プロミスは土日審査もしてくれる?

消費者金融ナビ

2014.09.11

電卓を持つ、銀行員風の女性

プロミスは土日・祝日の最短即日審査も可能

これは大手の消費者金融だったらどこでも共通ですが、プロミスでも土日・祝日の最短即日審査が可能となっています。ただ可能というだけでなく、大部分の店舗、大部分の日付で「土日・祝日でも22時まで最短当日審査できる」(店舗や状況・条件によっては21時までなど、時間変更もあり)という風になっています。

22時(夜10時)まで最短当日審査

このメリットについて詳しく書くと、アコムもプロミスと同様、ほとんどの日・ほとんどの店舗で22時(夜10時)まで、土日・祝日の最短即日審査に対応可能…というシステムになっています。(アコムについても、日付や状況・条件などによって変更になることがあります)

このように多少の注意点がつくものの、他の消費者金融より、この2つの消費者金融の土日・祝日の最短即日審査の対応時間の方が長い…ということですね。他の大手の消費者金融といえば、モビット・アイフル・ノーローンですが、これら3つの消費者金融の土日・祝日の最短即日審査は「21時(夜9時)まで」という時間設定になっています。

もちろん21時(夜9時)まででも、十分長い時間ですし、そもそも銀行カードローンは土日・祝日の最短即日審査ができないという所も多いのですから、それと比較したらかなり有利なのは間違いありません。地方銀行のカードローンなどは、土日・祝日の最短即日借入はほぼできない状態ですし、消費者金融にしても中小業者はまったくできない(ごく一部例外もあり)というのが実情です。

平日同様「最短60分」で融資できる

また、プロミスの土日・祝日の最短即日キャッシングは、平日と同様に「最短60分」で借り入れができるようになっています。これは審査から融資までの一通りの手続きを含めたもので、審査の作業だけだったらもう少し早いと言われています。

何はともあれ、土日・祝日の最短即日キャッシングであろうと、プロミスはスピードキャッシングが可能ということですね。「休日だけど急ぎでお金を借りたい」という場面でも、安心してキャッシングができるということです。

(もちろん、実際に借りられるかどうかは、その人のクレジットスコア(信用度)次第なので、簡単に借りられるわけではない、ということは重々承知して下さい。)

特定の銀行口座を保持している必要がない

これもやはり、プロミス以外の大手の消費者金融でも言えることですが、指定された銀行口座を持っていなくても最短当日借入ができる…という面がプロミスの土日・祝日の最短即日キャッシングのメリットだといえます。

これはどういうことかと言うと、銀行カードローンの土日・祝日の最短即日借り入れの場合は、「その銀行の口座を持っていることが条件」というケースが多いんですね。消費者金融の場合、プロミスでもどこでも、銀行が関連していることはあっても、銀行が直接運営している銀行カードローンではないので、そのような銀行口座に関する制約というものはないのです。

プロミスだったら、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っていると借入・返済が便利というようなメリット・長所はありますが、「その銀行口座がなければダメ」というようなマイナスの条件はない…ということです。この点も、プロミスなどの大手の消費者金融で土日・祝日の最短即日キャッシングをするメリットと言えます。

銀行振込での最短当日借入も便利

また、プロミスは「ローンカードを発行してATMから借りる」という方法以外でも、「銀行振り込みによって土日・祝日の最短即日借入をする」という方法についても、他の消費者金融より有利です。理由は、ジャパンネット銀行・三井住友銀行の口座を持っていれば、24時間365日、いつでもすぐに銀行振込に夜のキャッシングができるという風になっているからです。振込手続きをしてから最短10秒というスピードですが、「瞬フリ」というサービス名の通りのスピードです。

もちろん、限度額にまだ余裕があればということですが、まだ極度額に達していないという場合には、このようにすぐに振込手続きをしてお金を借りることができます。銀行が閉まってる土日・祝日でも、そして夜間でもできるというのが大きなメリットです。

銀行振込で借りたければ、平日の正午までに申し込み

三井住友銀行・ジャパンネット銀行以外の銀行口座だと、プロミスでも土日・祝日の最短即日振込はできません。というのは、プロミスの側が最短即日振込の手続きをしてくれても、それが銀行口座の方で反映されないからです。

プロミスは、申込者のクレジットスコア(信用度)さえ条件を満たしていれば、そして申込み時間が遅くなければ、土日・祝日の最短即日融資もまったく問題なくできます。ただ、「そうして振込手続きをしても、振込先の銀行口座が反応しない」のであれば、意味がないわけですね。

ということで、プロミスで土日・祝日の最短即日審査を受けて、そのまま自分の銀行口座に振り込んでもらおうとすると、ジャパンネット銀行・三井住友銀行の口座しかない…という結論になります。

ATMなら土日・祝日でも問題なく借入可能

上の書き方だと、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っている人でないと、プロミスの土日・祝日の最短即日借入はできないと勘違いされてしまうかも知れません。しかし、そのようなことはありません。

あくまで「銀行振り込みによって借りる」ということが、土日・祝日や平日の夜間ではできないというだけであって、ATMから現金で直接借りるなら、もっと借りやすいのです。正確に言うと、プロミスは22時まで(日付や店舗などの諸条件によっては21時程度まで)元旦などを除けばほぼ毎日最短当日審査をしているので、その時間までに審査完了すれば、ローンカードの発行ができる…ということですね。

そして、ローンカードをコンビニATM・銀行ATMに挿入して(あるいはプロミスATMに挿入して)それで借り入れをすればいい…ということです。言うまでもありませんが、コンビニATMだったら、24時間開いています。銀行のATMも、銀行振込ができなくなった15時以降でも稼働しています。なので、「ATMから借りる」やり方だったら、土日・祝日・夜間の最短当日キャッシングも、システム的には難なくできる…ということです。言うまでもなく、実際に借りられるかどうかは、その人の審査条件次第という所ではありますが、申込条件・審査基準を満たしていれば、土日・祝日・夜間でも最短当日借入はできる…ということは理解して下さい。

事前に銀行口座を持っていないといけない

ジャパンネット銀行・三井住友銀行の口座に土日・祝日の最短即日振込をしてもらう…という条件の場合、言うまでもなく「事前に口座を持っている」と言うことが必要です。基本的に、どちらも当日口座開設をするのは難しいので、現実的でこれらの銀行口座を持っていないという人の場合は、銀行振込での借り入れはあきらめて、ローンカードの発行をして現金で直接借りる…という仕組みでキャッシングするようにして下さい。

プロミスの土日・祝日の最短即日借入のメリット

冒頭に書いた通り、土日・祝日の最短当日キャッシング自体は、プロミス以外の消費者金融でも問題なくできるようになっています。時間的に一番プロミスが有利ではありますが、借り入れ自体は、他の消費者金融でもできるんですね。

その中で、特にプロミスで土日・祝日の最短即日借り入れをすると、このようなメリットがある…という点を解説していきます。

三井住友銀行のローン契約機が使える

まず、他の消費者金融と決定的に違うのは、プロミスの自動契約機だけではなく、三井住友銀行のローン契約機(ACM)でも申し込みやローンカードの発行ができるという点。これは非常に画期的であり、すぐれたサービスです。

プロミスは、会員向け優待サービスもあったり、無利息期間も充実していたりと、かなり銀行カードローンやクレジットカードに近いサービスになってきています。そのため、大手の消費者金融の中で一番借りることが恥ずかしくないのは、プロミスだと言えます。

ただ、それでもやはり「何となく、消費者金融の自動契約機のブースに入る」のは恥ずかしい」という方が多いでしょう。特に田舎に住んでいて、周りの目が気になる…という方はなおさらだと思います。(私もかなりの田舎に住んでいたのでわかりますが)

そのような方でも、「三井住友銀行の店舗に入って、SMBCローン契約機で審査やカード発行の手続きをする」というのであれば、まったく恥ずかしくないはずです。傍から見たら、三井住友銀行の口座開設などをしているようにしか見えないからです。カードローン・消費者金融・キャッシングの知識がある人でなければ、SMBCローン契約機でプロミスの審査を受けたり、ローンカードの発行ができたり…ということは知りませんから、誰か知り合いに見られたりしてもまったくバレないということですね。

土日・祝日の最短即日借入では、銀行振込による借り入れがしにくいということもあり、特に自動契約機・ローン契約機の出番は多くなります。そのような時にも、こうしてSMBCローン契約機でバレないように借りられる…というのは、プロミスの土日・祝日の最短即日借り入れの大きなメリット…ということができるでしょう。

初回30日間無利息でキャッシングできる

プロミス・アコム・アイフル、そして新生銀行カードローン レイクは、「初回30日間無利息」」という条件で借り入れができるようになっています。(プロミスで30日間無利息で借りるには、WEB明細利用・メールアドレスの登録が必要となっています。)

そして、この4つの消費者金融・銀行カードローンの中でも、一番抜きん出ているのはプロミス。というのは、プロミスは、会員サービスの利用等によってポイントをためて、それによって再度無利息キャッシングをすることが可能だからです。

無利息期間の長さについては、30日以外にも7日など選ぶことができます。30日間無利息2するまでに必要な方がどのくらいで貯まるかですが、ポイントが貯まる全てのアクションをこなしていれば、早い人は一年前後(前後と言っても数ヶ月くらいブレるかも知れませんが)で再度30日間無利息ができる…という口コミ・評判がよく見られます。

期間についてはわからないものの、このように何度でも無利息期間を適用できるというのは、プロミス独自のサービスです。これは平日でも土日・祝日でも共通したメリットですが、土日・祝日の最短即日借り入れの比較でも当然生きるメリットなので、ここで指摘しておきます。

アコムと並んで、当日審査の受付時間が最長

これは先にも書いた通りですが、プロミス土日・祝日の最短即日審査の受付時間は、アコムと並んで22時(夜10時)までとなっています。(21時までになることもあります)

多少時間変更があったり、店舗によって受付時間が違う可能性はあるものの、前半にも書いている通り、ノーローン・アイフル・モビットはすべて21時までなので、これと比較すると「22時(夜10時)までのことが多い」という条件のプロミスは、土日・祝日の最短即日審査で有利ということが言えます。

このように当日審査の受付時間が長いのであれば、それだけギリギリでお金が必要な時でも、最短当日借入が間に合いやすい、ということです。なので「大至急お金を借りたい」「週末・休日だけど、今日中にキャッシングをしたい」というようなニーズを持つ方であれば、特に大手の消費者金融の中でもプロミスを選ぶべきということが言えるでしょう。

プロミス土日・祝日の最短即日審査・まとめ

以上、プロミスの土日・祝日の最短即日借り入れについて、要点をまとめてきました。最後に箇条書きでプレイバックすると、下のようになります。

  • プロミスは土日・祝日の最短即日キャッシングもできる
  • 基本的には22時まで(21時までのこともあり)という時間設定で最短当日審査
  • 審査の所要時間は平日と大体同じ。「最短60分」で融資できる
  • 特定の銀行口座を持っている必要はない
  • 三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、銀行振込でも借りられる
  • ジャパンネット銀行・三井住友銀行以外の銀行口座しかないなら、ATMから直接借りる
  • ATMから借りるには、自動契約機・ローン契約機でカード発行が必要
  • プロミスの自動契約機だけでなく、三井住友銀行のSMBCローン契約機も使える

というのが、プロミスの土日・祝日の最短即日キャッシングのポイントであり、要点となります。週末・休日だけどお金を借りたいという方の参考になれば幸いです。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

土日もプロミスで即日キャッシング