プロミスで最短即日融資「今すぐお金を借りる!最短即日キャッシングする方法」

即日キャッシングナビ

2014.09.09

微笑むオペレーターの若い女性

プロミスの最短当日キャッシングの方法はシンプル

どの消費者金融・銀行カードローンにしても、お金を借りる人というのはやはり「最短当日借入」を希望するものですが、そのやり方や方法が気になる…というシチュエーションは多いでしょう。プロミスに審査の申し込みをする人も、ほとんどは最短当日審査・最短即日キャッシングを希望しているわけですが、ここではプロミスでの「最短当日借入のやり方」について説明していきます。

インターネット申込をして、最短即日振込

プロミスでもどこでも、最短当日キャッシングの一番便利なやり方・方法は「インターネット申込をしてから、最短即日振込をしてもらう」というものです。インターネット申込が一番楽というのはわかるでしょう。

  • 人と会わなくていい
  • 自動契約機などのマシンにも、出かけなくていい
  • 郵送や電話による審査も必要ない
  • ファクシミリもいらない

このように、利便性に関して、キャッシングの審査のインターネット申込は、非常に多くのメリットがあります。現在カードローン審査に申し込む人の大部分はインターネット申込というのも、ごく当然のことと言っていいでしょう。

インターネット申込(WEB完結・ネット完結)は非常に便利なシステムですが、さらに「銀行振込により最短当日キャッシングをする」というのがなぜ便利なのか。これは下のような理由です。

  • ローンカードの発行をしなくていい
  • プロミスの自動契約機が自宅の近くにない人でもできる
  • お金を引き出す必要がないなら、一切出かけなくていい

まず「ローンカードの発行」というのは、銀行振込以外の借り方だと「ATM借入」しかないので、これ(ローンカードの発行)が必要なのです。ATMを動かすには、ローンカードやキャッシュカードが必要ですからね。

そして、ローンカードを発行するには、プロミスなら自動契約機、SMBCモビットならローン申込機、アイフルなら契約ルーム…というように、何らかの無人契約機・自動契約機やローン契約機の類に足を運ぶ必要があります。つまり、ただキャッシングの審査を受けるだけではなく、そこから審査通過した後さらに、ローンカードの発行という作業が必要になるというのが通常の借り方(ATM借入)なのです。

これに対して、銀行振込だったら「ローンカードの発行が不要」なので「自動契約機に行く時間・労力が省ける」ということなんですね。

また「自動契約機・無人契約機に行くくらい、別にいいよ」という人もいるかも知れません。しかし、問題は「自宅の近くに、プロミスの自動契約機があるかどうか」です。

プロミスの自動契約機は、大手の消費者金融の中でも特に台数が多いので、確かに一定の人口がある地域に住んでいる人だったら、問題ありません。しかし、さすがにプロミスでも、山間部・離島などの僻地には、自動契約機などあるわけがないのです。

このようなエリアに住んでいる方の場合は「ローンカードの発行をしようとしても、できない」わけですね。となると「銀行振込で借りる」しかないのです。だから最短当日借入を希望する場合も「振込キャッシングができる日時」でする必要があるわけですね。

最後の「お金を引き出す必要がないなら」という部分ですが、たとえば「その日中に10万円、口座に入金すればいい」というシチュエーション・条件だったとしましょう。たとえばクレジットカードの口座引落、家賃の支払い、税金類の引き落としなどですね。

このような場合は、プロミスでもどこでも「最短即日振込」によってキャッシングをしたら「融資が成立した瞬間、自分は何もしなsくていい」わけです。あとはクレジットカード会社やアパート・マンションの管理会社が、勝手に引き落とししてくれるわけですからね。

もしこのような「口座に入金」が必要なのではなく、「飲み代を払う」とか「買い物に行く」「デートに行く」と言うように「お金を持ってどこかに行く必要がある」という時には、振込キャッシングによって最短当日借入をしても、その後で「ATMまでお金を引き出しに行く」という作業が必要になります。そのお金を財布に入れて、出かけないといけないからですね。

なので、そのような用事がある場合はどの道出かけるわけですが「入金だけでいい」という場合「最短即日振込ができれば、一切外にでなくていい」のです。「審査完了して、融資手続きをしてもらった時点で、すべて終了」ということですね。これほど楽な方法はないでしょう。

(楽というのはあくまでサービスが充実していて手間が少ないということです。審査基準についての意味ではありません)

銀行が閉まっている時間はローンカードを発行

上の段落の内容とある程度重複しますが、銀行が閉まっている時間は、銀行振り込みによって最短当日借入をするということができません。プロミスが振込手続きをしてくれても、銀行が営業していないので、その振込手続きが反映されないということですね。

では、このような場合は最短当日キャッシングを希望する人は、どのようにすればいいのか。これは先にも書いた通り「ローンカードの発行をして、ATMから現金で直接借りる」という方法・手段・やり方になるわけですね。

「ローンカードというのは、必要なのか」と思われるかも知れませんが、これは必要です。普段コンビニエンスストアなどでしている、銀行預金の引き出しをイマジネーションしてみて下さい。必ず「キャッシュカード」が必要なはずです。クレジットカードの借入・返済で提携コンビニATM・提携銀行ATMを利用する場合でも、やはり「クレジットカード」を挿入しているはずです。

このように、ATMを動かすには・操作するには「必ず、何某かのカード類が必要になる」のです。そして、それがキャッシングの場合は「ローンカード」なんですね。プロミスもやはりローンカードの発行が必要になります。プロミスは審査を通過した後、ローンカードの発行をするかしないか選べますが(つまりカードレスでもいいのですが)ATMを動かすにはローンカードが必要ということです。

銀行預金でもクレジットカードでも、プロミス以外のキャッシングでも、すべてが「ATMを動かすのにカードが必要」なのに、プロミスだけが念力で動かせる…ということはあるわけがないですからね。なので、同じプロミスの利用者でも「ATMを使った借入・返済をしたい」という方の場合は、どうしてもローンカードの発行が必要になります。そして、ここまで書いてきている通り、「銀行が閉まっている日時だと、ATMからキャッシングするしかない」ということで、ローンカードの発行が義務…というのも変ですが「絶対必要になる」ということです。

ネット審査以外の借入方法は?

ここまでは「インターネット申込」を推薦してきましたが、プロミスはもちろん、インターネット申込以外の審査方法・最短当日借入の方法も充実しています。最初に一覧にすると、下のようになります。

  • 来店審査
  • 電話審査
  • 郵送
  • 自動契約機

どれも内容は文字通りなので、特別解説する必要はないでしょう。来店審査については、プロミスは大手の消費者金融の中では特に有人店舗が多いキャッシングブランドですが、それでも自動契約機に比較すると少ないので、来店審査をするくらいなら、自動契約機にした方がいいかと思われます。

(無人のマシンで契約する…というイメージがあるかも知れませんが、実際にはオペレーターさんと通話するので、有人店舗のようなものです)

電話審査については、若い方々、インターネットを利用できる環境にある方には、あまりおすすめできません。というのは、キャッシングの審査で回答が必要な膨大な審査項目を、電話審査だと全部口頭で回答しないといけないからです。

これはかなり疲れるので、よほどパソコン・スマホ、どちらも苦手という人でなければ、基本的に電話審査はさけて、スマートフォン・タブレットやパソコンを使ったインターネット申込にすることをおすすめします。

郵送については、最短当日借入ができないということは言うまでもないでしょう。(他の最短当日キャッシングの方法と、混ぜて書いてしまいましたが)

現代のキャッシングで、郵送審査によって申し込みをするという人は、プロミスでもその他の消費者金融・銀行カードローンでも、基本的にゼロに近いと考えていいでしょう。インターネットが使えない高齢者の方々でも、基本的に電話やファックスなどで申し込みをするものです。(あるいは来店審査か自動契約機ですね)

郵送で申し込みをするというのは消費者金融・銀行カードローンの店舗やローン契約機が近くになく、インターネットも利用できず、電話審査も、聴力が衰えているため受けづらいというような人が主です。もちろん、聴力や言語に障害があったら、若い方でも電話審査は使えません。(それでもインターネットは使えますが)

というように「郵送で申し込むというのは、現代ではかなり少数派のケース」ということを理解して下さい。逆に言うと、このような少数派の方々のためにも、郵送申し込みというスタイルはなくしてはいけないわけです。(どれだけWEB完結・ネット完結の審査が進化して便利になったとしても)

プロミスの最短当日審査、郵送・来店は?

キャッシングの審査全般の話題に傾いたので、再びプロミスの最短当日審査のテーマに戻りましょう。インターネット申込が一番便利ということはここまで書いてきた通りですが、プロミスでネット完結・WEB完結の審査をする場合、郵送や来店についてはどのようになるのか。「不要」ということはすでに書いてきましたが、どのように不要なのか、詳しく解説していきます。

郵送は、送るのも受け取るのも不要

カードローン・キャッシングの審査における「郵送」というのは「自分が受け取る、こちらから送る」という2通りがあります。

  • 受け取る…ローンカードなど
  • 送る…身分証明書・収入確認資料・申し込み用紙など

それぞれこのような書類ですね。そしてプロミスの最短当日キャッシングでは、このどちらも不要、つまり「送る方も受け取る方も、郵送は一切なし」ということです。

他のキャッシング先だと、たとえばオリックス銀行カードローンなどは「受け取り」の方の郵送物は必須となっています。「ローンカードの受け取り」をしないといけないのですね。オリックス銀行カードローンは「自動契約機・ローン契約機でカード発行をする」ということができませんし、キャッシュカード一体型・兼用型のローンカードの仕組みも現時点ではないので、郵送でローンカードをもらうしかないということです。

というように「受け取りの方の郵送が必須」というのは、大手の銀行カードローン・消費者金融でもある程度見られるルール・体制です。しかし、プロミスだったらそのようなことは一切ありません。「郵送物の受け取りをなしにしたい」ということであれば、下の2通りの方法によって、完全になしにすることができます。

  • ローンカードを自動契約機で発行する
  • カードレスのキャッシングにする

この2通りです。つまり「プロミスカード自体をなしにする」か「ローンカードは作るけど、自動契約機で発行する」という2通りの方法ですね。これは序盤でも書いた通りですが、ATMでの借入・返済をする予定がある人は、カードレスにするとそれができなくなるので、ローンカードの発行を必ずするようにしましょう。

一度審査通過した後なら、よほど時間がかからない限り、好きな時に自動契約機に行けばローンカードの発行ができるようになっています。あまり日数を空けると発行できなくなるかも知れませんが、要は「審査を通過したその日に、必ず行かなければいけない」ということはないということです。

プロミスの自動契約機は店舗によって多少時間が異なるものの、大体22時(夜10時)まで開いていますが、その時間までに仮に行けなかったとしても、翌日に行けばいいということですね。「当日中にローンカードの発行ができないから、カードレスにしなければいけない」ということはないので、安心してください。

(もしそうしなければいけないなら、忙しい会社員・OL・公務員の方々など、ほとんどカードレスにするしかなくなってしまいますからね)

また「送る方」の郵送ですが、プロミスのキャッシングの審査では、基本的に身分確認資料を提出するだけでOKで、キャッシング総額が50万円を超えるなどの場合でなければ、原則年収確認資料は必要ないという風になっています。しかも「身分証明書の提出も、郵送ではなくインターネットでできる」ということで、これもやはり郵送手続きなしで送付可能となっているわけです。

ちなみに、「50万円まで原則所得証明書不要」というのは、プロミスだけのルールではありません。SMBCモビット・アイフル・ノーローン・アコムなども含めて、大手の消費者金融はどこもこのルールになっています。というのは「貸金業法第13条1の3項1」によって、この「50万円」という金額が制定されているからです。

ちなみに、「他社も含めた借入総額が100万円を超える場合」も、収入証明書の提出が必要になります。これは「貸金業法13条の3の2」によって決められているものです。(同じ条項の1,2、ということですね。)

その他会社代表者・個人事業主や自営業・法人経営者、あるいはフリーランス・店舗経営者の方々など、自分の収入はあっても安定性が欠如しているという方々の場合は、借入金額に無関係で収入確認資料が必要になる…というケースもあります。この辺はその人のクレジットスコア・信用度に応じてプロミスが判断して、年収確認資料の提出を要求するわけですが、どのキャッシングブランドでも同様のルールになっているので、そのように理解して下さい。

来店審査ももちろん不要

プロミスで最短当日キャッシングをする方法としては、来店審査もしたい人はしていいのですが、基本的にする必要はありません。ここまで書いてきた通り、プロミスのインターネット申込は「ネット完結・WEB完結」というスタイル・体制・仕組みになっているので、有人店舗の窓口まで行って、わざわざ手続きをする必要はない…ということですね。

もうこの潮流は、はるか前に始まって定着したものです。アコムのむじんくんが登場したのが1993年ですが、この時から「有人店舗で借入審査に申し込む」という利用者は激減し、「自動契約機・無人契約機でキャッシングの審査を受けて、お金を借りる」というのがメインのやり方、主流の最短当日借入の方法になっていきます。

それからすでに25年近くが経過しているので、軽く四半世紀ということですね。そのくらい昔に「来店審査は絶滅に近い状態」になっているのです。

「街金業者やヤミ金融なら生きているのでは?」と思うかも知れませんが、これは実情を知るとびっくりします。何とヤミ金融も、東京都内では実店舗を構える業者はもう、10年ほど前になくなっているのです。これは『闇金ウシジマくん』のモデルになったトキタセイジ氏という実在の闇金業者の方が、『路地裏拝金エレジー』という著書で書いていることです。「店舗を構えて運営しているのも、だいぶ前にうちが最後になった」ということでした。

出版年や「だいぶ前」という内容からして、大体10年前です。トキタセイジ氏のヤミ金融の店舗がまだあるのかわかりませんが、それだけ少ないのであれば、もう彼の店舗もなくなっている可能性が高いでしょう。

(これは廃業したということではなく、いわゆる090金融などによって、無店舗でヤミ金融の営業をしている…ということです。トキタセイジ氏はどうかわかりませんが、店舗を持たなくなった闇金業者は、そのように運営しているということですね)

このように、かつては「対面審査が絶対」だったヤミ金融ですら、有人店舗を持たず、対面審査もしなくなっている…というのが貸金業の世界の実情です。(彼らを貸金業と呼ぶべきではありませんが)

なので、実はいまだに実店舗・有人店舗での審査ができるプロミスなどの大手は「大手なのに、かなり旧来のやり方も守っている」わけですね。もちろん最先端のインターネット申込・ネット完結などのシステムも日に日に充実させています。(スマートフォンのアプリなどが、今は一番先端のやり方ですね。今後は、ローンカードの発行が3Dプリンタによってできる…という時代が来るでしょう)

何はともあれ、貸金業界全体を見渡しても、プロミスの有人店舗での来店審査は、トップレベルで便利な方なのですが、それでも「来店審査をしたくない人は、しなくていい」ように配慮されている…ということです。つまり「顧客・申込者・利用者の選択肢が、もっとも広い」ということですね。このような利便性から、プロミスは大手の消費者金融の中でも特に、消費者から高く評価されている…ということです。

電話確認はあるが、電話審査はなしでOK

プロミスでもその他のキャッシングブランドでも、「ネット完結のカードローンの審査」という話題の時、読者の方々が混乱する部分があります。

  • 電話確認
  • 電話審査

この2つの違いですね。「電話なしでキャッシングができる」と書いていながら「しかし、勤務先への在籍確認の電話や本人の携帯への確認電話はあります」ということが、カードローン・キャッシングの情報サイトには常に書かれているわけです。関西弁だと「どういうこっちゃ」となるわけですね。(余談ですが、プロミスも関西出身のキャッシングブランドです)

この違いは、電話審査というのは、インターネット申込でテキストによって送信する審査情報を、すべて口頭で回答するということ。つまり、下のような内容をすべて「口で喋る」わけです。

  • 勤務先
  • 勤務先住所
  • 職場の電話番号
  • 勤続年数
  • 月収・年収
  • 雇用形態
  • 給与形態(固定給・歩合給など)

これは「仕事に関する情報」だけですが、それだけでもこんなに大量にあるわけですね。他にも自宅情報でも「居住年数・同居家族の人数・自宅名義・家賃・住宅ローンの有無」…というように多数の項目があります。

これらをすべて「口で説明する」というのが電話審査です。「面倒い」と誰もが思うでしょう。なので、今は電話審査によってキャッシングをする人はほとんどいなくなっているわけですね。どう考えても、パソコン・スマホなどでインターネット申込をする方が、遥かに簡単なのです。

(特に最短当日キャッシングをしたいという急ぎでお金が必要な場面では、簡単というだけではなく、スピードの面でもインターネット申込が有利になります。)

という「全部口で答える、面倒な電話審査」はしなくていい…ということですね。しかし「本人の携帯への確認電話」はあるし「職場への在籍確認の電話」もある…ということです。本人の携帯への確認電話というのは「この度は申し込みありがとうございます。このような申し込みでお間違いなかったでしょうか」というような内容ですね。

インターネット申込というのは、別に他人の電話番号を書いてもいいのです。なので「誰かがいたずらで、なりすましで申し込む」ということもあるわけですね。これは本人の携帯への確認電話をかけないと見破れませんが、電話連絡さえすれば見破れるのです。

ということで、どれだけWEB完結・ネット完結という便利な審査システムを追求するにしても、「本人の携帯への電話連絡だけはなくしてはいけない」ということですね。「できれば、この確認電話すらなしにしたい」というニーズや欲求は確かにあるかも知れませんが「ストーカーのような人から、勝手になりすましで申し込まれるよりいい」という風に考えて下さい。

(実際、勝手に知らない間にヤミ金融で借金をされていた例が、『闇金ウシジマくん』でも手口として紹介されています。プロミスなどの大手の消費者金融でこのようなことがないのは、確認電話などの審査体制が充実しているからです)

また、本人の携帯への確認電話だけではなく、会社への在籍確認の電話についても、同様の理由で必要になります。確認電話をかける回数を増やせば増やすほど、その消費者金融・銀行カードローンに対しては、暴力団・反社会勢力なども、不正申し込みがしにくくなりますからね。

職場への在籍確認の電話については、土曜日・日曜日・祝日・週末・休日で勤務先が閉まっているので、在籍確認が取れないなどの事情がある場合には、何らかの配慮がされる場合もあります。あくまで「クレジットスコア(信用度)が高い人のみ」という条件ではありますが、プロミスでもその他の大手の消費者金融・銀行カードローンでも、「土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入を受け入れている以上は、それは基本的なサービス」と考えていいでしょう。

(特に公務員という最上の職業・属性が、土曜日・日曜日・祝日に職場が閉まっているわけですからね。)

プロミス以外の大手の消費者金融の最短当日審査

ここまでは、プロミスの最短即日融資の方法についてを、メインのテーマとして書いてきました。ここからは、プロミスを除外したその他の大手の消費者金融について、その最短即日キャッシングの方法はどうなっているのか…というトピックスを解説していきます。

SMBCモビットはすぐに大体の審査結果がわかる

SMBCモビットには10秒簡易審査という独自のサービスがあります。いわゆる借入診断・お試し診断が圧倒的に進化したものですが、SMBCモビットのこのサービスを利用すると、わずか10秒で、自分がSMBCモビットでキャッシングできるかどうか、大体の推測・シミュレーションをすることができるわけです。

本審査の結果とは当然異なることがありますが、それでも「審査情報の大部分を送信した上での診断」ということで、内容は普通のお試し診断・借入診断ではまったく及ばないほど、正確性の高いものになります。

なので、急ぎでお金が必要で「何が何でも今日中にキャッシングをしないといけない」という人の場合は、このSMBCモビットのような借入先がいいわけです。こうした大至急お金が必要な方々にとって、一番重要なのは「低金利」などのサービスではなく、あるいはスピードですらなく「確実に審査に通るかどうか」ということですからね。

もちろん、10秒簡易審査でも「確実に審査に通る」ということはわかりません。あくまで仮審査なので大体の目安でしかありません。しかし、その他の大手の消費者金融のお試し診断・借入診断より圧倒的に正確である…ということを考えれば、「何が何でも今日中にお金を借りたい」という人にとって、一番「その後の行動を予測しやすい、計画を立てやすい」という点で、SMBCモビットはかなりおすすめということができます。

ノーローンは「最短20分」で審査できる

大手の消費者金融のキャッシングブランドの一角を占めるノーローンですが、ここは大手の消費者金融・銀行カードローンの中で、もっとも審査の所要時間が短いという特徴があります。見出しの通り「最短20分」で最短当日審査ができるわけですね。

プロミスやSMBCモビット・アイフル・アコムなどのその他の大手のキャッシングブランドは、すべて「最短30分」」です。銀行カードローンで特に早い所も、新生銀行カードローン レイクや静岡銀行カードローン「セレカ」、あるいは三井住友銀行カードローンなどで、やはり「最短30分」となっています。

こうしたことを考えると、ノーローンの「最短20分」というのは、たった10分の違いとは言え、大手の消費者金融・銀行カードローンの中でナンバーワンということになります。ノーローンの知名度は、プロミス・SMBCモビットなどと比較すると劣りますが、そのような知名度の高い、キャッシングを利用しない普通の人にも知られている大手の消費者金融のブランドをノーローンがスピードの面限定とはいえ、上回っているということは特筆に値するでしょう。

ただ、ノーローンはそのようにスピードキャッシングに強みがある分、審査通過率が低い…、つまり審査落ちしやすいというインターネット上の口コミ・評判が、かなり多く見られます。DeNAのキュレーションサイトの問題でもわかる通り、インターネットの情報というのは基本的にあまり信用に値しないものであり、まして名前の通ったサイトではなく、無名のカードローン・キャッシングの情報サイトとなると、さほど信ぴょう性・確定性はないでしょう。

とりあえず、一応「ノーローンは審査スピードの早さが高い代わりに、審査通過率が低い可能性がある」ということのみ留意しておいて下さい。(あくまで可能性だけですが)

アイフルは審査通過率が高め?

プロミスの最短当日キャッシングの方法を調べている方は、お金を借りる先をプロミスに限定している・絞り込んでいるという方もいれば、「要は最短当日借入がしやすい消費者金融や銀行カードローンであれば、どこでもOK」という方もいるでしょう。

もしそのような方であれば、比較的最短当日借入がしやすい大手の消費者金融として、インターネット上の口コミ・評判でたまに指摘されているのが、アイフルです。というのは、アイフルは公式サイトのマンスリーレポート・月次データ(投資家向け資料)で審査通過率(新規契約率)を公表しているのですが、それがおそらくプロミスより高いと言われているということです。

アイフルの審査通過率は大体45%程度と言われます。審査通過率というのは時期によって大分バラつきがありますし、そもそも「多重債務者・借入超過者の方々なども統計に入っていて、かなり平均値が動いている」ということもあり、それほど当てになるものではありません。いわゆる「普通の人」だけで審査通過率の平均値・中央値などを出したら、もっと別の数字になる可能性が極めて高いです。

ということで、あくまで審査通過率というのは参考程度のデータなのですが、それでも先程のノーローンの審査スピードと同様「インターネット上の評判・体験談でそのように言われている」ということ自体が、一つの現象、一つの情報として何らかの参考になるかも知れません。

大事なことなので繰り返しますが、あくまで参考程度として「プロミスよりアイフルの方が、審査通過率が高いかも知れない」という風に考えて下さい。そして、他社借入がある、クレジットヒストリーがあまり良くないなどの理由で、自分の信用度(クレジットスコア)に自信がないという方の場合は、アイフルで申し込むという選択肢もあるでしょう。(逆にクレジットスコア・信用度に自信があるのであれば、プロミスの方が「おとくらぶ」などの優待サービスもあって、おすすめ出来ます。プロミスは大分、クレジットカードや銀行カードローンのようなサービスに近づいているんですね。)

プロミスの最短当日キャッシングの方法・まとめ

以上、プロミスで最短当日審査・最短即日融資をするにはどのようにすればいいのかという、方法・やり方・手順・ポイントなどを、包括的かつ総合的に整理してきました。最後に特に重要なポイントを、ダイジェストとして抜粋すると、下のようになります。

  • インターネット申込が一番いい借入方法
  • 来店・郵送・電話審査なしで、ネット完結で借りられる
  • 電話審査はないが、電話連絡はある
  • 勤務先への電話連絡は必須だが、土曜日・日曜日・祝日・夜間などは配慮されることもある(状況・条件による)
  • 本人の携帯への確認電話はほぼ確実に必要(よほどのことがなければ、特別な配慮はない)
  • 銀行の営業時間であれば、最短即日振込で借りられる
  • 土曜日・日曜日・祝日・夜間など、銀行が営業していない時間の場合は、ローンカードの発行をする
  • ローンカードの発行はプロミスの自動契約機や、SMBCローン契約機でできる
  • SMBCローン契約機は三井住友銀行の店舗内にある(ない店舗もある)
  • プロミスのローンカードの発行は、基本的に22時(夜10時)までできる(店舗・状況・条件で変動あり)
  • 提出書類は基本的に身分確認資料のみ(収入確認資料は50万円・100万円の貸金業法のラインまで、原則不要)

このようなポイント・注意点・知識を、この記事では記載してきました。「プロミスでキャッシングをする」とすでに決めている方も、「まだ、どの大手の消費者金融・銀行カードローンで借りようか迷っている」という方も、「そもそもキャッシングという行動自体、まだよくわかっていない」というような方も、これらの内容を参考にしながら、ベストの最短当日借入の方法・やり方を検討していただければと思います。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

プロミスで借りる!