すぐわかる3秒診断のプロミスならすぐ借りれる

消費者金融ナビ

2014.09.11

オフィスの若いOL女性

プロミスはすぐにキャッシングをしやすい

「今すぐお金を借りたい」という場面は、人生で何度となく訪れるものです。あまり訪れるべきではないかも知れませんが、何はともあれ、そのように「急ぎでお金が必要」「大至急借り入れ・借金をしたい」「速攻で借りられるカードローンがいい」というような場面でも、プロミスは「システム的に」十分対応することができます。

これはつまり信用度・クレジットスコアが高い人であれば、今すぐにキャッシングができるだけのサービスが整っているけど、誰に対してもすぐに最短当日融資をする訳ではないという意味です。この点はよく混同されがちなので、この点は注意してください。

そして、プロミスには3秒診断という借入診断・お試し診断があり、これを最初に利用して借入可能かどうかのシミュレーションを行うことで、ある程度審査に通るかどうか、目安をつけてから申し込むことができます。

3秒診断はあくまで「簡単なシミュレーション」なので、正確なお試し診断・借入診断ではありません。なので、ここで「融資可能と思われます」と出ても、たとえば個人信用情報をチェックしてブラックリスト入りしていた…などのケースになれば、本審査で落ちることは当然となります。

というわけで、必ずしも3秒診断の結果通りになるわけではありませんが、大体の目安がすぐにわかるというだけでも、急ぎでお金を借りたい人にとっては、便利なサービスということでしょう。以下、インターネット上の口コミ・評判でよく言われる「プロミスは最短当日借入がしやすい」という点について、解説していきます。

審査基準が柔軟という意味ではない

「最短当日借入をしやすい」というのは、あらためて説明すると「2通り」の意味があるわけですね。

  • システムが充実している
  • 審査が甘い・ゆるい

この2通りの意味です。そして、言うまでもなくプロミスは前者です。上にも書いた通り、あくまでサービス・システム・最短当日審査の体制がしっかりしているという意味で「最短当日キャッシングがしやすい」ということであり、審査基準については、むしろ「大手の消費者金融の中でもっとも厳しい」といわれることもあるくらいなんですね。

後者の「審査基準」という意味での「最短当日借入がしやすい」というのは、わかりやすく言うと『闇金ウシジマくん』です。あるいは『ナニワ金融道』でもいいですが、こうしたヤミ金融・街金業者・昔のサラリーマン金融(サラ金)などの貸金業者の場合は、これはこれで確かに「最短当日融資がしやすい」わけです。しかし、『ナニワ金融道』の帝国金融はともかく、『闇金ウシジマくん』のカウカウファイナンスが、決して「良い最短当日借入』でないことは、誰でもわかるでしょう。

(10万円借りたら、10日後に15万円払わないといけないのですから。トゴ=10日で5割という利息ですが、天文学的な暴利です)

何はともあれ、プロミスはこのような「審査基準が柔軟」という意味での「最短当日キャッシングがしやすい」という借入先ではないのです。あくまで「経営・マネジメントがしっかりしているため、審査スピードや最短当日審査の受付時間などの面で、最短当日借入がスムーズに進む体制が整っている」ということです。この点はくれぐれも勘違いしないようにして下さい。

アコムと並んで、最短当日審査の受付時間が最長

上の段落で少し「最短当日審査の受付時間」について書きましたが、この点を掘り下げて行きましょう。これは「何時までに審査の申し込みをすれば、最短当日借入ができるか」という大体の目安になる時間です。その時間に審査の申し込みをすれば、確実に最短当日キャッシングができるという意味ではないので、この点も注意してください。

そして、そのような前提の上で説明すると、プロミスでは「大体、毎日夜10時まで最短当日審査をしている」という設定になっています。これは店舗やその他の条件・シチュエーションになどによって変動することもありますが、何はともあれ、これが基本的な時間設定です。

この「毎日22時まで」という締切時間は、アコムが同様の条件になっています。アコムもプロミスと同じく「状況・条件によって変わることもある」という前提ですが、この2つの消費者金融が、大手のキャッシングブランド、銀行カードローン、あるいはクレジットカードもすべて含めた中で、最も最短当日審査の受付時間が長い…というメリット(長所・利点)を持っているわけですね。

このように最短当日審査の受付時間が長ければ、夜間ギリギリでキャッシングの審査に申し込みしても、最短即日借入ができる可能性が高くなるわけです。間に合うとは限りませんが、少なくとも「最短当日審査の受付時間が短い」キャッシング先と比較したら、最短当日借入は大分しやすくなるはずです。(物理的な事実です)

プロミス・アコム以外の大手のキャッシングブランドはどうかというと、ノーローン・アイフル・SMBCモビットの3つの消費者金融とも「21時(夜9時)まで」という締切時間になっています。(この3つの消費者金融もやはり、状況・条件・シチュエーションによって時間は多少変化します)

ということで、SMBCモビット・アイフル・ノーローンでお金を借りるのに比較したら、プロミス、もしくはアコムで審査の申し込みをした方が、1時間分、最短当日キャッシングをできる確率が高くなる…ということですね。ギリギリのタイミングで最短当日借入をしようとしている方、そして「その日中に借り入れができないと絶対に困る」という方の場合は、アコム・プロミスを選んだ方がいいでしょう。

ネット完結・WEB完結で申し込める

また、プロミスで最短当日借入がしやすい体制になっている理由として「インターネット申込によって、ネット完結で借りることができる」という点が指摘できます。これはカードローンの知識がある人であれば、とっくの昔から完全に理解していることでしょうが、今のキャッシングの審査では、このように「WEB完結でキャッシングができる」というのが普通になっています。

なので、その点では「プロミスだけが、特別にネット完結の最短当日借入をしやすい」というわけではありません。しかし、パソコンでもスマートフォン・タブレットでも申し込みできますし、ガラケー(普通の携帯電話・フィーチャーフォン)でも申し込めるというのは、どんな人にとっても便利なことであり、プロミスの最短当日借入のメリット・長所ということができます。

(これができない銀行カードローンも、特に地方銀行のキャッシングなどでよくあるわけですから。また、中小の消費者金融、いわゆる街金業者はほとんどできません。小規模な貸金業者なので仕方ありませんが)

プロミスは、スマートフォン・タブレット専用のアプリも持っていて、この使い勝手も非常に良好です。大手の消費者金融が提供する専用アプリの中でも、プロミスのアプリが一番使いやすいというインターネット上の口コミ・評判が多く見られます。実際、ムダを完全に削ぎ落としており、非常にいいデザインです。

申し込みから融資まで「最短60分」

「今すぐキャッシングをしたい」という人にとって「最短当日借入ができるというより、何時間で借りられるのか」という点が、一番気になる部分でしょう。プロミスの場合は、最短だと「何時間」も待つ必要がありません。あくまで最短の場合ですが、「最短60分」という時間で、申し込みから融資まで終わらせることができます。(申し込みというのは、利用者・ユーザーが審査情報をすべて送信した、その瞬間からカウントを始めます。当たり前ですが)

実際に「最短60分」になる割合がどのくらいかは、当然わかりません。その人のクレジットスコア(信用度)にもよりますし、その時の審査の混み具合や、申込み時間にもよるでしょう。たとえばアフター5だと、仕事が終わった会社員・OL・公務員の方々などが大量に申し込む可能性があるので、審査の所要時間がやや長くなるかも知れません。

逆に、朝イチなど「他の申込者で、特に正社員・契約社員・派遣社員などとして勤務している人が申し込みをできない時間帯」となると、比較的審査スピードが早くなる可能性があります。これも完全に推測であり、しかもその日によってかなりランダムになるはずなので、なんとも言えませんが…。

とりあえず、プロミスで審査の所要時間がどのくらいになるか、明確なことはここでは書けません。ただ、すべての手続きを含めると、申し込みから融資の実行まで最短60分という風に理解して下さい。

審査の所要時間だけなら「最短30分」

「融資まで全て含めて」ということを繰り返し・再三書いてきましたが、では「審査の所要時間だけ」ならどのくらいの時間になるのかというと、これは見出しの通り「最短30分」です。プロミスでもその他の大手の消費者金融でも、キャッシングというのは審査だけではなく、その後の説明をしたり、その申込者の情報を登録して、融資の手続きに入る…という時間が必要なわけですね。

人間は何をするにも時間がかかるものです。極端な話、一日のトイレの時間を合計するだけでも、かなりになります。まして、プロミスのような社会的に責任の重い最大手のキャッシングブランドが、お金という慎重に慎重を期さなければならないものを扱うわけですから、審査の所要時間以外でも時間がかかるのは当然のこと…というわけですね。

なので、純粋な審査の所要時間に追加して、さらに30分長くなるということですが、それでも大手の消費者金融・銀行カードローンの中で、これは最速のレベルです。ノーローンの「最短20分」という例外はありますが、ノーローンは、たとえば最短即日振込だったら12時30分までに審査完了していないといけないなど、条件が最短当日借入において、かなり厳しくなっています。

一方、プロミスは「14時50分までに振込手続きができれば、振込キャッシングによる最短当日借入が可能」ということで、今すぐお金を借りたいという人の選択肢が、非常に多くなっています。

審査スピードクレジットスコアによる

上の段落では審査の所要時間・審査スピードについて書いてきましたが、実際にどのくらいの速度でスピードキャッシングができるかというのは、その消費者金融・銀行カードローンがすべてを決めるわけではありません。当たり前すぎるくらい当たり前かも知れませんが「その申込者の信用度・クレジットスコアによっても変動する」というのが実情です。というよりむしろ「利用者のクレジットスコア(信用度)の方が断然大きく関与する」と言ってもいいくらいかも知れません。要は、下のようになるということですね。

  • 信用度が高い人…すぐ審査が完了する
  • 信用度が低い人…かなり審査の所要時間が長くなる

これは「自分がお金を貸す側、融資する側」としてシミュレーションをしてみるとわかるでしょう。(3秒診断のような意味のシミュレーションではなく、イマジネーションという意味のシミュレーションですが)

信用できる友達・知人がお金を借りに来たのであれば、すぐに貸し付けると思います。しかし信用できない友達、あるいは経済力などは信用できても、人間的に好きでない知人などとなったら、すぐに融資することはないはずです。最終的に貸さないことの方が多いでしょうし、万が一人間関係のしがらみなどで貸し付けするしかなかったとしても、相当貸し渋りをしてから、渋々という態度で融資するはずです。

というように、個人レベルのお金の貸し借りでも「信用度・クレジットスコアによって、審査の所要時間が変動する」という現象はごくごく自然に観察されるわけです。それが事業として拡大されたものが、キャッシングの審査の所要時間のシステム…ということですね。実はビジネスの世界というのは、どの業界でも「日常生活の延長」なのです。

何はともあれ、このような理由から「自分の信用度(クレジットスコア)は低い」という自覚がある方は、できるだけプロミスでも早めに審査申込みをすることをおすすめします。大体「今すぐお金を借りたい」という方は、自分では自覚していなくても、信用度・クレジットスコアは低いものです。

経済的に余裕がないから、そのように「大至急お金を借りたい」とか「今すぐカードローンでキャッシングしたい」というような局面・シチュエーションに追い込まれるわけですからね。このような資金需要が発生したという時点で、「自分の信用度(クレジットスコア)は高くない」ということに気づくようにしましょう。

(俺は酔ってないぞ~、という酔っぱらいのサラリーマンのようになってはいけない、ということですね。)

借入希望金額によっても変動する

また、今すぐ借り入れができるかどうか、すばやく最短当日キャッシングができるかどうか…というのは「借入希望金額」によっても左右されます。つまり下のようになるということですね。

  • 高額借入を希望…時間がかかる
  • 少額キャッシングを希望…すぐ借りられる(可能性が高くなる)

これは一般的な感覚でもすぐに理解できることでしょう。例えば親や家族に「5000円貸して」と言ったらすぐに貸してくれるかも知れませんが「10万円貸して」だったら、学生は親から大説教大会を食らうでしょうし、兄弟でも「はあ?」となるでしょう。また、友達だったら人間関係が悪化することは請け合いです。

というように「借入希望金額」というのはキャッシングの審査の時間を決める上で、非常に重要な決定要素なのです。審査の所要時間だけではなく、むしろ審査に通るかどうかという審査通過率すら左右するという風に言ってもいいかも知れません。

これもやはり「自分が融資する銀行カードローン・消費者金融の側だと想像してみる」ことでわかるはずです。無職・ニートの人がキャッシングの審査に申し込みをしてきたら、即座に断る(審査落ちさせる)でしょう。また、パート・アルバイト・フリーターの方々は借入可能ですが、月収が3万円程度なのに、50万円の最高借入枠を希望したりしてきたら、これもやはり落とすでしょう。(そもそも、月収3万円では10万円のキャッシング枠すらもらえず、審査落ちします。少なくともプロミスで借りるのは絶望的です)

ということで、その申込者が希望する最高与信枠・最大限度額と、その人の年収・月収とのバランスなども、やはり審査の所要時間・審査スピードを決定するポイント・要素になるわけですね。このように多くの決定因子によってキャッシングの審査のスピードも、審査通過率も変わっていく…ということです。

プロミスの3秒診断・シミュレーション

ここまではプロミスで「今すぐお金を借りる」という最短当日キャッシングという方面に焦点を当てて、論を展開してきました。ここからは、すぐにキャッシングをしたい人が最初に活用すべきシミュレーションである「3秒診断」(いわゆるお試し診断・借入診断)について、さらに深く解説していきます。

大手のキャッシングブランドの中で、一番正確

プロミスの3秒診断の長所・良い点は「大手の消費者金融が提供するお試し診断・借入診断の中で、一番内容がしっかりしていて、正確である」ということ。具体的に言うと借入総額の診断が、年収の3分の1ジャストの金額ではなく、その一歩手前で止まるようになっているということです。

たとえば、その申込者の年収が「600万円」だったとしましょう。この場合、貸金業法の「総量規制」というルールによって「200万円」まではキャッシングできます。カードローンの知識がある人だったら常識中の常識でしょうが、「年収の3分の1までは借り入れができる」というルールが総量規制なんですね。

なので、プロミス以外の大手の消費者金融のお試し診断・借入診断で、この人が「他社借入総額200万円」と入力すると、「借入可能と思われます」というような文面が出てきます。しかし、よく考えてみてください。200万円がボーダーラインなのに、すでに200万円キャッシングしている人が、どうやって追加借入をするのか」ということですね。明らかにお試し診断・借入診断の機能を果たしていないのです。

(もちろん、このようなジャストの他社借入金額でない診断の時はしっかりしているのですが、このような時は、少々問題がある…というわけですね。)

これに対して、プロミスの3秒診断は、他の大手のキャッシングブランドが提供する借入診断・お試し診断より、この点で遥かにしっかりしています。たとえば上のケースだったら「195万円」までで「融資可能と思われます」という診断結果がストップするようになっています。代わりに「この借入診断・お試し診断では、判断できませんでした」というような内容が出ます。

これは事実上「申し込んでいただいても、多分審査落ちします」という意味なのですが、他の大手の消費者金融と違い、5万円手前などの現実的なラインで、しっかりとお試し診断・借入診断をしてくれる…ということですね。

細かいことのようですが、神は細部に宿るという言葉の通り、こういう小さいことをしっかりやるというのは、大事なのです。企業のマネジメントとしても大事ですが(プロミスはキャッシングブランドですが)、個人の仕事としても、こういう細事をおろそかにしないでコツコツ改善を繰り返す人というのは、大きく伸びるんですね。CoCo壱番屋創業者の宗次徳二さんも「物事の始まりは、いつも小さい」を口癖にされています。

というように、今すぐお金を借りたい申込者が「正確な借入診断・お試し診断をできる」ということもさることながら「企業の、ビジネスに対する一つの姿勢」として、プロミスの3秒診断の正確性は、高い評価を受けるべき…ということです。

お試し診断・借入診断の存在意義

基本的に、消費者金融・銀行カードローンが提供するお試し診断・借入診断というのは、ここまでも書いてきた通り、かなり本審査と結果が食い違うものです。本審査と結果が一致しない原因・理由は後で説明しますが、ここでは「そのようなお試し診断・借入診断に、どのような意味があるのか」という点を解説していきます。

結論を書くと、借入可能かどうかを判断するというより、「あなたは絶対に借入不可に近い状態です」ということを告げるためにあると考えた方がいいでしょう。(大手の銀行カードローン・消費者金融などがそう公式のアナウンスをしているわけではないので、あくまで私の推測ですが)

どういう意味かというと、たとえば「その申込者が20才未満・未成年・10代だったら、その時点でキャッシング不可です」と告げるためにある…ということですね。これはシミュレーションというより「ルール」なので、本審査の結果と完全に一致します。と言うより、申込情報・審査項目の送信自体がそもそもできない…という可能性もあります。

同様に「無職・ニート」などの方々も借入不可という結果が出ます。また、プロミス・アコム・アイフルなどの大手の消費者金融は、お仕事をしていない家庭に入っている女性では借入不可となっているので、専業主婦が3秒診断などをする時も、やはり「借り入れできない」という結果になります。

というように「あなたが借り入れするのは、申込資格的に無理です」ということを事前に告げるための装置がお試し診断・借入診断…という風に考えた方がいいでしょう。アコムの3秒診断でも、アイフルの1秒診断でも、あるいはノーローンのお試し診断でも、新生銀行カードローン レイクの「お借入診断」でも、ほとんどはそのような存在意義だと思って下さい。

本審査の結果と食い違う理由

上で宣言した通り、「お試し診断・借入診断の結果は、なぜ本審査と違うことがあるのか」という点を解説していきましょう。簡単に書くと「借入診断・お試し診断では、ほとんどの審査情報を入力していないから」ということになります。つまり「記入する内容が少ない」ということですね。

この時点で審査結果・診断結果が変わるのは当たり前なのですが、さらに具体的に説明すると、下のようなポイントによって変わってきます。

  • 本審査では、身分確認資料をチェックする
  • JICC・CIC・KSCなどの個人信用情報も、本審査でチェックされる
  • ただの数字には現れない審査項目の裏側も、人間の経験で審査する

他にも多くの要素がありますが、主に大体これらのような原因によって変わります。最初の「身分証明書」については「不鮮明だった・偽物だった」などの理由ですね。偽物ということはさすがにないはずなので、不鮮明というのがたまにある理由です。この場合は再提出すればいいだけです。(時間外かかる分、最短当日キャッシングでやや不利になります)

「個人信用情報機関へのアクセス」については、こればかりは自動化するわけには行かないので、どれだけ自動与信システムをプロミスが進化させていても、人力で行うことになります。そして、個人信用情報をチェックして初めて、その人が債務整理・代位弁済・強制解約・退会などの返済トラブル・事故情報・異動情報を起こしていたかどうかが明らかになるわけですね。このようなブラックリストの履歴があったら、当然のごとく審査落ちとなります。また、ブラックリストまで行かなくても、少々の延滞・滞納などが他のキャッシング先で見られた…という場合でも、やはり審査に通らなくなることがあります。

最後の「人間の経験」については、たとえばアイフルのトップセールスマンだった笠虎崇氏が、現場にいた頃の体験談として「35才を過ぎて結婚していない人は、消費者金融の経験的に何らかの問題がある人が多かったので、審査が厳しくなった」ということを語られています。これは「晩婚がいけない」ということではなく「晩婚だったら、基本的に一人で生きていけるようなライフスタイルでなければいけないのに、そういう人がキャッシングに頼っている」ということに問題があるのでしょう。

私もバリバリ晩婚に向かっているので自覚していますが、晩婚を選ぶ人は、親にも兄弟にもあるいは友達にも、まったく、あるいはほとんど頼らないで生きていけるようにならないといけないのです。特にその基盤として経済力が必要なのです。

キャッシング・カードローン・消費者金融に対してお金を借りに来たということは「そういう自立ができていない」ということですから、その状態で「結婚もしていない」というのは、確かに「信用度・クレジットスコアが低い人が、比較的多くなりそう」という気はします。ただ、笠虎崇氏も「そういう傾向が割とあった」と書かれているだけで、くれぐれも晩婚が悪いということではないので、それは重々理解して下さい。

何はともあれ、キャッシング審査はただの自動与信システム、コンピューターによる審査だけでは当然できないので、このような「人間の経験」も加わって審査されます。なので年収・月収や勤続年数などの審査条件だけだったら、ギリギリ審査の通過をできそうだった人でも、人間が審査して落ちる…ということは十分あり得るわけです。

プロミスで今すぐお金を借りる方法・まとめ

以上、プロミスのお試し診断・借入診断である3秒診断や、最短当日借入のしやすさに関するメリット(長所)など、今すぐお金を借りたいという方々にとってプラスになるような情報を整理してきました。この記事で書いた内容を、ダイジェストとしてまとめると、下の一覧のようになります。

  • プロミスの3秒診断は、大手の消費者金融の中で一番信頼できる
  • 3秒診断は、あくまで大雑把な目安であり、本審査の結果とは違う
  • 借入診断・お試し診断はむしろ「借入不可な人に、それを告げる」ためのもの
  • 本審査で特に大きく変わるのは、個人信用情報や提出書類のチェック
  • プロミスは、最短当日審査の受付時間が長いので最短当日借入のシステムが有利
  • 審査基準が柔軟という意味ではなく、システムが充実している
  • 審査の所要時間も「最短30分」で、大手の消費者金融・銀行カードローンの最速レベル

このような内容を、プロミスあるいはその他のキャッシングブランドで「今すぐ借り入れ・借金をしたい」という人に、ぜひ知っていただけたらと思います。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング