モビット即日融資のすすめ|即日審査から振り込みが早い!

即日キャッシングナビ

2014.09.07

お札と白い電卓と書類

モビットは即日融資にも対応可能

キャッシングというのはそもそも「急ぎでお金を借りたい」「大至急カードローンで借り入れ(借金)をしたい」という、切羽詰まった方々のためのサービスです。まして、特にモビットやアコム・アイフルなどの大手の消費者金融は「急ぎでお金を借りるために特化したサービスであり、商品」なので、最短当日キャッシング・最短当日融資は当然のごとくできるようになっています。

もちろん、「最短」という文字でもわかる通り、あくまで「申込み時間にもよる」ものですし、審査の混み具合も多少は影響しますし、何よりそもそも「審査に通るかどうか」というのが最重要なポイントです。

なので、必ずしも誰でも最短当日キャッシングができるというわけではありませんが、とりあえずモビットが提供している審査体制としては、最短即日融資は問題なくできるようになっています。なので、急ぎでお金を借りたい、今日中にお金が必要という切羽詰まった局面・シチュエーションでも、ぜひ安心して下さい。

(安心といっても、ゆっくり審査の申し込みをしていたら間に合わない可能性があるので、あくまでキャッシングの審査の申し込みは、早め早めでするようにしてください)

すぐ審査結果を知りたい人は、モビット

見出しなので短めに書きましたが、審査結果といっても「あくまで、大体の目安」です。モビットには、他の消費者金融の借入診断・お試し診断が格段・歴然に進化した10秒簡易審査というシステムがあり、本審査に大分近い診断結果が、すぐにわかるようになっています。

モビットの10秒簡易審査は、かなり正確性の高いものですが、あくまでお試し診断・借入診断という点はよく理解して下さい。つまり「10秒簡易審査では借入可能となりそうな結果が出たけど、本審査で落ちた」ということは十分にあり得ることです。実際、インターネット上の評判・体験談を見ていても、モビットで申し込みをした方で、そのようなケースは確かにあったようです。

この原因はいろいろ考えられますが、個人信用情報(クレジットヒストリー)に何らかの問題があったということが想定できます。個人信用情報というのは、これまでの借入・返済の履歴が記載されているもので、JICC・CIC・KSCなどの個人信用情報機関で登録されていて、キャッシングの審査の時に閲覧されます。

10秒簡易審査では、あくまで年収や勤続年数などの審査条件のみ記入します。個人信用情報はその後で、モビットが「人間の目」によって見るものなので、クレジットヒストリーに何らかの問題があるという時には、そこで初めて分かるのです。

具体的には下のような借入・返済の履歴が個人信用情報に記入されていると、モビットでもどの消費者金融・銀行カードローンでも借入不可となります。

  • 債務整理
  • 代位弁済
  • 重度遅延
  • 強制解約・退会

このように、いわゆるブラックリストと呼ばれる事故情報・異動情報が、過去の返済トラブルとして記録されているシチュエーションでは、モビットであろうと、その他のキャッシングブランドであろうと、借り入れは不可能となります。これは実際にこのような返済トラブルを起こした申込者ご本人が、一番良く知っているでしょう。これ以上借り入れしたら、自分はかなり危ない借入超過者・多重債務者になる…という自覚があるはずです。

(その自覚がなかったら、さらに危険なことです。そうとう金銭感覚がずれている人でない限り、普通はブラックリスト入りすることはありませんから)

この「個人信用情報の閲覧・照会の結果審査落ちする」というのは、あくまで一例に過ぎません。何にせよ、このように「10秒簡易審査ではOKとなっても、本審査で落ちる」ということはたまにあるので、モビットの10秒簡易審査も「完璧に、借入可能かどうかのシミュレーションができる」ということではありません。しかし「かなり正確な結果が、わずか10秒でわかる」という点では、急ぎでお金が必要な方々にとって、非常にメリットが大きいということがいえます。

多重申し込みに注意

もう一つ「10秒簡易審査ではキャッシングできそうだったのに、本審査で落とされた」というインターネット上の口コミ・評判に共通しているケースがあります。それはモビットで申し込むと同時に、他の消費者金融・キャッシングブランドでも審査の申し込みをしていたというものです。

これは同時申込みといって、審査落ちの原因になります。年収や勤務先・勤続年数・他社借入状況など、その他すべての審査項目に特に問題ない方であっても、同時申込みをしたというその一点だけの理由・原因によって、キャッシングの審査に通らなくなる…ということがたまにあるのです。

なぜこのようなことになるのかというと、個人信用情報を見れば「今、その人が他で同時に審査の申し込みをしているか」ということもわかるんですね。たとえばモビットで審査の申し込みをしたら、先程書いたように、モビットがその申込者の個人信用情報を見るため、JICC・CIC・KSCなどの記録にアクセスするのです。

そうすると、「○月○日、モビットが照会」という記録が、その利用者・借り手の個人信用情報に残ります。自分が申し込みしていないキャッシングブランドや貸金業者などが、勝手に個人信用情報を閲覧しないように、これでチェックできるんですね。もちろん、モビットの閲覧記録がここで残っているのは、自分が審査の申し込みをしたからです。

そして、もうわかったと思いますが、その後で他の大手の消費者金融で申し込みをしたら、そこが個人信用情報をチェックする時には、モビットの照会の記録が記載されているということなのです。たとえばそれがアイフルだったら、アイフルの審査部は「あ、この人モビットでもお金を借りようとしている」とわかるわけですね。

そして、あなたがお金を貸す側(ここではアイフル)だったら、どのように思うでしょうか。当然「この申込者は、少々危ない」と思うはずです。

  • 複数のキャッシングブランドで同時申込みをしているということは、かなり切羽詰まっている
  • こういう利用者は、借り入れをした後、返済の延滞・滞納をすることが多い

このような理由ですね。一般的な感覚で考えても、キャッシング・カードローン・消費者金融の知識がなくても、これは納得ができると思います。なので、このような場合、アイフルにしても、ノーローン・アコム・プロミスなどの他のキャッシングブランドにしても「ひとまず様子見」することが多いわけすね。

景気が悪く、申込者が少ない中小の消費者金融・街金業者などと違い、これらの大手の消費者金融は「常に引く手あまた」でお金を借りたい人がたくさんいるわけです。なので、このような「貸し倒れのリスクが高い消費者に、わざわざ融資しなくてもいい」ということなのです。別に冷たいわけではなく、経済的に危険な状況にある申込者に対しては、融資をしないのも、その人を借入超過者・多重債務者にしないために大切なことと言えます。これもやはり、普通の感覚で考えて納得できるはずです。(これをしなかった武富士などの過剰融資が社会問題になったことは、記憶に新しいでしょう)

ということで、多重申し込み(同時申込み)をしていると、モビットの10秒簡易審査で良好な診断結果が出たとしても、本審査で通過できない…ということがままあります。そうした悲しい事態・悲劇を招かないためにも「何が何でも今日中にお金を借りたい」という焦る気持ちをぐっと抑えて、1件ずつ申し込みするようにして下さい。

最短「即日融資」のスピード審査&融資も魅力

また、モビットで最短当日キャッシングをするメリットとして「最短30分」で審査が完了する…という点もよく指摘されます(※1)。カードローンの情報サイトを回遊・ネットサーフィンしている方だったら、このメリット・長所・利点については、もう幾度となく、数え切れないほど見聞きしたかも知れません。

そして、そうした方なら熟知している通り、モビットだけでなく、プロミス・ノーローン・アコム・アイフルなどの他の消費者金融のキャッシングブランドでも、「最短30分」で審査できる(※1)という体制になっています。現代のキャッシング・カードローンの業界というのは、これだけスピード感があるんですね。

(※1・・申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

しかもノーローンに至っては「最短20分」で審査できるくらいです。(一応、上では大手の消費者金融をすべて一覧にするため、一緒に書きました)

このようにノーローンはモビットよりも10分審査の所要時間が短いわけですが、基本的には「今日中にお金を借りたい」とか「今すぐキャッシングをしたい」という方の場合、モビットを利用した方がいいといえます。というのは、モビットの方がノーローンよりも、審査通過率が高いという口コミ・評判が散見されるからです。あくまでインターネット上の評判・体験談なので、さほど信ぴょう性は高くありません。なので参考程度にしていただきたい記述・記載ですが、それでも「ノーローンは審査が厳しい」というのは、ほぼ間違いないようです。

モビットもアコム・アイフルなどと比較するとそれなりに審査が厳しいと言われますが、それでもノーローンよりは、多少クレジットスコアで劣る方であっても、その人の信用度・クレジットスコアの範囲内で、問題ない金額(金融庁がチェックしても、過剰貸付にならないような金額)を融資してくれると想定できます。なので、急ぎでお金が必要なシチュエーションでは、「最短20分」というノーローンの超速よりも、適度にスピーディーなモビットの「最短30分」を選択する方がいいでしょう。

(ただし、自分の信用度・クレジットスコアに相当な自負があって「ノーローンでも確実に審査に通る」という自信がある方の場合は、ノーローンでキャッシングの審査に申し込むのも、もちろんアリといえます)

モビットのWEB完結申込のメリット

モビットの最短当日キャッシングを語る上で、絶対に外すことのできないトピックスは「WEB完結申込」です。わずかでもカードローン・消費者金融・キャッシングの知識がある人だったら「いや、ネット完結とかWEB完結とか、金融業界では普通ではないか?」と思うかも知れません。しかし、モビットのWEB完結申込の場合は一味違い、ワンランク上のサービスとなっているのです。

具体的に、モビットのWEB完結申込が他の大手の消費者金融・銀行カードローンの提供するWEB完結の審査・ネット完結の借入審査とどう違うのか…ということを説明していきます。

電話連絡がすべてなしになる?

モビット以外の銀行カードローン・消費者金融が設定している「ネット完結の審査」というのは、勤務先への在籍確認の電話、本人の携帯への確認電話などの最低限の電話連絡だけは実行するというルールになっています。つまり「完全にウェブだけ」ではないのです。もちろん、これは当たり前のことであり、何も不便とかサービスが悪いということではありません。

しかし、モビットのWEB完結申込は何と、これらの電話連絡すら、状況・条件によってはなしになる可能性がゼロではない、というシステム・体制になっているのです。あまりにクレジットスコア(信用度)が高い人であれば「本人の携帯への確認電話すらないかも知れない」ということですね。(基本的には、ほとんどの申込者はあると思っておいて下さい)

この「確認電話すらなしになる」というのは、モビットのWEB完結申込の公式ページにも書かれていることです。「勤務先などへの電話連絡は、基本的に行いません」という内容が記載されています。(原則なので、その人の信用度・クレジットスコアによって、必要と判断したら、確認電話もやはりかけるということですが)

ここで勤務先「など」と書かれているということは、職場への電話連絡を省略される可能性があるというのは国語的に間違いではないでしょう。キャッシング審査のことを知っている人・経験者であればわかると思いますが「職場への在籍確認の電話以外では、もうカードローンの審査の確認電話というものはない」からですね。

初めてキャッシングする人や、この分野・ジャンルでの知識がない人の場合「いや、自宅の電話のことでは」と思うかも知れませんが、モビットでもその他のキャッシングブランドでも、自宅の電話への連絡・審査はしない、というのが普通なのです。なので、職場「など」というのは、自宅の電話のことは指していないと断言できます。

となれば、消去法で「本人の携帯への確認電話が省略される可能性も、全く無いわけではない」という結論になります。実際明らかに確認電話が必要ない人については、省略して全体の審査スピードを早くするのが、すべての利用者のためとなります。

キャッシングの審査というのは、とにかく厳しくすればいい…と言うものではないんですね。お客さんを待たせないというのは、どんなビジネスでも共通して重要なことですから、そのためには「明らかに不要と断定できるような審査作業は、省略するのがお客様のためであり、社会全体のため」ということができます。

モビットのような大手のキャッシングブランドであれば、当然そのような「社会的な影響」も考える必要があります。となれば「本人の携帯への確認電話だろうと、会社への在籍確認の電話だろうと、明らかに要らない、なしでいいという局面だったら、なしにするのが正解」ということになります。なので、これは決して「審査基準が柔軟」とか、いわゆる「甘い・ゆるい」ということではないのです。(むしろ真逆なんですね。ものすごく厳密に審査した上での行動なのです)

WEB完結申込で借りるための条件

上の段落の通り「本人の携帯への確認電話という、最後の砦すらなしになるかも知れない」というくらい、圧倒的なスピードキャッシングが可能となるモビットのWEB完結申込。これほど充実した最短当日借入のシステムであれば、当然審査条件も厳しくなります。

モビットの通常のキャッシング審査とは段違いで、WEB完結申込を適用するのであれば、消費者金融の審査だとは思わない方がいいというくらい、条件が多く追加されて、厳しくなっています。(厳しくするからこそ、本当のネット完結・WEB完結の審査が提供できるということですね。)

モビットのWEB完結申込で借り入れをするために必要な条件(提出書類含む)は、下の通りです。

  • 三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行の口座のどちらか一方を所持している
  • 本人確認資料は、「パスポート・運転免許証」の片方を提出できる
  • 収入証明書も提出できる(確定申告書・源泉徴収票・税額通知書など)
  • 職場の保険証・給与明細書を提出する

その他、絶対的なクレジットスコア(信用度)が良好ということも条件としてピックアップできますが、具体的でわかりやすい申込条件としては上記の通りです。「かなり制限がある」ということがわかるでしょう。

たとえば身分証明書・本人確認資料については、通常の大手の消費者金融・銀行カードローンのキャッシング審査だったら、その他「各種健康保険証・住民基本台帳カード・在留カード・特別永住証明書」などもOKとなります。(在留カードや特別永住証明書については、モビットのWEB完結申込でも状況・条件によっては認められるかも知れません。外国人などの方は、一度問い合わせてみて下さい。極端な話、どこかの国の大使だったりしたら、おそらく何らかの配慮がされるかも知れない…と考えるのは、私だけではないと思われます)

何はともあれ、普通のカードローンの審査であれば、モビット以外の消費者金融・銀行カードローンであれば、そのように「他の身分証明書」でもOKなのですが、モビットのWEB完結申込ではそれが認可されない…ということですね。

収入確認資料・年収確認資料についても、通常モビットの借入審査では「借入金額が50万円をオーバーする、超越するまでは不要」という風になっています。これも原則なので、必要になることもありますが、モビットのWEB完結申込の場合はそうした特殊なケースだけでなく「全員必要になる」ということですね。キャッシング枠が50万円未満でも、かならず所得確認資料を提出しなければいけない…ということです。

また「三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行の口座が、どちらか片方なければいけない」という条件も厳しいでしょう。どちらの口座もなければ、その時点でモビットのWEB完結申込の適用は諦めなければいけない…ということです。(当日口座開設をしても、キャッシュカードが発行されるのは1週間後程度になるので、これではモビットで最短当日借入をするのは難しくなります)

というように、モビットのWEB完結申込でキャッシングをするためには、かなり厳しい幾多の試練を乗り越えて進まなければいけないのですが、何はともあれ「このような審査条件・申込条件をすべてクリアした人であれば、おそらく最速のスピードキャッシングの方法によって、借り入れができる」ということなのです。

WEB完結申込の提出書類について

モビットのWEB完結申込で必要になる書類で、最重要なのは「会社の保険証・給与明細」です。この2つの書類のうち「給与明細書」についてはそこまで絶対的に厳しいということではありません。パート・アルバイト・フリーターだろうと学生・主婦だろうと、自分の収入がある人だったら、みんな持っているでしょう。

しかし、難しいのは「職場の保険証」です。というのは、勤務先の保険証は、社会保険証・組合保険証という種類でなければNGで、アルバイト・パート・フリーターが持っているような国民健康保険では適用できないからです。国民健康保険というのは「保険料さえ支払いしていれば、誰でも加入できる保険」なので「特定の職場、組織に所属している証拠にはならない」ということですね。

一方「組合保険証・社会保険証」については「どこかの会社・団体・法人などに勤務している人しか発行されない」ということで「この保険証があるということ自体が、その人がその職場で仕事をしている、在籍している証拠」となるわけです。これがいわゆる「在籍確認の代替措置」「在籍確認の代替手段」のようになる…ということですね。

そして、このような組合保険証・社会保険証(あるいは船員保険証)を持っている方ならいいのですが、これらの保険証を持っているためには、たとえばパート・アルバイト・フリーターの方々だと、会社員・OL・公務員とほぼ同等の勤務時間でないと、発行されないというルールになっています。これは会社経営者・法人代表者などが独自で決めるのではなく、労基法に則って、単純に時間数によって決定されます。

なので、非正規雇用(フリーター・アルバイト・パート)だと、この基準を超えることができず、国民健康保険しか持っていない…というシチュエーションが主流なわけですね。こうした方々の場合は、「職場の保険証」という提出書類の条件一つのために、モビットのWEB完結申込を断念しなければいけないということなのです。

モビットと他の消費者金融の最短当日融資の違い

ここまで書いてきた内容でも「WEB完結申込」など、モビットと他のキャッシングブランドの最短当日借入の違いが、大体見えてきたかと思います。ここではさらに、この「違い・相違点」という点に着眼・着目・フォーカスして、要点を整理していきましょう。

他は在籍確認の代替措置はない

上記の通り、モビットでお金を借りる場合は「WEB完結申込」がある意味、在籍確認の代替手段と言えなくもありません。金融庁でも確実に認めるだろう「社会保険証・組合保険証・船員保険証」を提出することによって、申込者は立派に「確かに、その勤務先に在籍している」ということを、証明しているわけですからね。「代替措置・代替手段」という意味合いで、モビットが導入しているわけではありませんが、借り手サイドとしては「実質、在籍確認の代替手段のようにありがたい」ということは言えるでしょう。

ということで、いわゆる「電話連絡の回避の方法」とは少し違いますが、モビットのWEB完結申込だったら、勤務先への在籍確認の電話などにあまり比重が置かれない審査をできるのです。しかし、その他の大手の消費者金融の場合は、このようなことができません。在籍確認の電話も本人の携帯への確認電話も、完全に必須となっています。

職場への在籍確認の電話については、土日・祝日・週末・休日や夜間は勤務先が閉まっている、などのケースの場合は、何らかの配慮・対応がされるという可能性もあります。(あくまで可能性ですが)

しかし「本人の携帯への確認電話」については、そのような気配りは基本的にされないし、すべきでもないと思って下さい。というのは「週末・休日(土日・祝日)は定休日」ということは、確かに会社・事業所・役場などの職場であれば、あります。しかし、申込者個人についてはそのようなことはないはずなのです。少なくとも「自分から、お金を借りたいと審査の申し込みをしているのだから、電話くらい出るのが当然」ということですね。多少電話に出られない時間帯はあるでしょうが、「出られる時間に申し込む」というのが基本…というのは言うまでもないでしょう。

ということで、状況・条件によっては「職場への電話連絡が省略される」ということはあるものの「本人の携帯への確認電話が省略される」というケースは、モビットを除外した大手の消費者金融の場合は(銀行カードローンでもですが)絶対にないということですね。モビットのWEB完結申込の場合、その可能性がごくわずかでもあるという点で、かなり優れたスピードキャッシングのシステムなのです。(ただし、ほとんどの人は基本的に確認電話はあるものと思っておいた方がいいでしょう。)

借入診断・お試し診断の違い

これは先にも少し書きましたが、モビットの他の大手の消費者金融でも、お試し診断・借入診断というものは提供しています。

  • プロミス…3秒診断
  • アイフル…1秒診断
  • アコム…3秒診断
  • ノーローン…お試し診断

このような名称で、それぞれの消費者金融が、独自のお試し診断・借入診断を提供しています。また、消費者金融ではありませんが、新生銀行カードローン レイクも「お借入診断」という名称で、同様のシステムを持っています。

これらは基本的に年収・他社借入総額・年齢などの、ごくわずかな条件のみを記入する、超簡単なシミュレーションとなっています。当然ですが、これでは「本当に借入可能かどうか」はまったくわからないわけです。むしろ「絶対に借入不可な人」にそれを伝えるためのものなんですね。

「絶対にキャッシング不可な人」というのは、たとえば下のような方々です。

  • 20才未満・未成年・10代(18才・19才含む)
  • 高齢者(69才以上、70才以上など)
  • 無職・ニート
  • 自分の収入がない専業主婦
  • 他社借入件数・総額が多すぎる

あくまで一例ですが、このような方々がお試し診断・借入診断を受けた場合「借入不可です」とハッキリ出たり、あるいは「この借入診断・お試し診断ではわかりません」というような回答が出ます。(これは基本的に「落ちますよ」という宣言だと思って下さい。)

他社借入件数については、カードローン・消費者金融・キャッシングの知識がある人なら、あちこちの情報サイトでしばしば見聞きしていると思いますが、消費者金融の世界には「3件規制・3件ルール」というものがあり、現時点での借入総額が3件以上の人は、審査に通らないというルールがあります。絶対にそうなるわけではありません。これは貸金業法などで決められた法的な義務ではなく、あくまで大手の消費者金融が制定した自主規制だからです。

しかし、基本的に日常生活の感覚で考えても「4件目のキャッシングは、かなり危険」であり、多重債務者・借入超過者と完全に定義していい状態ですから、やはりこれだけの他社借入件数になると、お試し診断・借入診断でも「キャッシング不可です」という内容の(もしくはそれを思わせる)診断結果になるはずです。

そして、借入総額についてはご存知「年収の3分の1まで」という総量規制のルールに抵触する金額の場合は、借入不可という診断結果になるというのが基本です。(ご存知でない方々もいるかも知れませんが、キャッシング・カードローンの世界では総量規制というのは、かなり有名な法律になっています)

何とも、モビットではない他の大手の消費者金融、あるいは銀行カードローンが提供するお試し診断・借入診断というのは、このように「本当に最低限の審査項目」しか診断できないのです。もちろん「だからこそシンプルでとっつきやすい」というメリットもあるのですが、借入可能かどうかできるだけ正確にシミュレーションしたいという方には、断然モビットの10秒簡易審査がいい…ということは言えるでしょう。

年末年始の最短当日審査も、モビットが最強

さらに、モビットの最短当日キャッシングが他の銀行カードローン・消費者金融を超越して優れているという点は、「年末年始の最短即日借入」にあります。「お正月・大晦日・元旦」などのタイミングで、モビットの最短当日キャッシングがもっとも有利ということですね。

というのは、モビットは、元旦以外すべて最短当日審査をしていて、大晦日すら通常営業なのです。紅白歌合戦が大体18時から始まるとして、「その時間も、バリバリ平日と同様に、最短当日キャッシングに対応している」ということです。

モビットは週末・休日(土日・祝日)でも「夜9時まで」最短即日審査をするのが基本…というのは、ここまで書いてきた通りです。つまり「紅白歌合戦の、かなり盛り上がる終盤まで、最短即日審査をしている」ということですね。

ここまでサービスが充実していると、すごすぎて思わず笑ってしまうくらいですが(もちろんいい意味です)、そのくらい、年末年始の最短即日キャッシングで、モビットは他の大手の消費者金融(銀行のキャッシングは言うまでもありません)を圧倒しているのです。

なお、1月2日は、2017年の場合、提携ATMの稼働など、一部のサービスが「午前7時から」となっただけで、やはり審査の申し込みなどは通常通りできるようになっていました。「午前7時なら、普段と変わらないのでは?」と思うかも知れませんが、おそらく「コンビニATMでも、その時間まで使えなかった」ということだと思われます。もちろん「元旦も、ATMは休業」ということです。当然ですが「そのくらい、別にいいよ」という人がほとんどでしょう。このくらい、モビットの最短当日借入のシステム・サービスは、年末年始でも徹底しているわけです。

モビットの最短当日融資・まとめ

急ぎでお金を借りたいという方々にとって、モビットの最短当日キャッシングのシステムが、どれだけ便利で優れたものであるか…ということが、本記事の説明で、大分わかっていただけたかと思います。特にモビットのWEB完結申込の内容や審査の流れは、多少条件が厳しいとはいえ、スピードキャッシングを希望する申込者の方々にとって、これほど充実した、利便性の高い審査システムはない…ということを理解していただけるでしょう。

10秒簡易審査も含め、モビットの最短当日借入はメリットがかなり多いので、情報量・テキスト量も多めになりました。最後に要点のみシンプルにダイジェストにすると、下のようになります。

  • モビットのWEB完結申込は最短当日融資も可能
  • 週末・休日でも借入可能
  • 平日でも土日・祝日でも、いつでも21時まで最短当日審査が基本(多少変動あり)
  • 「最短30分」という審査の所要時間(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
  • 10秒簡易審査で、大体の審査結果がすぐにシミュレーションできる
  • モビットのWEB完結申込だったら、確認電話すら省略されるかも知れない
  • WEB完結申込の条件は、銀行口座の指定など、それなりに厳しい
  • 年末年始の最短当日キャッシングでは、モビットが最強
  • 自分の収入がない専業主婦では、モビットは借入不可
  • 安定した収入のある学生やパート・アルバイト・フリーターなら、最短当日借入できる

上記が、このページで記載してきた、モビットの最短即日融資についてのメリット・長所・利点や、注意点のまとめです。「大至急キャッシングで借り入れをしたい」「今すぐ現金が必要」「緊急でお金を借りたい」というようなニーズを持っている方、切羽詰まった局面に直面している方々に、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

モビットでお金を借りたい