専業主婦が借入審査に落ちる理由とは

専業主婦のためのキャッシングナビ

2017.07.04

通帳を見ながら悩む主婦

夫・旦那の収入は関係ない

専業主婦が借入審査に落ちる理由で、夫・旦那の収入は一切関係ありません。というのは、消費者金融でも銀行カードローンでも、夫・旦那の収入確認資料を提出することはないからです。つまり、夫・旦那の年収を審査しようにもできないわけですね。

中小のキャッシング業者だと提出を要求する所もあるかも知れませんが、少なくとも大手の銀行カードローン・消費者金融であれば、夫・旦那の所得証明書は提出しないで借りられるようになっています。

ということは、専業主婦が借入審査に落ちるということは、それ以外(夫・旦那の収入以外)の原因・理由がある…ということですね。

自分の借入状況に問題がある?

一番大きいのは、「専業主婦本人の借入状況に問題がある」ということです。具体的には下のような内容です。

  • 他社借入件数が多い
  • 他社でのキャッシング残高が多い
  • 借入種別が悪い

というこの三点ですね。借入件数・借入総額については、言うまでもないでしょう。「借入種別」というのは「信用できるキャッシング業者から借りているか」ということです。

たとえばアコム・プロミス・アイフル・SMBCモビットなどの大手の消費者金融は、当然「借入種別の評価が高い」ものです。東証1部の企業、あるいはその企業が提供するキャッシングブランドですからね。

一方、どこだかよくわからない無名の中小業者で、しかも経営年数が短いとなると「ヤミ金とは言わないまでも、街金業者から借りている」ということで、「大丈夫か、この人」と思われてしまうわけです。これは別に差別でも何でもなく、たとえば友達との会話で、友達が「私、帝国金融って貸金業者からお金を借りているんだ」といったら「大丈夫か?」と思うでしょう。それと同じです。

ということで、「借入件数・借入総額・借入種別」この三点に問題がある場合は、家庭に入っている女性のキャッシングの審査でも審査落ちしやすい…と思って下さい。

クレジットヒストリーで落ちることも

次に多い理由は「クレジットヒストリー」です。これは「過去の借入・返済の履歴」です。先程書いた「借入状況」は「現在のもの」です。この点が違います。

具体的にクレジットヒストリーにどのような問題があると審査落ちするのか。たとえば下のような内容です。

  • 返済の遅延・延滞をした(2週間から1ヶ月程度の長期のもの)
  • 債務整理をした(自己破産・個人再生など)
  • 過払い金の返還請求をした
  • 返済不能になり代位弁済になった(保証会社が代わりに返済した)

というようなものです。延滞・滞納については、61日~3ヶ月から異動情報・事故情報として記録されるので、それまでの日数は記録されないという口コミ・評判がありますが、これは半分正解半分間違いです。

理由は、「確かに異動情報の項目には何も書かれないが、毎月の返済状況には「A」マークなどの遅延・延滞の証拠が残る」からです。これは私も自分の個人信用情報を開示請求して確かめたのでわかります。私がクレジットカードの返済で「1ヶ月遅れた」「2週間滞納した」という2つの場面で、両方「A」マークがついていました。

全然自慢になりませんが、このような体験談からも「2週間や1ヶ月程度の遅延・延滞でも、異動情報・事故情報は記録されないまでも、延滞情報は記録されている」と断言できます。(クレジットカード会社やキャッシング業者にもよるでしょうが)

このようなクレジットヒストリー、借入・返済の履歴に問題がある場合は、専業主婦がカードローン審査に通るのは難しくなると思って下さい。

夫・旦那の年収の少なさで落ちることも?

冒頭で「夫・旦那の収入は無関係」と書きましたが、関係するケースもあります。夫・旦那が個人事業主・自営業で、配偶者の収入確認資料の提出をしたという場面です。この場合は、その年収・月収が少なかったら審査落ちの原因となります。

通常の会社員・OL・公務員など「給与所得者」の夫・旦那であれば、年収確認資料の提出は冒頭に書いた通り必要ありません。しかし、会社経営者・法人代表者や個人事業主・会社経営者となると、「その夫・旦那本人が借りる時でも、収入確認資料の提出が必要」というくらいなので、専業主婦の借入審査のときでも「夫・旦那の収入確認資料が必要」となる場合はよくあるんですね。(提出しなくていい業者・ブランド・銀行も多くありますが)

ということで、もしそのような状況・条件で夫・旦那の年収確認資料を提出して、その年収・月収が少額だった…という場合には、それが原因で審査落ちすることもあります。ただ、これは基本的に少数派の理由だと思って下さい。

夫・旦那が借り入れをしている場合

ここまで書いてきた理由にまったく該当しない、思い当たらない…という場合は「夫・旦那がすでに借金をしている」という可能性があります。当然ですが、専業主婦がキャッシングをできるということは「夫・旦那の年収によって借りている」というわけです。ということは、その夫・旦那がキャッシングをすでにしていたら、それによって借り入れができなくなる…ということは当然起こるわけですね。

夫・旦那の年収の3分の1までしか借りられない

銀行カードローンの場合は貸金業法第13条の2第2項の規定の範囲外(例外・除外含む)なので、これはあくまで目安ですが、大体専業主婦が夫・旦那の収入によってキャッシングする時でも、「夫・旦那の年収の3分の1までしかキャッシングできない」というルールになっています。

これは貸金業法の「総量規制」というルールで、銀行カードローンだと本来関係ありません。しかし一番妥当な金額なので、銀行カードローンでもこの基準を採用するということが多いです。

そのため、特に夫・旦那がすでに「自分の年収の3分の1」まで借り入れをしていたとしたら…もう審査通過するのはかなり難しくなるということですね。

これを見ている専業主婦も、夫・旦那に内緒で借りたいと思っているでしょう。同じように、夫・旦那さんがキャッシングをする時も、やはり奥さんにバレないように借りたい…と思っているわけですね。そして、幸か不幸か今の消費者金融・銀行カードローンではそれが完璧にできてしまうということで、奥さん・嫁・妻の女性が気づいていない夫・旦那さんの借金も、かなりある可能性があるのです。

(こう書くとまるで貸金業者や銀行カードローンが悪いようですが、悪いのはその資金不足の原因となったことでしょう。それが浪費か、災害などのやむを得ない事情かはわかりませんが)

何はともあれ、そのように「夫・旦那さんが、奥さんに内緒で借り入れをしている」ということは、実はままあります。結婚する前からしていて、結婚してしばらくしてから気づいた…ということもあるくらいです。(借り入れを隠して結婚する男性は、意外と多いんですね)

ということで、自分のクレジットヒストリーなどにまったく問題ないのに、なぜかキャッシングの審査で落ちた、という時には、夫・旦那さんの借り入れを疑ってみて下さい。

夫・旦那の借金を調べる方法は?

まず、個人信用情報などで調べることはできません。また、クレジットカード会社や消費者金融・銀行カードローンなどに電話して聞き出す…と言うことも当然できません。奥さんとはいえ、法律上は赤の他人ですから、プライバシーを明かすわけにはいかないんですね。

貸金業法第21条5項にも「第三者に借金の事実を知らせてはいけない」という内容が書かれていて、奥さんなどの配偶者も、この「第三者」になります。なので、その第三者である嫁・妻の女性に、夫・旦那さんの借金を教えてはいけない…ということです。

というように「公式な方法」で夫・旦那の借り入れを調べることはできません。あとできるとしたら、下のような方法になります。

  • 夫・旦那の銀行通帳をこっそり見る
  • スマートフォンや携帯電話を見る(消費者金融などのサイトを見た履歴があればわかる)
  • 財布の中を見て、ATM返済の利用明細がないかをチェックする

…というような方法です。どれも「こっそりやる」ものですし、夫・旦那さんにバレたら少々トラブルになりそうなことなので、まったくおすすめできません。一応こうして書いたのは「このくらいしか、夫・旦那さんの借金を調べる方法はない」というのを、理解していただくためです。

この場合、借り入れは諦めるしかない?

このように「夫・旦那がすでに年収の3分の1近くまで借りてしまっている」という場合は、借り入れは諦めるしかありません。ただ、消費者金融・銀行カードローンなどのキャッシングはできませんが、目的別ローンや生活福祉資金などはありです。箇条書きすると下のようになります。

  • たとえば教育費なら、教育ローンの審査は通る可能性がある
  • 旅行ローンも、旅行会社が提供するものなら審査に申し込みやすい
  • 生活資金に困っているなら、自治体の生活福祉資金もある

ということです。ただ、これらは「理屈の上ではこれらもあり」というだけで、実際にはあり得ないでしょう。というのはこれらの資金使途だったら、最初から夫・旦那に内緒で借りる必要がないからです。夫・旦那に内緒で借りようとしているということは、「夫・旦那がお金も入れずにDVをしている」と言うようなケースを除けばあり得ないので、やはり上のような借り入れも「ない」と言えます。(また、もしこうしたDVのようなケースに遭遇されているのであれば、借り入れも大事ですが、それより夫・旦那と離別するための相談を、弁護士事務所やNPOなどにするべきでしょう)

申込みブラックに入っている場合

「自分が何で審査に通らないのかわからない」という方の原因でよくあるのが「申込みブラック・審査ブラックに入っている」というもの。これは「前回の審査の申し込みで落ちた履歴が影響している」というものですが、以下詳しく説明していきます。

6ヶ月以内だと審査に通らない

簡単に書くと前に審査落ちしてから6ヶ月以内だと、その消費者金融・銀行カードローンでは審査に通らないというルールがあります。他の銀行カードローン・消費者金融だったら審査に通ることもありますが、同一の借入先では通りません。これはたとえばアコムの公式サイトなどにも「前回の申し込みから6ヶ月以内の方は、ご遠慮ください」という内容が書かれています。

また、同一のキャッシング先でなくても「以前、別の業者・ブランド・銀行で審査の申し込みをして落ちた」という記録は、やはり6ヶ月は残ります。個人信用情報機関で、「申し込みの履歴」を6ヶ月保管しているからです。「落ちた」とは書かれていなくても「審査の申し込みの履歴があり、その後の借り入れがない」ということは、要するに「落ちた」ということです。

(審査の通過だけして借り入れをしないというのは、自己アフィリエイトなどが目当てだったらあるかも知れませんが、99%あり得ないことですからね)

ということで、前にどこかのキャッシング業者や銀行カードローン、あるいはクレジットカード会社で審査の申し込みをして「6ヶ月以内」という場合は、それが原因で審査落ちしている可能性があります。

多重申し込みもブラックリスト入りする

多重申し込みというのは、主に下の2通りです。

  • 連続申込み
  • 同時申込み

連続というのは「審査結果が出てから=落ちてから、すぐ次の業者・ブランド・銀行に申し込む」というもの。そして「同時申込み」というのはそのままです。「審査結果が出る前から、別の業者・ブランド・銀行に申し込んでいる」ということですね。

連続申込みは、消費者金融で2件まではOKとされていますが、3件目から申込みブラックになると言われています。はっきり決まっているわけではありませんが、カードローンの審査に関するネット上の口コミ・評判を見る限りは、そのような傾向が把握できます。

理由は簡単で「普通の人だったら、3件連続で申し込むようなことはしない」からです。つまり「相当切羽詰まっている人」と見なされるわけですね。

切羽詰まっている人というのは、その後の利用でも、返済の遅延・延滞をする可能性が非常に高いです。また、「そもそも、人生設計や金銭感覚全般に問題がある」ということが統計上多く、こうした方は審査ブラック・申込みブラックになりやすい…ということなんですね。

(こう書くと意地悪をしているように見えるかも知れませんが、借りて多重債務者・借入超過者になるよりは、借りられない方がよほどいいのです。こうした方に融資するのは、要するにヤミ金ですから)

連続申込みについては、このように「2件まではOK」となっていますが、同時申込みは「2件でもアウト」(となることが多い)と思って下さい。

クレジットカードのキャッシング機能をチェック

これは申込みブラックとは違う話題で、補足的な内容です。クレジットカードにはショッピング枠以外にもキャッシング枠があって、これで現金借りることもできるようになっています。

なので、もし現時点でクレジットカードを持っていて、自分がキャッシング枠をもらっているかどうかわからないという方は、一度チェックしてみるといいでしょう。発行した段階ではキャッシング枠がなかったのに、その後の利用実績がよかったため、いつの間にか利用できるようになっていた…ということもあります(大抵、クレジットカード会社から連絡があるので、連絡なしにこうなっていることはかなり少ないですが)。

何はともあれ、まだクレジットカードのキャッシング機能を把握していないのであれば、まずはそちらをチェックしてみましょう。

専業主婦が借入審査に落ちる理由・まとめ

専業主婦が、キャッシングの審査に落ちる理由について、総合的にまとめてきました。最後に再度整理すると、下のようになります。

  • 夫・旦那の年収によって落ちることはない
  • 夫・旦那が個人事業主・自営業で、収入確認資料を提出した場合は、それもありえる
  • 自分のクレジットヒストリーに問題があることも多い
  • 現時点の借入状況も、当然影響する
  • 6ヶ月以内に審査落ちしていたら、申込みブラックの可能性もある

ということです。意外と多いのが、中盤で書いた夫・旦那がすでにキャッシングをしているというもの。借入超過状態になってからわかると離婚につながる恐れもあるので、早めに調べた方がいいかも知れません。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング