SMBCモビットは必要書類があれば条件次第でweb完結で審査時間も短い。

消費者金融ナビ

2014.09.11

机の上の電卓と、家の模型

SMBCモビットのWEB完結申込とは?

SMBCモビットのキャッシングの審査では、必要書類さえ提出することができれば、WEB完結申込というシステムを利用してお金を借りることが可能となっています。WEB完結申込というのは文字通り「ネットのみで借入審査ができる」というもの。つまり来店・郵送による審査をする必要もないし、電話によるキャッシングの審査もしなくていいというものです。ここではこうしたSMBCモビットのWEB完結申込と、その必要書類・提出書類についてなどをまとめていきます。

WEB完結申込の提出書類

SMBCモビットのWEB完結申込で必要とされる提出書類を最初に箇条書きすると、下のようになります。

  • 身分確認資料…運転免許証・パスポートのどちらか
  • 収入確認資料…源泉徴収票・確定申告書・税額通知書など
  • 在籍確認資料…職場の保険証・給与明細書
  • 指定の銀行口座…三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行のどちらか

という風です。最後の三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行について書類というわけではありませんが、特に重要な項目なので、一応ここで一緒に書いておきました。以下、まず「勤務先の保険証」の部分から説明していきます。

なぜ職場の保険証なのか?

なぜSMBCモビットのWEB完結申込の必要書類として「会社の保険証・職場の保険証」が挙げられるのか。これは社会保険証・組合保険証などの保険証は、その勤務先で実際に働いている人でなければ、もらうことができない(発行されることがない)という理由からです。つまり「そのような組合保険証・社会保険証を持っているということが、実際に在籍しているということの証明」になるわけですね。

キャッシングの情報サイトなどで俗に言われている「電話連絡の代わりになる手段」に、こうした社会保険証・組合保険証であればなるわけです。(完全に電話連絡の代わりの措置になるとは言い難いですが、かなりそれに近くなるわけです。繰り返しますが、在籍していないとそのような保険証は発行されないわけですからね。)

このような理由から、SMBCモビットのWEB完結申込を受けるためには、まず「職場の保険証」が必要になる…ということです。

給与明細書を提出する理由は?

では次に、もう一つの「給与明細書」は何のために提出するのか。これは「審査をより確実にする」ためです。給与明細書は、社会保険証・組合保険証などと違って公的書類ではないので、偽造が簡単にできるのですが、それでも難しくなることに変わりはないということ。

人間は、キャッシングの審査でもその他の作業でも「ハードルが増えれば増えるほど、やる気を無くす」という風になっています。逆に言えば「ハードルが一つでも減れば、確実にモチベーションが上がる」わけですが。何はともあれ「キャッシングの不正申し込みのハードル・障害を一つでも増やすことで、不正申し込みをしにくくする」という効果を狙っているわけです。

これはSMBCモビットなどのキャッシングブランドのためだけではなく、利用者・消費者のためにもなります。不正申し込みの損失を補填するにはコストがかかりますが、それは要するに「他の真面目な利用者たちが払っている利息」から充当されるわけですからね。ゴミのポイ捨てなどもそうですが、このようなことをする人がいると、真面目な大多数の人たちが迷惑するわけです。

そのようなことを防ぐためにも、SMBCモビットなどの消費者金融・銀行カードローンの側が、少しでも不正申し込みをしにくいようにして、善良な利用者を保護する必要がある…ということですね。そのように「少しでも、WEB完結申込の審査を厳しくする」という目的で、給与明細書の手続きを義務付けている…と思われます。(理由についてはあくまで私の推測ですが)

その他のWEB完結申込の条件

上の段落では「会社の給与明細・保険証」について書いてきました。しかし、序盤にも書いた通り、SMBCモビットのWEB完結申込を適用するためには(されるためには)他にも提出書類や銀行口座について条件があります。ここではこれらの「SMBCモビットのWEB完結申込でお金を借りるために必要なその他の条件」をまとめていきます。

身分確認資料は運転免許証・パスポート

SMBCモビットのWEB完結申込で必要とされる身分証明書・本人確認資料は、パスポート・運転免許証のどちらかとなっています。通常のキャッシングの審査だったら、本人証明書類は各種健康保険証・住民基本台帳カードなどでもいいのですが、SMBCモビットのWEB完結申込を適用するためには、身分証明書についても厳しい基準がある…ということですね。

(厳しいといっても、運転免許証・パスポートのいずれかを持っていればいいだけなので、特に難しくもないのですが、他の消費者金融のキャッシングの審査と比較すると少々厳しいということです。)

なぜパスポート・運転免許証に限定されているのか…という疑問を持つ方もいるでしょう。これは下のような理由です。

  • 顔写真がついている
  • 偽造の難易度が高い

という2点です。たとえば国民健康保険証だと、持っている人はわかると思いますが「パスポート・運転免許証と比較すると、明らかに偽造がしやすい」というのがわかりますね。保険証自体が小さいですし、それほど複雑な技工も施されていません。

これに対して、運転免許証は運送業者や暴走族などに悪用されないようにかなり偽造が難しくなっていますし、パスポートも同様です。パスポートの偽造が簡単だったら、麻薬などの密輸や、密入国や人身売買なども簡単になってしまいますからね。

ということで、ありとあらゆる身分確認資料の中で、特に運転免許証・パスポートは制作の技術が高く、模倣・偽造がしにくくなっているのです。その点で、各種健康保険証などの普通の身分証明書と比較して、キャッシングの審査での信用が高くなるということですね。

(また、顔写真があった方が信用されるというのも言うまでもないでしょう。)

年収確認資料を1種類提出

収入確認資料・年収確認資料については「1種類」提出するというルールになっています。一応、SMBCモビットの公式サイトに書かれているように、下のような種類の所得確認資料を提出する…というルールになっています。

  • 税額通知書
  • 確定申告書
  • 給与明細書
  • 源泉徴収票

「税額通知書」というのは、別の呼び名だと下のようなものがあります。(どれもほぼ同じ意味です。地方自治体によって呼び名が違います)

  • 納税証明書
  • 納税通知書
  • 課税証明書
  • 課税通知書
  • 住民税課税決定通知書

「納税・課税」とか「通知書・証明書」などの呼び名の違いがあるだけで、内容は基本的に同じ…というふうに考えて下さい。何にしても、SMBCモビットのWEB完結申込の公式ページに書かれているこうした所得証明書をどれか1種類提出する…というのが、WEB完結申込でお金を借りるための条件の一つになります。

人によっては、書類の提出をしてもNG

ここまでは、SMBCモビットのWEB完結申込で要求される書類の種類について書いてきました。しかし重要なことはこれらの必要書類をすべて提出した所で、必ずしもWEB完結申込が適用されるわけではない…ということです。

これはSMBCモビットのWEB完結申込に限定された話ではなく、キャッシングの審査のありとあらゆる場面で言えることなのですが「そもそも、最終的な申込者の信用度(クレジットスコア)によって全てが決定される」というシステムになっているので、「これこれの条件を満たせば、それで必ずこのようになる」というような保証・方程式は一切存在しないということですね。

なので、ここまで書いてきたSMBCモビットのWEB完結申込の提出書類については「あくまで、必ず必要な条件」であって「これを満たせば十分という、十分条件ではない」という風に理解して下さい。

WEB完結申込なら職場への電話連絡なしになる?

キャッシングについてある程度知識がある人だと、SMBCモビットのWEB完結申込について「職場への電話連絡なしになる」という情報を聞いたことがあるかも知れません。ここまで書いてきたような提出書類・条件を満たすことによって、いわゆる電話連絡なしになる可能性がある(なしになるかも知れない)というインターネット上の口コミ・評判があるんですね。

これは一応、この記事を書いている時点では「SMBCモビットの公式サイトで、確かにそれに近い内容が書かれている」ということは言えます。つまり「お勤め先などへの電話連絡が省略されます」という内容の一文が、確かに書かれているわけですね。

ただ、それと併記して「審査の結果によっては、確認電話が必要になります。」ということも書かれているので、基本的には在籍確認の電話は必須という風に考えておいた方がいいでしょう。あくまで「勤務先への在籍確認の電話をかける必要がないくらい、明らかに信用度(クレジットスコア)が高い人のみ」このような条件(職場への電話連絡なしになる)ということだと思った方がいいはずです。

本人の携帯への確認電話も省略される場合がある?

また、これも主にインターネット上の評判・体験談による情報ですが、「SMBCモビットのWEB完結申込の審査では、会社への在籍確認の電話に限らず、本人の携帯への確認電話もなしになることがある」という書き込みがたまに見られます。結論を書くと、これも「確かに、そのようなケースもある」ようです。

ただ、この「本人の携帯への確認電話」については、「職場への在籍確認の電話」以上に、省略されるための条件が厳しいと思って下さい。つまり「相当、誰が見てもクレジットスコア(信用度)が高い人でなければ、そのような条件でキャッシングをすることはできない」ということです。

このように「その人の信用度(クレジットスコア)によって、審査の内容や仕組みを変える」というのは、キャッシング・カードローンの世界では基本中の基本となっています。『闇金ウシジマくん』のセリフでも「人を見て金利を変える。嫌なら他で借りるんだな」という丑嶋馨のセリフがありますが、これと似たようなもので「人を見て審査基準を変える」というのは、どの大手の銀行カードローン・消費者金融でもクレジットカード会社でも、採用している極めて合理的なやり方です。

そもそも、金融庁が貸金業法・銀行法によって「返済能力の調査義務」というものを制定していて、これは「その申込者の信用度を確実に審査する」ことを義務付けているわけですからね。ということは「その人のクレジットヒストリーなどを見ながら、どのような審査の方法にするかを決める」というのは、至極当然のことなのです。

ということで、SMBCモビットのWEB完結申込を利用する場合にも「本人の携帯への確認電話が、必ずしもなしになるとは限らない」ということを理解して下さい。人によっては省略されることもあるかも知れない…という程度に考えておいた方がいいでしょう。

最終的にはクレジットスコア(信用度)次第

上の段落で書いてきた通り、SMBCモビットのWEB完結申込の電話連絡の内容がどうなるか(ありになるかなしになるか)というのは、最終的にはその人のクレジットスコア(信用度)によって決定される…ということです。この段落では「具体的に、どのような職業・属性やクレジットヒストリーなどの状況・条件によって、信用度(クレジットスコア)が決定されるのか…ということをまとめていきます。

状況・条件や項目はかなり多いのですが、代表的なものを一部抜粋すると、下のようになります。

  • 年収・月収の金額
  • 勤続年数・月数の長さ
  • 個人信用情報の内容
  • 現時点での借入総額
  • 現時点でのキャッシング件数
  • 勤務先・職場の安定度
  • 自宅名義(家族名義か自分名義か)
  • 自宅の種別(持ち家か賃貸か)
  • 居住年数は長いか

というような内容です。これらは言うまでもなくSMBCモビットのWEB完結申込に限らず、すべてのクレジットカードや大手の消費者金融・銀行カードローンのキャッシングの審査においても共通してみられる内容・項目となっています。

(おそらく、我々が個人的に誰かに融資をする、お金を貸すという時でも、同じような状況・条件によってその人の信用度を審査するのではないかと推察されます)

ということで、上記の一覧のような審査条件によって、確認電話の有無が決まったり、場合によっては本来収入確認資料を提出する必要がない人でも、所得証明書を提出する必要が生じたりする…ということがあるのですが(例えば個人事業主・自営業や会社経営者・法人代表者などがこれに該当します)、逆に言えばこれらの条件がすべて良好なクレジットスコア(信用度)が高い人であれば、SMBCモビットのWEB完結申込の内容や審査方法・手法・流れもかなり有利で便利なものになるという風に考えて下さい。

特に最短当日借入がしやすい方法

SMBCモビットのWEB完結申込での最短当日キャッシングを一番しやすくする方法は、やはり身分確認資料では運転免許証を提出する…ということです。パスポートでもいいのですが、運転免許証の有無は、他の消費者金融・銀行カードローンの審査でも、身分証明書の提出とは別に質問されるというくらい重要なことなので、だったら本人確認資料の提出も、最初から運転免許証にした方がいい…ということですね。

パスポートより運転免許証の方が信用度(クレジットスコア)が高い理由は「運転免許証を持っている人の方が、万が一仕事でリストラされても、再就職をしやすい」などの安定性があるからです。また、基本的に仕事がある程度できる人は、運転免許証を持っていることが多いです。

また「運転免許証は、末尾の番号を見ることで、紛失回数もわかる」という利点があります。これは紛失が多い人にとってはデメリット・短所ですが、「これを見れば、その申込者・その日中の審査が、どれくらい注意深いか」ということも測定できるのです。(測定というと機械的ですが、要は判断できるということです。)

なので、運転免許証の紛失回数がゼロか、あるいは1回しかないという人であれば、基本的にパスポートより運転免許証を提出した方が、SMBCモビットのWEB完結申込でもおそらく審査通過率が多少高まると推測されるわけですね。逆に紛失回数が多い人の場合は、パスポートを提出した方がいいかも知れません。

SMBCモビットのWEB完結申込の提出書類・まとめ

この記事では、SMBCモビットのWEB完結申込を利用してキャッシングをするために、どのような必要書類を提出するべきか…などのポイントをまとめてきました。ここではおさらいもかねて、これらの要点を整理していきましょう。

  • 職場の保険証・給与明細書を提出することが必要である
  • 国民健康保険証では不可
  • あくまで社会保険証・組合保険証でないとダメ
  • 収入確認資料・所得確認資料も提出する必要がある(何か1種類)
  • 身分証明書は運転免許証・パスポートのどちらか
  • 三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行の口座をどちらか所持している(キャッシュカードもある)

というのが、SMBCモビットのWEB完結申込を利用するために必要な条件となります。そして、特に重要なのはこれらの条件を満たしていても、その人の信用度(クレジットスコア)によっては勤務先への在籍確認の電話や本人の携帯への確認電話が必要になるということ。WEB完結申込とは言っても本当にネットのみで最短当日キャッシングができるかどうかは、その人のクレジットヒストリーや職業・属性次第…という基本中の基本を重々理解して下さい。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング