専業主婦でも融資を申し込める?詳しく知りたいレディ-スキャッシング!

専業主婦のためのキャッシングナビ

2015.07.16

mag055

レディースキャッシングだからと言って、専業主婦が審査に申し込みやすくなる、ということはありません。
専業主婦だけでなく、女性全般、レディースキャッシングでも審査の難しさは変わりません。

【目次】

1.レディースキャッシングは、普通のカードローンと変わらない
1-1.金利も限度額も普通のカードローンと同じ
1-2.違いは、オペレーターさんが必ず女性、ということ
1-3.レディースキャッシングを提供している消費者金融

2.専業主婦が申し込みやすいのは、むしろ銀行カードローン
2-1.銀行カードローンでも「夫の同意書不要」で借りられる所
2-2.さらに言うと「住民票も不要」で借りられる銀行

3.まとめ「女性向けローン・学生ローンという名前に惑わされない」

1.レディースキャッシングは、普通のカードローンと変わらない

レディースキャッシングは、普通のカードローンとほとんど変わりません。
「レディースローン」「女性向けローン」などと名前が変わっても、内容は普通のカードローンと同じです。

1-1.金利も限度額も普通のカードローンと同じ

カードローンの内容で一番重要なのは金利と限度額。
しかし、レディースキャッシングのこれらの数字は、普通のカードローンと同じです。

当然ですが、女性だからといって限度額が大きくなることはありません。
(むしろ、限度額を変えるなら小さくするべきでしょう)

金利は一見安くなりそうな気がしますが、これも同じです。
理由は、安くすると男性客がそちらに流れてしまうからです。

恋人や奥さん(妻)の名義で借りるということですね。
たとえ1割の男性がそれをしただけでも、業界全体の売上が大きいので、金額にするとかなりの損失になるのです。

なので、女性だからといって金利を安くするということはできません。
そのため、女性向けローンの金利も普通のカードローンの金利と同じになっています。

1-2.違いは、オペレーターさんが必ず女性、ということ

じゃあ何が違うのかというと「オペレーターさんが必ず女性」ということ。
審査の時はもちろん、支払いの督促電話なども含めて、すべて女性が対応してくれるというのが特徴です。

と言っても、これも普通のカードローンとそんなに変わらないというのが正直な所。
というのは、普通のカードローンもオペレーターさんは大体女性だからです。

ただ、申し込みの時点で「女性というだけで、歓迎されている」と感じられることは、審査のプレッシャーを和らげる上で、効果があるでしょう。

1-3.レディースキャッシングを提供している消費者金融

レディースキャッシングを提供している業者は、大手から中小まで含めて多くあります。
ここではその代表の、プロミスとアイフルを紹介します。

■プロミス「レディースキャッシング」

プロミスの女性向けローンの名前は「レディースキャッシング」。
金利は「4.5%~17.8%」で、限度額は「最大500万円」。

プロミスのことを知っている方ならわかるでしょうが、これは普通のプロミスとまったく同じ条件です。
その他の条件も「初回30日間無利息」がついたり(※無利息期間の適用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)、「遅延利率が年率20.0%(実質年率)」になるなど、すべて通常と同じ条件。

別にこれはプロミスに限った話ではないのですが、こうして数字をよく見ると、普通のカードローンと同じ…ということは知っておいてください。

■アイフル「レディースアイフル」

アイフルの女性向けローンは「レディースアイフル」という名前がついています。
金利は「4.5%~18.0%」と、アイフルの通常の金利と同じ。
限度額は最大500万円と、これもやはり通常運転です。

…ということで、アイフルもプロミス同様「普通のカードローンと同じ条件」ですが、申し込みの時、少し心理的に楽になるというメリットはあるでしょう。

2.専業主婦が申し込みやすいのは、むしろ銀行カードローン

専業主婦が審査に申し込みやすいのは、レディースローンではなく、むしろ銀行系カードローン。
理由は、消費者金融では借りられない家庭に入っている女性でも、銀行カードローンなら借りられるからです。

ここでは、専業主婦の銀行カードローンでの借り入れについて詳しくまとめます。

2-1.銀行カードローンでも「夫の同意書不要」で借りられる所

家庭に入っている女性(自分の収入があることが条件)が銀行カードローンで借りる時、必要な書類が2種類あります。

  • 住民票…夫との婚姻関係を証明するために必要
  • 配偶者の同意書…夫の同意書のこと

…という2種類です。
旦那さんの収入で借りるということは、当然「この人と結婚しています」という証明が必要だし、「旦那も許可しています」という同意書が必要なわけです。

住民票は役所に行くだけでもらえますが、やっかいなのは「夫の同意書」。
これをもらうということは、つまり「夫にバレる」ということです。

しかし、下の銀行の場合はこの「夫の同意書」なしでも借りられるんですね。

  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • イオン銀行
  • 東京スター銀行
  • 横浜銀行(神奈川県・東京都・群馬県に在住・在勤の方のみ)

これらの銀行なら、家庭に入っている女性(自分の収入があることが条件)でも「夫に内緒で」キャッシングできるわけです。
そういう意味で、レディースローンよりも「申し込みやすい」のは、むしろこっちなんですね。

2-2.さらに言うと「住民票も不要」で借りられる銀行

そしてさらに、配偶者の同意書だけでなく「住民票も不要」という銀行があります。
全国規模の銀行だと「楽天銀行」。
地方銀行だと「横浜銀行」です。

横浜銀行は住んでいる地域に条件があるので、楽天銀行の方がいいでしょう。
楽天銀行スーパーローン(カードローン)は、楽天銀行の口座がなくてもスピードキャッシングが可能です。

ちなみに、住民票が必要なのは「婚姻関係を証明する」ためですが、住民票でなくてもいいのです。
たとえば「戸籍謄本」「戸籍抄本」などでもいいのですが、これらは住民票よりも用意するのが大変です。
(一度も見たことがない、という方も結構いるでしょう)

なので、住民票の方が簡単だし、それで通ったという体験談も多く、安心できていいんですね。
カードローンの審査で結婚証明書と書かれていたら、大抵は住民票でOKと思ってください。

3.まとめ「女性向けローン・学生ローンという名前に惑わされない」

ここまで書いた通り「レディースキャッシング」は要するに普通のカードローンです。
ただ、雰囲気が女性向けで、何となく申し込みやすいというくらいですね。

中身や審査の通りやすさを考えたら、どう考えても銀行カードローンの方が「専業主婦向け」なのです。
(女性向け、ではなくても)

「学生専用ローン」というのも同じです。
私も学生時代に利用していましたが、これも普通の消費者金融と同じです。

むしろ、大手と違いコンビニ・銀行のATMが使えず、借入・返済も常に電話でしないといけなかったので、とても面倒でした。
(手数料もかなりかかりました)

いろんなサービスで「学割」があるので、消費者金融の世界でもあるのだろうと思い、気軽に申し込みしましたが、今思うと、もっとしっかり調べるべきでした。

…というように、何でもイメージだけで判断すると失敗します。
少し手間をかけてでも、しっかり調べて比較する…ということが大事です。

一緒に読まれている記事一覧

同じカテゴリーの記事一覧

  • キャッシング総合人気ランキング
  • 即日融資カードローンランキング
  • 専業主婦カードローンランキング
  • おまとめカードローンランキング

キャッシング総合人気ランキング