無人契約機へ行く前に!契約機での審査や在籍確認の流れを確認!

キャッシング基礎知識

2015.06.19

mag027
無人契約機での審査の流れを簡単に書くと下の通りです。

  1. 基本的な情報を答える(記入・入力する)
  2. 本人確認書類を提出する(スキャン)
  3. 申込書に手書き&提出(スキャン)
  4. 勤務先への在籍確認(オペレーターがする)
  5. 審査完了&カード発行

…という風です。
業者やその申込者によって、多少前後したり、内容が変わったりします。
しかし、大体こういう流れです。

【目次】

1.「ネット申込み」→「無人契約機」の流れがおすすめ
1-1.無人契約機の方が早い理由「その場にお客がいる」
1-2.先にネット申込みをすると、個人情報の入力・記入が楽
1-3.SMBCモビットは特に、ネットの方が「電話連絡なし」にしやすい

2.無人契約機での最短即日審査は「21時」までOK
2-1.プロミスは「22時」まで最短即日審査可能
2-2.レイクは「営業時間…24時まで」だが、最短当日審査は「21時まで」
2-3.無人契約機で審査する時の注意点

3.まとめ&補足「テレビ電話が苦手な方はアイフルで」

1.「ネット申込み」→「無人契約機」の流れがおすすめ

ネット申込みや無人契約機での審査を単独でするより、「組み合わせる」のが一番早いと言われています。

もちろん、無人契約機が自宅から遠い方の場合、ネットのみの方が早いでしょう。
しかし、都市部の方など、自宅近くに無人契約機がある場合、この方法がおすすめです。

1-1.無人契約機の方が早い理由「その場にお客がいる」

無人契約機を合わせると審査が早くなる理由は「その場に申込者を待たせている」ということ。
「ネットのみ」の申込者は、自宅にいるので待っている間、自分の好きなことができます。

しかし、無人契約機にいるお客さんはそうではありません。
そこでずっと待っていないといけないので、優先的に審査する必要があるのです。
(この点、ネットのみの人も、不満はないでしょう)

というわけで、全体的に「無人契約機の方が早い」のですが、一つ問題があります。
それが「個人情報の入力・記入が面倒」ということです。

1-2.先にネット申込みをすると、個人情報の入力・記入が楽

カードローンの審査というのは、氏名・生年月日など、個人情報の入力が必要です。
さらに「自宅は持家か」「入社年月はいつか」「会社の従業員数は」というような項目まで必要。

これらは、パソコンやスマホで入力するなら簡単です。
しかし、申込書に手書きしたり、無人契約機のタッチパネルで操作したりするのは大変なんですね。

なので、これらの情報だけ、先にネット申し込みで送信した方がいいのです。
これを「仮申し込み」と言いますが、この仮申し込みをした上で、無人契約機に行って「本申し込み(本審査)」を受けるのがいいんですね。

1-3.SMBCモビットは特に、ネットの方が「電話連絡なし」にしやすい

特にSMBCモビットで「職場への電話連絡」をなしにしたい場合。
これは先にネットから申し込むのが一番いいです。

SMBCモビットは「WEB完結申込」というシステムがあり、これを使えば、特別な手続きなしで「電話連絡なし」にできるんですね。

条件というのは2つです。

  • 「給与明細」「会社の保険証」を提出する
  • 「三菱UFJ銀行」か「三井住友銀行」の口座を持っている

…ということ。
両方ともネットの申込みフォームから送信できるようになっているので、これが一番楽です。

無人契約機だけで「電話連絡なし」にしてもらうことも、できなくはありません。
ただ、SMBCモビット自体が「全部WEBで処理する」を基本としています。
なので、おそらく「無人契約機だけ」でやる方が、時間がかかるでしょう。

「全部WEBでできるなら、無人契約機に行く必要ないじゃん?」と思われるかも知れません。
これは「より早く審査するため」と、「銀行振り込みができない日時」に借り入れするためです。
(土曜日・日曜日・祝日・夜間などですね)

この場合、SMBCモビットも「無人契約機でカード発行→ATMで直接借り入れ」が必要なので、こうして無人契約機に行くのです。

2.無人契約機での最短即日審査は「21時」までOK

無人契約機での最短即日審査は、どの消費者金融でも21時まで受け付けています。
21時に「審査を開始」すればOKです。
なので、審査にどれだけ時間がかかろうと「21時にスタートすれば勝ち」です。

*無人契約機は、業者によって「自動契約機・ローン契約機・契約ルーム」と呼び名が変わります。ここでは以後、自動契約機で呼びます。

2-1.プロミスは「22時」まで最短即日審査可能

プロミスの自動契約機は、22時まで(一部21時までもあり)OKです。
これも「22時までに審査をスタートすれば」OK。

つまり、消費者金融で一番長く審査を受けているのはプロミスです。
夜遅く、ギリギリで当日借入したい時には、プロミスの自動契約機で申し込みしましょう。

ここまで、先にネット申込みするやり方をおすすめしてきました。
しかし、本当にギリギリな時には「時間までに審査を開始する」のが絶対条件なので、まずは自動契約機に直行しましょう。

2-2.レイクは「営業時間…24時まで」だが、最短当日審査は「21時まで」

自動契約機の営業時間で間違いやすいのは、「レイクの営業時間」です。
(正式名称…新生銀行カードローン「レイク」)

レイクの自動契約機は「24時」まで審査を受け付けています。
しかし、これは「ただの受付」で、「最短当日審査する」わけではないんですね。

レイクも最短当日審査してくれます。
しかし、それは「21時まで」なのです。
(他社と同じですね)

これは本当にややこしくて、多くの人が勘違いして、レイクでの最短即日借り入れに失敗しています。
なので、レイクで借りる方はぜひ気をつけてください。

(ちなみに、ATMではなく自動契約機の話です。ATMはレイクだけでなく、どこでも24時まで開いています)

2-3.無人契約機で審査する時の注意点

注意点はいくつかありますが、まず「挙動不審にならない」ということ。
テレビ電話になれていない人は挙動不審になってしまうことがありますが、これは怪しまれます。

怪しまれても審査には通ることがほとんど。
ただし、余計な本人確認をされたり、時間がかかります。

基本的に、こういう場面で堂々とすることは、デートでも仕事の商談や接客でも、子供のしつけでも、すべてで重要なことです。
人間なので、いつも気を張って生きるのは難しいかも知れませんが、ぜひ「堂々とした振る舞い」を、日頃から意識してみてください。

3.まとめ&補足「テレビ電話が苦手な方はアイフルで」

自動契約機(ローン契約機)の審査は、基本的にテレビ電話です。
しかし、アイフルの「契約ルーム」だけは違います。

これは文字通り、「ミニオフィス」のような部屋です。
デスクと電話が置いてあり、この電話でオペレーターさんと通話しながら、審査をします。

申込書はデスクの引き出しに入っています。
それに手書きで記入し、スキャンして送信します。

スキャナも横においてあり、本人確認書類などもこれで送信。
原理は他社の自動契約機とほぼ同じで、テレビ電話があるかないか、が違いです。

特に自分の容姿に自信がない方や、テレビ電話は初めてで緊張する…という方はアイフルで申し込むといいかも知れません。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)