おまとめローンで借金を一本化した後に借入したい!どうすればいい?

おまとめローン

2017.07.04

お札の前で考える小人の男性

急ぐなら消費者金融がおすすめ

返済計画の再編をした後でキャッシングをしたい―。そういうケースだったら、やはり「当日中に返済計画の再編ができる」ということが重要でしょう。このように急ぎで返済計画再編のためのローンを利用したい場合は、消費者金融をおすすめします。

返済計画の再編・借入先の変更でも最短当日審査可能

通常のキャッシングで消費者金融が最短当日キャッシングをできるというのは当然ですが、返済計画再編のためのローン・借入先の変更ローンでも最短当日審査ができる…というのは少々意外かも知れません。普通のカードローンに比べて、審査の所要時間が長くなる、申込方法が制限されるなどの違いはありますが、最短当日借入自体は、返済計画再編のためのローンでも問題なくできるようになっています。

なので時間的な話をすれば、確かに返済計画の再編をした後そのまますぐにキャッシングをする…ということもできなくはありません。ただ、ここで注意すべき点があります。

総量規制のルールは変わらない

総量規制というのは、少しでもキャッシングの知識がある人なら熟知しているでしょうが「年収の3分の1までしか借りられない」というものです。そして、返済計画の再編をした所で、借入件数が変わるだけで、借入総額は変わらないわけですね。

ということは、返済計画の再編をする前の時点で「すでに年収の3分の1に借入総額が達している」のであれば、「それを返済計画を再編した所で、追加借入はできない」ということです。よく考えたら当たり前ですね。

「返済計画の再編をすることによって、追加のキャッシングをできるようになる」というのは、あくまで「現時点の借入総額が、年収の3分の1まで余裕がある人」に限られるのです。そのような方であれば、返済計画再編のためのローンを利用して返済計画の再編をした後で、普通のキャッシングに申し込む…というのもいいでしょう。

追加借入はしない方がいい

一応、上のようなケースであれば、確かに追加のキャッシングはできます。しかし、個人的にはあまりおすすめできません。私個人の感想と言うより、日本人の一般的な感覚だったら、「どう考えても、返済計画の再編をしたばかりですぐにキャッシングをするのはおかしい」となるはずです。

そもそも返済計画の再編をしないと次の借入審査に通らないくらいの借入件数を抱えている時点で、借入総額だってそれなりに大きいはずなんですね。ということは、返済計画の再編をして借入件数を減らした所で、新たな借入審査に通るという保証はないわけです。

また、仮に通るとしても「新たに借金総額が増える」ということですから、別に喜べることでも何でもないんですね。返済計画の再編自体はいいことですが、そこから追加借入をするのは、どうしても必要な時を除けば、正直おすすめはできません。

返済計画の再編直後の審査は通りにくい

これは上にも書いた通りですが、銀行カードローンにしても消費者金融にしても「返済計画の再編をしてすぐに次のキャッシングをするのはおかしい」と考えているため、返済計画の再編・借入先の変更をした直後の借入審査は、審査通過率がかなり低くなっています。具体的に統計があるわけでは、もちろんありません。一口に返済計画の再編・借入先の変更といっても金額や件数、返済事故の有無などが人によって千差万別ですからね。

ということで、正確なデータがあるわけではなく、あくまでネット上の評判・体験談による情報・印象ですが、それでも「一般人の常識で考えて、やはり返済計画の再編・借入先の変更をした直後にすぐ次の借金をする」というのは、おかしいと感じるでしょう。

返済計画の再編をしたのは個人信用情報でわかる

キャッシングの世界には個人信用情報というものがあります。その人のカードローン・キャッシング・クレジットカードなどの利用履歴を、すべて記録しているものです。全てと言っても何もかも記録しているわけではなく、下のような内容になります。

  • 申し込み日
  • 限度枠
  • 今の借入残高
  • 毎月の返済状況
  • 大きな返済事故(異動情報)の有無

という風です。本当はもっと細かくいろいろありますが、主だったものだけ書くとこのようになります。

そして、これには返済計画の再編をしたことも当然記録されます。それまでの借り入れがすべて完済されて、新しく1件だけの消費者金融・銀行カードローンで、多額の借り入れをしていたとなったら、誰がどう見ても返済計画再編のためのローンですからね。

もちろん、返済計画再編のためのローンで返済計画の再編をすることはとてもいいことなのです。しかし「何で、こうして返済計画を再編した直後に、うちに借りに来るんだ?」と、どのキャッシング業者や銀行カードローンでも思うわけですね。売上至上主義だったらともかく、まともな感覚があったら、必ずそう思うはずでしょう。

というように、個人信用情報を見れば一目瞭然という点でも、やはり返済計画の再編をした直後の新たな借入審査には、通りにくくなるのです。

下手をすると、ブラックリスト入りする

このようにして審査落ちするというだけならまだいいのですが、最悪の場合そのキャッシング業者や銀行カードローンの中で、内部ブラック・社内ブラック隣る恐れがあります。つまり個人信用情報に記録されている公式のブラックリストではなく、その会社内やグループ内での、内輪のブラックリストということですね。それに入ってしまう可能性があります。

内部ブラック・グループブラックになると、どのくらいの期間、そのブラックリストの情報が記録され残り続けるのかはわかりません。これは完全にそれぞれの業者・ブランド・銀行が決めることであって、ルールはないからです。

ただ、普通の審査落ちの場合、その後半年は通らないというのがほぼ共通のルールになっていますから、それより重い内部ブラックということで、おそらく最低でも1年は、ブラックリスト状態が続くでしょう。

クレジットカードならあり?

先にも少し書きましたが、クレジットカードだったらありです。というのはJCBしか持っていないが、VISA・Masterのクレジットカードが欲しいので、審査を受けたということは、返済計画の再編をした直後でもあり得るからです。

実際、私もJCBのクレジットカードだけでやっていますが、正直いろいろ不便です。海外では使いにくいですし、ネットショッピングでもVISA・Masterしか使えないというサービスは、かなりあります。海外のサービスでなく、国内のサービスでもそうです。クレジットカードはやはり、Master・VISAが一番便利なんですね。

また高還元率のクレジットカードを作るために審査の申し込みをするということもあります。ポイント・マイルが貯まりやすいクレジットカードのことですが、これだと年間100万円の買い物をそのクレジットカードに集めると(あくまで一例ですが、)1万円か2万円程度、ポイント・マイルがもらえる…という風になります。

これは金銭感覚がしっかりした人なら、ぜひ欲しいと思うでしょう。もちろん、そのマイル・ポイントを貯めるために浪費したりムダなショッピングをしたりする…というのはNGですが、それでも「これなら、返済計画の再編した直後でも、申し込む理由はわかる」と思ってもらえるはずです。

と言うように、一般的に見て納得ができるような申し込みであれば、返済計画の再編をしてすぐの申し込みでも借入審査に通る可能性はあるということですね。キャッシングだったらそれはあまりありえませんが、クレジットカードだったら割と見られるということです。

金額によっては債務整理を考える

そもそも、借入総額があまりに大きい場合は、返済計画再編のためのローンを利用するよりも債務整理をすることを考えるべきでしょう。これは別に冷たく言っているわけではなく、それが一番快適だからです。ここでは債務整理の種類や、それぞれの内容・メリットなどを書いていきます。

任意整理・特定調停

まず、債務整理の中で一番簡単なのは任意整理・特定調停です。どちらも内容は自由で、業者・ブランド・銀行と借り手の話し合いによるというものです。それを司法書士などを立てて行うのが任意整理、そうした専門家に依頼せず、裁判所を間に立てて行うのが特定調停です。

特定調停の方が、司法書士・弁護士に依頼する費用がかからないという点で、金銭的には安くつきます。ただし、裁判所に何度か行く手間がかかりますし、ある程度法律的な知識も自分で勉強する必要があります。

そのような時間の余裕や、能力・自信がある方は、特定調停を選んだ方がいいでしょう。もしそうでなく、ある程度金銭的に余裕があるのであれば、任意整理を選ぶのがいいかと思います。

ちなみに、特定調停も任意整理も内容は自由ですが、主に下のような内容になります。

  • 利息のカット
  • 借入総額の減額
  • 過払い金の返還請求

実は、過払い金の返還請求は広義では任意整理の一部なんですね。一番件数が多いので、任意整理から独立して第5の債務整理の種類として扱われることも多いですが。

個人再生なら、借入総額が5分の1に?

特定調停・任意整理の次に大きな債務整理は個人再生です。正確には個人版民事再生といいます。個人版以外では会社版があるので、このような名前がついています。

個人再生は、キャッシング総額を最大で5分の1まで減らすことができます。厳密には「借入総額3000万円以上」だったら10分の1まで減らせるのですが、当然そこまで借りる人はいないので、実質最大5分の1ということになります。

実際には5分の1でも必ず低金利の高額借入である必要があるので、普通の人の多重債務だったら、3分の1程度の減額になるかも知れません。何はともあれ、多重債務の返済が大幅に楽になる上に、自己破産と違って自動車や自宅などの資産を没収されることがないので、効果とペナルティのバランスが、一番いい債務整理かも知れません。

自己破産のデメリットは少ない

債務整理の中でも、自己破産は圧倒的に有名です。そして、世間では「自己破産=人生の終わり」と思われていますが、まったくそのようなことはありません。キャッシングの知識がある人なら常識として知っているでしょうが、自己破産のデメリット・短所というのは、ほとんどないのです。世間の勘違いと正しい答えを一覧にしていくと、下のようになります。

  • 仕事をクビになることはない
  • その後のお給料ももらっていい
  • 貯金もしていい
  • 戸籍にも残らない
  • 周りに知られることもない(同居家族だけは知られる)

という風です。唯一大きいデメリット・短所としては、宅建主任・警備員など一部の職業に、数ヶ月就業できなくなるということです。ただ、これも「宅建主任」としての業務ができないだけで、不動産屋さんで働くというだけならOKです。この場合は会社に事情を説明しなければいけないかも知れませんが、何はともあれ、これがほぼ唯一の自己破産のデメリット・短所ということができます。

(ちなみに、もし自宅やマイカーなどの財産がある場合、それは一定レベル以上だとすべて没収されます。ただ、自己破産するレベルまで来ると、もうそんな資産もないことがほとんどなので、これも特に問題ないでしょう。マイホームについては持っている方も割といるかも知れませんが…)

以上、債務整理の種類や内容を簡単に書いてきましたが、借入総額があまりに大きい時は、返済計画の再編を考えるより、これらの債務整理を検討した方がいい、ということを意識して下さい。

返済計画の再編直後のキャッシング・まとめ

以上、返済計画の再編をしてすぐにキャッシングでお金を借りることについてまとめてきました。恐らくこのような借り入れを希望する理由として「借金返済のため」というのが、一つ大きなものとして挙げられるでしょう。ただ、言うまでもないことですが借り入れの返済をキャッシングでするようになったら、それは末期症状です。血で血を洗うではありませんが、借金で借金を返すようになるというのは、典型的な多重債務者・借入超過者のパターンなのです。

ということで、もしそのような理由で返済計画再編のためのローンを利用し、新たなキャッシングをしようとしているなら、「それはもう債務整理をした方がいい」と言えます。ここまで書いた通り、債務整理でもライトな任意整理などがありますし、自己破産になったとしてもそれほどダメージはありませんから、むしろ積極的に債務整理というシステムを活用すべきだと考えます。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)