おまとめローンは金利で選ぶ?失敗しない借金一本化のコツ

おまとめローン

2017.07.04

電卓とペンと決算書

消費者金融の返済計画再編のためのローンを金利で比較

返済計画の再編で失敗しないためには、返済計画再編のためのローンを金利で選ぶ…というのも一つの方法です。一口に低金利な返済計画再編のためのローンといっても、その借入総額などの状況・条件によって、どこが一番低金利かは変わります。ここではそのようなことも合わせて、返済計画の再編で失敗しないために、返済計画再編のためのローンの金利の比較の仕方を解説していきます。

借入金額が小さい時はアイフル

まず消費者金融の返済計画再編のためのローンの場合、借入金額が小さい時はアイフルで返済計画の再編・借入先の変更するのが一番低金利である…といえます。理由は「上限金利が低金利だから」です。キャッシングの知識がある人なら良くわかるでしょうが借入金額が小さい時は上限金利が適用されるので、上限金利が低い業者・ブランド・銀行のキャッシングを選ぶ…というのが鉄則なんですね。

具体的に、消費者金融の返済計画再編のためのローンの中でアイフルの「おまとめMAX」の上限金利がどのくらい安いのか、他の消費者金融の返済計画再編のためのローンと比較してみましょう。

  • アイフル…15.0%(実質年率)
  • プロミス…17.8%(実質年率)
  • アコム…18.0%(実質年率)

このように、一目瞭然でアイフルが一番低金利…となるわけですね。この「15.0%」という上限金利は、銀行カードローンの標準的な上限金利である「14.5%」にかなり近いです。ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>などは「14.8%」ですが、それとほぼ同等ということですね。

というように、上限金利について比較するとアイフルの「おまとめMAX」が消費者金融の返済計画再編のためのローンの中で一番低金利なので、返済計画の再編の総額が小さい時は、アイフルを選ぶといいということです。

(大体100万円から200万円あたりの金額帯と考えて下さい。)

200万円以上の借入総額ならプロミス

逆にキャッシング総額が200万円以上と高額の場合は、アイフルの「おまとめMAX」よりもプロミスの返済計画再編のためのローンの方がいいといえます。これはアイフルとは逆で「下限金利が低い」からです。

これもキャッシングの世界では常識ですが、たくさん借りれば借りるほど下限金利に近づいていくので、高額借入の時は下限金利の方が影響するということなんですね。プロミスの返済計画再編のためのローンの最高限度額は300万円ですが、200万円を超えたあたりから、徐々に最高借入枠に近づいていくわけです。となると、それに合わせて適用金利も下限金利の6.3%に近づいていく…と想像できるわけですね。

アイフルの方の下限金利はどうかというと、こちらは「12.0%」ということで、プロミスの数字とはまったく違います。しかも「300万円が最高限度額」ではなく「500万円が最大限度額」なのです。これはつまり「プロミスの300万円より大きい500万円を借りても、12.0%にしかならない」ということですね。

少なくとも、プロミスは「6.3%」まで下がる可能性があるのに対して、アイフルが12.0%までしか下がらない…というのは確かです。つまり「下限金利の比較では、圧倒的にプロミスが有利」ということになります。

そのため、「200万円以下ならアイフル」「200万円以上ならプロミス」というように、借入総額が少額か高額かで使い分けるようにしましょう。

アコムの返済計画再編のためのローンのメリットは?

ここまでは、アイフル・プロミスの返済計画再編のためのローンの金利のみ比較してきました。では、アコムの返済計画再編のためのローン(貸金業法に基づく 借換え専用ローン)はどうかというと、これはすでにアコムで借りている人のみ、メリットがあるといえます。

というのは、上限金利でも下限金利でも、アコムの「借換え専用ローン」は少々中途半端なんですね。

  • 上限金利…一番高い(18.0%)
  • 下限金利…プロミスの方が安い(7.7%。プロミスは6.3%)

という風になっています。つまり、借入総額が大きくても小さくても、アコムの「借換え専用ローン」を利用するメリットが、金利・利息面ではないということです。

ただ、アコムですでに借り入れをしている人であれば、その利用実績によって審査に申し込みやすくなるという可能性はあるので、アコムの「借換え専用ローン」を選ぶメリットは十分にあるといえます。

銀行カードローンならどこが低金利?

ここまでは、消費者金融の返済計画再編のためのローンの中でどこが低金利かを比較してきました。ここからは、銀行カードローンで借入先の変更・返済計画の再編をするのであれば、どこでするのが低金利・低利息になるか…ということを書いていきます。

ソニー銀行・イオン銀行が一番低金利

まず上限金利だけで単純比較すると、ソニー銀行・イオン銀行カードローンBIGが一番低金利となっています。

  • ソニー銀行…13.8%(実質年率)
  • イオン銀行…13.8%(実質年率)

このように、どちらも13.8%という上限金利だからです。一般的な銀行カードローンの上限金利が14.5%ということを考えると、0.7%も低金利であるということがわかります。

もちろん、上限金利というのは基本的に「100万円未満のキャッシング」で適用される金利ですから、返済計画の再編・借入先の変更の総額がもっと大きくなったら、他の銀行カードローンでも低金利になります。ただ、200万円や300万円くらいだったら、上限金利がかなり影響するので、上限金利が低金利であるソニー銀行・イオン銀行が、特に低利息で借りられる候補と言っていいでしょう。

みずほ銀行のユーザーならみずほ銀行

現時点でみずほ銀行をメインバンクとしている方なら(普段使っている銀行にしている方なら)みずほ銀行カードローンがおすすめです。こちらもイオン銀行・ソニー銀行のカードローンに次ぐ低金利で、上限金利が「14.0%」となっています。0.2%の金利差しかないので、この2つの銀行カードローンと並んでほぼトップの低金利…と言っていいでしょう。

みずほ銀行カードローンは、最高借入枠が1000万円ということもあり、相当高額の借入先の変更・返済計画の再編でもできるようになっています。もちろん、これだけ巨額の多重債務を抱えていたら、ほとんどの場合は返済計画の再編をするよりも債務整理をした方がいいのですが、それでも返済計画再編のためのローンを利用したいという方には、みずほ銀行カードローンは使える…と言っていいでしょう。

最短当日利用しやすいのは三井住友銀行

銀行カードローンの借入先の変更・返済計画の再編の中でも、特に最短当日借入のしやすさで選ぶのであれば、三井住友銀行カードローンがナンバーワンといえます。それは下のような理由によります。

  • 消費者金融と同様「最短30分」審査できる
  • 土曜日・日曜日・祝日でも最短当日審査をしている
  • 毎日夜9時(21時)まで最短当日審査を受け付けている

ということです。これを読んでキャッシングの知識がある人であれば「いや、新生銀行カードローン レイクも同じ条件では?」と思うかも知れません。その通りです。

ただ、新生銀行カードローン レイクは、低金利ではないんですね。ここでは「低金利な銀行カードローンの返済計画再編のためのローン」という条件で比較していますから、低金利ということも考えると、実質年率14.5%で借りられる三井住友銀行カードローンが一番…と言うわけです。

返済計画の再編で「30日間無利息」はある?

低金利・低利息といえば「初回30日間無利息」というサービスを連想する方もいるでしょう。文字通り最初の1ヶ月の利息がゼロになる…というものですね。この無利息期間は、返済計画再編のためのローン・借入先の変更ローンでは適用できないのか―。それを説明していきます。

返済計画の再編・借入先の変更では無利息期間はない

結論を書くと、借入先の変更・返済計画の再編で無利息サービスを用いることはできません。消費者金融でもそうですし、新生銀行カードローン レイクなどの銀行カードローンでも同じです。

これはある意味当然で、返済計画再編のためのローンのような数百万円レベルの高額借入で30日間無利息にしたら、大変なことになるわけですね。利用者としては非常にありがたいですが、これでは銀行カードローン・消費者金融の利息収入は激減してしまうわけです。

こう書くと「利益第一主義」などと思われてしまうかも知れませんが、それは違います。そもそも、返済計画再編のためのローンというのは「多重債務者というハイリスクな借り手に対して、数百万円のハイリスクな融資をする」ということで、銀行カードローン・消費者金融の側にかなりのリスクがあるのです。それでも多重債務者・借入超過者の救済は大事ですし、一応「大幅に貸付金額を伸ばせるというメリットもあるので、やるということですね。

これが「30日間無利息によって、利息収入が大幅に減るということであれば、やる意味がなくなってしまうのです。「ハイリスク・ローリターン」になってしまうわけですね。なので、返済計画の再編・借入先の変更では30日間無利息などの無利息サービスはないと理解して下さい。

無利息サービスを借り継ぐのはあり?

よくカードローンの情報サイトに書かれているテクニックで、複数の消費者金融・銀行カードローンの30日間無利息を借り継いで行くというものがあります。いわば「30日間無利息のリレー」のようなものですね。

これは理論的には確かに可能なのですが、実際にはほとんど不可能と思って下さい。というのは、下のような理由からです。

  • 30日間無利息の業者・ブランド・銀行ばかり借り継いでいるのは、個人信用情報を見ればわかる
  • 2件目まではともかく、3件目からは審査に通らない

ということです。自分が銀行カードローン・消費者金融の側だったと想像すればわかると思いますが、「30日間無利息の借入先ばかり借り継いでいる」ということは「うちでも、利息を払うことなくまた次の消費者金融・銀行カードローンに借入先の変更る」ということが予測できるわけです。それだったら最初から融資などしたくないですよね。30日間無利息というサービスは、あくまで「その後もある程度、継続して利用していただきたい」ということで、提供しているわけです。

なので、無利息期間の借り継ぎは、理論的には可能でも、現実的には無理と考えて下さい。

1回だけの借入先の変更ならおすすめ

上のように書いたものの、たとえば「今借りている分を、30日間無利息の銀行カードローン・消費者金融に借入先の変更て、1ヶ月だけ無利息にしたい」というのはありです。このような使い方であれば、30日間無利息を提供している消費者金融・銀行カードローンも、むしろ望むところです。30日間無利息を目当てに、他の業者・ブランド・銀行から借入先の変更てくれたわけですから、これは携帯電話の借入先の変更などと同じく、金融機関としては非常に嬉しいことなのです。

また、1ヶ月だけとはいえ利子ゼロになるのであれば、利用者としても助かるでしょう。なので、このようなやり方で「1回だけ」30日間無利息の消費者金融・銀行カードローンに借入先の変更するというのはおすすめできます。

低金利な返済計画再編のためのローン・まとめ

以上、返済計画の再編・借入先の変更で失敗しないために、低金利な返済計画再編のためのローンの選び方をまとめてきました。ポイントだけ最後に整理すると、下のようになります。

  • 借入金額が小さい時は、消費者金融の返済計画再編のためのローンならアイフル
  • 逆に借入金額が大きい時は、プロミス
  • すでにアコムで借りている人なら、アコムもあり
  • 銀行カードローンは、ソニー銀行・イオン銀行が低金利
  • みずほ銀行カードローンもこれに次いで低金利
  • 最短当日キャッシングをしたいなら、三井住友銀行カードローン

以上、これらのポイントも踏まえながら、低金利な返済計画の再編・借入先の変更を実現していただけたらと思います。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)