アコムで最短即日融資!今日中にキャッシング

消費者金融ナビ

2014.09.07

木製の家の模型と電卓

アコムは今日中に借りられる

「今すぐお金を借りたい」という緊急のニーズを持つ方は、キャッシングの利用者の中では大部分を占めています。そのため、アコムなどの大手の銀行カードローン・消費者金融は、すべて「最短当日借入が可能」「最短即日審査ができる」というシステムになっていて「今日中にお金を借りる」ということも、当然のごとく可能となっています。

このようなスピードキャッシングのサービスは、昔では考えられないものでしたが、今はインターネットの普及・進化とともに、ネット完結・WEB完結の審査体制をすべての大手の消費者金融・銀行カードローンが導入することによって、このようなスピーディーなキャッシングが当たり前となりました。

ここでは、アコムの最短当日借入が、具体的にどのように可能となっていて、他のキャッシングブランドと比較してどのような点で最短即日キャッシングが有利となっているのか…ということを説明していきます。

22時(夜10時)まで最短当日審査をしている

まず、アコムの最短当日融資を語る時に欠かせないのが、その最短当日審査の受付時間の長さです。アコムは「週末・休日でも平日でも、いつでも毎日夜10時(22時)まで最短即日審査をしている」という体制になっています。この「夜10時まで」という時間を聞いたら、何も知らない方が見ても「かなり長い」ということがわかるでしょう。

そして、ある程度キャッシングの知識がある人であれば、これがすべての大手の消費者金融・銀行カードローンの中で、最長の最短当日審査の受付時間であるということもわかるはずです。銀行カードローンやクレジットカード会社はもちろん、大手の消費者金融もすべて入れて「夜10時まで」という時間設定で最短即日審査ができるのは、他には(アコム以外では)プロミスのみとなっているからです。

つまり「最短当日審査の受付時間の長さでは、アコム・プロミスが並んでツートップ、あるいはワンツーフィニッシュ」という状態になっているんですね。この最短当日審査の締切時間については、店舗や曜日、その他の条件・シチュエーションによって変わることもあるのですが、基本的には、プロミス・アコムはこの時間で、平日はもちろん、週末・休日(土曜日・日曜日・祝日)でも最短当日審査を受け付けている…という風に理解して下さい。

なお、他の消費者金融はどうなっているかというと、SMBCモビット・アイフル・ノーローンはすべて21時(夜9時)までという締切時間になっています。大手の銀行カードローンでは、新生銀行カードローン レイクと三井住友銀行カードローンがやはり同様に「夜9時前」という最短当日審査の受付時間でやっています。

土曜日・日曜日・祝日でも最短当日借入が可能

上に書いた、アコムの最短当日審査の締切時間の「夜10時まで」というのは、平日だけではありません。(上の段落に記載した通りですが)

週末・休日であろうと、土曜日・日曜日・祝日であろうと、この時間で最短即日審査・最短当日キャッシングができるということですね。曜日は基本的にまったく関係ないということです。(年末年始など、少々例外はありますが)

一応、締切時間は常に一定のものではなく、店舗によって変わることもありますし、むじんくんなどの自動契約機のメンテナンスなどの事情によって時間が多少変動することもあります。なので、日によって違うことも当然あります。

ただ、基本的には、アコムの最短当日審査はいつ申し込みをしても、夜10時(22時)までという、キャッシング業界で最長の時間で、最短当日借入ができる体制・システムになっている…ということなのです。

審査通過率も大手の消費者金融の中で一番高い?

また、当日中にお金を借りたいという方にとっては「そもそも、実際に審査に通る」ということも最も重要なポイントでしょう。どれだけアコムのように最短当日審査の受付時間が長くても、あるいは審査スピードが最速だったとしても「審査落ちしてしまっては、意味がない」「審査に通って借り入れができて、初めて意味がある」ということですね。「参加すること意義がある」ではありませんが、「借りられることに、意味がある」わけです。

ということで、「実際に審査に通るのかどうか」という審査通過率も、最短当日借入について語る時には非常に重要になります。しかし、この点でもアコムは全く問題ありません。インターネット上の口コミ・評判によれば、アコムの審査通過率は、大手の消費者金融の中でアイフルと並んで一番高い、という風に評価されています。

これはただのインターネット上の体験談・評判ではなく、アコムが実際に公式ホームページで、投資家向け資料(月次データ・マンスリーレポート)によって公開しているという点から、ある程度確かな情報ということができます。もちろん、カードローンの知識がある人ならよくご存知の通り、審査通過率というのは「時期によってかなり変動する」という性格・特徴があるので、そうした特性上、必ずしも「アコムが常に大手の消費者金融の中でトップの審査通過率・新規契約率を誇っている」という風に明記することは不可能です。

しかし、全体的・長期的に見ると、やはりアコムが「大体、審査通過率のナンバーワンになることが多い」ということで、アイフルと並んで「最も審査に申し込みやすい大手の消費者金融のキャッシングブランドは、アコムである」というインターネット上の口コミ・評判を、ある程度信用していいでしょう。

(ただ、一番高いといってもあくまでSMBCモビット・プロミスなどとは僅差だと考えられます。なので、気休め程度の審査通過率の違い…という風に考えて下さい。)

何はともあれ、自分のクレジットスコア(信用度)にあまり自信がない、審査に通るかどうか不安…という方が最短即日キャッシングをしたい時には、このようなメリット(長所・利点)からも、アコムは有力な借入先の候補…という指摘ができます。

普通のキャッシング以外の、アコムのサービス

アコムのように大手のキャッシングブランドになると、通常のカードローン以外のサービスも多数、多彩に提供しています。たとえばレディースローン・レディースキャッシング、事業専用ローン、返済計画再編のためのローン・借入先の変更ローン…といようなものですが、ここではそうした「アコムが提供している、普通のキャッシング以外のサービス・商品」を紹介していきましょう。

(これらについても、最短当日借入が可能となっています。通常のキャッシングよりも、少々最短当日融資の条件は厳しくなっていますが)

働く女性のカードローン

まず、いわゆるレディースローン、あるいはレディースキャッシング(女性向けローン)として、アコムは「働く女性のカードローン」というものを提供しています。商品名からわかる通り、あくまで「会社員・OL・公務員」あるいは「パート・アルバイト・フリーター」などとして働いていて、自分の収入がある女性のためのキャッシングサービスです。

つまり、お仕事をしていない家庭に入っている女性ではこの「働く女性のカードローン」でお金を借りることができない…ということですね。パート収入がある女性だったら、自分の収入があるわけなので、借入可能となっています。(もちろん、審査に通るにはある程度の月収・年収が必要となりますが)

女子大生などの若年層でも、年齢が20才以上で、アルバイト収入があるのであれば借入可能です。アルバイトであろうと「働く女性」に代わりはありませんから。アルバイト・パート・フリーターという職業・属性で借入可能なのだから、ある程度の労働時間でアルバイトをしていて、月収・年収・収入もそこそこある女子学生であれば、問題なくキャッシング資格を満たすことができる…ということですね。

そもそも、女子大学生の借り入れについては、学生のキャッシング自体が「通常のアコムのキャッシングで、申込資格・借入資格的には問題なくできる」ようになっているわけですから、「働く女性のカードローン」であっても、同様に借りられるのは、ごく自然なことなのです。

ただ「働く女性」という名前から推測すると、おそらく「アコムの普通のキャッシングよりも、少々収入面で審査が厳しくなる」かも知れないと想定できます。もし女子大生が「働く女性のカードローン」でお金を借りようとするのであれば、「月収10万円」くらいはあった方がいい…と考えて下さい。

ビジネスサポートカードローン

これはアコムが提供するいわゆる「ビジネスローン・事業専用ローン」です。事業者金融というものですね(専門用語で分析すると)。

「カードローン」という名前がついていることからもわかる通り、事業専用ローン(ビジネスローン)であるものの、銀行融資のように「1回お金を受け取って終わり」というものではなく、そのカードを使って、最高限度額の範囲内で、何度も借入・返済できる…というシステムになっています。

なので、特に資金繰りで返済・借入をよく繰り返す可能性がある…という個人事業主・自営業の方々、店舗経営者・商店主の方々などにとっては、非常に利便性の高いサービスと言えるでしょう。

実質年率(金利)については「12.0%~18.0%」となっています。上限金利(高い方の金利)は、通常のアコムのキャッシングの金利と同じで、下限金利については、最高限度額が少額である分、高めの金利になっています。(いわゆる高金利ということではなく、最大融資枠が小さいカードローン商品は、金融の原理的に、どうしても下限金利が高くなるのです)

具体的に最高極度額がいくらになっているのかというと、一覧で比較すると下のようになります。

  • 通常のアコム…800万円
  • ビジネスサポートカードローン…300万円

このように「最大限度額・最高借入枠が500万円違う」ということですね。これだけ最高与信枠の差があったら、下限金利が「3.0%」と「12.0%」というように、かなり差があるというのも当然のことでしょう。参考までに、アコムの通常のキャッシングと、ビジネスサポートカードローン(事業専用ローン)のそれぞれの実質年率(金利)を一覧にすると、下のようになります。

  • 通常のキャッシング…3.0%~18.0%(実質年率)
  • ビジネスサポートカードローン…12.0%~18.0%(実質年率)

たとえば、大手の銀行キャッシングでも、イオン銀行カードローンBIGの最高限度額が800万円で、下限金利が3.8%ということを考えると、同じ最高与信枠で0.8%も低金利であるアコムのサービスの凄さがわかります。大手の消費者金融は金利が高いと思っている人もいるかも知れませんが、それは「上限金利が少し高いだけ」であって、しかも「初回30日間無利息」などのサービスもあるわけですね。

そして、下限金利に至ってはこの「アコムとイオン銀行カードローンBIGの比較」のように「むしろ、アコムなどの大手の消費者金融の方が、低金利なこともある」というのが現状なのです。「消費者金融は高金利」というのは、キャッシングが「サラリーマン金融(サラ金)」とか「街金業者」などと呼ばれていた、はるか昔の1970年代・80年代などの時代の話なんですね。(武富士や商工ファンド・日栄などの問題を起こした企業が健在だった頃です)

そういう時代が遥か昔に過ぎ去った今では、アコムなどの大手のキャッシングブランドは、このように低金利になっているのです。

借換え専用ローン

これはいわゆる「返済計画再編のためのローン」であり、「借入先の変更ローン」です。「借入先の変更専用」という名前がついていますが、返済計画の再編などの返済計画再編のためのローンとしても利用可能という点がポイントです。返済計画の再編もある意味「大規模な借入先の変更」のようなものなので、こうしたネーミングになっているのだと思われます。

また、ネーミングについては、返済計画再編のためのローンというのは、一時期現在は廃業している一部の中小の消費者金融などが「返済計画の再編をお手伝いしますよ」と多重債務者・借入超過者にささやきかけて、自社ですべて借入先の変更させ、高額の手数料をかけた上、家屋敷・自動車などを担保に入れさせて、返済できないことがわかっていて、時期がきたらそれらの担保の資産を取り上げる…というやり方、悪質な手口によってキャッシングを営んでいた…という事情があるんですね。

(これは、勘違いしたマスコミがアイフルの不動産担保ローンも同様かのように報道していましたが、アイフルはそのような高額の手数料は取っていませんし、返済計画の再編によって低金利になった分、利用者の方々も金銭的に助かっていたのです。その証拠として、悪徳な中小の消費者金融は潰れていますが、アイフルはいまだに東証1部上場企業として、何十年も残っています)

何はともあれ、このように一時期「返済計画再編のためのローン」という名前が、悪い内容で使われていたわけですね。その頃の記憶がある人は今では大分少なくなっていますが、一応一定以上の年代の方で、サラ金バッシングを知っている方だと「返済計画再編のためのローンって、あのヤバイやつでしょ」というような印象を持っているかも知れないわけです。そのような悪印象を避けるため、アコムは「借換え専用ローン」という名前にしているのかも知れない…と推測します。

(そこまで深い意味はないかも知れませんが。ちなみに、銀行カードローンもすべて「返済計画再編のためのローン」という単語は使いませんが、これも同様の理由ではないかと思われます)

ネーミングの話が少々詳しくなりましたが、アコムの「借換え専用ローン」は「最短当日借入」もできるようになっています。(申し遅れましたが、働く女性のカードローンやビジネスサポートカードローンでも、同様に最短当日キャッシングができるようになっています)

「返済計画の再編で最短当日借入が必要なのか?」と思われるかも知れませんが、やはりどんなことでも、すぐにできた方がいいものです。「善は急げ」と言いますが、「これから多重債務の完済に向けて動く」と決意した時点で、すぐにその大きな一歩である「返済計画の再編」をその日中にできるということは、返済のモチベーションを高める上で、きわめて重要なことです。

「鉄は熱いうちに打て」という名言・格言・ことわざもありますが、多重債務者・借入超過者の方々が返済計画の再編をする時にも、やはり熱い決意が冷めないうちに、すぐに最短当日融資によって返済計画の再編ができる方がいいわけですね。なので、アコムの返済計画再編のためのローン(借換え専用ローン)のように「すぐに、その日中に返済計画の再編・借入先の変更ができる」ということは、キャッシングのサービスとして大切なことなのです。

アコムと銀行カードローンの最短即日融資の違い

ここまでの段落では、通常のキャッシング以外のアコムのサービス(借換え専用ローン・ビジネスサポートカードローン・レディースキャッシング=働く女性のカードローン)なども含めて「アコムの最短当日融資」について説明してきました。また、プロミス・SMBCモビット・アイフル・ノーローンなどの、他の大手の消費者金融のキャッシングブランドとも比較してきました。

しかし、まだ「大手の銀行カードローンとの比較」はしていなかったので、ここからは、三井住友銀行カードローン・オリックス銀行カードローン・楽天銀行スーパーローン(カードローン)などといった、大手の銀行カードローンとの比較もしていきましょう。

指定の銀行口座が必要かどうか

まず、大手の銀行キャッシングの最短当日融資とアコムの最短当日借入の最大の違いというのは、見出しの通り「指定の口座が必要かどうか」という点です。アコムは言うまでもなくまったく不要で、銀行カードローンは状況・条件、あるいは借入先によって必要となります。条件をまとめると、下のようになります。

  • まったく不要(アコムと同じ)…三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行(レイク)など
  • 必要だが当日口座開設できる…みずほ銀行・横浜銀行・静岡銀行など
  • 平日は不要だが、土曜日・日曜日・祝日は必要…楽天銀行・オリックス銀行・ソニー銀行など
  • 平日でも土曜日・日曜日・祝日でも、常に口座が必要…イオン銀行カードローンBIGなど

このように、銀行カードローンの場合、は「口座が必要かどうか」という視点にフォーカスすると、大体4つのジャンルに分けることができます。三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」、あるいは新生銀行カードローン レイク、そして三井住友銀行カードローンについては、アコムと同じ条件で、最短当日借入がしやすくなっているということですね。これら3つの銀行カードローンは「大手の銀行キャッシングで、特に最短即日融資が有利な借入先」ということで、インターネット上の口コミ・評判でも高い評価を得ています。

静岡銀行カードローン「セレカ」や横浜銀行カードローン、あるいはみずほ銀行カードローンについては、上に書いた通り「現時点でその銀行の口座を持っていなくても、当日口座開設をしてからキャッシングの審査に申し込むという方法が使える」という点で、ある意味申し込みやすいです。ただ、難点があり、3つの銀行カードローンとも共通して「土曜日・日曜日・祝日・週末・休日の最短即日キャッシングができない」というデメリット・短所・注意点があります。こうして見ると、必ずしも申し込みやすいとは言えません。次に書く楽天銀行スーパーローン(カードローン)などの方がいいかも知れません。

オリックス銀行カードローン・楽天銀行スーパーローン(カードローン)・ソニー銀行カードローンについては、上に書いた通り「平日の最短当日キャッシングであれば、その銀行の口座無しで借入可能」となっています。しかし、週末・休日(土曜日・日曜日・祝日)にお金を借りたいのであれば、口座が必要となるわけですね。

「みずほ銀行・横浜銀行などのように、当日口座開設できないのか?」と思われるかも知れませんが、残念ながらそれは不可能です。というのは、これらの銀行カードローンは「実店舗・本支店がない」からです。銀行の当日口座開設というのは、あくまで実店舗の窓口でないとできないのです。(これは、反社会勢力などによる銀行口座の不正利用を防ぐという観点・視点からも必要な対策です)

ということで、主にネット専業銀行であり、実店舗をほとんど持たない楽天銀行・オリックス銀行・ソニー銀行などは、そのような方法(当日口座開設してからキャッシング申込)は使えないということですね。しかし「みずほ銀行などが当日口座開設できる平日は、楽天銀行なども口座なしで借りられる」という点で、最短当日借入がしやすいシステムになっているのは、こちらのソニー銀行やオリックス銀行・楽天銀行のグループだといえます。

イオン銀行カードローンBIGについては、「口座の有無」という点では、一番最短当日融資で不利…ということになります。ただ、土曜日・日曜日・祝日・週末・休日の最短当日借入ができるという点では、みずほ銀行カードローンなどよりも有利、という見方も可能です。結局、どの銀行カードローンが一番最短当日借入がさすいのかといったら、最初の3つの銀行カードローン(三菱東京UFJ銀行など)を除けば、それぞれ一長一短があるというイメージです。

何はともあれ、大手の銀行カードローンの場合は、アコムなどの大手の消費者金融と違い、このように「指定の口座の有無」が、最短当日融資の条件として大きく関与してきます。「ややこしい」と思った方もいるかも知れませんが、実際に大手の銀行キャッシングでの最短即日融資は、アコムなどのキャッシングブランドよりも厄介なものです。

この点で、「とりあえず、急ぎでお金を借りたい」「すぐ完済するし、全額返済するから、多少高金利でもいい」「少額借入だから、金利は無関係。スピードキャッシングが命」というような方は、迷わず銀行カードローンよりもアコムでお金を借りた方がいい…という結論になるでしょう。

最短当日審査の受付時間が長いかどうか

これも前半で書いてきたアコムのメリット(長所・利点)ですが、銀行カードローンの最短当日キャッシングと、大きく差別化する部分となっています。先にも書いた通り、アコムの最短当日審査の受付時間は「毎日22時(夜10時)まで」という時間設定・システムになっています。

一方銀行カードローンはどうかというと、これも大別すると下のようになります。

  • 毎日21時(夜9時)まで…三井住友銀行・新生銀行(レイク)
  • 17時~20時まで(曜日により変わる)…三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 17時頃まで(申し込みは午前中か14時まで)…楽天銀行・ソニー銀行など

という風です。つまり、新生銀行カードローン レイク・三井住友銀行カードローン以外は、アコムの最短当日審査の受付時間に遥か及ばないということです。三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」についてはある程度アコムに近くて、下のような条件になっています。

  • 月曜日~金曜日…20時まで
  • 土曜日…18時まで
  • 日曜日・祝日…17時まで

アコムがいつでも「22時まで」というのと比較すると、2時間~5時間という時間差があるわけですね。特に「5時間」という日曜日・祝日を考えると、週末・休日の最短当日借入になると、アコムと三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」では、受付時間の長さで決定的な差がある…という結論になるでしょう。

このように、アコムと比較すると三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」はかなり「最短当日審査の受付時間が短い」ということになりますが、これでも「大手の銀行カードローンでベスト3」なのです。やはり、アコムなどの大手の消費者金融のサービスが、それだけ充実しているということですね。(言うまでもありませんが、金利・利息面では三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の方が有利です)

何はともあれ、大手の銀行カードローンではこのように「アコムに最短当日審査の受付時間の長さで追いつける借入先は、一箇所もない」ということです。これもアコムと銀行のキャッシングの最短即日融資の相違点・違い…ということが可能です。

「最短30分」で審査できるかどうか

3つ目の相違点は、「最短30分」のキャッシングの審査が可能かどうか…という点です。ここまで記載してきませんでしたが、アコムは「最短30分」で借入審査ができるようになっています。(融資までのすべての時間を入れると、「最短60分」程度となります)

大手の銀行カードローンで「最短30分」で審査完了できるのは、下の4つの銀行カードローンになります。

  • 静岡銀行カードローン「セレカ」
  • 三井住友銀行カードローン
  • 新生銀行カードローン(レイク)
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

他の銀行カードローンでは、ソニー銀行カードローンの「最短60分」という審査の所要時間がありますが、その他の銀行のキャッシングはすべて「最短即日」というのみです。つまり、審査スピードでアコムに追いつける可能性があるのは、上の4つの銀行カードローンだけということですね。

そして、僅少でもカードローンの知識がある人であれば、すぐ気づいたことでしょうが、これらの銀行カードローンについても「あくまで最短」ということであり、「アコムのように、本当に30分で終わる確率が高い訳じゃない」という点が重要です。つまり同じ「最短30分」という条件でも、必ずしもスピードキャッシングのレベルが同等…というわけではないんですね。

「実際に30分で審査が完了する割合」という点では、圧倒的にアコムの方が、これらの銀行カードローン(新生銀行カードローン レイクなど)よりも有利になっています。なので、本当に急ぎでお金が必要なのであれば、このような「最短30分」という表現にまどわされず、多少金利が高くてもスピードキャッシングをビジネスの命としているアコムなどの消費者金融のキャッシングブランドで申し込んだ方がいい…というわけです。

(銀行カードローンの方が低金利なのは魅力ですが、その分貸倒リスクを下げるため、慎重に審査しなければいけませんからね。どうしても審査スピードは遅くなります)

ということで、「最短30分」というアコムの審査の所要時間の強みは「現実的な審査スピード」という点でも、他の「審査が早い銀行カードローン」と違っている…といえます。

アコムの最短即日融資・まとめ

以上、アコムの最短当日審査や最短当日キャッシングについて、借換え専用ローンや働く女性のカードローン、ビジネスサポートカードローンなどの話題も絡めつつ、包括的に説明してきました。特に重要なポイントを振り返るために、ダイジェストとして、要点を一覧にしていきます。

  • アコムは今日中にお金を借りることも可能
  • 最短当日審査の受付時間は毎日22時(夜10時)まで
  • 土曜日・日曜日・祝日・週末・休日でも同じ時間
  • 審査の所要時間は「最短30分」
  • 融資までのすべての手続きを踏めると「最短60分」
  • ビジネスローンやレディースキャッシングでも、最短即日借入ができる
  • 返済計画再編のためのローン・借入先の変更ローンでも、同様に最短即日審査ができる
  • 最短即日審査はインターネット申込でできる(ネット完結が基本)

上記のようなポイントまとめてきました。特に、プロミスと並んで夜10時まで毎日最短当日審査ができる(多少変動あり)というのが、他の消費者金融・銀行カードローンと比較した時の、アコムの最短当日借入の最大のメリット(長所)ということができます。

特にこのような夜間ギリギリの時間で最短当日借入をしたいというケース、急ぎでお金が必要という切羽詰まった局面・シチュエーションでは、アコムのようなキャッシング先を、候補の一つとして検討してみて下さい。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング