専業主婦は銀行カードローンを利用しよう! 消費者金融は利用できない?

専業主婦のためのキャッシングナビ

2015.07.28

専業主婦で「自分の収入がない人」は、消費者金融のキャッシングが利用できません。
銀行カードローンなら利用できます。

ここでは、無収入の専業主婦の方の銀行カードローンの申し込みについて、詳しくまとめます。

mag067

見出し一覧

1.専業主婦の銀行カードローンでの審査・申し込みについて
1-1.「口座を持っている銀行」で申し込むと、即日融資しやすい
1-2.夫に内緒で借りたい場合「配偶者の同意書不要」の銀行で
1-3.一番審査が簡単なのは「住民票すら不要」の銀行
1-4.夫の職場に在籍確認の電話がかかる?

2.銀行カードローンでキャッシングする時の限度額など
2-1.借りられる金額は「30万円~50万円」
2-2.夫の収入証明書は必要ない

3.まとめ「返済のためには、どの道パート・アルバイトが必要」

1.専業主婦の銀行カードローンでの審査・申し込みについて

1-1.「口座を持っている銀行」で申し込むと、即日融資しやすい

銀行カードローンの審査の早さ、通りやすさは「その銀行の口座を持っているか」で大きく変わります。
大抵の場合「その銀行の口座がないとカードローンも申し込めない」という風になっているもの。

そのため、口座がない場合は「まず、口座開設から」始めます。
当然時間がかかるので、即日借り入れしづらくなります。
(間に合う場合もありますが)

なので、急ぎで借りたい場合は「すでに口座を持っている銀行」のカードローンで申し込みましょう。
特にメインバンクで使っている所だと、これまでの利用実績で信用してもらえるので、審査に通りやすいです。

1-2.夫に内緒で借りたい場合「配偶者の同意書不要」の銀行で

銀行カードローンの審査では「配偶者の同意書」というものが必要。
これは「夫の同意書」のことです。

夫の同意書が要るということは、当然「旦那さんにバレる」ということ。
しかし、「配偶者の同意書なし」で借りられる銀行カードローンもいくつかあります。

「楽天銀行・みずほ銀行・イオン銀行・横浜銀行・東京スター銀行」など。
これらの銀行カードローンで申し込みすれば、「旦那さんに内緒で借りる」ということも問題なくできます。

これらの銀行の中で、普段自分が使っている銀行があれば、ぜひそこで申し込んでください。
(みずほ銀行、イオン銀行があるので、多くの方は該当するのではないでしょうか)

1-3.一番審査が簡単なのは「住民票すら不要」の銀行

さらに審査が簡単な銀行カードローンがあり、それが「楽天銀行、横浜銀行」など。
理由は「住民票すらいらない」からです。

銀行カードローンの審査では、自分の身分証明書以外に、下の書類が要ります。

  • 住民票…婚姻関係を証明するために提出
  • 夫の同意書…ここまで書いた通り

という風です。
そして、夫の同意書については、さっき書いた6つの銀行などは不要です。

しかし、さらに「住民票」もなしにできるのが、楽天銀行と横浜銀行。
必要なのは「自分の身分証明書」だけです。

(横浜銀行は、夫の会社の名刺も要りますが、そのくらいは楽勝でしょう)

ということで「無収入の専業主婦」の審査なのに「収入がある人」と同じレベルで、書類が少ないんですね。
「こんなに簡単でいいのか?」と思ってしまうくらいですが、「とにかく簡単に審査に通りたい」という方の場合、楽天銀行か横浜銀行のカードローンで申し込みましょう。

(横浜銀行は、神奈川県・東京都・群馬県に在住・在勤でないと借りられませんが)

1-4.夫の職場に在籍確認の電話がかかる?

旦那さんの職場・会社に在籍確認の電話がかかることはありません。
なので、「電話連絡によって夫にバレるのでは?」という心配は不要です。

これについては、どの銀行カードローンでも同じです。
旦那さん本人が自分の収入で借りる場合は在籍確認が必須ですが、奥さんが借りる場合には、要らないんですね。

本来奥さんの方が「夫の収入で借りている」ので、不安定な分、確認が必要と思われそうですが…。
これについては、「妻のキャッシングで在籍確認を受ける、夫のストレス」というものを考慮しているのでしょう。

自分のキャッシングなら我慢できますが、奥さんとは言え、自分以外の人のキャッシングで在籍確認を受けるというのは、やはりストレスですからね。
何にせよ、夫の職場に在籍確認されることはないので、この点は安心してください。

2.銀行カードローンで専業主婦がキャッシングする時の限度額

2-1.借りられる金額は「30万円~50万円」

無収入の専業主婦の方が銀行カードローンで借りられる金額は、一律で30万円か50万円です。
旦那さんの収入に関係なく「専業主婦の方は、30万円、50万円」という風に、それぞれの銀行カードローンで決まっているんですね。

なぜ一律かというと、夫の収入をどれだけ自由に使えるのか、わからないからです。

つまり、夫の収入がたくさんあっても「そのうち、主婦が使える分は少ない」かも知れません。
逆に夫の給料が少なくても「そのうち、かなりの部分を主婦が使える(かかあ天下)」かも知れないのです。

というように、夫本人が借りる場合と違って、夫の収入がそのまま当てになるわけではないんですね。
なので「普通の家庭の主婦なら、30万円~50万円くらいは返せるだろう」ということで、一律で30万円か、50万円のどちらかにしているのです。

ちなみに、多くの銀行カードローンは「30万円」です。
楽天銀行・イオン銀行など一部が「50万円」となっています。

2-2.夫の収入証明書は必要ない

ここまで書いた通り「限度額は一律で決める」という方式なので、旦那さんの収入証明書は必要ありません。
というより、銀行カードローンでは「100万円~300万円」までは収入証明書なしで借りられるので、専業主婦の場合もなしでいいのです。

(100万円にはるか届かない、30~50万円ですから)

つまり、用意する書類は「自分の本人確認書類」と「住民票」だけです。
(夫の同意書なしで借りられる銀行の場合)

自分の収入がない専業主婦の方のキャッシングは、想像以上に審査が簡単なので、あまり緊張せず、気軽に申し込んでみてください。

3.コラム「返済のためには、どの道パート・アルバイトが必要」

ここまで書いた通り、無収入の専業主婦の方がキャッシングするのは簡単。
それも完全に「夫に内緒で」借りられます。

ただ、問題は借りた後です。
返済するには、当然無収入ではいけません。
パート・アルバイトをすることが必須になります。

たとえば30万円借りたとしましょう。
「どのくらいで完済したいですか?」と聞くと、大抵の方は「半年くらい」と答えます。

しかし、半年ということは、利息も考えると「毎月5万3000円」返済するということ。
時給1000円のアルバイトをしたとしても、毎月53時間の労働です。

1週間で13時間なので、「週3日でそれぞれ4時間」働く必要があります。
すでに育児が終わっている方ならできるとは思いますが、育児をしながらこれは難しいでしょう。

保育園にお子さんを預けたら、その保育園の費用だけで、月5万円くらい軽く飛んでいきます(もっとかかるかも知れません)。

しかも、これは時給1000円のアルバイトの場合、です。
実際には最近の日本だと時給800円の方が多いでしょう。
(特にシフトを自由に選べる、となると)

現実的に考えて、それなりに頑張ってアルバイトしても、返済に1年かかると考えてください。
それでも30万円借りる価値があるか、ということを、キャッシングする前にしっかり自問自答しましょう。

一緒に読まれている記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング