イオン銀行カードローンのおまとめローンはお得?金利や審査は?

銀行カードローンナビ

2017.07.04

電卓とペンとメモ帳

イオン銀行の返済計画の再編の方法は2通り

イオン銀行カードローンBIGでの返済計画の再編・借入先の変更の方法は2通りあります。正確に書くと、イオン銀行の中に「カードローンBIG」と「返済計画再編のためのローン・フリーローン」という2つの商品があり、このどちらかでする…という風になります。

名前に「返済計画の再編」と入っている「返済計画再編のためのローン・ネットフリーローン」の方が、言うまでもなく返済計画の再編・借入先の変更には向いています。一応少額の借入先の変更・返済計画の再編だったらイオン銀行カードローンBIGでもできるでしょうが、高額の場合は、「返済計画再編のためのローン・フリーローン」の方を利用した方がいいでしょう。

両者はどう違うのか

  • イオン銀行カードローンBIG
  • 返済計画再編のためのローン・フリーローン(イオンアシストプラン)

この両者がどう違うのか、簡単に書くと、下のようになります。

  • イオン銀行カードローンBIG…何度でも追加借入できる
  • 返済計画再編のためのローン・フリーローン…一度借りたら、後は返済するだけ

この違いは要するに「カードローン・フリーローン」の違いです。どの銀行でも見られるものです。

  • カードローン…決まった限度額の範囲内で、自由に借入・返済する
  • フリーローン…最初に全額借りて、後は返済するだけ

このような違いですが、フリーローンの方が、昔ながらの借り入れの方法というのがわかるでしょう。たとえば江戸時代などに人が借金をしたら、こうやって「最初に全額借りて、後はひたすら返済していく」というやり方になるはずですからね。「極度額の範囲内で、繰り返し借入・返済…」なんてサービスは、ATMや銀行のシステムが整備されたからこそできることなのです。

(事実、登場した頃の消費者金融も、最初に全額貸して後は返済を待つだけ…というサービスでした)

というように追加借入ができるかどうかというのが、イオン銀行カードローンBIGと、返済計画再編のためのローン・フリーローンの最大の違いです。

イオン銀行カードローンBIGで返済計画の再編はできるのか

イオン銀行カードローンBIGでの返済計画の再編・借入先の変更は、理論上はできます。というのは、返済計画再編のためのローン・借入先の変更ローンは「貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲外(例外・除外含む)」である必要がありますが、銀行ローンは最初からすべて貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲外(例外・除外含む)だからです。

なので、他の銀行カードローンでも返済計画の再編をする時には、いつも「普通のキャッシングを、そのまま返済計画再編のためのローンとして活用する」というやり方になっているわけですね。イオン銀行カードローンBIGでも、それをしようと思えばできます。

ただ、当のイオン銀行が「返済計画再編のためのローン・フリーローン」という名前のコースをわざわざ用意しているわけですから、基本的に、借入先の変更・返済計画の再編・借入先の変更はほとんどこちらで受け付けている…と思うべきでしょう

返済計画の再編をしたなら、追加借入できない方がいい

上に書いた通り、追加借入が自由にできるイオン銀行カードローンBIGの方では、おそらく返済計画の再編・借入先の変更はできないか、しにくいといえます。公式ページでも返済計画の再編・借入先の変更OK」とは書かれていません。

なので、おそらくほとんどの場合は「返済計画再編のためのローン・フリーローン」の方を使うことになります。こちらは「フリーローン」の部分で書いた通り「追加借入ができない」わけですが、返済計画の再編をして、本気で借金を完済したいのであれば、むしろ追加借入はできない方がいいでしょう。

言うなれば「アルコール中毒を治すには、病棟に入院するしかない」というようなものです。強制的に追加借入ができない状態に置かれることで、どんどん返済が進んでいく、ムダな支出も減る…という風になるでしょう。

このようなメリットもあるので、イオン銀行で返済計画の再編をする時は、仮にイオン銀行カードローンBIGが使えたとしても、もう1つの「返済計画再編のためのローン・フリーローン」の方がいいと言えます。

イオン銀行の返済計画再編のためのローンの金利は?

イオン銀行の返済計画再編のためのローンの金利は、実質年率で「3.8%~13.5%」となっています。通常のキャッシングであるイオン銀行カードローンBIGの方は「3.8~13.8%」という実質年率なので、下限金利については同じです。上限金利については、返済計画再編のためのローン・フリーローンの方が安くなっているわけですね。

他の銀行カードローンの返済計画の再編の金利と比較すると?

他の銀行カードローンは、イオン銀行と違って「返済計画の再編専用のコース・プラン」をほとんど設けていません。そのため、通常のキャッシングの金利と比較することになります。上限金利だけで、主だった銀行カードローンを一覧にしてみましょう。

  • イオン銀行…13.5%(実質年率)
  • ソニー銀行…13.8%(実質年率)
  • みずほ銀行…14.0%(実質年率)
  • 楽天銀行…14.5%(実質年率)
  • 三井住友銀行…14.5%(実質年率)

上位5つの銀行カードローンだけを書きましたが、見ての通り、イオン銀行の返済計画再編のためのローンの金利が一番安くなっています。普通のキャッシングだと、イオン銀行カードローンBIGの金利は13.8%なので、ソニー銀行と同率首位ですが、返済計画再編のためのローンの金利になると、このようにイオン銀行が単独トップになるわけですね。

下限金利で比較すると?

逆に上限金利ではなく下限金利で比較するとどうなるかというと、これは少々、他の銀行カードローンとの比較が難しいです。というのは、イオン銀行の返済計画再編のためのローンの最高限度額は700万円で、これと同じ最高借入枠の銀行カードローンはないからです。まったくないわけではありませんが、大手の銀行カードローンではありません。大手の銀行カードローンだと「800万円」という最高借入枠が多いからです。(それより少ないのは、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」や新生銀行カードローン レイクなどの「500万円」になります)

ということで、単純比較は難しいのですが、あえて「最大融資枠800万円」の銀行カードローンと、イオン銀行の返済計画再編のためのローンの下限金利をあわせて一覧にすると下のようになります。

  • イオン銀行…3.8%(実質年率)
  • 楽天銀行…1.9%(実質年率)
  • ソニー銀行…2.5%(実質年率)
  • オリックス銀行…1.7%(実質年率)
  • じぶん銀行…2.4%(実質年率)
  • 三井住友銀行…4.0%(実質年率)

と、このように下記については、イオン銀行の返済計画再編のためのローンは少々高くなっています。最高限度額が700万円ということで、800万円の最大融資枠となっている他の銀行カードローンと、単純比較することはできません。しかし、そのハンディを差し引いても、やはりイオン銀行の返済計画再編のためのローンの下限金利は高めであると言えます。

重要なのは上限金利なので関係ない

上のように書いたものの、そもそもほとんどの人にとって、下限金利というのは関係ありません。普通のキャッシングの時もそうですし、返済計画再編のためのローン・借入先の変更ローンでもそうです。普通のカードローンでは、100万円以下の借入総額だと上限金利が適用されるのが通常です。そして100万円以上の高額キャッシングをできる人などほとんどいないので、上限金利以外の金利は、事実上存在しないと言ってもいいくらいなのです。

そして、返済計画の再編・借入先の変更については数百万円の借り入れも確かにあります。しかし、それでも一番多い金額帯は200万円・300万円あたりなので、上限金利の影響の方が、下限金利の影響よりも大きくなります。単純計算で、イオン銀行の返済計画再編のためのローンのように「最高限度額700万円」だったら、「中心線の350万円」より少額であれば、上限金利に近くなるということですからね。

というように、普通のキャッシングはもちろん、返済計画の再編・借入先の変更にしても結局下限金利はあまり関係ないので、多少下限金利で不利だったところで、上限金利でナンバーワンであるイオン銀行の返済計画再編のためのローンは「低金利な返済計画再編のためのローンである」と言えるのです。

イオン銀行の返済計画の再編の注意点

どんなものにもデメリット・短所・注意点はありますが、イオン銀行の返済計画再編のためのローンでも当然それはあります。ここではイオン銀行カードローンBIGで返済計画の再編や借入先の変更をする時に注意すべき点をまとめていきましょう。

学生では返済計画の再編できない

まず第一に学生では利用できないという点が指摘できます。これはイオンアシストプラン(返済計画再編のためのローン・フリーローン)だけではなく、通常のキャッシングであるイオン銀行カードローンBIGでも同じです。「イオン銀行カードローンBIGは学生では借り入れできない」というのは、キャッシングの知識がある人の間ではよく知られている事実です。

通常のキャッシングでもそのように学生の借入不可である以上、もっと高額の融資が必要になる返済計画の再編・借入先の変更だったら、学生が利用できないのは当たり前ということですね。

ただ、これについてはそれほど問題ではありません。というのは、そもそも、返済計画の再編が必要になるくらい若年層がキャッシングをすること自体が難しいからです。そこまで至るまでに、その学生はそれなりの借り入れをしているわけです。いきなり多重債務にはなりませんからね。

その「途中の段階」で、どの消費者金融・銀行カードローンが審査しても「学生で2件目・3件目を借りに来る人間はやばい」と判断して、普通は審査を通さないものなのです。

なので、学生は返済計画再編のためのローン・借入先の変更ローンを利用できなくても「そもそも、多重債務になること自体が少ない」ので、イオン銀行で返済計画再編のためのローンを利用できなかった所で、特に問題ないわけです。

最低借入金額が30万円から

イオンアシストプラン(返済計画再編のためのローン・フリーローン)は、通常のイオン銀行カードローンBIGとは違い、最低借入金額が30万円となっています。「最高」ではなく「最低」です。つまり、少なくとも30万円借りる人間でないと、審査を通さないということですね。これは「返済計画再編のためのローン」と名前に入っているのを見ても、当然だと言えるでしょう。30万円以下の少額の返済計画再編のためのローンなど、あり得ないですからね。

というわけで、最低でも30万円のキャッシング枠をもらえるような信用度がないといけないということで、多少、通常のイオン銀行カードローンBIGよりも審査が厳しくなるといえます。

ちなみに、この「最低借入金額30万円」というのが「多すぎる」と思う方の場合は、通常のイオン銀行カードローンBIGを利用するようにしましょう。こちらは1万円単位から借入可能なので、少額融資にはこちらが向いています。

イオン銀行カードローンBIGからの借入先の変更は可能?

裏技のような話ですが、通常のイオン銀行カードローンBIGから、返済計画再編のためのローン・フリーローンに借入先の変更る…ということは可能なのか。これはおそらく不可能でしょう。もしこれを許可したら、誰も上限金利13.8%のイオン銀行カードローンBIGでは、借りなくなってしまうからです。返済計画再編のためのローン・フリーローンだったら「13.5%」という上限金利なわけですから、明らかにこちらの方がお得ですからね。

もちろん、返済計画再編のためのローン・フリーローンの方は「返済しかできない」ということで、利便性ではイオン銀行カードローンBIGの方が上です。なので、すべての人が返済計画再編のためのローン・フリーローンの方に借入先の変更てしまうということはないでしょうが、それでもやはりイオン銀行カードローンBIGの方の人気が下がるので、このような借入先の変更は不可能でしょう。

イオン銀行の返済計画再編のためのローン・まとめ

以上、イオン銀行でも返済計画再編のためのローン・借入先の変更ローンについてまとめてきました。普通の銀行カードローンの場合は、通常のキャッシングでそのまま返済計画再編のためのローンとして利用できるのですが、イオン銀行の場合は返済計画再編のためのローン・フリーローン(イオンアシストプラン)があるので、少々話が複雑になりました。

多少ややこしいものの、それでも一番低金利で返済計画の再編・借入先の変更できる方法であることは間違いありませんし、借入可能金額も700万円と大きいので、返済計画の再編や借入先の変更を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング(当サイトおすすめ順)