借り入れ先を乗り換えるなら、返済額をしっかりシュミレーションしよう

おまとめローン

2017.07.04

電卓を持つOLの女性

返済計画再編のためのローンで逆に高利息になる?

返済計画再編のためのローンで借り入れを返済計画の再編すれば必ず低金利・低利息になる…と思っている方は多いでしょう。確かに大体は低金利・低利息になるのですが、それでも例外的に「返済計画の再編をしても、金利が変わらない」「むしろ、最終的な利子総額は多くなった」ということもあります。

これは主に返済期間が返済計画の再編によって延びたのに気づかず、そのままゆっくり返済して利子総額が大きくなったという原因ですが、このようにならないためにも、借入先の変更をする時には、必ず事前に利息シミュレーションをするようにしましょう。

どんどん臨時返済すれば問題ない

返済計画の再編や借入先の変更をすると、必ず返済期間は延びます。一度リセットして返済のスケジュールが長くなるなら、利用者はみんな許容してくれますが、短くなったら「何でだよ」と怒るはずですからね。

そして、そのように返済期間が延長されると、上のように「そのままのペース」で返済していると、確かに最終的な利子総額が大きくなってしまいます。しかし、自主的に任意返済・追加返済すれば特に問題ないという点を意識して下さい。要は「さっさと自分で早期完済してしまえば、このような返済計画の再編・借入先の変更のデメリット・短所はなくなる…ということです。

任意返済・臨時返済をする時の注意点

任意返済・臨時返済をする時の注意点としては、ATM利用手数料に気をつけるということ。ATM利用手数料が無料の専用ATMや提携ATMを、できるだけ使うようにするということです。言うまでもありませんが、何度も手数料を払って臨時返済していたら、その手数料の総額の方が、利息よりも高くなってしまいますからね。

実際、カードローン・キャッシングに限らず普通の銀行預金でも、ATM利用手数料というのはかなり高いのです。たとえば消費者金融で1万円を1ヶ月借りた時の利息は、「150円」です。なので、もし借入残高が一万円まできたら「手数料のかかるATMで臨時返済するよりも、来月引き落とされるのを待っていた方が、利息が安くなる」わけですね。

もちろん「キャッシング残高1万円まで減らした」場合の話ですが、もっと返済の回数が多くなれば、利息をATM利用手数料が逆転する…ということはあり得ます。そうならないためにも、できるだけ利用手数料のかからない専用ATM・自社ATMや、提携ATMを選ぶようにしましょう。

臨時返済では銀行カードローンが有利

このような任意返済・臨時返済のしやすさという点では、消費者金融より銀行カードローンが有利です。理由は下の通りになります。

  • 提携コンビニATMがほぼすべて手数料無料
  • 自行ATMも当然無料
  • 提携銀行のATMも、無料になるものが多い

これに対して、消費者金融のATM返済は下のようになります。

  • 提携コンビニATMはすべて有料
  • 銀行ATMもほとんど有料
  • SMBCモビット・プロミスが、三井住友銀行ATMを無料で使えるのみ

という風です。もちろん、消費者金融も自社ATMについては無料で使えますし、街中にたくさんあるので、それほど困りはしません。なので、消費者金融の返済が不便というわけではありませんが、「銀行カードローンの返済が、それだけ便利でしやすい」ということです。

返済シミュレーションのやり方

臨時返済についての内容から、返済計画の再編・借入先の変更の前の返済シミュレーションについて話題を戻しましょう。「利息シミュレーションの重要性はわかるが、どうやればいいのか、やり方がわからない」という方もいるでしょう。ここではそのやり方を簡単に説明していきます。

実質年率と、利息の計算方法

まず、多くの人が引っかかるのは「実質年率」の意味でしょう。これは「年間、それだけの利息がかかります」という意味です。

たとえば「10万円を実質年率18%で借りた」とします。この場合1年間で、10万円の18%の利息が発生するという意味なのです。

10万円の18%は、1万8000円です。これが「年間利息」になります。「12ヶ月で、1万8000円」ということです。

ということは、1ヶ月の利息の出し方もわかりますよね。「1万8000円÷12ヶ月=1500円」となります。消費者金融の上限金利はみんな実質年率18%ですが、この計算から、「消費者金融で10万円を1ヶ月借りると、1500円の利息になる」と言われるわけです。適当な実感値ではなく、実質年率から計算してもそうなる…というわけですね。

利息シミュレーションの簡単な方法

上のような計算方法だと少々厄介なので、もっと簡単に、下のルールを覚えておくといいでしょう。「10万円を1ヶ月借りて、それぞれどのくらいの利息になるか」という一覧です。

  • 消費者金融…1500円
  • 銀行カードローン…1200円
  • クレジットカードのキャッシング…1500円
  • クレジットカードのショッピング…1200円

という風です。もちろん銀行カードローンと一口に言っても上限金利はバラバラなので、これはあくまで目安です。(消費者金融でもクレジットカードでもみんなバラバラですが、特に銀行カードローンはバラエティ豊かです)

10万円でこの金額なので、1万円なら10分の1、5万円なら半分、20万円なら2倍…としていけば、利息シミュレーションはすぐに暗算でできるわけですね。

臨時返済が最高のシミュレーション

実は、利息シミュレーションの最高のやり方というのは「どんどん臨時返済する」ということ。任意返済・臨時返済を頻繁にしていれば、自ずと「今どのくらいの借入残高がある」「前回の返済から今度の返済まで、いくらの利息を払った」「キャッシング残高は○○円だから、利息はこのくらいになる」…というような計算が、自然とできるようになります。頭の中で利息シミュレーションをするのでなく、実際に返済しながら体で確かめるということですね。

シミュレーションといえばスポーツの世界でもアスリートがよくやっていますが、これもやはり「体験したものほど、リアルにイメージトレーニングできる」ということで、たとえば水泳選手は「ロープで引っ張ってもらって、世界新のスピードを体感してみる」ということをしています。

このような例を見ても、どの世界でも、一番のシミュレーションは「実際にやること」だといえます。そして、それはカードローン・キャッシングの早期返済でいうなら「実際に返済すること」なんですね。

もちろん、返済計画の再編・借入先の変更をする前の利息シミュレーションはまた別です。これは借入先の変更・返済計画の再編で失敗しないために、「事前に脳内で」しなければいけません。

それとは別に、実際に借金を返済計画を再編した後に完済シミュレーションをする時は「どんどん臨時返済するのが一番」ということです。

借入先の変更・返済計画の再編に関する悪徳業者

キャッシング・カードローンの世界には、ヤミ金などの違法業者・悪徳業者がつきものですが、返済計画の再編・借入先の変更に関してもやはりそうした悪質業者が多く跳梁跋扈しています。ここでは、返済計画の再編に関してどのような悪徳業者が暗躍しているのか、それを解説していきます。

整理屋・紹介屋とは

借入先の変更に関して、特にメジャーな悪質業者は紹介屋・整理屋です。それぞれの手口・内容を簡単に書くと、下のようになります。

  • 整理屋…「返済計画の再編を手伝いますよ」と言って、法外な手数料を取る。しかも返済計画を再編しない
  • 紹介屋…「うちでは融資できないけど、いい業者を紹介しますよ」と言って、ヤミ金を紹介する

返済計画の再編・借入先の変更については、当然整理屋の方が多いです。紹介屋は、普通のキャッシングでもよく登場する悪徳業者・違法業者です。(よく登場してはいけないのですが…)

紹介屋に引っかかる方も、やはり多重債務の方が多いです。というのは、彼らからしたら自分たち業者の誘いを断れないような立場の弱い人がいい。それには多重債務者が一番という計算があるからです。そんため、紹介屋がターゲットを集める時にも「返済計画の再編をしませんか?」と言うようなダイレクトメールで釣るわけですね。

このような悪徳業者・違法業者に引っかからないためにも、とりあえず中小業者で借り入れを返済計画を再編することは避けて下さい。

違法な司法書士や弁護士に注意

借入先の変更に関して特に厄介なのは「弁護士・司法書士なのに、悪徳業者に手を貸している」「あるいは、司法書士や弁護士というのは嘘である」というケースです。

彼らの手口は少々複雑なので、すべての説明はできません。とりあえずわかりやすい手口を一つ書くと返済計画の再編は確かにしてくれるが、膨大な手数料を取るというものです。しかもその手数料を事前にハッキリと説明せず「しかし、書類にはしっかり明記しておく」というやり口ですね。

どんなにひどい内容でも、その中身の説明がなかったとしても、「書類にサインや捺印をしたら、それで合法になってしまう」のです。特に公正証書という書類にサインをした場合は、もう絶対に覆りません。

司法書士や弁護士は、多重債務者・借入超過者の無知につけこんで、このような詐欺を働くこともあるわけですね。もちろん、そのような弁護士・司法書士はごく一部しかいませんが、司法書士や弁護士が常に正義の味方とは思わない方がいい、ということです。

大手の業者・ブランド・銀行なら間違いはない

そもそも、司法書士や弁護士が「返済計画の再編で手数料を取る」というのが、あり得ない・おこがましい話なんですね。大手の消費者金融・銀行カードローンの返済計画再編のためのローンだったら、手数料など一切かからないわけですから。

それはネットで少し調べればわかることですが、インターネットが使えない高齢者の方々や、お金がなくてネット環境を確保できない…といういわゆる情報弱者の方々が、このような悪質な司法書士や弁護士のターゲットになっています。

何にしても、整理屋・紹介屋だろうと弁護士・司法書士だろうと、このような業者や専門家に頼らなくても、最初から大手の銀行カードローン・消費者金融の返済計画再編のためのローンを利用していればいいのです。もちろん、それで審査に落ちてしまった人が整理屋のような悪徳業者・違法業者に流れる…ということもありますが、もしまだ大手の消費者金融・銀行カードローンで申し込んでいないなら、まずは大手から申し込むべきと考えて下さい。

繰り返し書きますが、ここまで書いたような違法な手口は、大手の銀行カードローン・消費者金融であれば絶対にないわけですから。

返済計画の再編のシミュレーション・まとめ

以上、借入先の変更ローン・借入先の変更ローン、あるいは返済計画再編のためのローンを利用する前の、返済シミュレーションの重要性について書いてきました。最後に整理すると、下のようになります。

  • 返済計画の再編をしても、必ず低金利になるとは限らない
  • 特に返済期間のリスケジュールによって、最終的な利子総額が増えることもある
  • 事前に本当に金利が下がるか確認した上で、返済計画の再編をすべき

返済計画再編のためのローンのシミュレーションと言っても、それほど難しいことはありません。要は返済計画を再編した後で、確かに適用金利が下がるかということだけ確認していればいいのです。そして、借金を返済計画を再編した後は、できるだけ早期返済をするようにしましょう。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)