SMBCモビットのweb完結は電話連絡などが省略できるって本当?

消費者金融ナビ

2014.09.11

机の上のキーボードと電卓

自分の携帯への電話連絡も省略される?

SMBCモビットのWEB完結申込の審査では、本人の携帯への確認電話も省略される…というインターネット上の口コミ・評判がありますが、これは事実でしょうか。結論を書くと、この記事の執筆時点では、SMBCモビットの公式サイトでは「勤務先などへの電話連絡は一切ありません」ということが書かれています。

ただし「審査で必要と判断された場合には、電話連絡をすることがあります」とも書かれています。要は「ケースバイケース」であり「その申込者の信用度(クレジットスコア)による」というのが、最終的な結論になる…と思って下さい。(あまり目新しい結論ではなく、キャッシングの世界全般でもともと言えることかも知れませんが…)

クレジットスコア(信用度)が高い人ならOK?

SMBCモビットの公式サイトに書かれているWEB完結申込の電話連絡についてまとめると、上のように要は「クレジットスコア(信用度)が高い人なら、なしにある可能性がある」ということです。そしてクレジットスコア(信用度)が低いとだと、やはり通常通り確認電話が必要になるということですね。

「ただしイケメンに限る」ではありませんが、要は「一定の信用度(クレジットスコア)を満たしている人に限定される」ということであり、SMBCモビットのWEB完結申込だから特別電話連絡について免除がある…というわけではないのです。他の消費者金融の審査でも「信用度が高い人だったら、確認電話がなしになる」というインターネット上の口コミ・評判もちらほら見られるので、要は「通常通りのキャッシングの審査」と考えていいでしょう。

SMBCモビットのWEB完結申込の適用条件を満たしていること

また、そもそも「SMBCモビットのWEB完結申込が適用されるために必要な条件を満たしている」ということが、大前提になります。つまり、「信用度(クレジットスコア)が高い人であっても、大前提として記載されているSMBCモビットのWEB完結申込の条件に該当しないということであれば、通常の借入審査のルールが適用され、勤務先への在籍確認の電話も本人の携帯への確認電話も当然必要になる…ということですね。

では、SMBCモビットのWEB完結申込を利用できる申し込み条件とは何かというと、箇条書きで下のようになります。

  • 運転免許証・パスポートのどちらかを提出できる
  • 年収確認資料を提出できる(確定申告書・源泉徴収票・税額通知書など)
  • 勤務先の保険証・給与明細書がある
  • 三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行いずれかの口座を所持している(キャッシュカードも)

ということです。これらの4つの条件をクリアして初めて、SMBCモビットのWEB完結申込によってキャッシングをすることができるというわけですね。普通の借入審査の申し込み条件より、かなり厳しいということがわかるでしょう。

もちろん、ほとんどの日本人は運転免許証は持っていますし、パート・アルバイト・フリーターであろうと会社員・OL・公務員であろうと、安定収入がある人であれば、収入確認資料も持っているはずです。ということを考えると、後は「会社の保険証」「三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行の口座」という条件のみがネックです。逆に言えば「これら2つの条件さえ満たすことが可能であれば、SMBCモビットのWEB完結申込の適用は難しくはない」ということですね。

(そして、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行のどちらもメインバンクなので、片方の銀行口座は持っている…という方が多いでしょう。私は三井住友銀行の口座の方は使っていませんが、一応両方持っています)

人によっては本人の携帯への確認電話が必要

ここまで書いた通りかなりクレジットスコア(信用度)が高い人であれば、本人の携帯への確認電話もなしになる可能性がゼロではないということは指摘できます。逆に言うと「人によっては、他のアコム・アイフルなどの審査と同様に、本人の携帯への確認電話は必須となる」ということです。

そもそも、キャッシングの審査に申し込んだ経験がある人だったら「本人の携帯への確認電話があるのは、普通だろ?」と思うでしょう。実際、SMBCモビットのWEB完結申込以外では、どこの消費者金融・銀行カードローンの審査でも「本人のスマートフォンや携帯電話などに、電話連絡をするのは当然」という風になっています。これが特別厳しい審査ではないということは、一般常識で何となくわかるでしょう。

なので、あくまで「SMBCモビットのWEB完結申込の条件がかなり特殊」であって、そのように特殊なサービスが適用されなかったとしても、それは「普通のこと」なんですね。なので「SMBCモビットのWEB完結申込に申し込んだ人すべてが、本人の携帯への確認電話も省略される」ということではありません。その人のレベル・信用度によっては必要になる…ということは重々承知して下さい。

SMBCモビットのWEB完結申込の在籍確認

ここまでは「申込者本人の、携帯電話に対する連絡」という点について書いてきました。ここから先は、お金を借りようとしている方の多くが気にする「勤務先への在籍確認の電話」について書いていきましょう。

職場への電話連絡もなしになる?

例によってインターネット上の評判・体験談を見ると「SMBCモビットのWEB完結申込では、会社への電話連絡もなしになる」ということが書かれています。本当にそうなのでしょうか?結論を書くとこれも、「SMBCモビットの公式サイトでは、お勤め先などへの電話連絡はない」という文言が書かれています。

ただし、やはり下に注意点が書かれていて「審査結果によっては必要になることもあります」という意味のことが書かれています。四文字で要約するなら「人による」ということです。(これは健康法でも仕事術でも、なんでも言えることですが…)

条件は、本人の携帯への確認電話と同じ

結局、先の段落の「本人の携帯」の部分で書いている通り、その人の信用度(クレジットスコア)が高いか低いかですべてが決まる…、ということですね。そして、クレジットヒストリーなどの審査情報だけではなく、これも上で一覧にした「SMBCモビットのWEB完結申込が適用されるための条件」をすべて満たす必要がある…ということで、この点でもやはり変わりません。

詰まる所、人生のどの場面でも「信用度がある人は得をする」ということですね。たとえばアパート・マンションなどの賃貸契約をする時でも、クレジットスコア(信用度)が高い人であれば、保証会社を利用する時に、さほど高い保証料を払う必要はありません。しかし、そのような保証会社は審査が厳しいので、保証してもらえない場合は「もっと審査がゆるい保証会社」を利用することになります。そして、保証料はその分高くなります。

というように、SMBCモビットのWEB完結申込だけではなく、そしてカードローン・キャッシングの審査だけではなく、人生のありとあらゆる場面において「その人の信用度によって、ルールは変わる」というのが、鉄則なのです。これは日常生活の人との関わりを考えてもわかるでしょう。相手に対する感情や信用によって、私達はかなり態度を変えているはずです。

あくまでも信用度が高い人のみ

ということで、繰り返し強調しますが、SMBCモビットのWEB完結申込だったら、電話連絡なしになることもたまにあるものの、それはあくまで相当クレジットスコア(信用度)が高い人だけということです。全ての申込者が本人の携帯への確認電話も勤務先への在籍確認の電話も省略される…ということであれば、むしろ危険です。そのような消費者金融は過剰融資・過剰貸付をしている可能性がありますからね。

(言うまでもないくらい当然のことですが、SMBCモビットがそのような問題を含んだキャッシングブランドであるわけがありません)

というように、SMBCモビットの厳しい審査基準に照合して「まったく問題ない」と判断された信用度(クレジットスコア)が高い人のみが、電話連絡を回避できる…という可能性が残されているわけです。「信用」に関する世界で共通のルールが、ここでも適用されているだけだと考えて下さい。(特別なことは何もない…というわけですね。)

SMBCモビット以外でも電話連絡の代わりになる手段はある?

あくまでSMBCモビットから「確認電話を省略してもいい」と判断されたクレジットスコア(信用度)のレベルが高い人のみに限定されますが、そのようなステータスの高い申込者であれば、いわば会社の保険証・給与明細書の提出というのが、電話連絡の代わりになる手段に近いものになるということです。(あくまでそのように見えるというだけで、正式な電話連絡の代わりの措置ではないのですが)

何はともあれ、このようなSMBCモビットのWEB完結申込の適用ルールを「電話連絡の代わりになる手段」ということがで表現した場合、そのような電話連絡の代わりの措置が、他のアコム・アイフル・プロミス・ノーローンなどの消費者金融でもあるのか、それともないのかを見ていきましょう。

基本的に、他の消費者金融ではない

アメリカ人風に結論から真っ先に書くと「SMBCモビット以外の大手の消費者金融では、電話連絡の代わりになる手段に該当するものはない」ということになります。SMBCモビットのWEB完結申込のように「システム」としては整備されていない…ということですね。

ただ、あくまでインターネット上の口コミ・評判による情報で信憑性は低いですが、「アコム・アイフル」については、特に勤務先への在籍確認については多少配慮されることがある…というのが現状のようです。その点を解説していきます。

アイフルは省略されることがある?

まずインターネット上の評判・体験談でよく見られる書き込みの内容としては、アイフルは、一定の信用度(クレジットスコア)を超えている人であれば、勤務先への在籍確認の電話が省略される…と言うものです。これはあくまでたまに散見されるだけのインターネット上の口コミ・評判なので、事実かどうかはわかりません。(ネット上の情報が玉石混交というのは皆さんもよくご存知の通りです)

ということで、あくまで「そのような書き込みが見られる」というだけの話ではありますが、そもそも「職場への在籍確認の電話というのは、貸金業法・銀行法などの法律で義務付けられているわけではない」ということを考えると「明らかに信用度(クレジットスコア)が高い」という人の場合は、「在籍確認するまでもない」と判断されて、会社への在籍確認の電話が省略される(回避できる)という可能性は確かにないとは言えません。

そのように「確認するまでもない」という人については、むしろなしにして「他の人の審査をより早くしてあげる」という方が、全体の消費者に対するサービスになりますからね。必ずしも勤務先への在籍確認の電話などの審査をすべて丁寧にするのが利用者のため、社会のため…というわけではないのです。

ということも考えると「たまに勤務先への在籍確認の電話が省略されることがある」というのが、アイフルにしても中小の消費者金融などにしても事実だったとしても、それはいわゆる「審査が甘い・ゆるい」ということではないというのがよくわかるでしょう。

アコムは10万円だけ最短当日借入できる?

これもやはりアイフルと同様に「あくまでもインターネット上の口コミ・評判」という大前提で読んでいただきたいですが、アコムは土曜日・日曜日・祝日・夜間などで、どうしても職場への在籍確認の電話をかけられない場合には、下のようなやり方で最短当日キャッシングをできる可能性があるということが、たまに掲示板などに記載されています。

  • とりあえず10万円の最大融資枠で最短即日キャッシングができる
  • 後日あらためて、アコムが在籍確認の電話をかける
  • その時確認が取れたら、借入限度額をより大きい金額(その人の収入に合わせて)にする

というシステムです。繰り返し書きますが、「あくまでそうした利用者の評判・体験談も見られる」というだけであって、正しい情報かどうかという信ぴょう性はありません。しかし、「土曜日・日曜日・祝日・夜間なので勤務先が閉まっている」ということはよくありますから、そのような時にこうした方法で臨機応変に対処するというのは、利用者に対するサービスとして、適切なものだということができるでしょう。

(10万円程度の借り入れで破産する人など、まずいませんからね。ヤミ金融から借りているなら別ですが)

ということで、これもやはり「アコムの勤務先への在籍確認では、そのような方法になる可能性もある」という程度の話ではありますが、一応参考にしてみて下さい。

SMBCモビットのWEB完結申込と在籍確認・まとめ

以上、SMBCモビットのWEB完結申込でキャッシングをする場合と、その時の電話連絡について書いてきました。この記事の要点を整理すると、下のようになります。

  • SMBCモビットのWEB完結申込では、電話連絡がなしになる可能性もゼロではない
  • 本人の携帯への確認電話がなしになることも
  • 勤務先への電話連絡もなしにできることがある
  • ただし、その申込者の信用度(クレジットスコア)次第
  • よほどクレジットスコア(信用度)が高い人でなければ、基本的には電話連絡が必須

ということです。繰り返しになりますが、電話連絡を省略されるような人は、相当信用度(クレジットスコア)が高い人だけという点を、よく理解して下さい(要は、基本的にほとんどの人は職場への電話連絡などを受けることになる、ということです。)

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング