籍確認の電話を受けられないなどの事情がある場合には、状況・条件によっては派遣元の会社への在籍確認の電話でもOKとなることがあります。このあたりは一度申し込み前に楽天銀行スーパーローン(カードローン)に相談してもらうのがいいでしょう。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)は土曜日・日曜日でも申し込み可能

楽天銀行スーパーローン(カードローン)は、土曜日・日曜日・祝日でも申し込みができます。審査結果が出るまでには営業日で数日は最短でも必要になりますが、申し込み自体は土曜日・日曜日でも可能です。
また、一度審査通過をした後なら土曜日・日曜日であっても限度額の範囲内で借り入れができます。そうした意味では土曜日・日曜日のキャッシングも問題なくできると言えます。

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の申し込みで必要な書類

楽天銀行スーパーローンの審査に申し込むにはどのような書類が必要か。これは主に身分証明書のみでOKです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種健康保険証

このような身分確認資料ですね。特に運転免許証は顔写真もついていて、頻繁に携帯するため不正利用のリスクも少ないということで、キャッシングの審査では一番信用されるものです。楽天銀行スーパーローンの審査でも運転免許証を持っている人は運転免許証を提出するべきでしょう。

楽天銀行スーパーローンのキャッシング・まとめ

以上、楽天銀行スーパーローン(カードローン)でお金を借りることについて、審査基準や金利、審査スピードなどの点をまとめてきました。最後にポイントを書き出すと、下のようになります。

  • パート・アルバイト・フリーターでも借り入れができる
  • 最短だと数日程度でキャッシングができる
  • 土曜日・日曜日でも申し込みが可能
  • 下限金利の1.9%は大手の銀行カードローンでも特に低金利
  • 上限金利の14.5%も、銀行カードローンの平均レベルなので低金利
  • 会社への在籍確認の電話は必須
  • 提出書類は主に本人確認資料

以上が、楽天銀行スーパーローン(カードローン)での借り入れのポイントとなります。低金利でスピード借入ができる銀行カードローンを探している方は、ぜひ楽天銀行スーパーローン(カードローン)を検討してみるといいでしょう。

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング